★阿修羅♪ > 原発・フッ素46 > 587.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
血糖値スパイクが危ない 〜見えた!糖尿病・心筋梗塞の新対策〜 (NHKスペシャル)
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/587.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2016 年 10 月 09 日 05:52:37: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

「血糖値スパイクが危ない 〜見えた!糖尿病・心筋梗塞の新対策〜」 
(NHKスペシャル 2016/10/8)
http://www.nhk.or.jp/special/kettouchi/result/index.html

健康診断では「血糖値は正常」と言われたのに、知らないうちに体中の大事な血管が痛めつけられ、突然死やがん、認知症まで招いてしまう――。そんな恐ろしい「血糖値の異常」がいま日本人に蔓延しているという事実が、最新研究によって明らかになってきました。名付けて“血糖値スパイク”(食後高血糖)。その知られざる実態と、超簡単な撃退法を大特集!

健康診断では見つかりにくい「血糖値の異常」

「血糖値」とは血液中を流れる糖分の量を示すもので、一般的な健康診断の検査項目にも入っています。これが一定値より高い状態が続くと「糖尿病」と診断されます。
ところが最近の研究で、糖尿病ではない人の中に、「普段は正常だが、“食後の短時間だけ”血糖値が急上昇する」という現象が起きていることがわかってきました。それこそが、今回取り上げた「血糖値スパイク」。番組の調査では、健康診断で正常と言われていた働き盛りの世代65人のうち、20人で“血糖値スパイク”が起きていることが判明。また別の調査では、やせ型の20代女性の5人に1人に、“血糖値スパイク”が起きているというデータもあります。老若男女、誰にでも起こりうる問題なのです。
厄介なことに、この“血糖値スパイク”は「空腹時の血糖値」を調べる通常の健康診断などではなかなか見つけられません。食後1〜2時間のうちに血糖値を調べない限り、“血糖値スパイク”が起きていることに気づきにくいのです(下図を参照)。

突然死のリスクを高める”血糖値スパイク”

心筋梗塞を起こして病院に運ばれた40代の男性。検査の結果、心臓から延びる太い血管が「動脈硬化」を起こして細くくびれ、血流が滞っていました。これまで男性は、健康診断で心臓に問題を指摘されたことはありません。しかし、医師から告げられた思いもよらない動脈硬化の原因は、“血糖値スパイク”。なぜ食後の血糖値の急上昇が、動脈硬化を引き起こすのでしょうか?
イタリアの最新研究で、そのメカニズムが突き止められました。血管の内壁の細胞を糖分の多い液と少ない液にかわるがわる浸し、“血糖値スパイク”が繰り返し起きている状態を再現したところ、細胞から大量の「活性酸素」が発生することが判明。活性酸素は、細胞を傷つける有害物質です。“血糖値スパイク”の状態を2週間続けると、細胞のおよそ4割が死んでしまいました。実はこれが動脈硬化につながる原因。
血管の壁が傷つくと、それを修復しようと集まった免疫細胞が、傷ついた血管壁の内側に入り込んで壁を厚くし、血管の内側を狭めていきます。それが「動脈硬化」です。“血糖値スパイク”が起きている人は、血管の随所で動脈硬化が多発し、やがて心筋梗塞や脳梗塞を引き起こして、突然死のリスクが高まることになります。

認知症・がんのリスクを高めることも

通常、食事から摂取された糖分は、すい臓から分泌される「インスリン」というホルモンの働きによって筋肉の細胞などに取り込まれ、血液中に残る糖分の量(=血糖値)は適正に調整されています。
ところが、生まれ持った体質や生活習慣の乱れが原因で、細胞が糖を吸収する能力が低下することがあります。すると、インスリンが頑張っても、血液中の糖をうまくに細胞に送りこむことができず、血糖値が急上昇します。そこですい臓は、さらに大量のインスリンを出し、なんとか糖を細胞に取り込ませて血糖値を正常レベルに戻します。このようにして、針のように上がり下がりする“血糖値スパイク”が生じるのです。
最近、この「インスリンの多い状態」が体に及ぼす“悪影響”が、明らかになってきました。インスリンが多い状態では、記憶力が衰えやすいことが、ネズミの実験で確かめられたのです。脳を調べると、「アミロイドベータ」という物質が蓄積していました。この物質は、アルツハイマー型認知症の原因とも言われ、脳の神経細胞を死に至らしめる有害な老廃物です。つまり“血糖値スパイク”が生じて体内のインスリンが多い状態の人は、脳内で「アミロイドベータ」の蓄積が進んでいる可能性があるのです。 さらにインスリンには細胞を増殖させる働きがあるため、がん細胞の増殖も促す危険性が指摘されています。

血糖値スパイク”が起きているかどうか、どうすればわかる?

