★阿修羅♪ > 中国10 > 864.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
深セン電気街の凄み、アキバやシリコンバレーを超える開発力
http://www.asyura2.com/16/china10/msg/864.html
投稿者 軽毛 日時 2017 年 2 月 06 日 20:25:56: pa/Xvdnb8K3Zc jHmW0Q
 


2017年2月6日 高須正和 [チームラボMake部]

深セン電気街の凄み、アキバやシリコンバレーを超える開発力

「世界の工場」深センの中心部には、世界中の家電マニア、発明家、ブローカーを夢中にする巨大電気街「華強北」が存在する。1万店舗以上の電気店・パーツ問屋が集中し、「ここにない部品はこの世にない」「ここでの1週間はシリコンバレーでの1ヵ月」などと言われる華強北の凄みを紹介する。(チームラボMake部 高須正和)
世界最大の電気街「華強北」

秋葉原をモデルにした
超密集電気ビル「賽格広場」
 毎日新鮮な魚が並ぶ築地市場のように、深センの電気街「華強北」(Hua Qiang Bei:ファーチャンベイ)には毎日発明品が店に並ぶ。多くは逃したら二度と買えない、一回限りの新製品だ。
 パーツを売っている部品街として始まったこの街は、深センの工場や製造業者のほか、安い製品を仕入れに来る世界中のバイヤーから僕みたいなマニアを含め、28の巨大ビル(合計50万m2)に1日50万人の来訪者を集め、年間1000億元(1兆7000億円)を超える売り上げをたたきだす。

https://www.youtube.com/watch?v=J5JuV8lk0Iw 
空にはドローン、地には露天商、これが深セン! Movie by Akira Matsuda
 上の動画は2016年8月に華強北で撮影したものだが、2017年1月には露天商もドローンも姿を消してここは公園的な広いスペースになっている。華強北は深圳の中でも特に変化が早く、数ヶ月もたつとゲームの「ローグ」や「風来のシレン」のように、風景や店に並ぶ製品がガラッと変わっていることが多い。
 1980年代ぐらいまで、香港は製造業で有名な場所だった。「MADE IN HONGKONG」というタグをつけた衣服やブリキのオモチャや安い家電製品を、「ブランドショップの試着室で着替えをしていると底が抜けて誘拐され、売り飛ばされる」みたいな都市伝説とともに覚えている中年世代も多いのではないか。
 連載第1回「人類史上最速で成長する都市『深セン』で何が起きているのか」で紹介したように、深センの急激な発展は中国の改革開放政策のあと、その香港の製品を実際に作る労働力を提供することにより始まった。
 1990年代に入り、製造力は充分についた深センがなんとかして企画や開発から行う地場産業を作ろうと考えたときに、「企業同士が情報交換できるように、いろいろな部品が一ヵ所に集まり、自然と情報が交換される市場を作ろう」と、深センの産業グループ・賽格電子集団(Shenzhen Electric Group:SEG)は東京の秋葉原を視察し、おそらく「旧ラジオ会館」「ラジオデパート」あたりをモデルにして、“1m売り場”と呼ばれる間口の小さい店がたくさん並ぶ構造の電気ビル「賽格広場(SEG Plaza)」を作った。
(上)賽格広場ビルの内部。「1m売り場」と呼ばれる密度でみっしり店舗が集積している /(下)別のビルの1m売り場を上層の吹き抜けから撮影したもの。密集ぶりがわかる 拡大画像表示
 賽格広場では、商品がみっしりと詰め込まれた1m売り場が、さらに1Fから10Fまでぎゅうぎゅうに埋まっている。電気街としての営業面積は4万8000m2と言われる。「ヨドバシAkiba」(営業面積2万3800m2)の2倍近いサイズの巨大な建物が、ほぼすべてこのような小店舗で埋まっていて、総店舗数は3000を超える。
 この賽格広場の「巨大なラジオ会館」モデルは大当たりし、華強北電気街全体では現在、21の巨大電気ビル(床面積1万m2以上のもの。総ビル数は717といわれる)、1万店舗以上が集積している。最近はオンラインショッピングでの取引が多いが、ピーク時にはこうした小規模店が、年間500万円ほどのテナント料だったという。
 政府からのアイデアではないせいか、深センの博物館に行っても、証券取引所や政府が誘致した工場の展示はあっても、華強北の展示は目立たない。賽格広場をつくりあげた賽格電子集団の活動が全体のガイドラインにはなったので、完全に無秩序から立ち上がったのではないが、オープンソースのプロトタイプの元にアイデアが洗練されていって大規模になっていくように、商売人の活動が集中するにつれて、自然発生的に電気街が巨大化してきた活動のようだ。
 都市計画や区画整理に市が介入してきたのは2000年頃といわれているので、21世紀に入ってからムクムクと大きくなったといえる。一定の整理はされているものの、第2回で触れた絵画村といい、この圧倒的なエネルギーとカオス感はその成り立ちによるのだろう。
家族経営の問屋が多い。床では子どもたちが商品をパッキングしている 拡大画像表示

