★阿修羅♪ > 不安と不健康18 > 556.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
鉄(Fe)について、基礎的な知識、治療の実際、臨床症状 こてつ名誉院長ブログ
http://www.asyura2.com/16/health18/msg/556.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2017 年 7 月 30 日 18:13:30: tZW9Ar4r/Y2EU QlJJQU4gRU5P
 

鉄(Fe)について、基礎的な知識、治療の実際、臨床症状


1.基礎的な知識

植物性非ヘム鉄(Fe+++)の吸収率は1ー5%、動物性ヘム鉄(Fe++)の吸収率は10-20%

フェリチン<30 は鉄不足で、積極的な治療対象(貧血の有無とは関わりなし)

月経のある女性の大多数が鉄不足、特に出産後に悪化(子どもに鉄が移行)

 菜食主義者、炭水化物依存症では特に顕著

多くの症例では蛋白不足(BUN<10)も併せ持つ

フェジン静注は重度の鉄不足時に最初の一回のみ行う、頻回投与は猛毒のヒドロキシラジカルを生じ寿命を縮める

生体内スカベンジャーであるカタラーゼの必須元素

脳内モノアミン代謝の補酵素

フェルム1T/day、フェロミア、フェログラデュメットは効果が強いが消化器症状での脱落が多い 

フェルムが飲めない場合は当帰芍薬散

目標はフェリチン100、3-6ヶ月後に再検

ビタミンEは鉄吸収を妨げるため8時間は空ける

お茶やコーヒーは鉄吸収を妨げるため1時間は空ける

玄米食ではフィチン酸により鉄、亜鉛の吸収が阻害される

ビタミンCを併用すると吸収率が上がる


2.鉄剤による治療の実際

教科書的には鉄が過剰だと細胞毒になると記載されている

鉄の過剰は、遊離鉄の過剰とフェリチンの異常高値に分けられる

鉄剤投与には、静脈注射と経口投与を分けて考える必要性がある


2−1.静脈注射

鉄剤(フェジン)静脈注射は、タンパクに結合していない遊離鉄を投与するため、過剰な投与はフェントン反応を引き起こす

産婦人科で妊婦に頻回にフェジン静注することは、遊離鉄過剰となり寿命を縮める行為


フェントン反応:

過酸化水素が、細胞中の鉄イオン(Fe2+)や銅イオン(Cu1+)などの触媒作用で、ヒドロキシルラジカル(HO・)に変化する反応

 Fe2++H2O2 →Fe3++HO- +HO・

ヒドロキシラジカルは最強(最悪)の活性酸素で、DNA、細胞膜、ミトコンドリアを酸化し、細胞を傷つけがんの原因となり得る


2−2.経口投与

鉄剤経口投与は必要量だけトランスフェリンと結合し、吸収される

鉄剤経口投与による遊離鉄過剰は理論的にあり得ない

鉄過剰症の判断はフェリチン値

鉄経口投与で過剰症にはなりにくい(溝口徹先生の講演資料ではほぼならないと記載)


欧米の基準ではフェリチン100以下は鉄不足

欧米では鉄不足は少ない様子、アメリカの栄養療法の本でも、亜鉛不足、マグネシウム不足、ヨウ素不足、リチウム不足、の次に鉄不足が記載されていた

→肉食が主体の欧米では、ベジタリアン以外は鉄不足にならない

 魚介類摂取が少ないため、亜鉛、マグネシウムが不足しやすい

 鉄不足より鉄過剰への言及が多い


日本人では、

男性のフェリチン平均は100-300

新生児のフェリチン200-300

日本の15-50歳女性の80%はフェリチン30以下(当院データ)

一回の妊娠出産でフェリチンは50低下する

→鉄過剰への必要以上の懸念により、鉄不足の患者の存在が見逃されている


2−3.当院での評価ーフェリチンと鉄剤投与ー

今まで数百例に鉄剤を投与(99%は女性、そのうち大多数は15-50歳)

鉄過剰例は1例もなし

鉄剤を長く続けてもフェリチン100まで届く症例はほぼ皆無で、大多数の女性は40-60で頭打ちになる

今まで、60-80で鉄剤は中止していたが今後は100まで継続予定

いくら鉄剤を続けてもフェリチン30を超えない症例も多い

つまり、月経での排泄が、食事+鉄剤での摂取を上回る症例がある

=先天的に鉄吸収率が低い患者がいる

3.鉄欠乏の臨床症状

「いらいらしやすい、集中力低下」

「神経過敏、些細なことが気になる」

立ちくらみ、めまい、耳鳴り

偏頭痛

疲れ、節々の痛み(関節、、筋肉)、腰痛

喉の違和感(喉が詰まる)

冷え性

朝なかなか起きられない

出血(アザ)

コラーゲン劣化(肌、髪、爪、シミ)、ニキビ、肌荒れ

不妊

レストレスレッグス症候群(むずむず足症候群、RLS)

氷を食べる〜これは非常に多い!

土を食べる


上記症状を訴えて精神科を受診すると、うつ病(朝起きられない)、パニック障害(喉の詰まり)、不安障害(神経過敏)、等と診断される

女子中高生だと、不登校(朝起きられない)、境界性人格障害(神経過敏で切れる)、等と診断される


パニック障害の大多数は、鉄タンパク不足、もしくは機能性低血糖が原因

女性のうつ病の大多数は、鉄タンパク不足が原因

女性の不登校、境界性人格障害の大多数も、鉄タンパク不足+機能性低血糖

元記事はこちら

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/711407125642281


#ハッシュタグ


https://ameblo.jp/kotetsutokumi/entry-12238471134.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
不安と不健康18掲示板  
次へ