★阿修羅♪ > 経世済民105 > 648.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
原油安は一時的パニックか 需要減による「危機的事態」か:シェールバブル崩壊で世界経済に悪影響も
http://www.asyura2.com/16/hasan105/msg/648.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 2 月 18 日 05:00:56: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 


『ニューズウィーク日本版』2016−2・16
P.13


「原油安は一時的パニックか 需要減による「危機的事態」か

中国が失速すれば1バレル=100ドル時代はもう来ない
シェールバブル崩壊で世界経済に悪影響も

アフシン・モラビ(本誌コラムニスト)

AFSHIN MOLAVI
 ニューアメリカ財団上級研究員、ジョンズ・ホプキンス大学ポール・ニッツ高等国際問題研究大学院研究員。過去にロイター、ワシントン・ポスト紙記者などを務めた


 原油はそろそろ買い時か。04年以降の最低水準の安値が続くなか、トレーダーたちはそう自問している。彼らを悩ますもう1つの問いは、下げ局面がどこまで続くかだ。
 この問いはトレーダーに限らず、あらゆる場所のあらゆる人にとって死活問題だ。原油と天然ガスは世界経済の健全性を左右する最も重要な商品と言っても過言ではない。

 原油価格が14年のピーク時から70%も下がったおかげで、日本、韓国など主要な石油輸入国は貿易収支を大幅に改善できた。大打撃を受けたのはサウジアラビア、ベネズエラなど石油頼みの国々だ。財政が悪化し、通貨の切り下げ圧力も強まっている。エネルギー関連企業の株も大幅に下落。これらの株を大量に保有するファンドも痛い目に遭った。エネルギー大手4社のエクソンモービル、BP、シェブロン、ロイヤル・ダッチ・シェルは軒並み、15会計年度の利益が98年以来の最低まで落ち込んだBPは52億ドルの損失を計上。同社の業績悪化は史上最悪の原油流出事故を起こした10年を上回るほど深刻だ。

「市場がパニックになっている時こそ買い時だ」という格言がある。今の相場が一時的なパニックによるものなら、抜け目ない投資家が買いに回り、いずれ原油価格は上向くだろう。

 買うかどうかの判断は、大幅下落の原因をどう見るかによる。供給過剰による下落とみるなら、今は買い時だ。業界の業績悪化で新規の油田開発が打ち切られれば、供給量の減少は避けられない。今は日量150万バレルの供給過剰だが、いずれ需給バランスが逆転し、価格は上昇に転じるだろう。

一方、中国経済の失速を主因とする需要の縮小を「新常態」とみるなら、供給が減っても価格はさほど上がらないという予測になる。こちらの可能性のほうが厄介だ。原油安が需要減によるものなら、その影響は原油市場にとどまらないからだ。


協調減産は効果なし?

エネルギー大手4社は需要が縮小しても倒産することはないだろう。しかし、アメリカのシェールオイル業界は強力な向かい風に苦しんでいる。採掘会社の多くは今よりもはるかに高い原油価格を想定して開発を進めてきた。技術の急速な進歩で生産コストが大幅に下がったといっても、現状ではとても採算が取れない。採掘会社がこければ、融資をした銀行も苦境に陥る。銀行が苦境に陥れば、経済全体に影響が及ぶ。

 問題は中国経済の今後の見通しだ。00年から14年まで中国の需要増が世界の原油需要の伸びの50%近くを占めてきた。成長を引っ張ってきた巨大な牽引車が失速したら、1バレル=100ドル時代の再来は望めない。

 いま市場で盛んにささやかれているのは、サウジアラビアとロシアが協調して減産に踏み切る可能性だ。サウジアラビアが減産を提案したとも伝えられているが、ロシアとOPECの協調減産が実現する公算は小さい。サウジアラビアとロシアはこれまで減産による価格調整よりも、シェールオイルに対抗して市場シェアを死守することを優先してきたからだ。

