★阿修羅♪ > 不安と不健康18 > 794.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「夏時間は脳に悪影響を及ぼす」研究者が警鐘 深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されている
http://www.asyura2.com/16/health18/msg/794.html
投稿者 鰤 日時 2019 年 11 月 17 日 11:48:02: CYdJ4nBd/ys76 6dw
 

「夏時間は脳に悪影響を及ぼす」、研究者が警鐘
2019年11月15日(金)16時50分

松丸さとみ


大した問題ではない、1日で慣れる、と人は思いがちだが...... Vizerskaya-iStock
<米ヴァンダービルト大学医療センターの睡眠の専門家たちが、「サマータイムは長期的にみて脳に悪影響を及ぼす」と警鐘を鳴らした......>
サマータイムは遺伝子レベルで悪影響
夏に時計の針を1時間進める夏時間(サマータイム)を導入している国は多い。時間を変えるタイミングは国によって異なるが、もっとも遅い米国も11月最初の週末に1時間戻し、今年のサマータイムが終了した。
日本でも東京オリンピックを機にサマータイムを導入しようという話が昨年の夏に盛り上がったのは記憶に新しい。オリンピックに合わせた導入は見送りとなったが、サマータイム導入案は完全になくなったわけではないようだ。
そんななか、米ヴァンダービルト大学医療センター(VUMC)の睡眠の専門家たちが、米医学誌JAMAニューロロジーに気になる解説記事を発表した。「サマータイムは長期的にみて脳に悪影響を及ぼす」という内容だ。VUMCの発表文によると、サマータイムは健康に悪影響を及ぼすという認識を高め、「サマータイムという習慣を終わらせる」ことを主張するために書いた記事だという。
VUMCによると、サマータイムで時間が変わることで睡眠のパターンが崩れ、それが概日リズム(いわゆる体内時計)のコア遺伝子のエピジェネティクスを変えてしまう可能性があるという。体内時計は、太陽の光によって実際の時刻と「同期」されることが分かっているが、サマータイムで1時間ずれることで、狂いが生じるのだ。
VUMCは、サマータイムになって時刻を変更することと、心臓発作や虚血性脳卒中などのリスクが高まることには関係があると指摘。さらに、サマータイムによる時刻の変化からの影響で、成人は睡眠が平均15〜20分短くなると説明している。この睡眠不足が原因となり、死亡につながるような事故も増える可能性があるのだという。
「1年のうち8カ月、体内時計が合っていない状態」
解説記事を執筆した睡眠の専門家の1人、ベス・アン・マーロウ教授(VUMC睡眠障害科の小児科医でもある)は、「サマータイムで時間が1時間ずれることなんて大した問題ではない、1日で慣れる、と人は思いがちだが、実は体内時計が狂ってしまっていることに気づいていない」と指摘する。
「年に2回、それぞれ1時間ずれるだけという話ではない。1年のうちの8カ月間、体内時計が合っていない状態になるということだ。サマータイムや、サマータイムと太陽の光との関係は、脳に深く根差したシステムである体内時計に多大な影響を及ぼすものだ。サマータイムは、睡眠と覚醒のパターンや、日中の注意力といった脳の機能に影響する」とマーロウ教授はVUMCに説明している。
次のページ欧州では84%が夏時間廃止を支持
VUMCの発表文によると、体内時計の柔軟性は人によって異なり、中にはすぐに順応できる人もいるという。しかしマーロウ教授は、子どもや自閉症の人にとっては、サマータイムからの影響が何週間、何カ月も続く可能性もあると指摘する。
なお、米国では州単位でサマータイムの採用状況が異なる。USAトゥデイによると、アリゾナ州(ナバホ・ネイションを除く)とハワイ州、米領サモア、グアム、プエルトリコ、バージン諸島は、サマータイムを導入していない。7州(アラバマ、アーカンソー、フロリダ、ネバダ、オレゴン、テネシー、ワシントン)は、夏時間を標準時間とする案が可決されているが、これを実際に施行するには、連邦政府からの承認を得る必要がある。
欧州では84%が夏時間廃止を支持
一方欧州では、欧州連合(EU)加盟国すべてが、3月の最終日曜日から10月の最終日曜日までの期間、時計を1時間進めてサマータイムとすることが定められている。しかしこうした全加盟国による一律でのサマータイムは、廃止の方向で話が進められている。
欧州議会で今年3月、2021年に廃止することが可決されており、今後は、各国の代表と話し合って最終的に決定が下されることになる。
欧州委員会がサマータイムの廃止を提案したのは、当時(2018年9月)の欧州委員会の発表文によると、次のような理由からだ。もともとサマータイムが開始されたのは、戦時中やオイルショックの時代に、エネルギーの節約が目的だった。しかし2018年現在、サマータイムにより節約できるエネルギーはわずかだと研究で分かってきたこと、逆に健康被害を訴える市民が増加していることなどから、サマータイムはもはや適切なものではなくなった、と判断したためだ。
欧州委員会が2018年夏に一般の人に広く意見を募ったところ、同委員会が行った公開の意見募集で過去最多という460万件の回答が寄せられた。うち84%がサマータイムの廃止を支持する内容だったという。
次のページ●動画:夏時間は脳に悪影響を及ぼす
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/11/post-13391_3.php

