★阿修羅♪ > 原発・フッ素45 > 633.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
バスビー:死の灰により6000万人超が殺される、1.2億人以上の癌・人間の歴史の中で最大規模の戦争犯罪(ENENew
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/633.html
投稿者 ナルト大橋 日時 2016 年 5 月 07 日 11:33:58: YeIY2bStqQR0. xdnEkeWLtA
 

記事元


Scientists: Over 60,000,000 killed by nuclear fallout… More than 120,000,000 cancers from radioactive releases… Doesn’t include millions more dead babies and fetuses — Professor: “Horrifying… This is a war crime far greater in magnitude than any that has occurred in recorded human history” (VIDEO)
科学者:死の灰(核降下物)によって6000万人を超える人が殺される...放射能の放出により1.2億人以上の癌...何百万人以上の死んだ赤ちゃんや胎児は含まれていません – (バスビー)教授:「恐ろしいです...これは、「記録された人間の歴史の中で起こったいかなる(戦争犯罪)よりも規模において、はるかに大きな戦争犯罪です(ビデオ)


Published: May 5th, 2016 at 12:38 pm ET By ENENews
公開:2016年5月5日、午後12時38分ET ENENewsによる


Transcript excerpt from the documentary ‘Atomic Wounds’ – see IMDB page (emphasis added): Starts at 50:00 in — “Since the explosion of the first atomic bomb in 1945, there have been several thousand tests in the atmosphere and underground… Hundreds of supposedly secured nuclear sites are still active and the atomic waste they cause are dispersed everyday… The official number of deaths from cancer due to nuclear activities since 1945 is 1,000,100. Taking into account low level radiation, European researchers have upped this estimate to 61 million. In other words 60 times the UN official figure.”
ドキュメンタリー「原子力による傷」から翻訳の抜粋 - インターネット・ムービー・データベース IMDBのページを参照してください(強調を追加):50分に始まる - 「1945年に最初の原子爆弾が爆発して以来、大気や地下で数千のテストが行われています...たぶん推定数百の核施設がまだアクティブであり、それらが原因となる原子力廃棄物は、毎日飛散しています...1945年以来、原子力活動に起因する癌による死亡の公式の数は100万100人です。低レベル放射能を考慮することで、欧州の研究者は、6100万人にこの推定値を上げてきました。換言すれば、国連の公式数字の60倍です。」



European Committee on Radiation Risk (ECRR’s Wikipedia page), 2010 (pdf): Global consequences of exposures from nuclear project based on UNSCEAR figures up to 1989… ECRR yield: Cancer death – 61,619,512; Cancer total – 123,239,024; Infant death – 1,600,000; Foetal death – 1,880,000
欧州放射線リスク委員会(ECRR Wikipediaのページ)、2010年(PDFファイル):原子放射線の影響に関する国連科学委員会UNSCEARに基づく原子力プロジェクトからの情報開示のグローバルな結果は、1989年までの数字...ECRR算出値:がん死 – 61619512人。がん(罹患)合計 – 123239024人;乳児死亡 - 160万人。胎児死亡 - 188万人


Latvian Academy of Science, presentation by Prof. Chris Busby of the University of Ulster, 2009 (pdf): ECRR calculations show that this has resulted in more than 60 million excess cancer deaths worldwide due to exposures up to 1995… The ECRR 2003 model makes clear that the contamination of the environment from nuclear discharges comes at a very great cost in human suffering for those now living and their descendants. ラトビア科学アカデミー、アルスター大学のクリス・バズビー教授によるプレゼンテーション、2009年(PDFファイル):ECRRの計算は、1995年までの情報開示によると、これが全世界で6000万人以上の過剰ながん死亡をもたらした、と示しています...ECRR 2003年モデルは、核放出による環境の汚染は今住んでいる人およびその子孫にとって人間の苦しみの非常に大きな犠牲を生むこと、を明らかにしています。