福岡県久山町では九州大学と共同で、40代以上の住民およそ8000人を対象に大規模な健康調査を行い、そのおよそ2割に“血糖値スパイク”が生じていることを突き止めました。同様な状況が全国で生じているとすると、日本全体で“血糖値スパイク”を生じている人は1400万人以上もいると推定されます。
さらに大量の調査データを分析したところ、どんな人が“血糖値スパイク”を起こしやすいかという「条件」も明らかになってきました。それを基に、今回番組では九州大学の研究者と共同で、“血糖値スパイク”の危険度を判定できる「チェックテスト」を作成しました。“血糖値スパイク”の起こりやすさに影響する8つの大きな要素から、あなたが“血糖値スパイク”を起こしているかどうか、その危険性を判定することができます。ぜひ試してみてください。

どうすれば”血糖値スパイク”を解消できる?

チェックテストで“血糖値スパイク”の危険度が高いと判定されたら、どうすれば良いのか?ご安心ください。実は最新研究で、恐ろしい“血糖値スパイク”も、ごく簡単な食事や生活の工夫によって、たちまち解消できることがわかってきているのです。
重要なポイントは、ご飯やパンなどに多く含まれる糖質が体に吸収されるスピードを遅くし、血糖値の急上昇を抑えること。
番組では、大きく3つの対策をご紹介しました。

◆対策1 食べる順番は「野菜」⇒「肉・魚」⇒「ご飯・パン」

食物繊維を多く含む野菜などを最初に食べると、食物繊維が腸の壁をコーティングし、後から糖が入ってきた時に、その吸収をゆっくりにする作用があります。
その次に食べるなら、タンパク質や脂質を含む肉や魚など。胃から腸へ運ばれる際、タンパク質や脂質に反応して「インクレチン」というホルモンが放出され、その働きで胃腸の動きが遅くなります。
その後にご飯やパンなど糖質を含むものを食べれば、消化吸収に時間がかかるため、血糖値の上昇が緩やかになるのです。(とはいえ、糖質をたくさんとれば、やはり食後の血糖値の過剰な上昇を招きます。糖のとりすぎには気をつけましょう。)

◆対策2 「朝ごはん」はちゃんと食べよう!「ごはん抜き」は厳禁

実験によれば、1日3食を規則正しく食べている時には“血糖値スパイク”が生じなかった人でも、朝ごはんを抜くと、昼食の後に“血糖値スパイク”が発生。朝食も昼食も抜くと、夕食の後にさらに大きな“血糖値スパイク”が生じてしまうことがわかりました。つまり、しばらく何も食べずにいた後の食事では、“血糖値スパイク”が一層起きやすくなるのです。
忙しくても、きちんと3食食べることが、“血糖値スパイク”を解消する重要なポイントだったのです。

◆対策3 「食後すぐ」の「ちょこちょこ動き」が効果的!

“血糖値スパイク”を抑えるには、運動も大事。と言っても、そんなに大したことをしなくても効果があることが、最近の研究で明らかになってきました。食事のあと、「食休み」と思って動かずにいると、とくに “血糖値スパイク”が起きている人はなかなか血糖値が下がらず、血糖値の高い状態が続いてしまいます。ところが食後すぐにちょっとした散歩をした程度でも、速やかに血糖値が下がることがわかったのです。
食後15分間程度は、消化吸収をよくするため、全身の血液が胃腸に集められます。すると胃腸の動きが活発になり、食事中の糖分もどんどん腸から吸収されて、血糖値が急速に上がりがちです。ところがこの間に体を動かすと、手や足の筋肉などに血液が奪われ、胃腸の活動が低下します。すると、食べたものに含まれる糖分の吸収にも時間がかかり、“血糖値スパイク”が抑えられるのです。
つまり、体を動かすなら「食後すぐ」が効果的!少し離れたところまでランチを食べに出て、食後すぐ歩いて帰るのも良いでしょう。日常的な動作程度でも、とにかく意識して食後すぐに活発に体を動かしてみることをお勧めします。

糖尿病ばかりか、心筋梗塞・脳梗塞、がん、認知症まで招く、恐ろしい“血糖値スパイク”。でも、血糖値が上昇するメカニズムを知り、それを抑える生活習慣を心がければ、たちまち解消できます!大事なのは、健康診断の「正常」という結果だけで慢心せず、自分の日ごろの血糖値の変化に意識・関心を持つことです。
「危険度チェック」でリスクが高いと判定された人も、上記のような対策を続けるうちに、血糖値が上がりにくい体が取り戻され、様々な病気のリスクを解消することができます。ぜひこれを機会に、ふだんの食事や生活の習慣を見直して、“血糖値スパイク”の脅威と決別しましょう!

