★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評15 > 318.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「朝日新聞25000人集団訴訟」 東京高裁控訴審 第1回口頭弁論 意見書全文
http://www.asyura2.com/16/hihyo15/msg/318.html
投稿者 怪傑 日時 2017 年 2 月 25 日 19:50:17: QV2XFHL13RGcs ifaMhg
 

「朝日新聞25000人集団訴訟」 東京高裁控訴審 第1回口頭弁論 意見書全文
http://gansokaiketu.sakura.ne.jp/asahishinbun-25000nin-shudan-soshou-naiyou.htm#2017-02-25-asahishinbun-25000nin-shuudansoshou--tokyo-kousai-kousoshin-dai1kai-koutou-benron

「朝日新聞集団訴訟」控訴審 第1回口頭弁論 意見書全文
http://nadesiko-action.org/?p=11279


February 25, 2017Uncategorized
2017年2月21日(火)に行われた、「朝日新聞集団訴訟」控訴審 第1回口頭弁論(東京高等裁判所 101法廷)で、なでしこアクション山本優美子が意見書を読み上げ提出しました。その意見書全文をご紹介します。
訴訟についての詳細は朝日新聞を糺す国民会議をご覧ください。

******************************************************************************

意見書

平成29年2月15日

山本優美子

東京高等裁判所 御中

「なでしこアクション」代表山本優美子と申します。私は、海外の慰安婦問題について活動しています。

朝日新聞の虚偽報道が長年訂正されなかった影響で「残虐な日本軍、悲惨な慰安婦」のイメージが拡大、拡散しました。現在、海外では、「慰安婦は日本軍に強制連行され性奴隷にされた数十万の幼気な少女たち」と信じられています。

このイメージを中国や韓国が利用し、海外では日本非難決議が採択され、慰安婦碑や慰安婦像が既に各地に建ち、また、新たな設置計画も次々と浮上しています。その影響で海外の日本人やその子供たちの平穏な日常生活が脅かされるまでになっています。これは、日本人に対する人権侵害です。世界各地のお母さま方から不安を訴える声がたくさん届いています。

「なでしこアクション」は、海外の各地に「慰安婦碑反対」や「慰安婦は性奴隷ではない」という意見を送る運動をしてきました。これに賛同する多数の署名も集め、海外30カ国以上の日本人が私たちの運動に協力してくれています。また、私たちは、国連の人権委員会に訴え、ユネスコの世界の記憶に私たちの主張を裏付ける資料の登録を申請しています。しかし、私たちがそうした努力をしても、世界に定着してしまった「慰安婦・強制連行・性奴隷」という虚構のイメージを覆すことは非常に難しいのが現状です。でも、私たちは、次の世代の子供たちのために諦めるわけにはいきません。

韓国以外の公共の場所にある唯一の慰安婦像が米国カルフォルニアのグレンデール市にあります。私は、このグレンデール慰安婦像撤去を求める訴訟を行っている「歴史の真実を求める世界連合会」の一員でもあります。私たちは、この1月、首都ワシントンに行き、アメリカ合衆国連邦最高裁判所に上告状を提出しました。

その上告状では「慰安婦問題は米国・韓国・日本の外交問題である」という点も訴えています。

みなさまご承知のとおり、一昨年末、いわゆる「日韓合意」がありました。当時のオバマ政権が安全保障上の必要からこれを強く促したものと言われています。昨年末のハワイの日米首脳会談では、この日韓合意が高く評価され、北朝鮮の脅威がある中での日米韓の協力・連携の重要性が確認されています。つまり、現在、慰安婦問題は、衆知のとおり、政治・外交問題であるばかりではなく、安全保障問題にまで発展しているのです。

