★阿修羅♪ > 原発・フッ素46 > 111.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
朝日新聞「プロメテウスの罠」のウソまたまたバレる「謎の防護服の男」は「謎」ではなかった - 福島 信夫山ネコの憂うつ
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/111.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2016 年 6 月 28 日 06:07:18: 8rnauVNerwl2s ie@I9ZTUjYY0MTUzlNQ
 

「朝日新聞は廃業するのが日本のため」と
社説に書いて欲しい。

twitterから
https://twitter.com/TatsutaKazuto/status/747441255039139840

竜田一人
@TatsutaKazuto
朝日新聞「プロメテウスの罠」のウソまたまたバレる 「謎の防護服の男」は「謎」ではなかった - 福島 信夫山ネコの憂うつ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-210.html

さてと、あの福島に対しては放射脳脅しを続け、いつまでも被曝被害によって壊滅している理想の「フクシマ」を追求し続ける、極悪な朝日新聞の最凶記事、「プロメテウスの罠」のウソが、またまたバレたにゃ(今月はいろいろあるにゃ)。

ウソがバレた記事は「プロメ〜」の第一回(2011年10月3日)
プロメテウスの罠〔1〕 防護服の男 「頼む、逃げてくれ」
http://astand.asahi.com/webshinsho/asahi/asahishimbun/product/2011102700007.html
そのころ、外に出たみずえは、家の前に白いワゴン車が止まっていることに気づいた。中には白の防護服を着た男が2人乗っており、みずえに向かって何か叫んだ。しかしよく聞き取れない。 「何? どうしたの?」 みずえが尋ねた。
 「なんでこんな所にいるんだ! 頼む、逃げてくれ」
みずえはびっくりした。「逃げろといっても……、ここは避難所ですから」
車の2人がおりてきた。2人ともガスマスクを着けていた。
 「放射性物質が拡散しているんだ」。真剣な物言いで、切迫した雰囲気だ。
家の前の道路は国道114号で、避難所に入りきれない人たちの車がびっしりと停車している。2人の男は、車から外に出た人たちにも「早く車の中に戻れ」と叫んでいた。
2人の男は、そのまま福島市方面に走り去った。役場の支所に行くでもなく、掲示板に警告を張り出すでもなかった。
政府は10キロ圏外は安全だと言っていた。なのになぜ、あの2人は防護服を着て、ガスマスクまでしていたのだろう。だいたいあの人たちは誰なのか。
みずえは疑問に思ったが、とにかく急いで家に戻り、避難者たちにそれを伝えた。

この「防護服の男」は、記事の中では終始「政府・東電の陰謀の中で、真実を伝えた謎の者がいた(もしかしたら福島第一原発の人?とか)」を匂わせるような、「正体不明」のままで描かれ、この「物語」の基軸となっている。

今年3月28日の「プロメテウスの罠」最終回は、
「防護服の男 その後」
http://www.asahi.com/articles/DA3S12281088.html
肝心なところは「会員限定」なので、こちらで

#朝日新聞 「プロメテウスの罠」連載終了コメントまとめ
http://togetter.com/li/955778
記事の画像を読むと、「防護服の男たちが、どこの誰だったのか、今も全くわからない。」となっている。最後まで「謎」だにゃ。

しかし6/26日曜日放送のNHK「ETV特集」で、「防護服の男」の正体はいとも簡単にわかってしまった。いや、正確には「正体は謎でも何でもなく、記事が書かれた当時でも、すぐに判る状態だった」ことが、バレてしまった。これらのことは、三重大学の奥村晴彦教授がツイートしていた。

https://twitter.com/h_okumura/status/746909209074110464
Haruhiko Okumura @h_okumura
昨日のETV特集「飯舘村5年」,JAEA原子力緊急時支援・研修センターNEATの車。朝日新聞「プロメテウスの罠」の「防護服の男」は彼らだったのか
ぷろめ1ぷろめ2

https://twitter.com/ando_ryoko/status/746916309905006592
安東量子 @ando_ryoko
安東量子さんがHaruhiko Okumuraをリツイートしました
わたしは、中の人ではありませんが、関係者の方から、そう伺いました。

https://twitter.com/ando_ryoko/status/746734989069279232
安東量子 @ando_ryoko
朝日新聞「プロメテウスの罠」の取材力、おそるべし。掲示板に測定機関名はっきり書いてあるのに、そこに確認の一本も取らないで、謎の男、って書いちゃうんだわ。(住民が言ったことにして。)

要するにJAEAという「公共機関」の人だったのだ。TVではこの「白いワゴン車」の映像まで出ていたわけで、こんなの調べればすぐわかる。朝日はこのことを知っていたのに、「謎の男」にして「物語」をデッチアゲたってわけだ。

https://twitter.com/h_okumura/status/746926898131832832
Haruhiko Okumura @h_okumura
プロメテウスの罠 防護服の男 http://astand.asahi.com/webshinsho/asahi/asahishimbun/product/2011102700007.html … 「防護服の男」その後 http://digital.asahi.com/articles/DA3S12281088.html … 「防護服の男たちがどこの誰だったのか、今も全く分からない」(JAEAとわかっていて朝日新聞はわざと謎に仕立てたのか)

