★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 723.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
7回目の終了です(その9の78)・神の子の14万4千人への伝言・06・「天の異変に気付いて、泣かないように、備えておけ」 
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/723.html
投稿者 どう思われますか 日時 2020 年 5 月 04 日 09:38:45: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

@ ところで、「天の異変に気付いて、泣かないように、備えておけ」に、ご興味をお持ちでしょうか。

 今回は、イザナギ大神・イザナミ大神の「愛子(まなこ)」であり、神々の後継者として、エリート教育を受けている「神の子の14万4千人」(神の臣民)に限定の、『伝言板』です。

★★ 「投稿予定」を変更しての、『緊急投稿』です。『天の声』です。『備えあれば憂い無しです』。


A はじめに、『何か、おかしい』と感じる、最近の気候について。

 最近の気候は、『おかしい』のではないかと感じますが、1ヶ月くらい前倒しで暑くなったり、逆に、1ヶ月くらい後戻りして寒くなったりで、何やら「不気味さ」を感じるので、記事にしたいと思います。
   昔から、
 東北地方には『ヤマセが吹いたら、冷夏になるかも知れない』という言い伝えが有るらしいそうですが、長年の経験に基づく「経験則」なので、信憑性が有りそうです。

 まあ、最悪のケースを想定して備えておき、日々に軌道修正し、楽観的に生きるのが、賢い生き方で、逆に、楽観的に捉え、準備を怠り、状況の悪化に周章狼狽するのは、賢いとは言えません。
    最近の、
 「新型コロナ」での、「マスクの買いあさり」とか、「トイレットペーパーの買いだめ」とかに右往左往する人が続出し、『バカ丸出し』の醜態を演じていますが、
    そんなことは、
 以前から「パンデミック」が何回も有ったし、最近の地震・台風・大水害の経験から、事前に備えることは「常識」のはずですが、思考能力が欠如しているのでしょうか。

★ 「最悪の最悪時」の想定は、『キャッシュカードを握って安全な所に逃げること』です。家も故郷も親・兄弟・友人も捨てての「脱出」ですが、「御神体の日本列島の上」の何処に逃げても、『神との霊線』が切れない限りは、神は、貴方を見捨てないから、助かるでしょう。

 (ここで言う「日本列島」とは、「記紀神話」に記された土地を言うので、「琉球」の事は知りません)。


B 「日月神示」による、「天の異変」についての記述。

 『天災地変は人間の心のまま・・豊作、凶作 心のまま』(黄金・92)。
 『天災でも人災でも、臣民の心の中にうごくキのままになる』(磐戸・02)。

 『天の異変 気付けと申してあろ・・冬の次が春とは限らんと申してあろ・・夏 雪降ることもある・・神が降らすのでない・・人民 降らす』(夜明け・03)。

★(私の解釈) 天変地異・気象などは、人間(ヒト・反対側の人間など)の集合意識の表われです。


C 「変換の仕組」の最終章に突入したから、『逆バイアスによる大乱調』が発生するだろう。

ア) この点について、「日月神示」では、

 『いよいよ判らんことが更に判らんことになるぞと申してある・・ナギの命の治らす国もナミの命の治らす国も、双方からお互に逆の力が押し寄せて交わりに交わるから、いよいよ判らんことになるのである』(至恩・11)。

★この点についての(私の解釈)では、
 「ナギ・ナミの命の治らす国」とは、「シリウスの解釈」にいうところの『イザナギは定質のことで、イザナミは性質のこと、らしいそうだ』が、
   「定質」とは進化の方向性で、太陽(光)に向かう集合化の方向性で「愛」の方向性であり、
   「性質」とは退化の方向性で、太陰(闇)に向かう分散化の方向性で「知恵」の方向性であり、
 両者は対立する方向性だが、愛も大事だが、知恵(応用科学)も大事だから、『両者を兼備せよ』という事だろうと思っています。


イ) 上記(ア)の「日月神示」についての、「シリウスの解釈」では、

 ある研究者の研究によると、『研究中の解読中だが、

 『6,500年周期で「覚醒期」と「調整期」を交替化しているが、互いに限界を迎えたので「交替」を求めている、らしいそうだ。

 『人間の「物質文明」も、ヒト・人間の反対・変換人などの「空間文明」も、ともに、限界を迎えているのだが、この交替化には、反対側からの等化と、人間の意識の方向性が必要、らしいそうだ。

 『2025年から、「位置の転換」が開始される、らしいそうだ。


ウ) 上記(イ)の「シリウスの解釈」に対する、援用として、

◆ 「日月神示」では、

 『宇宙は真と愛との現はれ・・愛と真ではない・・愛のみと云ふものない・・愛と現はれ真と現はれる・・
    ・・・・・
 竜神にも二通りある・・地からの竜神は進化して行く・・天からの竜神は退化して行く・・この二つの竜神が結ばれて人間となる・・(白銀・02)。