Prof. Chris Busby, University of Ulster, 2009 (pdf): The global death yield of the nuclear age to 1992 has been horrifying. According to objective calculations by the European Committee on Radiation Risk… 61 million cancer deaths; 1,600,000 infant deaths; 1,880,000 foetal deaths; There has been a loss of life quality of 10% (in terms of illnesses and ageing effects). The blame for this can be squarely placed at the door of those scientists and administrators (WHO, UNSCEAR, ICRP) who developed and supported the scientific risk models. This is a war crime far greater in magnitude than any that has occurred in recorded human history.
クリス・バズビー教授、アルスター大学、2009年(PDFファイル):1992年に核時代のグローバルな死亡率は恐ろしいことになっています。欧州放射線リスク委員会による客観計算によると...6100万人が癌死亡。160万人が乳児死亡。188万人が胎児死亡。10%の生活の質の損失がありました(病気や老化の効果の見地から)。このことに対する非難は、科学的なリスク・モデルを開発しサポートする科学者と管理者(WHO、UNSCEAR、ICRP)の扉に、真正面から配置されるべきである。これは、記録された人間の歴史の中で起こったいかなる戦争犯罪よりも規模においてはるかに大きな戦争犯罪です。


See also: CIA Agent: Gov’t covering up effects of radiation; I hope public becomes more aware of threat to their health — Study: Actual radiation risks are “orders of magnitude greater” than official estimates; “Completely changes the picture… a serious public health hazard” (VIDEO)
参照: CIAエージェント(諜報員):政府は放射能の影響を隠蔽する。私は、国民が自分の健康への脅威をより意識することを願っています –研究:実際の放射能リスクは公式推計よりも「桁違いに大きい」です。「完全に状況を変更する...深刻な公衆衛生上の危険」(動画)


And: Secrecy agreement between Fukushima and IAEA revealed by Tokyo newspaper -- They hid health effects in Chernobyl... same thing could happen to Fukushima"
そして:福島県とIAEAとの間の秘密保持契約は東京新聞によって明らかにされた - 彼らは「チェルノブイリでの健康への影響...同じことが福島に起こる可能性を隠した


Watch the documentary ‘Atomic Wounds’ here
ここでドキュメンタリー「原子力による傷」を見ます
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 茶色のうさぎ[-3192] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年5月07日 12:29:35 : bNv5QO1NJk : v71qA@wDZxg[6]

東京の、子供だって、数ヶ月で、14mGy(Sv)の被曝したんだよ!

まぁ、関東、東北で、5000万人くらいが、30年くらいで死亡と思います! うさぎ♂

日本の人口は、8000万人くらいかなー? まぁ、これから、結婚、子供、なんて無理!


2. 茶色のうさぎ[-3184] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年5月08日 13:30:52 : bNv5QO1NJk : v71qA@wDZxg[14]

第二次世界大戦で、世界中の死者数は、約6000万人ですね。<軍人と民間人で!

それに、匹敵するくらい、戦後70年間で、じわじわと、放射能で、大量殺人だったと思います。

よくもまぁ、原因を、世界中で隠蔽できたなーって感心してます。 犯人は原子力ムラ連中ですね。 うさぎ♂

それも、合法的に、世界中で協力してでしょ! 一般国民も知らずに加担が怖いです。 現在も進行中ですね!w


3. 茶色のうさぎ[-3182] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年5月08日 17:37:19 : bNv5QO1NJk : v71qA@wDZxg[16]

いつもの動画です! 最後の一分だけでも見てね。 白石草さんですよー♪

 ↓ 子どもたちを守りたい〜  米国国防省: 大人だって5.2mSvだよ。 労災の権利と同じですね!
https://www.youtube.com/watch?v=Y2KYPcfZMBc

 ↓ 自分の被曝量を知りたい人へ。 <浪江町で81mSv!w−
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1968 <実際の総被曝量は4倍くらいと思います。武田先生!

結論: 数値は、甲状腺だけですね。 その後の、食品などの、内部被曝量は無視です!

今後、5年、10年後は??? 怖くなってきます! うさぎ♂ (注:これら数値の、正式認定はまだです。)

被曝量計算は、矢ヶ崎先生、武田邦彦先生、床次眞司先生、にお願いしたいですね! 今中と児玉、???ぷ♪


4. 茶色のうさぎ[-3181] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年5月08日 17:55:57 : bNv5QO1NJk : v71qA@wDZxg[17]

やっぱ、計算は、、ECRR、ですね! 修正します。 うさぎ♂

外国機関が、冷静、公平、と思います♪


5. 2016年5月08日 21:49:37 : NGniBo6KeY : R7u7g07qUe8[1]
素晴らしいウサギさん。ご苦労様です。汚染の実相が隠されていて、当事者も騙されたまま、殆ど殺されるんですね。政府ジチタイは完全な犯罪者。