安東さんは、もうずっと、「防護服の男の正体なんて、調べればすぐわかる」ってなことをツイートしていたのだにゃ。

http://twilog.org/h_okumura/date-151113 (2015年11月13日)
「安東量子@ando_ryoko
プロメテウスの罠」だって、ちゃんと取材すれば、その検証できたんだろうけれど、あれは、「防護服姿の男は誰だかわからない」とか言って、検証を放棄してるし。だから、それ、誰だか、わたし、知ってるってば。日本で、あの時期に、国に依頼されて測定に入る機関と言えば、限られるでしょ。
Retweeted by Haruhiko Okumura retweeted at 08:03:30

(このtwilogによれば「プロメ〜」はSPEEDI」についても、インチキな「物語」があったらしい。)

https://twitter.com/ando_ryoko/status/746917278126571521
安東量子 @ando_ryoko
朝日新聞の記者は、絶対に知っていたはず。ないものを「ある」としたサンゴ礁捏造事件と、ある情報を「ない」とした防護服の男と、根は同じ。

https://twitter.com/ando_ryoko/status/746924024408662016
安東量子 @ando_ryoko
安東量子さんがHaruhiko Okumuraをリツイートしました
関係者内では、謎でも秘密でもなんでもない当たり前のことで、わたしに教えてくださった方も、さらっと「ああ、あれJAEAなんですよね」と言われてました。謎でもなんでもないものを「謎」にしたのは、朝日新聞です。

https://twitter.com/h_okumura/status/746941218597142528
みーゆ@リケニャ @miakiza20100906 · 6月26日
番組もプロメテウスも見ていないのでヤマ勘ですが、震災直後からJAEA他で行っていた緊急時モニタリングではないかと。当時の資料だと http://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1621018/www.jaea.go.jp/jishin/0325-19.pdf … , http://www.jaea.go.jp/jishin/0331.pdf 等 @h_okumura @ando_ryoko

Haruhiko Okumura @h_okumura
.@miakiza20100906 ありがとうございます。第1陣ヘリコプタで3月12日10時頃から,第2陣モニタリング車で13日朝から活動開始ですね。プロメテウスの罠では12日夕に白ワゴンで現れたことになっているので時間的には第1陣みたいですが白ワゴンはどこで調達したのか…

みーゆ@リケニャ @miakiza20100906 · 6月26日
ヘリでは、モニタリング場所に直行ではなく、オフサイトセンターに行ったようなので、ワゴンの調達は恐らくそこでではないかと。この資料の4枚目に記述があります → http://www.jaea.go.jp/02/info/jaea-houkoku6/02.pdf#page=4 … @h_okumura

おいおい、ネット上に資料が公開されているよ・・・

https://twitter.com/ando_ryoko/status/746945731185913856
安東量子 @ando_ryoko
ね。その気になれば、いくらでも調べられるものを調べもしないで、「今も謎である」と、平気で書いちゃうの、いくらなんでも、ひどいよね。田井中雅人記者の捏造とそれを黙認する現場を眼の前で見た今となっては、驚きもしないけれど。

というわけで、日本新聞協会賞に輝く「プロメテウスの罠」が、実は「ヒロメテウソの罠」(by 明烏さん)であることが、またしてもバレてしまったのだが、「またしても」というのはもちろんコチラ、まいど〜

朝日新聞「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」の「主婦 有馬理恵」は「俳優座の社会派女優&市民活動家」だ 証拠はここにある 「従軍慰安婦」「吉田調書」と同じく検証が必要だ(リンク先読んでください)

「プロメ〜」は「我が子の鼻血」、「防護服の男」が2大ウソ、この他「SPEEDI」にもインチキな「物語」があるらしい。これに謝罪&社長交代にまで至った「吉田調書」問題あり、はたまた大岩ユリッペやホンダ記者の危険強調トンデモ記事は無数にあり、「不安に寄り添う」などとして、常に「自主避難」に味方して、福島に残った者の気持ちを挫き、風評加害する。朝日社内では、まるで「愛国無罪」のような「反原発無罪」が許されているのだろ〜か?手段を択ばない「反原発→福島脅し、disり」ぶりだが・・・

