★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 677.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
7回目の終了です(その9の65)・日月神示の研究・「日米が激突する運命の、宿命的な構造の、天命的な妄想」 
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/677.html
投稿者 どう思われますか 日時 2020 年 2 月 10 日 09:36:54: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組」が始まり、2025年頃から「転換の仕組」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずですから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、「日米が激突する運命の、宿命的な構造の、天命的な妄想」に、ご興味をお持ちでしょうか。

 今回の記事は、まさに命がけであり、ワシントンから石が飛んでくるのを警戒しながら、所々にモザイクを掛け、文書を黒塗りにし、音声を変えながら、暗号も用いて、投稿したいと思います。


A 初めに、お断り。

 今回の記事は、(諸般の事情により)、明治以降の日米の歴史的対立事件・日米の水面下の戦争突入問題・大東亜戦争(「仕組」としての民族の開放のための聖戦)などには触れません。


(◆ 日米開戦に対する弁明・釈明)

 日本人の一員として、「日米直接対決」について弁明・釈明しますが、日米開戦は昭和16年12月からではなく、「満州問題」がこじれた昭和十年代前半から、「日米の暗闘の歴史」が有りました。
       そのことは、
 一例として、戦前の石油の輸入・備蓄の推移に見られますが、昭和十年代前半から石油の輸入・備蓄が激増し、昭和16年にはガクンと激減した「事実」が有ったことでも推測されます。
       すなわち、
 日本は、昭和十年代の初めから、「対米決戦」が非回避であり、「オレンジ・プラン」が現実に成ることに顔面蒼白で戦慄しながらも、軍事物資・戦略物資の確保に奔走し、
       対するアメリカは、
 「武士の情け」というか「敵に塩を送る」というか、日本の行動を「黙認」しつつ、日本側の準備が整ったことを確認して、「対日禁油宣言」を行い、「日米開戦」が華々しく開始されました。

       更に付け加えるなら、
 日米の国力・鉱工業生産力の格差は、十数倍あったと言われており、始めから戦争を望んだのでは無く、日本の陸海軍の高官たちの全員が日米決戦に否定的であり、『日本は追い込まれた』のであり、対米戦に関しては「自衛のための戦争」だったのです。

       これらは、
 全て「出来レース」・興行・ショーであり、『神の計画』で、プログラムだったのです。本当ですよ。

 (まあ、この程度のことでは、「スチムソン」が石を投げてこないことを、祈ります)。


B 日月神示ほかの参考文献等その他。

ア) 日月神示の見方。

 『イシヤの仕組にかかりて・・目さめん臣民ばかり・・イシヤも改心さす・・神の国ぞと口先ばかり・・心の内は幽界人(がいこくじん)沢山ある』(下・16)。
 (★ ここのポイントは「幽界人(がいこくじん)」が、イシヤ・欧米人を意味すると、思われること)。

 『幽界と申すのは凸凹のうつしの国と申し・・地獄ではない』(白銀・04)。
    (この点については)、
 『・・光は神から人民に与へられ・・御用の善・・御用の悪・・
 外道とは上からの光が一度人民界にうつり、人民界の自由の範囲に於ける凸凹にうつり、それが再び霊界にうつる。それが幽界と申して・・
 光は天のみでなく、地からも人民からも、すべて生命あるものから出て・・(春・41)。

 (★★ 幽界人とは「幽界」のことであり、神の光が、乱反射・偏向屈折した、イメージがします)。


イ) 「シリウスの解釈」の見方。

  ある研究者の研究によると、『研究中の解読中だが、

 『地球の人種で、東洋人は地球で、白人などは金星、らしいそうだ。』、『日本人は、今の人間の核質で、位置の転換は、ほとんどがこの核質によって行われている、らしいそうだ』。

 『地球と金星は、位置の重心、らしいそうだ。』、『金星は、核質の中和の次元、らしいそうだ。』

 『金星人が、地球次元を交差できたのは、金星の交差は、次元交差によって行われたものではなく、変換作用によって行われたもの、らしいそうだ。』

 ★『第7次太陽系次元の構造は、今の人間には想像も理解も出来ない、そうだ。』
      (つまり、
 縄文人にパソコンを説明するようなもので、今の人間には説明しても理解できないようです)。


ウ) 「バシャール等ほかの文献」の見方。

  ある読者の「読書感想」によると、『世界中に翻訳された全てを精査した訳ではないが、

 『私たちの太陽系は、全て、「意識」を持っている、らしいそうだ。』

 『金星は、「愛」の流れを、上から統括的に見ているが、(地球で言うと)、女性的な、栄養を与える、愛の方を司っている、らしいそうだ。

 『金星は、地球の変革の時代において、バランスをとるために、色々と遣ってくれている、そうだ。
 『金星の存在は、今は、地球の指導的立場に有るが、地球上で、そういったものを創り出そうとしている、らしいそうだ。』


C−1 いつも言っている、「イザナギ・イザナミ」の、対立構造。

イザナギ・・愛(利他の愛)・・精神化・・創造・統合・全体・・日本人だけ・イスラエル・・火(霊)つく・・

イザナミ・・知恵(応用科学)・物質化・・破壊・分散・個人・・日本人以外・ユダヤ・・・水(身)つく・・


C−2 「イザナギ・イザナミ」夫婦の、激突。

  女房のイザナミが、亭主のイザナギに、愚痴を飛ばした。

 『お前さんは、子供たちに甘いんだよ。そりゃー私だって、子供に優しくしたいけど、私たちが居なくなったあとの事を考えると、心配で心配で、

 世間の人情なんて、紙よりも薄く、氷よりも冷たいもんだよ。そんな中でも生きていけるように、躾(しつけ)たいんだよ。

      だから、手下の「イルミ」に命じて、

 『私にとって子供ほど可愛いものは無いんだ。だから、子供たちをビシビシと鍛えておくれ。手加減しなくて良いからね。

 お前たちには褒美として、『神の臣民の通行手形』と『末代に至る「イザナミの子孫」の護符』をプレゼントするからね。


C−3 日月神示。

 『依怙(えこ)の様なれど外国は後廻し・・同じ神の子でありながら神の臣民の肩持つとは公平でない・・昔からの深い経綸』(日の出・20)。

 『世の元からヒツグとミツグとある・・ヒツグはまことの神の臣民・・ミツグは外国の民・・外国人も神の子・・外国人も助け』(上・32)。

 『世界中の臣民はみなこの方の臣民』(富士・25)。『世界中の臣民みなこの方の民』(地・23)。


D これ以上書くと、ワシントンどころか、イザナギ・イザナギからも、石が飛んでくるので、これで御仕舞い。


E★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年2月13日 22:46:49 : 5VsQi7h0CE : dENlZVRFZ2Fvemc=[1] 報告
金星人はもともと地球にいた2種の人類の一つであった。
氷の惑星であった月が接近して起こった、いわゆるノアの洪水の際、金星に逃げて行ったのだ。
ナスカの地上絵を描いたのも彼らだ。
金星は紫外線が強いので、彼らの目は真っ黒らしい。

地球に残ったもう一つの種族は地下に潜った。
スノーデンが言うマントル層下の高度な文明をもつ種族だ。
実は彼らは日本人の祖先でもある。
洪水が収まった後、彼らの一部が日本列島から西へ移動し、シュメール文明を築いて日本に戻ってきた。
天皇家の祖先である。

ちなみに地球上のその他の種族は、この二種の人類が労働用に遺伝子操作で作り出したものだ。
ノアの洪水を生き延びたものが世界に拡散していったのだ。


▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