◆ 「バシャール等ほかの文献」の見方では、
 ある読者の「読書感想」によると、『世界中に翻訳された全てを精査した訳ではないが、

 『バシャールたちは、今の人類の未来の姿らしいが、そのバシャールたちは、非物質のシリウスに移行し、今の人類は、バシャールたちの世界に移行する、らしいそうだ。
 
『今は、地球の文明が色々な事を体験して、ほとんどを体験し終えたから、今後の地球は、第3レベルから第4レベルに移行する、らしいそうだ。


エ) 私の解釈では、

 (簡単に説明すると)、「精神化を追求する方向性」と「物質化を追求する方向性」や、「物質文明」と「空間文明」などに分かれて、「思考と体験」をしていたが、終了に際して「逆バイアス」の反動・反流が発生するが、それらが複雑怪奇な「天変地異」・「異常気象」に表われることだろうと思います。


D (本題に戻って)、今後は、何が起きるか分からないから、備えておけと言うことです。

 今までの常識が通用しないと言う事であり、過去の経験則も役に立たない時代に入ったと言う事で、場合によっては、急迫する事態に際して「即断即決」が求められるケースも有ると言う事です。

「日月神示」では、
 『空に変りたこと現はれたなれば地に変りたことがあると心得よ・・いよいよとなりて来てゐる』(天・13)。

 『月は赤くなる・・日は黒くなる・・空はちの色となる・・流れもちぢゃ(血じゃ)・・人民四つん這(ば)ひ・・逆立ち・・ノタウチに、一時はなる・・大地震、ヒの雨降らしての大洗濯・・一人のがれようとて、神でものがれることは出来ん・・天地まぜまぜとなる・・ひっくり返る』(紫金・05)。

★★ まるで、「ヨハネの黙示録」のような「終末」の描写です。怖い話です。
 

E そして、最後に、

 「神の臣民」の皆さんは、「この世」を旅立つことを自覚して、『さらば地球よ』と万感の思いを胸に、アセンションすることをイメージして、残された人生を、( 静かに )、『生き切って下さい』。

    そして、「不肖の私め」は、

  万感の思いを胸に、泣きながら、千切れんばかりに、「見送りの旗」を振らせて頂きます。


F★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


◆◆ 私ごとですが、もしかすると、(しばらくの間)、これが最後の投稿に成るかも、知れません。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年5月05日 22:55:38 : IF2RS2Wphc : bnRrV3E0SXdsNGM=[8] 報告
>「天の異変」
これなんですね。
「天災は忘れたころにやって来る」と言いますし、コロナ騒動に気を取られている今は注意が必要ですね。
ここ空耳版では、投稿主さんだけでなく不道明閣下も注意を促す投稿をされています。
さすがです。
これからの時代は、阿修羅は狂気渦巻く政治版ではなく、この空耳版がメインになるべきです(笑

地震や火山噴火は、たとえば関東直下地震や富士山噴火のように危険が騒がれると、そこでは起きないという法則があるようです。
人々が注意を向けると起きずに、ノーマークの所で起きるようで、それが「忘れたころにやって来る」ということですね。
阪神大震災、3.11、熊本地震、御嶽噴火もそうでした。

自分としては九州が気になります。
高野山かどこかの寺の館長が宇宙人から忠告を受けたという「日本は西に沈む」という話、エドガー・ケーシーの日本沈没論もありますし。
西ノ島や硫黄島で面積が増えているようですが、その反動で列島の一部が沈むことはあり得るかもしれないのです。
皆がこのことに意識を向けると、起こらないで済みます。

それなりの霊能者は場所や災害の形態は分からないながらも、事前に何かを感じるようですが、強烈に予言する人もいます。

実は自分は2020年は世界の変容の始まりになるという、ある予言を信じていました。
ただ、その予言のポイントは南極での異常で、南極の異常高温の報道があった時、いよいよかと思いました。
しかし、ふたを開けると新型コロナの珍騒動でした。

それでも、このコロナ騒動に隠れて南極で何かが起こっているのではと未だに思っています。
何年か前に米国国務長官のケリーが突然南極に行き、「大変なことになった」とコメントしたという情報がありました。
あれはただのトンデモだったのでしょうかね。


2. 2021年1月10日 05:23:39 : 3iJuhygk4c : OHRLSnltcVRSeHc=[2] 報告
ジョージ・アダムスキーの著書を昔、取り寄せたら、金星人に、C、来るから気を
着けろ、と言われたと書いてあり、ずっとそのことを考えてきた。

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