★阿修羅♪ > 経世済民114 > 487.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
円高が消費者心理に影響=日銀名古屋支店長 「日本型金融排除」の把握へ、担保偏重を是正=金融行政方針
http://www.asyura2.com/16/hasan114/msg/487.html
投稿者 軽毛 日時 2016 年 10 月 18 日 05:55:54: pa/Xvdnb8K3Zc jHmW0Q
 


「日本型金融排除」の把握へ、担保偏重を是正=金融行政方針

[東京 17日 ロイター] - 金融庁は今事務年度の行政方針に、高い信用力の企業に優先的に貸出を行い、信用力は低いものの事業の将来性が高い企業に貸し出さない銀行の態度を「日本型金融排除」と位置づけ、実態を把握することを盛り込む。ロイターが入手した金融行政方針の最終案で、17日明らかになった。

企業向け融資をめぐっては、金融機関から「融資可能な貸出先が少なく、厳しい金利競争を強いられている」との声が出る半面、同庁が借り手企業に行ったヒアリングでは「金融機関は相変わらず担保・保証がないと貸してくれない」といった指摘があり、金融機関と借り手企業の認識の違いが浮き彫りになった。

このため同庁は、企業の事業の将来性を判断して貸し出す「事業性融資」が浸透していないとみている。

今後は、銀行の与信判断の際に財務基準や担保・保証への依存度がどの程度を占めているかや、抜本的事業再生が必要な借り手に対するコンサルティングや事業再生支援などの取り組みについて、企業と金融機関から聞き取り調査する。

行政方針では、地方金融機関の持続可能なビジネスモデルの構築についても明記された。人口減少や低金利の持続で経営環境が厳しさを増す中、ビジネスモデルの持続可能性に大きな課題が認められる金融機関には、社外取締役を含む経営陣との対話を通じ、課題克服に向けた具体的な対応を求める。

大手銀行とは、海外与信管理や外貨の安定調達をテーマに対話するほか、国内銀行による長期債投資や不動産向け与信が銀行経営の健全性に与える影響を検証する。

また、顧客本位の業務運営の確立を目指し、顧客に提供する金融商品やサービスの手数料を開示するよう求める。顧客が金融機関を選択できるようにするため、顧客のために行っている取り組みを自主的に開示することも促す。

金融庁は事務年度(7月―翌年6月)ごとに行政方針を公表する。今回は森信親長官就任後、2回目の公表となる。

前事務年度の取り組みをまとめた「金融レポート」の公表が新事務年度入り後の9月にずれ込んだことで、行政方針の取りまとめも後ずれした。

*内容を追加しました。

(和田崇彦)

http://jp.reuters.com/article/fsa-bank-idJPKBN12H0Z1?sp=true

 

円高が消費者心理に影響=日銀名古屋支店長

[東京 17日 ロイター] - 日銀の衛藤公洋名古屋支店長は17日、輸出関連企業の多い東海地区では、これまでの円高進行が消費者マインドに一定の影響を及ぼしている、と語った。また、日銀が9月に金利を操作目標とする金融政策の枠組みに転換したことで、金融機関には一定の安堵(あんど)感が出ている、との見解を示した。

都内の本店で開かれた支店長会議終了後に、杉本芳浩・札幌支店長、秋山修・福岡支店長との共同会見で述べた。

同日に公表した「地域経済報告(さくらリポート)」で東海地区の景気判断を小幅下方修正したのは、弱めの個人消費が背景と指摘。製造業が多い同地区経済にとって、輸出企業の減収要因となる「為替円高が消費者マインドにも一定の影響を及ぼしている。節約志向の強まりを示している」と語った。

もっとも、「消費の底堅さが揺らぐほど弱いわけではない」とし、先行きは「足元の所得が好調であり、その綱引きになっていく」との見方を示した。

杉本札幌支店長は、内需中心の北海道経済にとって「今くらいの円高であれば、原材料価格が安くなるというメリットが出ている」としながら、「これ以上の円高となると、日本経済そのものにインパクトあるのではないか、という懸念が出てくる」と語った。

日銀は9月の金融政策決定会合で、金融政策の軸足をそれまでの「量」から「金利」に転換し、短期金利と長期金利の操作によってイールドカーブをコントロールする「長短金利操作付き量的・質的金融緩和(QQE)」を導入した。

衛藤名古屋支店長によると、金利が低下し過ぎることの負の側面も意識した枠組み転換をしたことで、地元の金融機関からは「一定の安堵を持って受け止められた」という。

一方、超低金利環境が長期化することへの懸念も根強く、秋山福岡支店長は「大規模な金融緩和が長期間継続すると、金融機関の収益にとってはつらいとの声が聞かれている」と語った。

(伊藤純夫)
http://jp.reuters.com/article/boj-nagoya-idJPKBN12H12J


 


   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民114掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民114掲示板  
次へ