★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 670.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
7回目の終了です(その9の60)・神の子の14万4千人への伝言・03・「日月神示の「八番目の解釈」を教える」
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/670.html
投稿者 どう思われますか 日時 2020 年 1 月 06 日 09:33:33: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組み」が始まり、2025年頃から「転換の仕組み」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずですから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、「日月神示の八番目の解釈を教える」に、ご興味をお持ちでしょうか。

 イザナギ大神・イザナミ大神の「愛子(まなこ)」であり、神々の後継者として、エリート教育を受けている「神の子の14万4千人」(神の臣民)に限定の、『伝言板』です。


A その意味において、「その他大勢の人民」には、関係ありません。

 この投稿は、「神の子の14万4千人」(神の臣民)限定版です。『その他大勢の人民』とは「行き先」が違うので、読んでもらう必要は無いし、読んでもムダですし、仕方が有りません、残念ですが。

 ◎ まあ、読むのは勝手で自由ですが、自分の生き方・人生観と余りにも異なるので、脳みそが「拒絶反応」を示して、呆然自失の余り、ヘラヘラ笑い出す「余生」を迎えるかも知れません。


B−1★★ 日月神示の八番目の解釈。(★ただし、あくまでも独断と偏見ですよ)。

ア) 日月神示の条文の解読作業。(海・15の抜粋)。

 『学や智や金がチラチラ出る・・マコトが磨けては居らん・・新しき光が生れて世を救ふ・・新しき光とはこの神示・・この神・・
 此の神示八通りに読める・・七通りまでは今の人民でも何とか判る・・
 八通り目は中々・・一厘が、かくしてある・・かくしたものは現はれる・・現はれてゐる・・何でもない事が中々のこと・・』(海・15)。


イ) 八番目(八通り目)の解釈のポイント。

 『八番目(八通り目)には「一厘の仕組」が隠してある』。。『隠したものは現はれるし、すでに現はれている』。。『何でもない事なのに、実行するのは、大変なことだ』。

     すなわち、
 誰でも知っている事なのに、それを実行するのは、実に、大変な事なのだ。
     
     それは、
 『自我の消滅』。。『生きながら、死後の世界に入ること』。。『あらゆる執着を捨てること』。

     たとえば、
 「私利私欲」を捨て去ることです。。愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・生老病死苦などの「四苦八苦」の「情動」を乗り越えて「抱き参らせる」ことです。。金・富への執着を捨て去ることです。。「利己の愛」を捨てて「利他の愛」に生きることです。。などなど。


B−2 「シリウスの解釈」からの援用。

  ある研究者の研究によると、『研究中の解読中で明確ではないが、

 『意識が対化の内面を等化した意識は、ヒトへ意識進化できるらしいし、肉体を失った意識は、肉体を持った意識よりも、進化している、らしいそうだ。
 『人間の意識が「真実の人間」の意識を等化するためには、ヒト・ヒトの反対・真実の人間の、3回反転する必要がある、そうだ。

 『「最終構成」という大変動によって、「今までの太陽系」は消滅して、「新たな太陽系」が創り出されるそうだ。最終構成の力によって、人類の意識を、
、、、、、、(強制的に)「虚無」に変換してしまうそうだ。
     そして、
 『今の太陽が消滅すれば、全ての人類は死滅するそうだが、「変換人」の意識に進化すれば、死は克服されるらしいが、それは、「自我の消滅」と言うこと、らしいそうだ。

 (★★ 最後が重要です。『「変換人」の意識に進化すれば、死は克服されるが、それは、「 自我の消滅 」と言うことだ。』


B−3 「バシャール等ほかの文献」の見方。

  ある読者の「読書感想」によると、『世界中に翻訳された全てを精査した訳ではないが、

 『地球上で、多くの人が目覚め、意識的な人生が有ることに、気づき始めている、らしいそうだ。

 『人間の意識の進化は、「物質次元の意識レベル」と、「高次の意識レベル」の2つのレベルで、互いに平行して変化が起きて拡大している、そうだ。
     そして、
 『新しい体制を想像したり見るためには、「高次の意識」に繋がっていなければ成らず、そのためには、前もって「古いもの」を手放す必要が有る、そうだ。


B−4 (簡単に)今回の記事の、まとめ。

 日月神示は八通りに読めるのだ。七通り目までは「人民」でも判るが、八通り目には「神の一厘」が隠してあるから、困難だし、学や智や金が出るような人間には解くことが出来ないだろう。
      すなわち、
 「神の視線」で読まねば解けないが、そのためには『自我の消滅』が必要なのだ。たとえば、「私利私欲」第一主義ではなく、「公共の福祉」第一主義の理念・理想が必要なのだが、これが、『口で言うのは簡単なのだが、実行するのは、実に難しいのである』。


C そして、最後に、

 「神の臣民」の皆さんは、「この世」を旅立つことを自覚して、『さらば地球よ』と万感の思いを胸に、アセンションすることをイメージして、残された人生を、( 静かに )、『生き切って下さい』。

    そして、「不肖の私め」は、

  万感の思いを胸に、泣きながら、千切れんばかりに、「見送りの旗」を振らせて頂きます。


D ★★★★★ 念のために、追記。

 (その9の56−2)の「伝言・01」で申し上げましたが、イザナギ大神・イザナミ大神の愛子(まなこ)の「神の臣民」には、そろそろですが、『光』を感じることが出来るようになる、と思います。
      たとえば、
 (薄暗い環境下においてですが)、『自分の身体、たとえば手のひらに光を感じられるとか、光を発するようになる。あるいは、部屋の中の一部において、粒々の発光現象を伴った物質の崩壊現象を見ることが出来るようになる、らしいそうだ』と、「近所の婆ちゃん」が言ってたそうです。
      この点については、
 神示に、『臣民の身体からも光が出る』(地・11)。。『身魂 芯(しん)から光り出したら』(地・36)。


E★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