★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評15 > 120.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
北乃きい「ZIP!」が大逆転…王者「めざまし」なぜ敗れた?[日刊ゲンダイ]
http://www.asyura2.com/16/hihyo15/msg/120.html
投稿者 ニュース侍 日時 2016 年 3 月 10 日 14:32:23: MidD7QyBIEdXI g2qDhYFbg1iOmA
 

北乃きい「ZIP!」が大逆転…王者「めざまし」なぜ敗れた?
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/176901

 民放キー局の春の改編情報が出揃った。2年連続で年間世帯視聴率3冠王の日本テレビの全日帯(午前6時〜深夜24時)の改編率は5.8%と低さが際立った。

「変える必要がない」という横綱相撲の日テレとは対照的なのが、民放4位の崖っぷちに立たされたフジテレビだ。全日帯の改編率は19.9%。改編期のたびにいじりまくっているが結果が出ない。日テレとの勢いの差を嫌でも感じさせるが、象徴的なのが長らく同時間帯視聴率首位に君臨した「めざましテレビ」の牙城を切り崩した「ZIP!」の快進撃だ。

 2月の月間視聴率は初の単独トップ(9.3%)をマーク。30年以上続いた「ズームイン」の看板を下ろし、打倒めざましの狼煙を上げたのが11年4月。ある番組制作関係者は今回の逆転劇について、こう分析する。

■耐用年数を超えた「めざまし」の衰退

「めざまし自体の衰退がひとつの大きな要因。人気番組とはいえ、放送開始から20年以上が経ち耐用年数を超えてしまった。朝の時間帯は視聴習慣が変わりづらいといわれるが、視聴者と番組がそのままトシを取った感じです。一方でZIPは後発のハンディを逆手にとって、めざまし以上に若年層を意識した番組に徹し、堅調に視聴者を増やしていった。番組開始から5年、日テレの思惑がようやく結果となって表れ始めたということでしょう」

 好きな男性アナウンサーランキング4連覇という不動の人気を誇るMC桝太一(34)の存在も大きい。鼻につかない程度の爽やかなイケメンで主婦層の支持は絶大。むろん、容姿を比べたらアラフィフの三宅アナが気の毒だが、もうひとり、意外な人材の起用が当たったという。

「女優の北乃きいです。昨年9月末に妊娠で番組卒業する関根麻里の後任MCに起用された当時は、誰もがワンポイントリリーフになると思っていた。麻里ちゃんのように番組を仕切れるわけでもなければ、気の利いたコメントができるわけでもない。いまだに元気に明るく笑うだけの“マスコット”的な存在ですが、むしろそれが良かった。曜日パーソナリティーのTOKIO山口、関根勤、鈴木杏樹らも含め、キャスト陣の間には天然キャラの北乃をフォローしようと団結力や連帯感が生まれた。めざましに負けないZIPファミリーが形成され、実際、現場はいいムード。画面を通じてその雰囲気が視聴者にも伝わるのでしょう」(前出の関係者)

 今月28日からZIP放送直後の「スッキリ!!」には巨額利益供与疑惑が取り沙汰された上重聡アナ(35)に代わり、ハリセンボン近藤春菜(33)が新加入。8時台も熾烈な視聴率争いが繰り広げられている。おごれる平家と化したフジはどこまで坂を転がるのか。

[日刊ゲンダイ 2016/3/10]  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年3月12日 07:19:08 : YaegIPKLG2 : Fbydgb5o7yo[499]
めざましは関東ローカルでいい。渋谷だ〜原宿だ〜全国でやる意味なし。カンテレ頑張れよ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
マスコミ・電通批評15掲示板  
次へ