-------(引用ここまで)---------

被ばくの影響で糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、がんなどが激増しているので、
何とかごまかさないといけないということで、NHKは今回は「血糖値スパイク」なるものを
取り上げています。

福島原発事故以降、とくにここ2、3年、これらの病気が激増している説明になりません。

血糖値スパイクが多発しているとしても、なぜ以前は起きなかったのか、問題にならなかったのか、
きちん説明できなければ話になりません。
日本人が急に食生活を変えたわけではないのです。

これらの疾患が多発している原因は放射性物質を飲食や呼吸で体内に取り込むことにあるのです。
食品や空気に気をつけなければ何をしても無駄です。
食べる順序を変えたり、朝食をしっかり食べる等の対策をしても全く効果はありません。お笑いです。

こんなデタラメ洗脳番組を見てそうかそうかと納得している人は、これからの一億総国民被ばく時代を
健康で生き抜くことはとてもできないでしょう。


(関連情報)

「シリーズ キラーストレス 第1回 あなたを蝕む(むしば)ストレスの正体 -こうして命を守れ- (NHK)」
(拙稿 2016/6/19)
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/868.html

「紫外線「非常に強い」対策は (NHK)」 (拙稿 2015/4/18)
http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/576.html

「心臓突然死激増に乗じて公共放送NHKを利用し、ボロ儲けを企むAED業界」 (拙稿 2015/4/17)
http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/566.html

「NHK特集にみる偏向、印象操作、デタラメ報道」  (拙稿 2015/2/23)
http://www.asyura2.com/14/genpatu41/msg/899.html

「“多死社会”自分の最期を…  (NHK 2014/8/14)」  (拙稿 2014/8/15)
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/726.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月09日 07:04:56 : XdTAxSlyKG : 0eX506XyU_U[2]
早く全ての病気の原因は放射能のせいと投稿してくださいよ

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
2. 2016年10月09日 07:14:48 : wmpQp2uMBc : otG2NMtzfoE[500]
保有する債権の上位5社が電力会社のNHK、老朽原発さえ再稼動推進だろうシネ。
どのテレビ局も結局健康番組は被曝隠蔽のためでしかない。マスゴミは今後も
この手法で民族消滅に向けて突き進んでイクしかない。この道しかないようだ。

教育テレビで先週?やったバセドウ病の番組も病気発症は遺伝的体質やストレス
が全てであるかのような内容で、解説していた専門の医者もやや落ち着きに欠け
ソワソワしたかのような雰囲気が漂っておった。ネットのある現代では、病気を
発症した人が西洋医学の治療を受けることで、その後どうなったかという情報も
取得でき、医学的なメカニズムや矛盾点について調べることも可能になったから
ダマス側、ゴマカス側はだんだん苦しい立場に追いやられていくのは確かだろう。

子供の甲状腺がんでさえも被曝影響を認めないような国は地獄に落ちるんだべ。


3. 2016年10月09日 07:22:18 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[1432]
福島原発事故による放射能被ばくが原因と認めたら、即、賠償問題になる。

賠償金を支払うことになったら日本は破産してしまうから、これから何千万人が
被ばくで死のうが、絶対に政府は被ばくの影響は認めませんよ。

こういうお笑いレベルのデタラメを流してお茶をにごすしかないのです。


4. 茶色のうさぎ[-3050] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年10月09日 07:29:26 : FodsOTdRsI : hUu8f0gFrw4[1]