 サウジアラビアは外貨準備が6500億ドル余りあるなど、まだ余裕がある。片やロシアの苦境ははるかに深刻で、昨年に続き、今年もマイナス成長からの脱出は望み薄だ。

 ロシアとサウジアラビアが最も恐れるのは協調減産に踏み切っても、価格が上がらない事態だ。エクソンモービルは先月、中国の原油需要予測を下方修正したばかり。減産のニュースで一時的に価格が跳ね上がっても、その後再び下落に転じる可能性は大いにある。

 長期的に見て、原油が世界経済を支える重要なエネルギー資源であることは間違いない。世界中の人々の生活と生産活動を支えている点で、今のところ原油に代わる資源はない。原油価格を需給の均衡が取れた適正値に落ち着かせること。それが16年の最も重要な課題の1つになるだろう。」

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月18日 07:48:08 : Z4GXjF8Wos : iTKtgWO9XfQ[9]
原油の供給が単純に増えて原油が値下がりするなら、新興国の多くの企業が利益を得てしかるべきだ。新興国の消費も原油コストの減少分だけ拡大してもおかしくない。

ところが、新興国の消費も投資需要も沈んだままで、回復するきざしがない。この原因は正真正銘の構造問題だ。構造問題は当然バブル崩壊だ。新興国のバブル崩壊が国際通貨ドルの逆流を招いて、世界金融を徐々にむしばんでいる。一年もたたずに先進国経済まで金融がらみのバブル崩壊が波及する。一年以内に世界恐慌に至るシナリオが現実になる確率がもっと高い。

すでに中国経済は金融破綻していることが最大の問題だ。

詳細はこちら
http://www.asyura2.com/15/hasan98/msg/603.html#c1


2. 2016年2月18日 18:21:18 : FUHp2hutg2 : IBY2Y36cCFw[9]
原油はサウジアラビアの経済のほとんどを占める。原油はロシアは経済活動の一部を占めるに過ぎない。高い原油価格を前提に王族が金を使いたくって、残りをまともな働きが出来ない自国民に配っているのがサウジアラビア以下産油国の現状。

破綻するのは、石油しかない国の方。


3. p4rhfeEDdk[40] gpCCU4KSgoiChoKFgmSCY4KEgos 2016年2月18日 20:53:17 : ElRsE6clTk : a8TVexapH1I[12]
WBS ”水増し”燃料が実用化 20160210
https://www.youtube.com/watch?v=UilDUTlFO28

実に軽油に水を9割近く混ぜても走行可能とのこと。
また、5割程度の水の混合で約4割の燃料費削減に成功。
この技術を発電機にも応用することで、発電単価を下げることができるし、政府が望んでいるCO2削減にもなる。
なにより石油の消費が大幅に減る。
邪魔がはいらなければ・・・


また、
環境技術部会 講演会 「CO2からメタン・石油資源への変換技術」の詳細
2016-03-08 15時0分〜18時0分
https://www.jaci.or.jp/event/event_apply.php?event_id=615

演題:「炭酸ガスと水からの化学的石油合成」
 
要旨
1) 炭酸ガスと水から石油(軽油、灯油など)を化学合成 ⇒ 無尽蔵の資源を利用
2)常温・常圧で合成できる
3)生産性が高い(石油成分の5〜10%が数分の反応で生成)
4)経済効率が良い。3円の電気代で100円の石油合成
5)精製する必要がなく、硫黄や窒素成分を含まないため、燃焼後もSOxやNOxが出ない ⇒ 環境に優しい
6)炭酸ガス(地球温暖化ガス)を消費するので、温暖化防止に貢献(排出権)
7)完全なcarbon neutral
8)地球における非生物的石油合成の可能性が高まった、結論 ⇒ 火力発電により、電気代が安価になる ⇒ 日本の製造業が国際競争力を高める。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民105掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民105掲示板  
次へ