★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 829.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
7回目の終了です(その9の110)・日月神示の研究・『地上人と地底人の、反転構造。情け無用の仁義なき戦い』
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/829.html
投稿者 どう思われますか 日時 2020 年 12 月 14 日 09:44:41: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組」が始まり、2025年頃から「転換の仕組」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずですから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、『地上人と地底人の、反転構造。情け無用の仁義なき戦い』に、ご興味をお持ちでしょうか。

 今回は、オカルト論の支離滅裂、『そんなアホなことが』と絶句するような、発狂的な投稿です。


A−1 はじめに、「地底人」の世界とは。

 「オカルト論者」が振りまく、誰も知らないし、誰も検証できないような『地底人』の世界観ですが、
      その歴史は古く、
 ヒトラーが、19世紀後半〜20世紀初頭の『理想郷のシャンバラ』ブームに乗せられて、(地底都市の)「シャンバラ」チベットに探検隊を遠征させて、ガッカリさせられたとか、
      あるいは、
 旧約聖書・外典・「第四エズラ書」・13章45節あたりに『北朝イスラエルの十支族がアルザルに行った』という記述を見つけて、『もしかして』と「オカルト・ファン」がドーパミンを放出したとか、
      近代では、
 「ロズウェル事件」の著作で、ガッポリ印税を稼いだ話まで登場しています。


A−2 地底人の世界の構造を考える。

 (その9の108)に触れましたが、『地球の外部を、地球の内部に反転する』世界観で、『地底人は、地球の中心に向かって立っており、地球の中心に太陽が有る』、イメージです。


B 地底人に対する、日月神示ほかの参考文献等その他。

 残念ながら、地底人について、日月神示には記載されていないようですが、調査中です。


C そこで、視点を変えて、『地底人≒霊界≒幽界』、と考えると、

ア) 日月神示の、「地底人≒霊界≒幽界」の見方。

 『霊界を主とし、霊界に従って、地上にうつし出されたのが、地上人の世界』(地震・15・上段)。

 『死後に於ても、現実界に自分がある・・生きてゐる時も半分は霊界で生活してゐるのと同じ』(冬・01・中段)。


イ) 「シリウスの解釈」の、「地底人≒霊界≒幽界」の見方。(ある研究者の研究によると)、

 『地球と人間の関係性については、地球は人間の内面性、らしいそうだ。

 『人間の外面性とは、位置の関与をもたらすもので、ヒトの内面性の内面性で、
 ヒトの外面性とは、人間の内面性の外面性で、ヒトとは人間の内面性のことで、人間はヒトに関与させられる力、らしいそうだ。

 (★私の解釈) 簡単に言うと『人間は、ヒトの想念(夢)に登場する「アバター』と考えています。


D じゃあ、なんで、『地上人と地底人が、仁義なき戦い』を行うのか。

ア) 初めに、色々なものが、逆転していると考えます。

 『世の元からヒツグとミツグ・・ヒツグはまことの神の臣民・・ミツグは外国の民・・神から見た世界の民と、人の見た世界の人とは、さっぱりアベコベ』(日月神示・上・32)。

 『下級霊人自身が (善)なりと信じて行為することが、地上人には  (悪)と現われることが多い』(日月神示・地震・13・中段)。

 『地上人の肉体は悪的な事物に属し・・心は善的霊物に属する・・地上人は、絶えず、善、真に導かれる・・また、悪、偽に導かれる』(日月神示・地震・15・下段)。


◆ 「シリウスの解釈」による「逆転」の考え方。(ある研究者の研究によると)、

 『人間の反対にとっては、思考などの全てが、人間と逆らしいが、「反対のヒト」も存在するそうだ。

 (★私の解釈) (地底人の世界が)反転しているからであり、思考が逆だから、『地底人(霊)が善だと思ったことが、地上人(人間)に現われる時には「悪」に表現される』と考えます。
      別の例えで言うと、
 鏡に映った自分と本当の自分は左右が逆転し、レンズに移った人物は「逆立ち」して見えます。あるいは、人間側は食欲・性欲・物欲などの物質的欲望を求め、反対側は逆に、精神的な欲望を求める。

 (★★日月神示・地震の巻を、「御用の悪」というフィルターを掛けて、眉毛に唾を付けて、斜めに読み解いてください。そうすれば、イメージが浮かぶはずです)。


イ) 次に、対立・対決構造に作られていると考えます。(イザナギとイザナミの戦い)

 (喧嘩別れで離婚した)イザナギ側が「神軍の臣民」(神国日本)で、イザナミ側が「魔軍の醜女」(欧米列強)という設定で、(意識進化のための)「VRゲーム」を行っていると考えます。

 (★「記紀神話」的には、イザナミが新しい文化生活を求めて「火」(カグツチ)を生み出し、(これで古いイザナミが死んで)「科学・物質文明路線」の新しいイザナミに蘇ったが、一方のイザナギは、相変わらずの「旧態依然の精神化一直線」で進歩が無く、両者の性格不一致という事に成って、協議離婚した。(★世界の神話には『初めの両性具有神が男神女神に分離する』類似性が認められます)。
        その後は、
 両者ともに、相手側の「意識」の奥深くに侵入して「仁義なき戦い」を繰り返している、かも知れません)。