 笑っちゃったー♪

>◆対策1 食べる順番は「野菜」⇒「肉・魚」⇒「ご飯・パン」

>血糖値スパイク”を生じている人は1400万人以上もいると推定されます。

原因で、関東東北で4000万人、九州関西で1000万人で、合計5000万人の死亡だよ!あほ

結論: 福島産を食べましょーう?ばか

★阿修羅♪の表紙を読んでみなー!ぷ♪ うさぎ♂

誰によって 情報が流されているか? <魑魅でしょ♪
なぜ今 流されているか? <魑魅でしょ♪

金の流れは?だれが利益を得るか? <小出でしょ♪
歴史上、その事象の時何があったか? <小出でしょ♪ インチキ反原発じゃん♪

正解: 小出がーがーがーー♪、、、悪い!ぺっ♪ 小出が一番ズルイんだよー! 金儲け♪💢

小出信者の、魑魅やアホ汁工作員は、3年以上も原発板で邪魔してんだよ! 反省と謝罪しろー♪ばか



[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)

5. 2016年10月09日 10:10:08 : DzcSrHqVPw : xBQcJccS7oA[1]
 
日本人に多いU型の (痩せた) 糖尿病については、Nスペで特集していましたね (2007年くらい)。
インスリンの分泌が少ないという日本人特有の遺伝的因子と、生活習慣がからみあって発症する
生活習慣病であると。
血糖値スパイクは今回はじめて聞きます。なぜそれが突然に出てきたか? 投稿者さんの鋭い指摘
には、う〜む …… ただひたすらうなってしまいます。
 

6. 2016年10月09日 11:18:50 : PoGUj9T7aA : CRVg6amh3@M[1]
NHKの印象操作とは違って、「血糖値スパイク(Postprandial Hyperglycemia)」は、U型糖尿病においては、昔から、良く知られていた現象だった。

U型とは異なるT型糖尿病には、遺伝的な要因が大きいとされている。

チェルノブイリ原発事故の影響として、T型、U型糖尿病のいずれも増加している。

U型糖尿病を発症したのは、被曝線量が大きかった、除染作業員や、高濃度汚染地域からの避難者だった。

>Belarus liquidators and evacuees had a
2.5- to 3-fold increase in the number of individuals
withType-II diabetes and impaired glucose
tolerance and a 1.4- to 2.3-fold increase in
hyperinsulinemia (Aderikho, 2003).

NHKの嘘は、血糖値スパイク・糖尿病とアテローム性動脈硬化症を結びつけ、それらが、心筋梗塞の原因だと思わせようとしている所にある、

アテローム性動脈硬化症は、血液中の放射性物質が、血管内壁を傷害することによって、起きることは分かっている。

つまり、心筋梗塞の、本当の原因は、放射性物質(放射性セシウムだけが問題ではない。)である。


7. 2016年10月09日 13:53:34 : dYP5Ya4JNM : pcn1bscXyRU[1]
高血圧でも高血糖でもないのにアテロームができるという文献ありますか。
T型、U型いずれも増加しているというベラルーシではどうなんだろう。
 

8. 2016年10月09日 16:00:45 : MV1K5H3FMI : ApsYdae5iLM[3]
活性酸素でピンと来なければ、この先生きのこれない。
次はそういうヒントも出してくれなくなるだろう。

9. 佐助[3890] jbKPlQ 2016年10月09日 17:19:32 : EPbzpPtFcg : JZu5dAhutnk[33]
魑魅魍魎男さんよ

死者が増えている,調べて頂戴,

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=117892
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12205421497.html
2000年から2014年までの10月1日現在の人口統計の+−が下の表です。
単純に高齢者の死者が増えたのだろうか。

★日本の10月1日現在総人口統計(総務省統計局から)
2000 1億2693万人(+25万人)
2001 1億2732万人(+39万人)
2002 1億2749万人(+17万人)
2003 1億2769万人(+20万人)
2004 1億2779万人(+10万人)
2005 1億2777万人(−2万人)
2006 1億2790万人(+13万人)
2007 1億2803万人(+13万人)
2008 1億2808万人(+5万人)
2009 1億2803万人(−5万人)
2010 1億2806万人(+3万人)
福島原発爆発 ↓↓↓↓↓↓
2011 1億2780万人(−26万人)
2012 1億2752万人(−28万人)
2013 1億2730万人(−22万人)
2014 1億2709万人(−21万人)-97万人
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.htm

見ればわかるように毎年多少の増減があるのが普通ですが、それが2011年以降、綺麗に減り続けているではありませんか!しかも全て2桁台で。


10. 2016年10月09日 17:20:43 : O8XFhoELV6 : jGlKena9bLg[1]
不勉強な工作員がいるようだ。

>changes in blood vessel walls leading to the development
of atherosclerosis. Changes are also
found in epithelial tissue, including that of
the intestines (Tlepshukov et al., 1998).