6. 2016年5月09日 22:13:48 : 5jcicNH08c : Km4AgCVfYPk[0]
アメリカ合衆国やヨーロッパにも飛来しているからな。
安倍なんかを総理に付けたのが、運の尽き。
ガンマ線日焼けで
白人>黄色人種>黒人の順でヤバイ事になるだろう。

7. 2016年5月09日 22:50:31 : sfKNdWtc32 : HBCUJwx7Fv8[11]
この手の議論を見ていていつも思うことだけれど、
放射線量に現れない毒である【プルトニウム】が、
膨大な量、堆積している危険性を、全員、無視している。

プルトニウムの出す放射線はα線で、α線は数cmしか飛ばない。
つまり、測定器から数cm離れたところに、
たとえ、一瞬で細胞が破壊されるほどの量のプルトニウムがあっても、
測定器の針はゼロを指したまま。
測定結果なんか、全く、あてにならない。

だから、東電や政府は、プルトニウムを測定器で捜すなんて、していない。
(偶然見つかったとこを報道している)。

東電や政府が、プルトニウムがほとんど堆積していないとする根拠は、
「ばら撒かれていないに決まってる」だけ。

しかし、3号機は爆発で鉄骨,数十トンが引っ付いたまま曲がってる。
衝撃波が原因なら、無理に曲がったら千切れる筈で引っ付いたままにならない。
鉄骨,数十トンが1000℃を超えたしかあり得ないない。
しかし、水素ガス600kgが燃えても、鉄骨に移れる熱は一部だけだから、
数十トンが1000℃まで上げることはできない(桁が足りない)。
プール内の使用済燃料が連鎖反応を起こして熱を出した、しかあり得ない。
そうなると、熱源は使用済燃料ということになるので、
熱源となった使用済燃料は溶けて大気中にばら撒かれる。
それが起きてしまった可能性が高い。

■ところが、政府の専門機関が、それは起きてないと言い張ってる。
その根拠は、なんと「ラックが壊れていないに決まってるから」。
たった10〜20本分のラックが壊れていないのが見えたのを理由に、
「残り550本分のラックも壊れていない」と仮定してそう言い張ってる。

「プルトニウムはほとんど堆積していない」の根拠が、
10〜20本分の無事を残り550本分の無事に飛躍させた仮定だけを
拠り所にしている。
こんな、無謀で無責任な仮定に、命を預けるんですか?

残り550本分が無事かどうか確かめるのは簡単。
プール内の97%を覆い隠してる細かい瓦礫の山を撤去し、
目視確認できるようにすればいいだけ。
未だに、撤去していない。

プール周辺の瓦礫や大型瓦礫(クレーン(FHM))やCUW FD ハッチ蓋は、
あっという間に撤去できたのに、
なぜ、プール内の97%を覆い隠してる細かい瓦礫の山になった途端、
「高放射線量のせいで撤去作業ができない」なんて言い草が通用してるんだ!
とっとと撤去しろ!

細かい瓦礫の山を残したまま、燃料取出し機の設置ばかり大々的に報道して、
瓦礫がすべて撤去できて、燃料がすべて今もそこにあることを目視確認した
かのように騙そうとしている。
最近は、
細かい瓦礫の山を「瓦礫」ではなく他の呼び方に変える辻褄合わせをやって
「瓦礫撤去完了」と発表したようだ。
実際には手を付けずに、
「瓦礫」という言葉の定義を変えたら、瓦礫撤去が完了したことになるのか?

燃料がすべて今もそこにあることを目視確認した
というのなら、その画像を公開しろ!


8. 2016年5月10日 12:15:26 : 6wAZDMaAlo : 7VqpHlRCfLo[3]
除染というのがひとつの目くらましになってしまっていたようだ。
利権的には電力会社とその下の土建業や暴力団への資金提供。

地元住民は放射能汚染で色分けした汚染地帯の色が変わる様をみて
土地・空気・水の放射能汚染度が改善されたと実感覚える。

だが放射線量の閾値はあまり意味をなさないのかもしれない。
目を向けるべきは呼吸と食物摂取による直接的な放射能内部被曝。

それゆえ低線量下でも人体に影響が及ぶという実際の研究から得た
データをもとにした発表が非常に意味があり正論だったことを
ようやく実感した。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素45掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素45掲示板  
次へ