メインの販売品はパーツ類
電子部品の市場レポートも提供
 もともと製造業者たちに部品と情報を流通させる成り立ちだったこともあり、今でも部品の取引が多い。写真のこれらはすべて電子部品で、組み立て工場が千個単位で購入するを想定して、ものすごい量のパーツやモジュールが無造作に売られている。
(上)iPadやiPhone(最新機種だけでなく古いものも含む)、その他スマホ・タブレットなどの通信モジュール。あらゆる通信モジュールを購入して自社製品に組み込むことができる /(下)監視カメラ、ドライブレコーダーなどに使われるCCDセンサーモジュール 拡大画像表示

 こういう店で数個単位でパーツを買うのは難しい。たいていの1m売り場は工場と直結していて、注文すれば何千/何万個単位で製造してくれる。小さく見えてもBtoBの問屋なのだ。先ほどの賽格広場の上層、11Fから71Fまではオフィスビルになっていて、問屋街として機能している。
 現在は中国のECサイト「Taobao」(アリババグループ)などでの取引が急激に伸びていて、いつ見てもどの店でも箱詰めやパッキングに忙しい。オンラインが伸びてもリアル市場の意味がなくなったわけではなく、歩き回って店主と話して情報交換したり、「どうしても明日からの製造のために500個だけ必要」といった急場の需要を満たしたりする用途があり、ECがもっと伸びても、完全になくなるというものではなさそうだ。
 そして、もちろんこの電気街があることは新しいガジェットの発明家にとってもこれ以上ないメリットになっている。数時間歩き回れば、「世の中にどういうパーツがあるか」が一目瞭然にわかり、かつ問屋や製造元に相談までできるのだ。
(上)山のように売られるステッカー。「品質保証」「クオリティチェックOK」「認証番号xxxx」「容量32G」のようなシールも売られている。買ってみたら容量が少なかった、というのはこういうところでシールだけ買って貼り付ける行為から生まれるのだろうか。もちろんオーダーメイドが中心で、置いてあるのは「こういう印刷もできます」という見本 /(下)華強北にはプリント基板(PCB)の製造を受け付ける店もある。この電気街でモジュールを買い、自分のラップトップで基板の設計をしてここで制作依頼をすれば、特急だと翌日には基板ができている 拡大画像表示

 深セン周辺の巨大な製造業エコシステムがあるかぎり、部品屋としての性質はなくならないのだろう。同じアジアの電気街として挙げられる香港の「深水埗」やタイの「マーブンクロンセンター」などではこうしたパーツやモジュール類を見ることは少ない。
華強北では、米相場や原油価格のように、電子部品の価格がインデックスチャート「華強北指数」になって公式サイトで日々発表されている。世界の電子パーツの市場がわかる街だ 拡大画像表示
http://diamond.jp/mwimgs/5/6/-/img_56d72d2d8d78685e0390c0e45ff00527529250.jpg

深センの1週間は
シリコンバレーの1ヵ月
 賽格電子集団の目論見はある程度あたったのだろう、大量のモジュールがやりとりされることによって、深センから大量の電機メーカーが登場するに至った。「カメラモジュールと通信モジュールを組み合わせるとカメラ付き携帯ができる」ように、半完成品の形で流通するモジュールを組み合わせると製品ができる。中国のニセ製品でよく言われる「山寨」(Shanzhai:シャンザイ)である。
 山寨は山岳要塞という意味で、中央の目の届かないところで勝手なことをする梁山泊のような事柄を指す。もともとは罵倒語だったのだが、最近の発明家の間では肯定的に使う人もいて、英語圏のハックやハッカーと通じるものがある。
 日本などで行われている通常の製品開発では、深センではモジュール化されている部分まで含めて部品を選び、設計することになる。
 実際に深センでタブレットなどを製造する企業「JENESIS」の藤岡淳一社長が東京大学での「メイカーズ×アジア」イベントで語ったところによると、Androidセットトップボックス一つ開発するのに日本だと1年近い製造期間・1300万円の設計開発費(製造にかかるコストとは別)・1万個製造として1万円の製品単価になるところを、深センのモジュール類を使用すると3ヵ月・50万円の設計開発費・1000個の製造を5000円で行えるという。期間が6〜7割引になり、設計費が9割以上削減され、製造ロットが10分の1になる。
https://www.youtube.com/watch?v=MSk7xN4OUI8 
深センで家電を製造するJENESISの藤岡淳一社長による講演
 初期投資が小さくなり、華強北という市場があることで、「とりあえず作ってみてから考えよう」的なプロジェクトが多発し、電気街は奇妙な山寨新製品であふれる。
(上)ショーケース内の人形や車のオモチャのようなものはすべて携帯電話 /(下)大きいボタンと限定された機能の、日本で言う「らくらくホン」。老人机という身も蓋もない名前で製造されて売られている 拡大画像表示