記者はなぜ現場からいなくなったのか [原発とメディア]
http://astand.asahi.com/webshinsho/asahi/asahishimbun/product/2013012800006.html
あまり話題になった記憶は無いが、この本の「第5章 いわきから郡山へ」によると、「こうして12日夜までに、朝日新聞は浜通りの取材拠点の南相馬と、いわきにいた記者を福島総局と郡山支局に移した」。すなわち、朝日新聞いわき支局は11年3月12日に撤退し、郡山に避難した。まだ住民の避難は始まっていなかった時期だし、「チェルノブイリ事故を参考に原発30キロ圏内から退避するよう記者に命じた」ということだが、原発から45キロ(=平まで。いわき市は北部市境が僅かに30キロ圏に入る。支局は平にある)のいわき住民が強制避難したことはない。朝日新聞は「放射能恐怖」で報道機関の使命を放棄して、いわき市から「自主避難」したのだ。こんなクズなマスゴミは他には無いだろう(クズなゴミって一体・・?)。

この「住民より早く自主避難」したことの「正当化」や「負い目、罪滅ぼし」の意識が、「自主避難に寄り添って、福島に残った者は無視」、「原発は悪」方向への極度の感情的ブレを招き、その結果がその後の、一連の「福島は危険」をデッチアゲまでして煽る「反原発無罪」記事に繋がっているのではないか?だとしたら、まったくジコチュウの、迷惑千万な話だ。自らの主張に従い、今からでも「放射能汚染で人間が住めない危険なフクシマ」から、撤退した方がよいと思う。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月28日 12:27:40 : km1G7WlxHY : isXPuplugJI[3]
結論を先に書くと、記事が書かれた時点では、まだ謎であった。

記事が書かれた日時は、2011年11月4日だから、取材は、それ以前に行われた。

>プロメテウスの罠〔1〕 防護服の男 「頼む、逃げてくれ」2011年11月04日

http://astand.asahi.com/webshinsho/asahi/asahishimbun/product/2011102700007.html

JAEAが報告会を行った日時は、同年11月24日。

>第6回原子力機構報告会−3.11 原子力事故を踏まえて−

11月24日(木)13時30分よりニッショーホールにおいて第6回原子力機構報告会を開催いたしました。

http://www.jaea.go.jp/02/info/jaea-houkoku6/top.html

調べれば、簡単に分かるけれど、朝日新聞記者を悪者に仕立て上げたい人々には、その余裕もないようだ。

恥ずかしいと思わない?

そこの、皆さん。


2. 2016年6月28日 13:34:39 : zZHboXFGdo : GfVGjp1RJNA[2]
ネトウヨの酒のツマミに利用される放射能デマを非難する連中のブログやSNSをときおり読んでいてつくづく感じるのは、デマを非難するという正義が福島という被害を盾にとるという意味では彼、彼女らが忌み嫌う放射能デマのいわゆる放射脳と侮蔑する連中と対を成す同類にしか見えないことだ。

そして先述したが、デマゴギーに過敏に反駁するエネルギーが国家主義の中に取り込まれていくことに対してもデマを撲滅するなら厭わないようだ。
すなわち国家主義の尖兵役である4153のようなTPP反対を自分の支持する政党と支持しない政党が権力に就く、就かないで平気で宗旨替えする大嘘つきのネトウヨたちの工作に使われることになんのタメライもないことに愕然とする。
そのくせ、彼、彼女らのブログやSNSには既成価値や権力に警笛を鳴らしているのだから始末が悪い。

鈍感というより愚鈍と形容したほうがいいくらいに、自分たちの正しさに自明的な確信があるようだが、俺からいわせれば自覚的なまでに被害者意識に懲り固まっているとしか思えない。
デマゴギーは振りまく側の批判や検証で無くなっていくものではない、検証批判する側も同じように振り返り、自分がどうなのか自己省察しデマゴギーに加担していないか姿勢を正しくせねばならないはずだが、そんな姿勢はどれもこれもほとんど皆無だ。
自分たちだけが、という思考から抜け出ていないのは放射能デマを批判する彼、彼らも同じであるし、むしろ言説が国家主義的な動きに吸い取られていってしまっているという意味ではより危険だと俺は思う。


3. 2016年6月28日 14:57:50 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[1002]
本筋、本論では全く反原発の主張に太刀打ちできないので、こういうどうでもいいような
つまらないことを取り上げてケチをつけるのが工作員の手口。

これはその典型だな。

ムラもあまり先は長くないということだ。


4. 2016年6月29日 00:03:16 : 9Eb64Nhq5A : c@N1i7N3daw[6]
記事を書いた時点でわかっていたら、そのとおり書いたほうがよほどスキャンダルになります。公共機関の人だったにもかかわらず、身分を明かさずに個人的な思いから住人に危険を告げただけだったので(危険な数値が出たら避難させよ、という指示が文科省からなかった、というか文科省が隠したため)結局多くの人が被曝し続けたことが問題なのです。

5. 2016年6月29日 08:19:04 : iJ2WMKVhaI : EH3mNtesNds[27]
これはな、

「脱原発派は溶融核燃料が行方不明などと宣伝しているが実は行方不明などではなかった!正確な位置を確認していなかっただけで、核燃料はちゃんと地下300メートルの地中に存在していることが判明!所在不明などと言い張る放射脳を嗤う!」

と言うようなもんだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素46掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素46掲示板  
次へ