>The primary morbidity of both male
and female liquidators was high blood pressure,
acute heart attacks, cerebrovascular diseases,
and atherosclerosis in of the arms and legs,
which increased significantly in 1993–2003, including
in the young working group (National
Belarussian Report, 2006).


>Symptoms of early atherosclerosis were
observed in 55.2% of children in territories contaminated
at a level of 5–15 kBq \m2 (Burlak
et al. 2006).

>Atherosclerosis and ischemic disease of the heart are
seen significantly more often in young evacuees
and in those living in contaminated rterritories
(Prokopenko, 2003).


>The health of liquidators differs significantly
from that of control groups, the former
having higher arterial blood pressure, more ischemic
heart disease, and increased cardiac
wall thickness characteristic of atherosclerosis.
(以上、ヤブロコフ博士のチェルノブイリより引用)

>Kidney (RCCs), urinary bladder
urothelium and prostate (BPH) as well
as cells in the microenvironment
(endothelial elements, fibroblasts and
lymphocytes, leyomiocytes, macrophages)
demonstrate a number of
similar responses to chronic persistent
long-term, low-dose IR.

Late consequences of the Chernobyl accident on urinary tract cancer より引用。

http://www.uv.es/ramcv/2011/VI.%20SESIONES%20CIENTIFICAS/CONFERENCIAS/Dra.%20Romanenko/Dra.%20Romanenko.pdf


11. 2016年10月09日 18:19:54 : wmpQp2uMBc : otG2NMtzfoE[501]
心臓と血管の病気 『冠動脈疾患 』  ※ 全文はリンク先参照
冠動脈疾患の原因は、ほぼ常に冠動脈の内壁に蓄積したコレステロールなどの
脂肪性物質(アテロームあるいはアテローム硬化斑と呼ばれる)です。しかし
ときには動脈のれん縮が原因となることも、また、まれに先天異常、川崎病など
のウイルス感染症、全身性エリテマトーデス、動脈炎、けがや放射線療法による
物理的損傷などが原因となることもあります。
http://mamekando.net/erb/index104-40.html
↓は私事。
一過性の甲状腺疾患で心臓ポンプ機能を動かす冠動脈が十分に働かないのか?と
感じていたところ、最近、肺水腫(起床時にだけ痰に血が混じってピンク色)が
起こってしまった。血痰はもちろん、今まで痰もほとんど出たことがなかった。
体の内部が水浸し状態という人生初めての経験。水分を排出を促進する漢方薬と
強心剤など3日前から服用中。胸の上の重苦しさがなくなってかなり楽になった。
心臓と肺はセットで呼吸、ガス交換の役割。片方の障害でもう一方にも悪影響も。隣家の車庫に死亡状態で突っ込んだ市内男性も冠動脈狭窄での心不全だったはず。
★福一訪問後の岩上氏は冠攣縮性狭心症
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/234906
★あわや心筋梗塞! 関根勤さんが心臓手術を語る
https://news.nifty.com/article/item/neta/12128-2016091300069/
心臓病を手術などで治療しても、甲状腺由来で冠動脈狭窄が発症していた場合、
根本的治療には至っていない可能性も。動脈硬化の原因がコレステロールなど
食事が原因なら手術なのだろうが。著名人などは名医がやってるから心配なし?

12. 2016年10月10日 03:33:00 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[1438]
NHKが次にどんな理由をでっち上げてくるか、楽しみだね。

>>9
近々投稿します。


13. 2016年10月10日 12:20:47 : id0UGBC5TY : sHrA4OYo4iU[0]
魑魅魍魎男が次はどんな妄想投稿するのか楽しみだね

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。 http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html
14. 2016年10月10日 19:32:15 : 4aNu6KGiCg : kCwEEpLPtUQ[251]

>>インスリンの分泌が少ないという日本人特有の遺伝的因子と

<<はい、昔から有名でした。
  内容はこうです。

 (1)分泌量の絶対量が少ないために食後の血糖値が下がりにくい

 (2)絶対量が十分だが、分泌スピードが遅いので、急激な血糖値上昇を直ぐに抑えられない。
    量は十分なので、時間が経てば、血糖値は下がる。

   これは、痩せている人に多く、所謂、隠れ糖尿病です。
   日本人では、糖尿病になる人の割合は、

    痩せ型 6 対  太め 4 の比です。

  =========

   日本人の遺伝的な特性に、核実験やチェルノブイリの放射能被爆の影響があって、
   現状になったのであって、生活習慣や遺伝的なもののみではなく、被爆の影響が
   大きいのは、A・スターングラス博士の資料で十分に証明されてます。

