★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 765.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
7回目の終了です(その9の95)・日月神示の研究・『新型コロナの、1億総マスク化の、裏側の真実を推理する』
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/765.html
投稿者 どう思われますか 日時 2020 年 8 月 31 日 09:55:06: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組」が始まり、2025年頃から「転換の仕組」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずですから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、『新型コロナの、1億総マスク化の、裏側の真実を推理する』に、ご興味をお持ちでしょうか。

 この暑い中に、スーパーでも電車でも、1億国民は挙(こぞ)ってマスクをし、
「誰も居ない炎天下の歩道」でのマスク姿を見ると、『おまえ、アホやろ』と声を掛けたい気分です。

 そこで、今回は、政府が「マスク政策」を遂行するのか、中止を命じないのかを、推理したいと思います。


A とりあえず「日月神示」ですが、「思考する事」が最も大事です。

 『為せよ。行ぜよ。考えよ・・求めて、理解した後 為せ。為して顧みよ』(黄金・02)。
 『理解大切。理解結構。思考しなければ これからは何も出来ん』(黄金・13)。
 『体験と理解のみ財産』(黄金・16)。


B そこで、「マスク政策」の疑問点を、深く深く、思考し、推理する。

 私が疑問に感じた点は、

 なんで、政府が、「マスク政策」を継続するのか、中止しないのか。
 なんで、野党議員や、有識者、医療関係者などが、「マスク政策」に文句を言わないのか。
 なんで、世界中の政府が、マスクを奨励し、強制し、日本と同調しているのか。


C 私が、深く深く、思考し、推理した結果を先に書くと。

 私の推理は、『マスク政策の本音は、緩やかな感染による、集団免疫力の獲得だ』、と思います。


(以下は、結論に至ったプロセスですが、あくまでも私の個人的見解です)。


D−1 政府・保健機関は、「集団免疫力」の獲得以外には、収束の見込みが立たないと判断した。

 当初は、「新型コロナ」も、冬のインフルエンザに類似して、夏場には収束すると見込んだが、欧米の悲惨な状況を観察して、見通しを変更した。

 また、有効なワクチンが期待出来ず、(早期から言われていたように)、「集団免疫力」の獲得が、一番有効な解決方法だとの結論に至った。

 (★ インフルエンザは、未だに有効なワクチンが存在しない。ワクチンなんて『夢の話』です)。


D−2 世界中の政府・保健機関は、日本と同じ結論に達した。

 世界中は、この半年間の感染状況を精査して、「集団免疫力」の獲得が『ベター』だと判断した。

 また、(世界から孤立した)スウェーデンの「放置政策」が、結果的に有効だったことを確認した。


D−3 冬の「2回戦」突入までに、時間的余裕が有ること。

 今、世間では『第2波突入』と言っているが、実は、夏場は「小康状態」を保つに過ぎず、今年の秋・冬が本格的な「第2波」の『2回戦突入』になるだろうと、見込んでいること。
       このため、
 感染力の弱い夏場に、出来る限り、国民に「免疫力」を付けさせて、被害を最小限に抑えたい。


(国民はインフルエンザを恐れない)
 国民が、毎年恒例のインフルエンザを恐れないのは、感染しても回復すると信じるからであり、その根底にあるのは「抵抗力」・「免疫力」です。

 (実際には、毎年、1千万人が感染し、様々な合併症を併発するなどで1万人が死亡しています)。


(新型コロナは、高齢者を直撃する)
 日本や世界の症例を見ると、高齢者が集中的に重症化したり、死に至っている。


D−4 マスクには、『注意喚起と、危険ゾーンへの立ち入り禁止の効果』が期待できる。

 マスク政策によって、国民への注意喚起を行うとともに、「三密業界」への立ち入りを抑制し、爆発的感染を防止する効果が期待できます。

 政府が期待するのは、『あくまでも穏やかな感染拡大』で、『静かに免疫力を獲得してほしい』から、「クラスター」の発生は好ましくない。マスクは、国民に安心させないための「注意喚起」です。


