★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評15 > 496.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
伊集院光、荒川強啓の文化放送出演を語る「やっぱり辞めさせられた」 (本人語らずとも皆知っている?!)
http://www.asyura2.com/16/hihyo15/msg/496.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2019 年 4 月 18 日 20:49:00: N0qgFY7SzZrIQ kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo
 

(回答先: 荒川強啓“即ゲスト起用”の狙い 文化放送は「貴重な存在」と説明(政府批判報道を捨てる局と拾う局?!) 投稿者 戦争とはこういう物 日時 2019 年 4 月 18 日 20:38:14)

 社会主義国など全体主義の国では、法規制など国家が積極的にマスコミに介入して不都合を隠す。一方、見かけ上民主主義を呈する国であっても、裏から圧力をかけるなどで同じ効果を上げている国もある。
 この国で政府批判を辞さない報道番組が減って行くことに、もっと危機感を持つべきなのは、お笑い系芸人しか言えない事だろうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(ここから)
伊集院光、荒川強啓の文化放送出演を語る「やっぱり辞めさせられた」
https://entamega.com/16981

 15日深夜放送の『伊集院光深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)で、3月末で終了した『荒川強啓デイ・キャッチ!』(同)に出演していた荒川強啓アナウンサーが、15日放送の『大竹まことゴールデンラジオ』(文化放送)へのゲスト出演した背景を探った。

 番組の冒頭で伊集院は、飲食店チェーン・やよい軒の“ご飯お代わり有料化”について、「本音の部分は『米代を負担するのがきつい』と言いたいが、別の理由をつけているのでは?」との旨を語った。これにかけて、TBSラジオが聴取率調査に伴うスペシャルウイークを廃止したことに、「金がないから困っているのに、スペシャルウイークをやめてという御託」「結果予算削減がしたいだけなのに、新しいことをやりたいだけだからっていう」と皮肉った。

 さらに、「荒川強啓さんの辞めさせられて、即、文化放送っていう……」と言及。人気番組の突然の終了には伊集院も疑問を呈していたが、本人の口からは詳しい経緯は語られていない。それでも伊集院は「文化放送の一発目のゲストと聞いて、『はぁ、やめさせられたな』」と確信したようだ。

 TBSラジオと文化放送は直接のライバル局といえる。特に平日午後のワイド番組はトップを走っていた大竹の番組に『ストリーム』『キラキラ』といったTBSがぶつけた番組が勝利するなど、激しいデッドヒートを繰り広げていた。この番組にTBSラジオの夕方の顔であった荒川アナが出演したのは、極めて異例といえるだろう。

『ゴールデンラジオ』において荒川アナは、「最初は聴取率は苦戦して、スタッフが頑張ってくれた」「夕方から出勤する方、自営業者といった人に言葉を届けるように意識してから人気が出てきた」「すぐに次の番組とは考えておらず、今はゆっくりしたい」といった内容を語っていた。

 TBSラジオの夕方の帯ラジオ番組は4月から新たに『ACTION!』がスタートし、宮藤官九郎、羽田圭介、武田砂鉄らがパーソナリティを務めている。ただラジオファンからは「FMの深夜番組みたいなノリ」「身内ネタが多すぎる」といった声も。やはり、「デイ・キャッチロス」にかかっている人は多そうだ。
(文=相川ナロウ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(ここまで)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年4月18日 23:16:26 : KyPgZPlu8Y : U0EzUDRXcC5YdzY=[160] 報告
これとは別の話題になりますが、戦後民主化の一環として放送法が制定されて以来、一貫して現在まで続いてきた中波民間ラジオ放送局の経営が、どこも危機的状況にあることが、なぜか阿修羅では取り上げられていません。

中波民間ラジオ放送各社は広告収入に頼っていますが、その広告収入が最盛期の1991年に比べ6割も減っており、数年前に解禁されたFMでの同時送信に全面的に切り替え、中波ラジオ放送から撤退したいと、民間放送の元締めである民放連が総務省に要望しているそうです。

民間中波ラジオ放送局は、各社とも送信設備の更新時期を迎えており、送信設備に巨額の資金が必要な中波送信をやめて、送信設備に費用が掛からないFM放送に全面移行したいと訴えているのです。

中波放送の送信機は50キロワットとか100キロワットクラスが必要ですが、膨大な電力を消費することから、1キロワットとか5キロワット程度で済むFM放送とは放送にかかるコストが全然違います。半面、電波の飛ぶ距離が短くなり、現在のような広範囲のサービスエリアは期待できません。

それでも放送にかかるコストを減らしたい民間ラジオ各局は、遠距離のリスナーを切り捨ててでもFM放送に全面移行したいと表明しており、遠距離のリスナーはネット配信を利用して欲しいとのことです。

これに対しNHKは、中波ラジオ放送も今後とも継続すると会長自ら表明しており、放送自体は続くのは確実ですが、今やアベ日本軍国主義勢力に完全支配されたNHKから、アベを批判する放送内容は完全に消えてしまいました。FM放送の届かない遠距離の地方では、これにより聴ける放送局はNHKだけになると思われ、言論の自由がなかった戦前のラジオ放送に逆戻りしてしまうのは確実です。

●ところで中波のラジオ放送を聴いている人は、むかしからあることに気付いていると思うのですが、一部例外はあるにせよ、NHKは多くの放送局が中波の1000kHz以下で、民間ラジオ放送局は1000kHz以上の周波数が多いですよね。これは、戦前に放送を開始していたNHKが既得権としていたために、後から開局した民間ラジオ放送局は、使われていなかった周波数を用いるしか方法がなかったためです。

ところがデジタル方式のラジオを除けば、ダイヤル方式のラジオはたいてい低い周波数は間隔が広いのに対し、高い周波数は間隔が狭くなり、チューニングしにくいことに気づくでしょう。これはバリコンの特性によるもので、周波数直線ダイヤルを用いなければ解決できないのでした。

★いずれにせよ、民間中波ラジオ放送が大きな岐路に立たされているのは、間違いありません。これからどうなるのか、注意して継続した監視が必要でしょう。

▲上へ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評15掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
マスコミ・電通批評15掲示板  
次へ