★阿修羅♪ > 不安と不健康18 > 574.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ビタミンサプリメントは、重金属から子供を守り、行動障害を軽減するのに役立ちます
http://www.asyura2.com/16/health18/msg/574.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2017 年 8 月 09 日 09:35:19: tZW9Ar4r/Y2EU QlJJQU4gRU5P
 

3-5)、ビタミンサプリメントは、重金属から子供を守り、行動障害を軽減するのに役立ちます
Orthomolecular Medicine News Service(OMNS)、2007年10月8日

Abram Hoffer, M.D., Ph.D. Harold D. Foster, Ph.D. Bradford Weeks, M.D. Carolyn Dean, M.D., N.D. Erik Paterson, M.D. Thomas Levy, M.D., J.D. Steve Hickey, Ph.D.
Andrew W. Saul, Ph.D., Editor

重金属中毒から動物を保護するビタミンCの能力は十分に確立されています。酵母、魚、マウス、ラット、ニワトリ、ハマグリ、モルモット、およびシチメンチョウを用いた最近の試験はすべて同様の結論に至った:ビタミンCは重金属中毒から生育する動物を保護する。 [1-7]

動物モデルの利点は、必ずしも人間にとって同等の利益になるとは限らない。しかし、この場合、広範囲の動物にとって利益が実証されています。ビタミンCが人間の子供を守る確率は高い。

行動障害、学習障害、ADHD、自閉症などの劇的な流行があり、特殊教育サービスを受けている子供の数は急速に増加しています。すべての原因が特定されているわけではありませんが、重金属汚染が重要な要因であり、ビタミンCがその解決策の一部であることが示唆されています。

ブリティッシュコロンビア州のErik Paterson博士は次のように報告しています。
「私が精神科医として児童センターに勤務していたとき、行動異常を示す患者は、鉛の血中濃度が許容レベルより約10倍高いことが判明しました。私はビタミンCを4000mg /日の投与量で投与しました。ビタミンCが組織から鉛を排泄してくれると思ったからです。翌年、再検査では、鉛濃度は当初の結果を大幅に下回る水準まで大幅に下がり、年が経つにつれてレベルがほとんど検出されなくなり、その行動は著しく改善された」

世界中の石炭と高硫黄燃料油の燃焼は、年間300,000トンの重金属を放出し、そのうち10万トンは米国環境保護庁の有害大気汚染物質とみなされている。これにはヒ素、ベリリウム、カドミウム、コバルト、クロム、水銀、マンガン、ニッケル、鉛、アンチモン、ウラン、およびトリウムが含まれる。これらの金属はまた、金属含有鉱石を採掘し精製する工業プロセスによって空気中に放出される。

空気中に浮遊している重金属は、目に見えない粒子として風に吹かれて広がってしまいます。母親や子供が汚染された空気と食べ物の両方を避けることは難しいので、重金属が行動異常を引き起こすことを説明するのに役立ちます。

ビクトリア州立大学のHarold Foster教授は、「妊娠中の女性は、子宮内で胎児が中毒されて発育が妨げられるため、特別な保護が必要です」と述べています。例えば、セレンはヒ素、水銀、カドミウムに拮抗しています。

重金属は常に環境の一部であり、私たちの体はそれらを守る方法を進化させました。このプロセスは、ビタミン依存性代謝経路を含む。 [9]追加のビタミン摂取は、サプリメント摂取を通じて、重金属除去プロセスのスピードアップに役立ちます。追加のビタミンCとセレンの毎日の消費は、体内の重金属を排除することによって子供を守る可能性があります。これらの栄養素の摂取量を増やすための簡単で安価な方法の1つは、ビタミンCサプリメントを各食事とともにセレンを含むマルチビタミンと共に服用することです。ビタミンサプリメントは子供にとって非常に安全です。 [10]

References:
[1] Borane VR, Zambare SP. Role of ascorbic acid in lead and cadmium induced changes on the blood glucose level of the freshwater fish, Channa orientalis. Journal of Aquatic Biology, 2006. 21(2), 244-248.
[2] Gajawat, Sunita; Sancheti, Garima; Goyal, P. K. Vitamin C against concomitant exposure to heavy metal and radiation: a study on variations in hepatic cellular counts. Asian Journal of Experimental Sciences, 2005. 19(2), 53-58.
[3] Shousha, Wafaa Gh. The curative and protective effects of L-ascorbic acid & zinc sulphate on thyroid dysfunction and lipid peroxidation in cadmium-intoxicated rats. Egyptian Journal of Biochemistry & Molecular Biology, 2004. 22(1), 1-16.
[4] Vasiljeva, Svetlana; Berzina, Nadezda; Remeza, Inesa. Changes in chicken immunity induced by cadmium, and the protective effect of ascorbic acid. Proceedings of the Latvian Academy of Sciences, Section B: Natural, Exact and Applied Sciences, 2003. 57(6), 232-237.
[5] Mahajan, A. Y.; Zambare, S. P. Ascorbate effect on copper sulphate and mercuric chloride induced alterations of protein levels in freshwater bivalve Corbicula striatella. Asian Journal of Microbiology, Biotechnology & Environmental Sciences, 2001. 3(1-2), 95-100.
[6] Norwood, Joel, Jr.; Ledbetter, Alan D.; Doerfler, Donald L.; Hatch, Gary E. Residual oil fly ash inhalation in guinea pigs: influence of ascorbate and glutathione depletion. Toxicological Sciences, 2001. 61(1), 144-153.
[7] Guillot, I.; Bernard, P.; Rambeck, W. A. Influence of vitamin C on the retention of cadmium in turkeys. Tiergesundheitsdienst Bayern, Germany. Editors: Schubert, Flachowsky, Bitsch. Vitamine und Zusatzstoffe in der Ernaehrung von Mensch und Tier, Symposium, 5th, Jena, Sept. 28-29, 1995, 233-237.
[8] EPA Study on Nickel Releases from Burning Coal: http://www.epa.gov/ttn/chief/le/nickel.pdf (The study shows about 10% of nickel in coal is released to the air. The press release estimates 10% of the other metals in coal with similar properties to nickel are also released to the air.)
[9] Lewinska, Anna; Bartosz, Grzegorz. Protection of yeast lacking the Ure2 protein against the toxicity of heavy metals and hydroperoxides by antioxidants. Free Radical Research, 2007. 41(5), 580-590.
[10] Saul AW. Vitamins and food supplements: safe and effective. Testimony before the Government of Canada, 38th Parliament, 1st Session, Standing Committee on Health. Ottawa, May 12, 2005. http://www.doctoryourself.com/testimony.htm

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1396460607136926

https://ameblo.jp/kotetsutokumi/entry-12299970561.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
不安と不健康18掲示板  
次へ