E 政府・保健機関が、(マスク政策の)『集団免疫力の獲得』を、堂々と表明できない理由。

    (★ あくまでも私の推理だと断っておきますが)、

 「集団免疫力」を獲得する過程で、必ず、犠牲者が出ることです。たとえば、ワクチンだって『夢のような特効薬』では無いから、ワクチン投与で「副作用」の出る人が発生し、後で、過失責任・製造物責任(PL法)が追及されて、損害賠償請求・薬害訴訟・行政訴訟に発展している現状が有ります。

 (今回の新型コロナで、既存の各種ワクチンの有用性が論じられても、政府が重い腰を上げなかったのは、安全性が担保されず、薬害訴訟・行政訴訟を恐れたからです)。

      また、
 高齢者・病弱な人は、感染すると、免疫力の獲得どころか、それが原因で死亡する事も有りますから、口が裂けても『自己責任でコロナに感染して、免疫を付けろ』とは言えない訳です。


★★ 政府・保健機関・諮問機関の職員委員は、最新の海外情報、感染症の最新情報、過去のあらゆる記録などを網羅しているはずですし、
 「バカ国民」と違って「エリート集団」ですから、決して無駄な施策をしないし、裏側の真実を隠蔽して「大本営発表」を行うものだと、私は思っています。

     また、
 『マスクの奨励政策』は、後日の「行政訴訟」に対する事前の「免責条項」だろうと、私は解釈しています。(口頭弁論の際の「重要な抗弁」になると思います)。

★★ よって、(賢明というよりも)懸命な読者諸氏は、(自己責任の命がけで)免疫力の獲得や、基礎体力のアップに励んで、「2回戦」の冬本番に備えておくべきかも知れません。
 

F 私の投稿を援用する。

 グーグルで、『日本は集団免疫を獲得している』などと入力して、検索してください。


G 終わりに。大恐慌が来るだろう。

 (その9の87)『新型コロナと、オロシャの悪神の仕組で、令和大恐慌だ』で述べたように、たとえ「新型コロナ」を乗り切ったとしても、一旦壊れた「三密業界」や「集客産業」が元に戻る事は無く、大不況の中を人々は生きていかなければ成らず、

 今回、政府は、『高齢者の命を守るか、産業・雇用を守るか』の選択を迫られたように思います。


H★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年9月02日 21:27:00 : sK65CX0QMI : eFU4SlRieXVES3M=[1] 報告
周囲でコロナウイルスの罹患者が殖えてきたため、単にポーズだけ決めて見捨てただけだと思うのですが
2. 2020年9月05日 20:26:49 : IF2RS2Wphc : bnRrV3E0SXdsNGM=[47] 報告
>『マスク』

マスクをしているということは「私はコロナを恐れています」という一種の表示行為になりますね。

実際は、本当に恐れている人もいますが、周りの人達に合わせているだけだったり、規則に従っているだけだったりと、様々でしょう。

しかし、このインチキコロナ騒動を推し進めている勢力は、人々が大人しくマスクを着けて、表向きだけでもコロナを恐れている表示をすることを求めているのでしょう。

まぁ、一種のファシストですね。

とにかく、まもなくと言うかもう既に、このコロナのウソを信じる勢力と反発する勢力との対立・分断が表面化して行くように思います。

そして肝心なことは、インチキコロナ騒動を推進する勢力と、そのインチキ、ウソを暴く情報をリークしている勢力は同一だということです。

9.11の時も、様々な戦争の時も、人類の歴史は常に対立・分断の形式をとりながら進んでゆくのですね。

お決まりのパターンというのでしょうかね。


ところで、日月神示が「思考」を推奨していますが、注意する必要があると自分は思います。

人は何らかの閃きにより結論を得た後に、それを確認・実証するために「思考」を巡らせるものです。

その閃きの元が、そうあってほしいという願望、損得の欲望、自己顕示欲、名誉欲などのエゴである場合は、その「思考」はウンコに過ぎません。

他方で、その閃きが直感、研ぎ澄まされた感性から来るものは、真我から直接降りてくるものであり、それを実証するための「思考」は神の道具となるのです。

自身のエゴや、バランス喪失状態に気が付いていないと、多くの場合「思考」はゴミ、ウンコとしかならないどころか、迷路に押しとどめる足枷になるので、注意が必要だと思うのです。

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