  ========

   アテロームですが、Csは血管壁にも固着します。
   そこで放射線で炎症を起こすので、アテロームを形成しやすくなります。
   また、放射線で異常な電位が発生しやすくなり、血管の痙宿も起きやすく、
   虚血性の心疾患が急増します。
   これらは、バンダジェフスキー博士の様々な資料の彼方此方に出ています。

  ========

   昔から聞かされていた、癌化のデマ話・・・

   食の欧米化で癌が増えたって・・・あぁ〜〜たぁ〜〜?!
   欧米人は大昔から同じ食事なのに、特に欧州人は全く変わっていない。
   それなのに、核実験やチャルノブイリ事故から10年ほどして、各種の
   癌が急増し続けてきた。食事が同じなのに・・・・

   じきに、チェルノブイリ事故での被爆でなる疾病の一覧を載せます。山ほどあります。

  =========

   ◆:南相馬の米が、初めて全量で基準以下になったので、安心して出荷開始・・・

    (1)インチキコンベアだから、殆どNDだろう
    (2)今までに異常なものもあったのに、風評だと嘯いていた
    (3)誰が、100Bqが基準に決めたんだ
       ドイツの放射線防御委員会は、Cs-137は <16Bq ですがね。


15. 2016年10月10日 22:31:32 : z5yaLhUqbQ : zxmX8qaEJUY[1]
何でも結びつけるのね、何が低脳人間には楽しいのか理解できんけどね

スウェーデンのルンド大学の研究者2001紙にジョンストンポイントは、漬物、キュウリ酢などの食事の後、健康な人で血糖上昇を低下させるために栄養補助食品を評価しました。 Elin M. Östman率いるスウェーデンのチームが、漬物が劇的に高炭水化物の朝食後血糖スパイクを鈍らせていることを報告しました。
http://www.diabetesincontrol.com/a-spoonful-of-vinegar-helps-the-sugar-go-down/

つまり、野菜を先に食べろだの、血糖値のスパイクが如何こうは
2001年以前に解って居る事なのです。

http://www.diabetesselfmanagement.com/managing-diabetes/blood-glucose-management/strike-the-spike-ii/
この時事も掲載されたのは2011年2月1日

まあ、低能な放射脳にはどうでも良い事でしょうけど,
中か都合悪いと非表示で所、犯罪者の魑魅君

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)

16. 2016年10月12日 17:45:57 : 5upLtaTpRU : Hjo0UtJjWF8[4]
これ、ぶらぶら病という源曝病の症状だろう。
メタボの糖尿病の一つとして片付けようという魂胆丸見えのいぬHKだな。
被曝による障害を原因として疑わないのは不自然極まりない。。。

・・けろりんは大口で抹殺された??


17. 2016年10月14日 13:42:40 : YRT7l6wPcw : qGOeurEbFFo[-1]
魑魅魍魎男さん、次はNHKの番組は全部嘘でねつ造と投稿したらどうですか

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
18. 2016年10月15日 07:37:21 : oR83dptPZs : x0NBw3aCcsk[1]
>>6,>>10
チェルノブイリ事故後、高汚染地域におけるアテローム性疾患の激増や医学的な
所見の詳細な報告の紹介、ありがとうございました。
>>11
冠動脈疾患とアテロームの関係、民族的な比較、危険因子、予防などとても詳しく
分かり易い記事の紹介、ありがとうございました。
>>14
日本人の痩せ型(隠れ)糖尿病の説明、また、放射線による電離作用とアテローム
に簡潔な説明、ありがとうございました。
 

19. 2016年10月26日 10:35:28 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[1499]
NHKが洗脳大キャンペーン中。

https://twitter.com/nomoretokyo/status/783843782265495552
(石川早生)
「今更ながらNHKが複数の番組を通じて繰り返している
「この病気の原因はこの新語!」の徹底ぶりには恐れ入る。
糖尿病と脳梗塞の原因を気にする視聴者が多いのかな。
│NHKスペシャル“血糖値スパイク”が危ない〜見えた!糖尿病・脳梗塞の新対策〜」



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素46掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素46掲示板  
次へ