 たとえばこれだ。ペットボトルぐらいのサイズがあるこの巨大携帯電話は、21000mAhのバッテリを持ち、モバイルバッテリとしてほかの機器にUSB電源を供給できる。満タンだと1ヵ月を超えて使用することができ、とても明るいLEDライトもついている。これはビル工事とかダム工事のような建設作業者のための携帯電話だという。作業しながらでも聞こえるように、アラーム音がものすごく大きい。
(左)ペットボトルサイズの携帯。これもここ1〜2年の新製品 /(右)驚異のバッテリ容量21000mAh 拡大画像表示

 ほとんどの部品がモジュール化されて再販売されてしまうため、アイデアだけの価値(特許など)が薄い深センでは、“思いつきでつくられた”ような新製品、半製品がびっくりする数で、日々新発売されている。
 この巨大携帯は中国専門ガジェットライターで「中国のインターネット」という著書もある山谷さんがレビューを書かれているものによく似ているが、液晶サイズやバッテリなどが違い、おそらく別メーカーの山寨だろう。このくらい「似たようなちょっと違う」製品で市場は満ちている。
 日刊の広告新聞が発行されていて、中はすべて新製品と半製品。パッと見どこが進化したかわからないものがほとんどだ。純粋なコピーも多いだろうが、欧米人が日本の「醤油ラーメンだけで軽く20種類はある」ことが「全部同じにしか見えない」ように、彼らなりの識別ができているのかもしれない。
日刊の新製品新聞。いくつも配布されていて、日本からもPDFで読むことができる。左はスマートウォッチの完成品、右はスマートウォッチ等に心拍センサを埋め込むモジュールの半製品 拡大画像表示

 この市場と周辺の工場群が生み出す開発速度を指して、シリコンバレーに本拠を置き深センに開発ラボを置くハードウェアインキュベータのHAXは、「深センの1週間はシリコンバレーの1ヵ月」と言う。
2015年にオープンしたMJの店。賽格広場02A08(2FのA区画8番)に入居している。ほかの店と違い、正規品のArduinoやサーボモータなどのDIYツールを販売する。世界から多くの発明家が深センを開発拠点にし始めたことにより、このようなビジネスが始まっている 拡大画像表示

ビルごとに特色がある売り場
サイバーパンクSF感満載
 華強北に多くあるビルは、ビルごとに特色があり、売っているものが違う。
国際電子城。看板にはさまざまな言語で「卸売りします」と書かれている Photo by Yuichi Hirose 拡大画像表示

 たとえば上写真の国際電子城は、GoProのようなアクションカメラ、モバイルバッテリ、車のバックミラーにAndroidタブレットを組み込んだものなど、消費者家電の山寨……というよりも“パチモノ”で満ちていて、中東やアフリカ、東南アジアなどから多くの家電ブローカーがバイヤーとして仕入れに来ている。
 パチモノ感いっぱいの山寨家電を、ターバンを巻いたアラブ人ブローカーと商店主の中国人が狭い店内で交渉している様子は映画「スターウォーズ」の闇ガジェット市場のようで、サイバーパンクSF感満載だ。
 今回は電気街全体の紹介になったが、ビルごとに扱う製品の違う華強北の電気ビルと怪しくも魅力に満ちた山寨ガジェット、そしてそれを生み出す街のエコシステムについても、今後はより詳細に紹介していきたい。
(チームラボMake部 高須正和)
DIAMOND,Inc. All Rights Reserved.

http://diamond.jp/articles/-/116420
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国10掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国10掲示板  
次へ