★阿修羅♪ > 不安と不健康18 > 566.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
低所得層の子、栄養格差解消は給食頼み小5調査でタンパク質、鉄分不足 東京新聞
http://www.asyura2.com/16/health18/msg/566.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2017 年 8 月 02 日 10:16:01: tZW9Ar4r/Y2EU QlJJQU4gRU5P
 


低所得層の子、栄養格差解消は給食頼み 小5調査でタンパク質、鉄分不足










2017年7月31日 朝刊


写真

 低所得層の子どもはそうでない子に比べ、成長に欠かせないタンパク質や鉄の摂取量が少ないなど栄養面の格差があることが、研究者による子どもの食事調査で三十日までに分かった。差は主に給食のない週末に生まれ、栄養格差解消は給食頼みであることが示された。週末に「食事代わりにアイス一本」のケースもあった。


 子どもの食の支援では、民間団体が安く食事を出す「子ども食堂」も各地に増えているが、給食がない夏休みシーズンを迎え、支援の重要さを示す調査結果となった。


 調査は新潟県立大の村山伸子教授らが、東日本の四県十九校の小学五年生に実施し八百三十六世帯が回答。週末の二日を含む四日間の食事を文と写真で記録し、年収水準別に栄養摂取量を算出した。


 同調査中で年収が下位三分の一となったグループをみると週末「昼はアイス一本」「朝食に唐揚げ、昼はパン二つ、夕食抜き」の場合があり、平日も「朝食抜き、夜はインスタントラーメンだけ」のケースもみられた。


 同グループの子どもは週末、野菜の摂取量が一日平均百六十六グラムと、年収中位三分の一の百七十六グラムに比べ5・7%少なかったが、平日はこの差が1・2%に縮小した。


 栄養素別では、タンパク質や鉄の摂取量に週末約5〜6%の差がついたほか亜鉛、カルシウムも格差が出たが、給食のある日は解消するか、わずかな差に縮まった。


 タンパク質や鉄は、子どもの筋肉や内臓、骨の成長に不可欠で、村山教授は「免疫力が低下し風邪をひきやすい、貧血を起こしやすいなど、目には見えづらい不調が貧困層の子に出ている恐れがある」と指摘した。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201707/CK2017073102000116.html


〜私のコメント〜

>タンパク質や鉄は、子どもの筋肉や内臓、骨の成長に不可欠で、村山教授は「免疫力が低下し風邪をひきやすい、貧血を起こしやすいなど、目には見えづらい不調が貧困層の子に出ている恐れがある」と指摘した。


この村山教授が何者か知らんが、
糖質や野菜や果物を取れという
御用学者の中では、
たんぱく質と鉄分というまっとうなことを
いう教授である。

一方、ヨミドクターの記事の中には
以下のような狂人じみたおかずなしの糖質オンリーのカルトおにぎり食を
勧める輩もいる。


「昼の1食程度は、おにぎりだけで十分」…週3回「ノーおかずデー」に


7/27(木) 12:11配信

読売新聞(ヨミドクター)

「昼の1食程度は、おにぎりだけで十分」…週3回「ノーおかずデー」に


イメージ


 子どものお弁当、どうしよう。忙しい親は日々悩む。そんな中、神奈川県横須賀市の津久井幼稚園は10年前から、昼食を週3回、おにぎりだけ持ってきてもらう「ノーおかずデー」にしている。

 園長の余郷有聡(よごう・ゆうそう)さん(53)は「みんな喜んで食べていて、昼食を残す子はほとんどいません」と話す。

 以前は毎日、弁当を持参してもらった。子どもが嫌いなピーマンなどの野菜をおかずにする家庭もあったが、泣いて嫌がる子どもや、嫌いなおかずをわざと床に落とす子どももいた。

 「野菜が嫌いでも、ほかの食品で栄養を取れれば問題ない。今は脂肪の取り過ぎによる肥満が問題。昼の1食程度はおにぎりで十分」と主張する管理栄養士の幕内秀夫さん(64)に共感し、おにぎりだけのノーおかずデーの昼食が始まった。

 同園では毎日午前中の30分は園庭を走り回ったり、体操したりして十分体を動かす。昼食では大きなおにぎりを2個平らげる3歳児もいる。栄養不足で体調を崩したり、成長が遅れたりする子どもはいない。食物アレルギーを持つ子どももいるが、ノーおかずデーでは原因になる食品を食べる心配もほとんどない。

 朝の弁当作りから解放された分、子どもとゆっくり過ごせると親にも好評だという。

 「嫌いなものを無理して食べさせなくていいと分かると、親もイライラしなくなる。子どもが笑顔で楽しく食べるのが一番ではないでしょうか」と余郷さんは言う。
.
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00010001-yomidr-sctch

幕内ってのは、
まさに糖質カルトだな。
すごいよ。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年9月28日 19:11:15 : K8yoflTWqk : H8fZshlqWJ8[2]
輸入小麦は、袋の中の3分の2が小麦粉で残りの3分の1がポストハーベスト。
防虫剤や防カビ剤だと指摘されていました。

学校給食の食パンやファストフードのカビないパンは、小麦とポストハーベストでできているのでしょうか。

卵については、イタリア人のお母さんシェフがマンマの味のカルボナーラを作る際、卵がポロポロになるまで完全に火を通していました。日本の半熟の作り方はイタリアではしないそうです。

管理栄養士が作ったオムライスを病院の食堂で食べた時も、完全に火を通した溶き卵で包まれており、おいしかったです。実際に家で作ってみたら、火を十分に通したほうがご飯を包みやすいことがわかりました。
半熟ふわとろは、洗脳ですね。

話が脱線していますが、給食については例えばフランスは高所得者層が給食費を多く負担しているそうです。また自宅で昼食をとる子供も多いので、給食を食べるかどうかはその日の朝、登校してから学校に伝えるそうです。
途上国は授業があろうがなかろうが、朝食もおやつも夕食も学校で準備しているところもあります。 学校見学をしたかったのですができず、説明だけで車の中から見学しました。

ロシアはプーチン氏が首相の時に、地域ごとに子供の発育状況を調べ、給食の改善のために栄養士をつけたり、体育館の補修を急ぐように指示をしていました。
缶ビールのカンが小さくなり、昼間の路上でお酒を飲むのが違法になった・・と聞いていますが。
親戚がロシアを旅行して、”家族を連れて行きたい!”と話していました。
ロシアは物騒な国だと思い込んでいた私も、その頃から変わりました。

遺伝子組み変え作物の生産を禁止しているロシア。
遺伝子組み換え食品の給食使用を禁止する法律を作った台湾。

海外の取り組みも進んでいますね。


2. 2017年12月29日 17:26:50 : nknhrSi9Rk : iYnQygNxGI0[2]
たんぱく摂取が少ないと臓器が十分に発達せず将来生活習慣病の危険が高まるぞ。

> 「野菜が嫌いでも、ほかの食品で栄養を取れれば問題ない。今は脂肪の取り過ぎによる肥満が問題。昼の1食程度はおにぎりで十分」と主張する管理栄養士の幕内秀夫さん(64)に共感し、おにぎりだけのノーおかずデーの昼食が始まった。

おにぎりなんて糖質以外の栄養素は極めて少ない。
少なくとも成長期の子供の食事としては最悪の部類。
こいつ栄養士の資格はく奪がふさわしい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
不安と不健康18掲示板  
次へ