★阿修羅♪ > 原発・フッ素46 > 856.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
チェルノブイリ事故後30年、仏ローヌ・アルプ地方のキノコからセシウム137検出 38個中2個は100Bq/kg超過
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/856.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2016 年 11 月 30 日 07:55:24: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

「Du cesium 137 dans les champignons de Rhone-Alpes, 30 ans apres Tchernobyl 」
(France Blue 2016/11/14)
https://www.francebleu.fr/infos/climat-environnement/du-cesium-137-dans-les-champignons-de-rhone-alpes-30-ans-apres-tchernobyl-1478811743

Par Florence Gotschaux, France Bleu Dr me-Ard che, France Bleu Saint- tienne Loire et France Bleu lundi 14 novembre 2016 6:15

La CRIIRAD s'est lancee dans une etude sur les consequences d'une catastrophe nucleaire sur le long terme. S'il ne faut pas avoir peur de manger des champignons, les resultats sont quand meme saisissants.

Trente ans apres Tchernobyl, les champignons presentent toujours des doses de radioactivite. C'est ce que revele une etude menee par la CRIIRAD (la commission de recherche et d'information independantes sur la radioactivite).
A l'automne dernier, des membres de la CRIIRAD et de la FRAPNA (la Federation Rhone-Alpes pour la Nature et l'environnement) ont ramasse une quarantaine d'echantillons de champignons dans la region Rhone-Alpes.

Les resultats sont preoccupants. Julien Syren est ingenieur charge d'etudes au laboratoire de la CRIIRAD :

Sur 38 echantillons, 36 comportent du cesium 137. Moins qu'il y a trente ans, heureusement, mais tout de meme... pour se donner une idee, deux champignons, s'ils avaient pousse au Japon n'auraient pas pu etre importes en Europe. Les normes mises en place apres la catastrophe de Fukushima interdisent la commercialisation d'aliments a plus de 100 becquerels par kilo frais. Aucun echantillon en revanche ne depasse heureusement la norme appliquee depuis Tchernobyl (600 becquerels par kg).

Pour l'heure, le risque de developper un cancer en consommant des champignons occasionnellement est tres minime. Mais l'Union Europeenne a deja tout prevu en cas de nouvelle catastrophe nucleaire, estime ironiquement les responsables de la CRIIRAD. Elle a revu a la hausse les normes pour autoriser la commercialisation et la consommation des aliments a 1.250 becquerels par kilo frais.

-----(引用ここまで)--------

チェルノブイリ事故後30年、CRIIRADとFRAPNAが仏ローヌ・アルプ地方のキノコを測定し、
38個中36個からセシウム137を検出、そのうち2個は日本の基準である100Bq/kgを超過。
600Bq/kgを越えるものはなかったということです。

チェルノブイリから2000キロ近く離れたフランスでさえ、事故後30年後で
これだけ汚染が残っているのです。

日本の30年後も全く同じ状況でしょう。

残念ながらわれわれが生きている間には、キノコを含め野生植物を
安心して食べられる日は来ないでしょう。


(関連情報)

「チェルノブイリ周辺で見つかった巨大きのこ 」 (拙稿 2016/11/23)
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/828.html

「≪危険≫富士山周辺の野生キノコ、今年も放射性物質の基準値超える!
最大値はショウゲンジの280ベクレル! 松茸なども」 (阿修羅・赤かぶ 2016/9/19)
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/490.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月30日 09:58:07 : ed0Ul6DNC6 : jGOT5Yh1Ntg[1]
一番高い数値を示したキノコ(ニセイロガワリ)は、リオンの南西にあるルブサ(Le Bessat)で採取され、乾燥状態で1キロあたり3020ベクレル、生の状態で1キロあたり241ベクレルあった。

二番目に高い数値を示したキノコ(ミキイロウスタケ)は、リオンの北西数十キロにあるサン=プリエスト=ラ=プリューニュ(Saint-Priest-la-Prugne)で採取され、乾燥状態で1キロあたり2700ベクレル、生の状態で1キロあたり180ベクレルあった。

リオン周辺地域は、チェルノブイリ原発事故によって、1平方メートルあたり1500−2000ベクレル、土壌1キロあたりでは、30ベクレル前後、汚染されたと考えらる。

>Champignons de Rhône-Alpes : 30 ans après Tchernobyl, le césium 137 est toujours présent

http://www.criirad.org/actualites/tchernobylfrancbelarus/tchernobylmisajourjuil05/etude-champignons.pdf


2. 2016年11月30日 22:33:33 : NkARNndBnw : 1Jox5Mq0Fjw[5]
370ベクレルの輸入規制を撤廃して全て受け入れろと主張していた狂気の科学者が原発反対っておかしくないか。
その理屈だと、国民は原発を作ってしまった責任をはじめとする取り、再稼働を受け入れろとならなければおかしい。

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
3. 2016年12月01日 10:45:10 : 6lHCmRWgrk : v8W9iafWebI[13]
本当にチェルノブイリ由来なのだろうか?
フランス原発由来ではないのだろうか?

4. 2016年12月02日 01:39:07 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[1648]
>>3
セシウム134/137の比率を見ればわかる。
CRIIRADがチェルノと言っているのだから間違いないだろう。

フランスの原発によりこれだけひどい汚染があったとしたら、
大変なことだ。大騒ぎになる。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素46掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素46掲示板  
次へ