★阿修羅♪ > 不安と不健康18 > 435.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
花粉症、3日間〇〇するだけで治った!〇〇をやめるだけで症状が消えることも!
http://www.asyura2.com/16/health18/msg/435.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 3 月 17 日 01:31:10: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

花粉症、3日間●●するだけで治った!●●をやめるだけで症状が消えることも!
http://biz-journal.jp/2017/03/post_18366.html
2017.03.17 文=深笛義也/ライター Business Journal


 薬を使わずに、今すぐ花粉症から楽になる方法はないものか。筆者はこの季節、薬を飲まなければ鼻づまり状態が四六時中続き、趣味の楽器が吹けなくなってしまう。これでいいのだろうかと悩みつつ、薬を飲み続けている。

 国際感食協会理事長で「薬を使わない薬剤師」の宇多川久美子氏に、その悩みをぶつけてみた。

「いきなりレンコンを食べ始めたりする人よくいますけど、そんなにすぐに効くものではありません」(宇多川氏)

 筆者にとって、きつい一言。レンコンが花粉症に効くと聞き、数日前から食べ始めていた。
「レンコンを食べて、すぐに花粉症が治まったりしたら、逆に怖いじゃないですか。レンコンには、粘膜を鍛えて免疫力を高める作用があるので、花粉症に対して効果があるのは確かですが、レンコンにしてもヨーグルトにしても、日々の暮らしに取り入れて生活習慣にしていかないといけません。花粉症の時季だけ食べるというのではダメですね」(同)

 花粉症とは、そもそもどういう現象なのか。

「抗原抗体反応といって、花粉という抗原に粘膜が触れた時に、抗体をつくって外に出そうとするわけです。花粉症になるということは、防御しようとする力が強すぎるのです。システムが過剰に働いているから花粉症になるわけで、これは免疫の問題です。免疫を司っている自律神経のバランスが悪いというところから来るので、睡眠不足やストレスが加わったりすると、花粉症の症状がひどくなるということは、多くの方が感じていると思います。規則正しい、交感神経と副交感神経のバランスが取れた生活をするということが、基本だと思います。たとえば、過度な仕事をしていた人が、そうではなくなったら花粉症が治るということもあるので、生活習慣を変えるということが根本だと思います」(同)

 交感神経と副交感神経については、思い当たることがあった。筆者は睡眠障害も抱えており、睡眠導入剤なしでは眠ることができない。

「睡眠障害は、花粉症にはよくないですね。眠くならないというのは、交感神経が常に優位な状態になってしまっているわけです。交感神経は『闘争と逃走の神経』と呼ばれます。動物で考えれば、昼間は闘ったり逃げる力が必要なので、交感神経が優位に立っています。リラックスできるのが副交感神経で、セロトニンというホルモンが夜になってメラトニンにチェンジすると眠くなるのです。それがうまくいっていない人は、花粉症も起こしやすいですね」(同)

 夢の中でも、闘ったり逃げたりしている筆者は、まったくうまくいっていないことになる。

■薬を使わずに3日間で体質を改善

 薬なしで、まともな生活を送ることはできないのだろうか。

「私は、ファスティングの指導もしています。合宿をして3日間食べない、断食をするんです。それで、花粉症や睡眠障害が治ったという人は多いですよ。日本人は、過食ゆえの栄養失調ということがあると思います。いっぱい食べているけれど、結果的には栄養は取れてなくて、お腹の中が汚れてしまっています。それを断食によって“大掃除”してあげるのです。免疫細胞の8割は腸にありますから、断食によって腸の状態を整えて動きを活性化すると、免疫は変わります。ほかにも、がんが小さくなったり、糖尿病が治るなど、いろんな方がいらっしゃいます」(同)

 なんとなく、希望の灯が見えてきた。ところで、ファスティングとはどういうものなのか。

「私がつくった酵素のジュースがあります。果物や野菜を3年半発酵させたジュースです。それを飲んでもらって、あと摂るのは水と塩だけ。3日間たつと、まず痩せます。少ない人でも1キロか2キロ、ふくよかな方であれば5キロ減ったということも多いです。でも、体重減少が目的ではなくて、体の大掃除をして自律神経が自然な流れを取り戻すことで、いろんな変化が生まれるわけです。『断食なんてできない』と思っている人も多いですが、失敗はしません。合宿して行うので、俗世間から離れていますし仲間もいます。

 食を絶っていると、『これが終わったら焼き肉食べよう』『ウナギを食べよう』などと、食べ物のことばかり考えてしまうのではないかと思うかもしれませんが、逆にそういうことは考えなくなります。むしろ、『せっかく大掃除して体をきれいにしたのだから、肉やウナギで汚したくない』と思うようになります。食に対する考え方が変わるのです。自分を見つめながら整えていくのが、ファスティングです」(同)

 腸の浄化による免疫力の回復だけでなく、睡眠の改善、血液や肝臓の浄化、活力の回復、明瞭な思考能力の向上という効果までファスティングにはあるという。ぜひともチャレンジしてみたくなった。

(文=深笛義也/ライター)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 中川隆[7139] koaQ7Jey 2017年3月17日 11:11:49 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7610]
戦前までは花粉症もアトピーもうつ病も無かったんだよ


2. 2017年3月19日 17:25:23 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1317]
まったくその通り 戦前の【貧乏国家】だった日本には アトピーも花粉症も 糖尿病も痛風も
ゼロとまでは言わなくても 極めて珍しい病気だった(鬱は また別の話だが)

今でも 発展途上国 国民が粗食を強いられる国家は 花粉症もアトピーもアレルギーも 滅多にない
要するに 飽食の国民 いわゆる先進国だけが患う“ゼイタク病”と言えない事もない

さらに アジアアフリカなどの衛生環境の劣る国では O-157などの特殊な細菌での食中毒は かえって起らない
衛生環境に厳しい国だけでのみ 先進国でのみ O-157とか ノロウィルスとかが流行してしまう不思議がある


しかしなあ まさか今から戦前戦中の イモやスイトンばかりの粗食の時代に戻る訳にもいかないだろう
道端の雑草を むしって食わなければ生きていかれない時代に 戻りたい人など存在しないだろうし
不衛生な環境に 戻すのも無理な話である

したがって 言ってる事はその通りだが 今さらそんな事言ったって せん無い話だぜ 中川クンよ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
不安と不健康18掲示板  
次へ