★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 785.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
7回目の終了です(その9の101)・日月神示の研究・『予言が、次々に外れるのは、次元が変わったのだろうか』
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/785.html
投稿者 どう思われますか 日時 2020 年 10 月 12 日 09:06:35: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組」が始まり、2025年頃から「転換の仕組」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずですから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、『予言が、次々に外れるのは、次元が変わったのだろうか』に、ご興味をお持ちでしょうか。

 今回は、起こるべき「予言」が、次々に外れているのですが、その原因を考えて見たいと思います。


A−1 「1999年のノストラダムスの大予言」は、おお外れだった。

 「1999年のノストラダムスの大予言」は、予言の中の予言であり、世界最高水準の終末予言だったと、私は思っていますが、中には、人生の進路を大きく狂わされた人も居たようです。


◆(「シリウスの解釈」の見方では)、ある研究者の研究によると、『研究中の解読中だが、

 『予知とは、負体質(付帯質?)の方向を持つ人(ヒト?)の予想、らしいそうだ。
 『ノストラダムスの場合には、「ヒトの関与」が反映されていたのではないか』との事、らしいそうだ。

 『ノストラダムスの予言にある「別のもの」とは、人間の総体が定質を等化する意味。方向・力を持てば「付帯質」が無くなり、変換が起きて抽出が始まる。進化の方向が付帯質を変えてしまう。内面性が全て方向を向くことになる。「表相」がカタチを等化すれば人間の意識が「万性」を交差して「転換」が起きる。「入神」、らしいそうだ。


★(私の解釈)。ノストラダムスの予言は、全くのウソではなく、私たち人類に「変換のスイッチ」が入ったために、事前に想定された予言の方向性が変わってしまったのかも、知れません。


A−2 「マヤの2012年」も、外れた。

 『マヤの2012年で世界が滅亡する』などと、人々を恐怖に落とし入れた話題が大流行しましたが、2012年を過ぎて、何事も起こらず、『あの騒ぎは、いったい、何だったのか』という感想です。


◆(「シリウスの解釈」の見方では)、ある研究者の研究によると、『研究中の解読中だが、

 『マヤのカレンダーが20の周期を持っている意味』の質問に対しては、『ある意味では、次元の方向性の意味ではないか』、らしいそうだ。

 『マヤとは、かつて地球に降りて来ていたオリオンの人達のことではないのか』という質問に対しては、『オリオンの等化において生み出されたもの。そのとき存在したマヤは日本と同じ』、らしい。


A−3 「ヒトラーの2014年」の予言。

 ヒトラーによれば、『2014年には、ヨーロッパの3分の1、アメリカの3分の1が荒廃する、そうだ。

 『ドイツの一部、アメリカ・ソビエトの中心部、日本や中国は深い傷を負う、らしいそうだ。


A−4 「ヒトラーの2039年」の予言。

 ヒトラーによれば、『2039年には人間が居なくなり、一部の人間は高度なものに進化して神に近い生物に成り、残りの大部分は操られて受動的で機械的に反応するような人間に成っている、そうだ。

 『一部の「神人」たちが、(彼らだけで団結して)地球を支配し、(上記の)大部分の人間たちは「神人」に支配されるが、自分たちが支配されコントロールされている事に気がつかない、らしいそうだ。

 『2039年以降の人間は、天と地のように二つに分かれて、一方は限りなく神に近づき、他の一方は限りなく機械的な生物に近づいていく、らしいそうだ。


◆ 「シリウスの解釈」における「西暦2039年」。ある研究者の研究によると、『研究中の解読中だが、

 『西暦2039年とは、それは、私たち(つまり彼ら)が、貴方がたの意識に「総体化」を見せるとき。人間が人間としての力を見いだすとき。上次元に反映された力を持つこと。
 『ヒトの上次元とはオリオン。ヒトの上次元に反映されるものはヒトの反対とヒトの反対の総体。ヒトの反対とは二つの方向に分かれる』、らしいそうだ。


