★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 646.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
7回目の終了です(その9の52)・日月神示の研究・「アヌンナキ神話に対する、素朴な疑問」 
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/646.html
投稿者 どう思われますか 日時 2019 年 11 月 11 日 10:10:04: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組み」が始まり、2025年頃から「転換の仕組み」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずですから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、「アヌンナキ神話に対する、素朴な疑問」に、ご興味をお持ちでしょうか。

 (その9の50)「バビロニアの神話に残された、神々の戦争の、迷走回廊」の追記として、素朴な疑問を投稿したいと、思います。

 それは、『科学的な痕跡が残されていない点』です。


A なぜ、アヌンナキは、科学的な痕跡を残さなかったのか、という疑問点。

ア) アヌンナキは、高度な飛行技術を持っていた、はずです。

 アヌンナキは、古代に、「惑星ニビル」の方面から、地球に飛来した、と言われています。

 ここで、地球に飛来するためには、UFO・宇宙船・高速ジェット機・ロケットなどの飛行船が必要ですが、彼らは、それだけの科学を持っていた事に成ります。


イ) すると、科学の痕跡が、地球に残されなければ成らない、はずです。

◎ たとえば、宇宙船に使用される部材は、高度に精錬された金属が使用されるはずだし、特に、エンジン部分などは、現在の人類の科学よりも進んだ科学技術が応用されているはずです。
    すると、
 金属精錬の技術・合金鋼の生産技術・炭素繊維や可塑剤などの生産技術などが、地球に残されていても良いはずなのに、地球のどこにも残されていません。

(あるいは、海水中の金を採取したり、東アフリカの金鉱を採掘するなら、それを可能にする設備・プラント・イオン交換膜・削岩機・金属精錬設備などの金属部材の調達・加工は、どうしたのか)。


◎ たとえば、飛行するためには高度な数学的技術が必要であり、三角測量、加速度計算、空気抵抗、星座や方位の計測技術などに、熟知しているはずです。
    すると、
 アヌンナキの子孫とか、あるいは、知能指数の高い人類が教えを受けて、数学技術などを継承していても良いはずだが、世界中のどこにも数学・物理学・化学などの科学は残されていません。

 (★ 「粘土板」にアヌンナキの足跡が残されるなら、科学技術の足跡も残されるはずです)。


◎ たとえば、アヌンナキなら、当然、持っているはずの、農業改良技術・繊維織物技術・建築技術・日用雑貨類の生産技術などが、残されていません。
     つまり、
 エジプトも、メソポタミアも、アヌンナキ以降には、自然灌漑農業しか無かったし、日干しレンガの家に住み、土器の壺を使用し、麻布の服を着るような生活から、脱却できていなかった。


◎ たとえば、アヌンナキが用いていたような高度な文字が残されていません。
      たとえば、
 メソポタミアには、粘土板に「クサビ形文字」が残されただけであり、エジプトでは、「絵文字」しか残されていません。
      また、
 アインシュタインが驚くような「数学的な計算式」も残されていないし、三角関数・連立方程式も残されなかったし、冶金技術・特殊合金鋼の生産マニュアルも作られていません。


★★ 仮に、アヌンナキ以降に、「大洪水」で人類が滅亡したと言うなら、なんで、粘土板だけが残されたのか。また、上述のように、粘土板にアヌンナキの科学技術の記載が見当たらないのか。


B★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年11月11日 15:23:01 : EZNE1be5Jj : THVMaHRzUm9ObWc=[21] 報告
アヌンナキは記憶力が完璧で長寿だったので、記録手段としても文字をあまり必要としなかった。

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