★阿修羅♪ > 中国10 > 857.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
強い中国と弱い中国、どちらが米国の利益になるか―米メディア
http://www.asyura2.com/16/china10/msg/857.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 05 日 23:10:40: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

2日、米サイト「紀事」は1月30日、米アジア協会米中関係センター研究員、イザク・フィッシュ氏による記事を掲載し、「トランプ大統領の政策は多くが中国にとって有利になるもの。中国を国際社会の上位に押し上げるだろう」と予測した。写真は天安門広場。


強い中国と弱い中国、どちらが米国の利益になるか―米メディア
http://www.recordchina.co.jp/a159052.html
2017年2月5日(日) 16時50分


2017年2月2日、米サイト「紀事」は1月30日、米アジア協会米中関係センター研究員、イザク・フィッシュ氏による記事「トランプ大統領との出会い」を掲載し、「トランプ大統領の政策は多くが中国にとって有利になるもの。中国を国際社会の上位に押し上げるだろう」と予測した。参考消息網が伝えた。

トランプ氏は大統領就任後、わずか10日で米国を治めるのではなく、変革する意志があることを示した。これらすべては中国を奇妙な立場に置く。国際ルールを破るのは米国で、中国は居場所を守る立場になる。米国が現行体制に反する無政府主義に進む一方、中国は自由主義的な立場をより強化する。国際的な自国の利益を高める一方、米国の利益を損ねるだろう。

トランプ氏の政策の多くは、国際社会での中国の立場を引き上げるだろう。米新政権はアジアにおいて中国により自由な政策を取らせることとなり、中国の政治制度は全世界をひきつける。オバマ政権でアジア問題の専門家らは、強くて威力のある中国か、弱くて混沌とした中国か、どちらが米国の利益になるか暗中模索していた。興味深いのは現在、第3の現実が現れたことだ。強くて自信があり、人々の目を開かせ、驚かせる中国である。(翻訳・編集/大宮)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国10掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国10掲示板  
次へ