 イザナギ・・定質に向かう方向性・男性性・精神化・神・・互助共助の大和主義・・神国日本
 イザナミ・・性質に向かう方向性・女性性・物質化・科学・弱肉強食の資本主義・・欧米列強

 ★ イザナギの魂を持った「ヒト」が定質に向かうのが「善」で、イザナミの魂を持った「ヒト」が性質に向かうのが「悪」として判定されるのだと思いますが、(そういう設定だと割り切って考えてください)。
        まあ、
 (イザナミの魂を持った)欧米列強の弱肉強食主義は、「我れよし」の身勝手で、自然との調和を破壊し、他人を押しのけて富を独占し、ゲームの快楽のために野生動物を撃ち殺し、人間を奴隷にして酷使し、・・・
        要するに、
 そんな「鬼畜」のような人間たちとは「共同生活が出来ない」から、「ごみ箱」に投げ入れるのです。
        だから、
 最後に、欧米列強は「共食い」で終わるのです。
        この点について、日月神示に、
 『八分通りは獣の人民となる・・獣となれば、同胞(はらから)食ふ事ある』(夜明け・04)。
 『人民の心悪くなれば悪くなる・・悪の終りは共食・・共倒れになるのが神の仕組』(雨・10)。


ウ) まとめると、
 『地底人≒霊界人≒ヒト』ですが、「獣の心を持ったヒト」が、動物本能をむき出しにするから、それが、地上世界の「人間というアバター」を使って、暴力を行い戦争を行うという「現実」(幻実)を作り出すのだと思います。

        また、
 イザナギとは「神に向かう心」(愛善真美)で、イザナミとは「獣に向かう心」(憎悪偽醜)で、それらが複雑に相克するが、(最終的には、殺すのではなく、『悪を抱き参らせる』事になる)。
        それは、
 自分自身の「二面性」だから、決して殺すことが出来ないからです。

        そして、
 「地底人」(ヒト)というのは、実は、それぞれの人間の心(魂)の事ではないかと思います。


エ) 地底人と地上人の、「仁義なき戦い」の意味は。

 地底人(ヒト)が、夢の中で(地上世界の人間として物質化する夢を見る中で)、(人間活動を行う過程の中から)自分の自我・動物本能・「我れよし」を克服するのが、「地底人と地上人の仁義なき戦い」ということであり、『自分自身と戦う事だ』と思います。

       ↑★この点について日月神示に、
 『霊界の山川がマコト・・地上はそのマコトの写し・・地上人は、半分は霊界で思想し、霊人は地上界を足場・・互に入りかわって交はって・・
 来るべき世界が、半霊半物、四次元の高度・・物質でない物質の世となる』(星座・12)。


 だから、自分自身との戦いに、仁義もルールもマナーも何も有りません。

 (★何度も同じことを言いますが、「シリウスの解釈」によれば、「第7次太陽系次元」の構造は、今の人間には想像も理解も出来ない構造に作られているらしいので、本当の所は分かりません)。


E おまけ、「シリウスの解釈」。(ある研究者の研究によると)、

 『人間とは、二つの性格を持つ「軸」で、二つの性格とは感性とシケイ(思形?)だが、それは、地球の中においては対立するもの、らしい。また、地球の外とは「真実の地球」、らしいそうだ。

 『人間とは、セイ質(性質?)が生まれている状態で、生まれるとは、(単純な意味ではなく)次元が生まれる、らしいそうだ。

 『人間が「物質文明」で、彼ら(人間の反対?ヒト?)は「空間文明」らしいが、それぞれに限界を迎えているということで、・・・(交替化とは)、「反対側」からの等化だが、等化とは交替化の意味、らしい。

 『交替化は、意識において必然的に起こってくるものではなく、交替化を行うためには、人間の意識の方向性も必要だが、人間が意識の方向性を変えなかった時は、人間の方向性を持つものが対化して、位置の転換を持つものが性質に変えられず・・もうすぐ何もかもが終わるということ、らしい。

 『人間と「人間の反対」は、「人間の反対」のほうが、次元が低いように反映される、らしいそうだ。

 『人間の反対」の夢は、実現象に入り、「人間の反対」の夢は「実体」を持つらしいが、「反対」の覚醒時には実体を持っていないらしいが、人間と「人間の反対」の接点は、肉体として行われる、らしいそうだ。

 『ヒトとは、人間における調整を行う力の元で、ヒトとは、新しい力を持つ人間で、ヒトは、そのものでは存在できず、
 人間が進化するのではなく、進化するのは意識で、ヒトの体化は、人間の体化と同じらしいそうだ。


F★★ ホントのホントのホントは、もっともっと複雑ですが、これ以上書くと、脳みそが「崩壊」するので、今回は、これで、お仕舞いです。

★★★ (繰り返しますが)、地底人はヒト(霊界の霊人)であり、「地上の人間」は彼らの夢の中の「アバター」です。(別の表現をすれば、アバターを使ってゲームをしているのです。
     この点について、
 『霊人が地上人に語る時は・・霊人と和合して体的の自分に語る・・自分と自分が談話している』(神示・地震・12上段)。
 『大神の中に神を生み、神の中に人民生んだ』(神示・夏・07)。


G★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2021年3月17日 02:37:26 : 8ALnwIx1pk : MjBYLjY0Nm05cmc=[1] 報告
知りませんが、と、いちいち書くなら、最初から、何も書かないのが良い。

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