★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 672.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
7回目の終了です(その9の62)・日月神示の研究・「未来は、ユニセックスに成る、かも知れない」 
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/672.html
投稿者 どう思われますか 日時 2020 年 1 月 20 日 09:34:52: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組み」が始まり、2025年頃から「転換の仕組み」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずですから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、「未来は、ユニセックスに成る、かも知れない」に、ご興味をお持ちでしょうか。

 現代でも「男女差別」は無くならないし、女性に対する「性暴力」も撲滅されませんが、「第8次太陽系次元」でも大問題になり、最終的に、「ユニセックス化」として解決される、かも知れません。

 「男女問題」は、重要な「テーマ」なので、今回は、この問題を取り上げたいと思います。


A 日月神示ほかの参考文献等その他。

ア) 日月神示の見方。

 『男から女は生れん・・一つのものの表が男である・・裏が女である・・男から女をつくったと申すのは或る時期に於ける教ぢゃ』(碧玉・07)。

 『人間が、物質界にいる時は、それに対応した物質の衣、即ち肉体をもち、霊界に入った時はそれに相応した霊体をもつ』(地震・16中段)。


イ) 「シリウスの解釈」の見方。

  ある研究者の研究によると、『研究中の解読中だが、

 『ヒトにも男と女が居るのか、については、両方持っているという意味において、ヒトは男に入る、らしいそうだ。

 『ヒトは、(人間とは違うが)、肉体を持っている、そうだ。


 『肉体と水の関係は、全く同じもの、らしいそうだ』。
      ★この点について、私の解釈は、
 「水」は「物質の四態」により、(水蒸気の)プラズマ化した状態・水蒸気・水・氷に分けられますが、
      この、
 (水蒸気の)プラズマ化した状態が「神界」(真実の人間)で、(気体の)水蒸気が「霊界」(ヒト)で、(液体の)水が「現界」(人間世界)で、(固体の)氷は動けないから「死の世界」(前次元・月の世界・鉱物の世界)ではないかと、想像しています。
      あるいは、パソコン上の例えとして、
 『トップ画面の写真の美女』は、ある一面では「美女」として表現されますが、「システム構成画面」では「訳の分からない記号の羅列」かも知れないし、「コンピュータ言語画面」では「0・1の羅列」かも知れないし、「電気工事画面」では「コンデンサの電圧の有無」として表現されるかも知れません。
      いずれにしても、
 ★ この世は「夢」に過ぎず、「パソコンゲーム」に過ぎず、あらゆるものが「マルチ・ミキシング」の虚像として顕在・混在している、と想像しています。
      少し脱線しますが、
 ★ たとえば、私たちが見る「金星」には、金星人も生命も見えませんが、「チャンネル」を切り替えて、「金星人主体の周波数」に設定すると、金星人たちの社会が顕在化するが、反対に、地球は「水蒸気・雲・水と鉱物の世界」として映し出されているかも、知れません。
      だから、
 上記の『肉体と水の関係は、(位置・視点の相違と考えるなら)、全く同じもの』かも知れません。

      そして、追記すれば、
 ★ 天空に向かう方向性が「進化」で、地上に向かう方向性が「退化」だと、解釈しています。


ウ) 「バシャール等ほかの文献」の見方。

  ある読者の「読書感想」によると、『世界中に翻訳された全てを精査した訳ではないが、

 『魂には性別が無く、全ての性別でもある、らしいそうだ。
 
 『女の中にも男性性があり、男の中にも女性性がある、そうだ。

 『バシャールが知っている文明の中には、一つの体の中に、2つ以上の性質(性別)を持っている文明もある、らしいそうだ。


 ★★ 「バシャール等ほかの文献」によれば、「今のバシャールたち」は、次は非物質の「シリウス」にアセンションする、そうだ。
       その意味において、
 今の人類は、次に「バシャールの世界」にアセンションして、その次に「シリウス」に向かう、らしいそうだ。


B−1 「受精と出産」に対する、医学・生理学の方向性。

 現代科学は、「受精」の分野においては、「人工妊娠」・「試験管ベビー」・「羊のドリー」などを実験・体験しました。

 将来は、受精させる時点で、男女の産み分けが既定路線に成っているでしょう。
       また、
 出産の分野でも、母体を必要としない「人工母体」が一般的になり、出産に対する女性の負担が軽減されることでしょう。


 ★ ただ、どうしても解決できない問題は、「遺伝子」の問題であって、男性の遺伝子・女性の遺伝子の2面性を、どうやって1つに統合するか、あるいは、人工的に創り出すか。


B−2 「魂」の問題。

◆ 「脳科学」の分野で、神経系の働きには、「意識」・「こころ」・「精神」の3つの構造が有るそうですが、様々な見解が有って、一本化されている訳ではない、ようです。
     ある学説では、
 「生命中枢」が、いわゆる「意識」のことであり、「大脳辺縁系」が「こころ」であり、「大脳皮質」を「精神」とする説があります。
     また、別の説では、
 意識のほかに、「こころ」・「魂」・「精神」が有るとする説も有るようです。

◆ また、インド哲学では、
  心・・・感情・想念・意思などの「心の作用」の全般をさし、
  意・・・思考などの「考える力」をさし、
  識・・・「認識する能力」をさすようです。

◆ 仏教の「般若心経」では、
 『五蘊』(ごうん)とは、色・受・想・行・識、の集大成だが、「色」は物質・物体のことで、「受」は五官の作用・外部刺激のことで、「想」は受け止めたものを想像する作用で、「行」は受け止めたものを判断して意志を加えることで、「識」は受・想・行を働かせる主体のことで「心の働き」をいう、そうです。

★ 結局、「魂」については、「百家争鳴」で、明確な統一見解は見当たらない、ようです。


C 結局。

 まあ、今回の記事も(いつものように)支離滅裂で、訳が分からなく成りましたが、(「出発原点」に戻って)、未来は「ユニセックス」(雌雄同体)に成るということです、そういうことです。

 『そんなアホな!!!』、という苦情・クレームは、フリーダイヤルで、日月神示・シリウス・バシャールに申し立てて下さい。私は二次的に投稿したまでで、「無責任」です。


D★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