 
深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されていることがわかった
研究結果
2019年11月15日(金)15時30分

松岡由希子

脳脊髄液の波が老廃物を洗い流す...... Laura Lewis
<深い眠りの状態にあると、脳脊髄液の流入が増え、脳内の老廃物を洗い流していることが明らかになった......>
睡眠は、私たちの認知機能や脳機能のメンテナンスに不可欠なものである。このほど、ノンレム睡眠のうち、脳波に振幅の大きくゆるやかな波が多く出現し、深い眠りの状態にある「徐波睡眠」において、脳脊髄液(CSF)の流入が増え、脳内の老廃物を洗い流していることが明らかとなった。
脳圧を安全なレベルに保つため?
米ボストン大学の研究チームは、高速撮像技術を用いて、ノンレム睡眠中における脳脊髄液の律動を初めてとらえ、脳脊髄液の動きと脳波の活動、血流が密接に結びついていることを示した。この研究成果は、2019年10月31日、学術雑誌「サイエンス」で公開されている。

マウスを対象とした2013年の研究結果では、脳脊髄液の流れと徐波睡眠が脳内の老廃物の除去に重要な役割を果たしていることが明らかにされたが、脳脊髄液の動きについては、これまでとらえられていなかった。
そこで研究チームは、23歳から33歳までの成人13名を対象に、脳波(EEG)ヘッドセットで脳波を測定するとともに、MRI(磁気共鳴断層撮影装置)を用いてノン睡眠時の脳脊髄液の様子をモニタリングし、脳波において周波数の低い波が多くなると、脳の血流が低下し、脳脊髄液が脳内に流れ込むことを示した。ニューロン(神経細胞)が遮断されると、それほど酸素を必要としないため血液が減り、血液が流出すると脳内の圧力が低下するので、脳圧を安全なレベルに保つべく脳脊髄液が急速に流れ込むものと考えられる。
自閉症やアルツハイマー病、加齢による障害......などの解明の糸口
この研究成果は、自閉症やアルツハイマー病など、睡眠パターンの乱れと関連する神経障害や心理障害のさらなる解明に向けた糸口のひとつとして、期待が寄せられている。
また、このような脳波と血流、脳脊髄液との関係が、正常な範囲内での加齢による障害にも影響をもたらしている可能性がある。加齢に伴って、睡眠時、脳波で周波数の低い波が少なくなるためだ。これによって、脳内の血流が減らずに、脳脊髄液の流入を妨げ、老廃物が十分に洗い流されないことで、有害なタンパク質の蓄積がすすんでいるのかもしれない。
研究チームでは、今後、脳波と血流、脳脊髄液がどのように同期をとっているのかについて、解明をすすめていく方針だ。
次のページ●動画:脳脊髄液の流入が増え脳を洗い流す


sleepwaves_lewis__001

●参考記事
意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告
加齢による記憶力低下が、電気刺激で20代並みに回復した:米研究
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/11/post-13390_2.php