◆ 日月神示による『ヒトラーの2039年予言』の見方。(類似・類推)。

 『神世のひみつ・・四ツン這ひ・・着る物もなく・・獣・・這ひ廻る人・・空飛ぶやうな人・・二つにハッキリ分かりて来る』(富士・19)。

 『天から人が降る・・人が天に昇る・・昇り降りでいそがしくなる』(天・08)。


B そのほかに、依然として実現されない予言。(紙面の都合で省略)。


C 予言が変わった、可能性。

ア) 第1の可能性は、日月神示の、『大難と小難』。

 『仕組通りに出て来る・・大難を小難にすること出来る』(地・32)。
 『大難小難にと祈れ・・よき様にしてやる様仕組てある神の心』(雨・08)。

 『天災でも人災でも、臣民の心の中にうごくキのままになる』(磐戸・02)。
 『人民の肚さへたら天もさへる・・心鎮(しづ)もれば天も鎮もる』(雨・14)。


イ) 第2の可能性は、「バシャール」の、『パラレル・ワールド』『パラレル・ライフ』。

  「バシャール等ほかの文献」の『ある読者の読書感想』によると、『世界中に翻訳された全てを精査した訳ではないが、

 『バシャールの考え方には「パラレル・ワールド」という考え方が有るが、簡単に言うと、『右に行った自分と、左に行った自分の、二人の自分が同時に存在するという考え方だ。
     あるいは、
 『勝った自分と、負けた自分』、『飛行機に乗って墜落した自分と、乗らなくて助かった自分』など。


★ (別の考え方として)
 「故障診断」に用いる「イエス・ノー」の「フローチャート」は、初めに「イエス」か「ノー」のどちらかを選択し、次も「イエス」か「ノー」のどちらかを選択し、最後まで、どちらかを選択する手法です。
    この場合、
 可能性が「2倍」で増えて行きますから、30回で10億以上の可能性が発生する事に成りますから、生まれて死ぬまでだと、数え切れない「自分」が存在する事に成ります。


ウ) 第3の可能性は、「シリウスの解釈」による、上記の「パラレル」の「援用」。

  ある研究者の研究によると、『研究中の解読中だが、

 『ピラミッドが作られた次元は、前時代らしいが、人間の次元における「時代の数」というのは、数え切れないほど存在した、らしいそうだ。


★(私の解釈)
 上記の『人間の次元における「時代の数」というのは、数え切れないほど存在した』とは、「彼ら」でも数え切れないと言う意味であり、「フローチャート」の「イエス・ノー」で進む考え方に類似しますが、
     それは、
 「コンピューター将棋」のプログラムにも言える事だと思いますが、私が、『この世界は「仮想現実」であり、コンピューターでプログラムされた世界だ』と考える根拠に成っています。
     もちろん、
 今の私たちの技術では不可能かも知れませんが、「遠い未来」には、コンピューターを使って『別のコンピューターのプログラムを作らせる』事が可能に成っているだろうと想像します。


D★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年10月16日 16:52:10 : diSbLvGv8Q : Rm01OVZPTWdhYkU=[155] 報告
コンピューターと云えば、電源引っこ抜けば止まるとイメージしますが、投稿者さんの仰るコンピューターは、比喩ですか?
2. 2020年10月18日 13:36:20 : IF2RS2Wphc : bnRrV3E0SXdsNGM=[57] 報告
>『予言が、次々に外れる…』

この理由につては自分はこのように考えます。

予言を降ろし書き記した者の言葉を、解釈した者の自我のレベルがそれなりだったということだと思っています。

つまり解釈する際に、こうなってほしいという欲望、願望などのエゴが入り混じったものを「予言」として発表するから外れるのです。

「予言」の本意、真意は別のところにあるということでしょう。

エゴの入った自我はウンコのようなもので、どれほどの知識、思考を駆使して解釈しても、ウンコはウンコなのです(笑

>『パラレルワールド』
ミチオ・カクが言い広めた言葉でしょうが、現実の本質がVRのような認識であると考えれば、どのような可能性もあり得るはずですね。

現実というものが意識とは別に確たる存在としてあるという思い込みの中にいると、不思議の世界の話ということになりますね。

ちなみに『パラレルワールド』とは異なる話ですが、時間を超越した魂の本質(ハイアーセルフ)の視点からは、過去・現在・未来は同時に存在することになります。

過去世、現在、来世の自分が相互に関連し、絡み合いながら有機生命体のようにうごめいている姿が想像できます。

ある意味『パラレルワールド」の世界ですね。

>『物質崩壊』じいさんへの伝言

崩壊したままではなく、物質世界を再構築して慈しみを注いでほしいのです。

色不異空、空不異色、色即是空、空即是色、ですから。


3. 2020年10月19日 09:57:46 : xi5BjBS7r2 : eWhTVGkwS2tBVjI=[9] 報告

> >『物質崩壊』じいさんへの伝言
>崩壊したままではなく、物質世界を再構築して慈しみを注いでほしいのです。

今の世界は、「マヤの2012年」で「賞味期限」が切れたので、予定終了、だそうです。
「良い子」だけを残して、次のステージに進む、そうです。

>色不異空、空不異色、色即是空、空即是色、ですから。

色即是空とは、「諸行無常」であり、「もののあわれ」かも知れません。
大宇宙には、過酷で冷酷で残酷な「現実」が有るだけで、「愛」なんか有りません。

『川の流れのように』、『ゆく河の流れは絶えずして』、大宇宙の銀河は流れるのです。

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