ところが、みなさま、朝日の英語版を見て下さい。「慰安婦comfort women」との文言の後には、必ずと言っていいほど、何と「forced to provide sex 」と書いてあります。つまり、驚くべきことに「慰安婦は日本軍に性行為の提供を強制された女性」との説明書きが英語版には加えてあるのです。この一文があるだけで、記事の意味が変わります。たとえば、日韓合意の記事では「日本軍は女性に性行為を強制する酷いことをしたから謝罪してお金を払うのだろう」と海外では解釈されているのです。

日本軍による強制連行を示す客観的な資料は、これまで、ただの一つも発見されていません。これからもそのような資料が発見されることはありません。なぜなら、そもそも、初めから強制連行の事実などないからです。朝日新聞は何を根拠に、しかも英語版にだけ、今に至るも、執拗に「force=強制」を使うのでしょうか。

これでは、私たちが懸命に米国の裁判所で戦っても、また、最前線で海外に向けて情報発信しても、後ろから石をぶつけられ、振り向けばそこには朝日新聞という有様なのです。

朝日新聞はもうこれ以上問題を広げないでください。犯した過ちを認め、問題の所在を認め、被害の発生を認め、自ら、広く、国際社会に向かって多言語で謝罪するよう切に求めます。

以上  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年2月25日 22:21:06 : MpDEIVgNks : 5Q94bm6tEZA[91]
>「歴史の真実を求める世界連合会」

当該意見書を読むと、歴史の真実を求めるどころか、歴史叙述をいかに墨で塗り偽りで広めるかを行っているものと思わざるを得ない。


2. 2017年2月26日 01:30:37 : 2vsx94lS02 : D3XDfbYJRek[13]
>日本軍による強制連行を示す客観的な資料は、これまで、ただの一つも発見されていません。これからもそのような資料が発見されることはありません。

バカの一つ覚え。ネトウヨの根拠はこれしかない。

教えてGooで質問してごらん。同じようなバカが質問しているから。

>証言が証拠にはならないということは以前から聞いていて知っていたのですが、

どこで聞いたのか分かりませんが、一般に訴訟法で言う「証言」、つまり「法廷における証人の供述」であれば、普通は証拠になります。
(というか、証拠にならないケースが思い浮かびません)

国連の正式な委員会での調査で多数の証言がある。これは法廷での証言と同じ証拠能力があるんだよ。いい加減、無知を曝け出して嗤い物になっていることに気づいてね、怪傑さん。


3. 2017年2月26日 21:17:14 : PQx4bYw7Mo : 1NlCruTPb0s[13]
もう流れは変わったよ。嘘の本家は読売新聞と多くのひとは気付き始めた。

裁判所とて安倍権力が落ちたことは理解する。


4. 2017年3月02日 00:56:52 : Nz26d0uApg : hQ5r3R50pns[38]
この集団訴訟に加わっている組織、人物は日本会議の関係者です。籠池と同じ思想の仲間です。

5. 2017年3月02日 03:49:55 : rkJU4oOov6 : NsyCTgkVO_g[10]
日本のゆすりネタなんだよね、だからしつこくやる、で金払う、暴力団と一緒、
強請る側の者達はガチで戦場で犯罪行為して来たのにそれらは棚上げしてよく言うよ。

6. 2017年4月15日 17:52:15 : P9nOLX2wSs : IyNMR5lDdjM[1]
日本人女性でさえ人身売買で売り飛ばしてた日本国ならやりそうなことだろう。

>証言が証拠にはならないということは以前から聞いていて知っていたのですが、

そんなことなかろう。
文書だって偽物とかもあるし、必ずしも事実通りというわけではない。


7. 2017年4月22日 23:07:41 : lh1GGwoOtM : YsxGZGc1SWo[691]
朝日新聞の虚偽報道というが、原告は朝日より先に慰安婦の存在を肯定的に報道した産経を告訴すべきだろう。
それをやらないなら、フェイクかヘタレだな。

8. 2017年5月31日 18:48:22 : kbJBF6kZg2 : t1d4W@KRoJM[9]
サッカーをしていなさい。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
マスコミ・電通批評15掲示板  
次へ