★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 684.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
7回目の終了です(その9の68)・日月神示の研究・「新型コロナは、期待に反して、収束宣言、かも知れない」 
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/684.html
投稿者 どう思われますか 日時 2020 年 3 月 02 日 09:41:30: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組」が始まり、2025年頃から「転換の仕組」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずですから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、「新型コロナは、期待に反して、収束宣言、かも知れない」に、ご興味をお持ちでしょうか。

 今回の投稿は、話題を独占した「新型コロナ」をネタにして、「エー加減」な記事を書きます。


A 今回の「コロナ」で、疑問を感じた事項。

 第1に、「中国様」の悲惨な状況に比べて、日本の盛り上がりが欠けているのは、何でだろうか。

 第2に、「アメリカ様」の「冬の風邪のインフルエンザ」の猛威に比べて、日本の(毎年恒例の)「冬の風邪のインフルエンザ」が、不調で盛り上がらなかったのは、何でだろうか。

 第3に、北海道では「新型コロナの非常事態宣言」が出されるほど、過酷な状況に陥っているのに、「内地」では、「風邪をひいた程度」で穏やかに推移しているのは、何でだろうか。

 第4に、今回の「コロナ」が、「冬の風邪のインフルエンザ」のような爆発的な拡大をせずに、死亡者もパラパラ・ダラダラと、数名しか発生しない「異常な低調さ」は、何でだろうか。


B 低調な理由の原因は、「水蒸気量の違い」かも知れないと、思う、勝手な想像。

◆ はじめに、湿度と水蒸気量の違いの、再確認。

 湿度には、「絶対湿度」と「相対湿度」が有ります。水蒸気量は、(湿度とは関係のない)実際の水蒸気量です。


ア) 毎年恒例の「インフルエンザ」が、今年は低調だったのは、今年は「暖冬」で暖かく、雪の代わりに雨が降ったから、水蒸気量が多くて、例年のような「大流行」に成らなかった、可能性。

  インフルエンザが、冬の乾燥期に発生するのは、誰でも知っていることです。
 (★ あくまでも、「濃厚接触」・「一部の特定地域」を除く、一般論ですよ)。


イ) 中国と日本は、水蒸気量が、異なるのではないか、という疑問。

 中国はユーラシア大陸の東側にあって、冬には、ジェット気流・季節風が、シベリア方面・西域方面から、冷たく乾燥した空気を運んで来るのではないか、という疑問。

 ここで、大事なのは、「武漢の湿度」ではなく、「武漢の水蒸気量」が幾らだったかです。


ウ) アメリカと日本も、水蒸気量が、異なるのではないか、という疑問。

 アメリカは大陸ですから、内陸部は乾燥しているのかも知れませんし、寒いかも知れません。


エ) 北海道の冬は寒くて、「内地」の人間には想像できません。

 寒いと、「水蒸気量」が幾らに下がったかが、気になるところです。


オ)★ まとめると、

 水蒸気量の低下で「インフルエンザ」が発生する事実が有るなら、今回の「アメリカのインフルエンザ」や、「中国の新型コロナ」は、水蒸気量と関係が無いのか。
      また、
 日本で「インフルエンザ」が低調だったことと、「コロナ」が不振だったことに関連は無いのか。


C 「スペインかぜ」は、「冬の風邪のインフルエンザ」だった、かも知れない。

 1918年(大正7年)から発生した「スペインかぜ」は、日本の統計資料によれば、(月別平均グラフで)、「冬の風邪のインフルエンザ」と類似するグラフに成っているようです。
      すなわち、
1918年10月・11月から増加して4月・5月に収束し、翌年の1919年も同じく5月ごろに収束しているから、「冬の風邪のインフルエンザ」と同じ流行パターンのようです。

 ここから言えることは、『冬型のウィルスは、夏の暑さには耐えられない』と言うことです。


D 上記から導く、無責任な予測。(無責任だから「免責」です)。

 3月から急速に減少して、4月にはポツリポツリで、5月は『みんなで、ゴールデン・ウィーク』。
  (★ あくまでも、「濃厚接触」・「一部の特定地域」を除く、一般論ですよ)。


E 「水蒸気」の、霊的な意味。

 水蒸気には、意味が有ります。水は固体になって「死の世界の氷」に変化し、液体になって「物理法則に支配された人間世界の水」に変わり、気体になって「物理法則を離れた自由闊達な水蒸気」に成り、その上には水の性質を失った「解脱した世界のプラズマ状態」が有ります。

 (「性質」はイザナミで、「性質を失う」と言うことは、イザナミの管理下を離れて、イザナギ(定質)に向かうということです)。


F 病気は神様からの「白紙の手紙」。(神示・月光・11参照)。

 個人が病気に成るのは、『今の生活習慣病を改めよ』という、神様からの「白紙の手紙」。

 社会全体の流行病は、『今の社会体制を見直せ』という、神様からの「白紙の手紙」。

 (我が子たちの「アホな姿」を見て、イザナギ大神は深い溜め息を漏らし、イザナミ大神はノイローゼで「心療内科」に通院する有り様らしいから、「新型コロナ」は、「イザナミ大神」の「呪いの具現化」だろうか)。


G おまけに、日月神示。

 『皆仲よう相談し合って力合せて進め進め。弥栄えるぞ・・理解結構。思考しなければ これからは何も出来んぞ』(黄金・13)


H★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年3月02日 23:05:03 : 5VsQi7h0CE : dENlZVRFZ2Fvemc=[4] 報告
>「水蒸気量の違い」
大賛成です。
日本が特別な国であるのは、湿度の違いだと言っている霊能物理学者のオッサンがいます。
単純な度数の違いと言うより、「質」の違いとでも言うのでしょうかねー
やはり守られているということでしょうか。

それにしてもコロナ騒動、いったい誰が何の目的で仕掛けているのか。
花粉症なのにマスクが買えない、ウンコがしたいのにトイレットペーパーも買えない。
ほんと、迷惑なはなしですねー

2. 2020年3月08日 07:27:35 : RvwyCb1Fw1 : aVZyVjhEMWgud0k=[13] 報告

JA - アングロサクソン ミッション

https://www.youtube.com/watch?v=_o8hYXBPFn8

知ることの大切さ、それから全てが変わることが出来る。

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