 


Sleep experts: daylight saving time has long-term brain effects
Nov. 4, 2019, 2:40 PM
The annual transition to and from daylight saving time (DST) has clinical implications that last longer than the days where clocks “fall back” or “spring forward.”
Sleep experts published a JAMA Neurology commentary in which they recap large epidemiological studies to advocate for ending the practice. Photo/iStock
Changes in sleep patterns that stem from clock transitions can alter the epigenetics of the core genes in the circadian clock. Over time, DST eliminates bright morning light that critically synchronizes biologic clocks. Transition seasons are associated with increased risk of heart attack and ischemic stroke, as well as other negative effects of partial sleep deprivation. Average sleep duration shrinks by 15 to 20 minutes for adults during DST transitions, which may increase the risk of fatal accidents.
To raise awareness of the health impacts from clock transitions — which change when the body gets light — sleep experts from Vanderbilt University Medical Center (VUMC) published a JAMA Neurology commentary in which they recap large epidemiological studies to advocate for ending the practice.
People think the one-hour transition is no big deal, that they can get over this in a day but what they don’t realize is their biological clock is out of sync, said Beth Ann Malow, MD, Burry Chair in Cognitive Childhood Development, and professor of Neurology and Pediatrics in the Sleep Disorders Division at VUMC.
“It’s not one hour twice a year. It’s a misalignment of our biologic clocks for eight months of the year. When we talk about DST and the relationship to light we are talking about profound impacts on the biological clock, which is a structure rooted in the brain. It impacts brain functions such as sleep-wake patterns and daytime alertness,” said Malow.
Malow is the corresponding author alongside Kanika Bagai, MD, MSCI, associate professor of Neurology at VUMC’s Sleep Disorders Division, and Olivia J. Veatch, MS, PhD, from the Center for Sleep and Circadian Neurobiology at the Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania.
Some people may have more flexible circadian rhythms and adjust quickly while others are more sensitive. Malow, an expert on autism and sleep, said that the transition impacts some children with autism for weeks or months.
While the sleep and circadian communities believe returning to standard time may be more biologically appropriate, gaining political buy-in for a nationwide change remains a challenge. State legislation is “all over the map,” with some states considering a return to standard time and others in favor of permanent DST. Tennessee has passed legislation supporting permanent DST, although such a change would require action from the U.S. Congress.
Related Posts:
1. Vanderbilt sleep experts offer tips to manage end of Daylight Saving Time
2. Sticking to normal sleep schedule can ease daylight saving time transition
3. Sleep specialist offers tips to deal with spring daylight saving time
4. Vanderbilt sleep specialist says begin preparing now for this weekend’s change to daylight saving time
http://news.vumc.org/2019/11/04/malow-daylight-saving-time-brain-impact-commentary/


 


Are Daylight Saving Time Changes Bad for the Brain?
Beth A. Malow, MD, MS1; Olivia J. Veatch, MS, PhD2; Kanika Bagai, MD, MSCI1
Author Affiliations
JAMA Neurol. Published online November 4, 2019. doi:https://doi.org/10.1001/jamaneurol.2019.3780

FullText
Daylight saving time (DST) begins on the second Sunday in March and ends on the first Sunday in November. During this period, clocks in most parts of the United States are set 1 hour ahead of standard time. First introduced in the United States in 1918 to mimic policies already being used in several European countries during World War I, DST was unpopular and abolished as a federal policy shortly after World War I ended.1 It was reinstated in 1942 during World War II but covered the entire year and was called “war time.” After World War II ended, it became a local policy. Varying DST policies across cities and states led to the Uniform Time Act of 1966, which mandated DST starting on the last Sunday in April until the last Sunday in October. States were allowed to exempt themselves from observing DST (including parts of the state that were within a different time zone [eg, Michigan and Indiana]).

Full Text
https://jamanetwork.com/journals/jamaneurology/article-abstract/2753446
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康18掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
不安と不健康18掲示板  
次へ