★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評15 > 517.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
そもそも親が子どもの人格を傷つける「ひきこもり」を叫ぶ、「NPO法人全国ひきこもり家族連合会」などの方が異常では!!
http://www.asyura2.com/16/hihyo15/msg/517.html
投稿者 怪傑 日時 2019 年 6 月 24 日 13:57:39: QV2XFHL13RGcs ifaMhg
 

そもそも親が子どもの人格を傷つける「ひきこもり」を叫ぶ、「NPO法人全国ひきこもり家族連合会」などの方が異常ではないか!!
https://gansokaiketu-jp.com/kaiw-forum2/masukomiga-seifuwomakikomi-kajyouni-tereviya-netde-hikikomorinituite-------yuuhatusareta-satujin-jiken/wforum.cgi?mode=read&no=5&reno=no&oya=5&page=0#5

参照先 : https://this.kiji.is/515475864484938849?c=39546741839462401
引きこもり悪質業者の実態把握へ・・家族会、国に対応促す

 KHJ全国ひきこもり家族会連合会(本部・東京)は23日、自立支援をうたって引きこもりの子どもを自宅から無理やり連れ出し、法外な料金を請求する悪質業者の実態把握に乗り出すことを決めた。こうした業者は「引き出し屋」と呼ばれ、各地で被害の訴えが相次いでいる。情報収集のためのプロジェクトチームを発足させ、当事者団体とも連携し、国に法規制を含めた対応を促す。

 川崎の児童ら殺傷事件、元農林水産事務次官が長男を刺殺したとされる事件が起きた後、同連合会には不安を抱えた親からさまざまな相談が寄せられている。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 怪傑[505] ifaMhg 2019年6月24日 14:01:01 : GzEttkxdXo : bTlwQy5NSVIuazY=[26] 報告
タイトルの最後のところ抜け落ちましたので訂正します。

 異常では!!
   ↓
 異常ではないか!!

2. 怪傑[506] ifaMhg 2019年6月24日 14:14:51 : GzEttkxdXo : bTlwQy5NSVIuazY=[27] 報告
こううニッポンを駄目にする狙いを感じさせるNPO団体の設立は、安部総理がよく口にする、あの最悪の民主党政権時代に設立されたのでと疑っています。

若しくは、現在は社民党になり消滅寸前に落ちぶれた社会党の村山総理の時代かもですかね。

どちらにしろ、これはほっといちゃ自民党のイメージの悪化に繋がるのではと、懸念しております。

3. 2019年6月25日 13:24:30 : saq78LwfeI : dHlKcHNQVXpHT1k=[28] 報告
引きこもりや若者の自殺
全ては親の責任であり、教育側の責任でもあると思います。

日本の教育で最も欠けてしまっていること。
逃げてもよく、逃げたものを一時的に保護する仕組みがない

政府の役人 官僚 議員は逃げ回ってばかりなのですけれど(笑)

家庭や学校 クラブ活動でも
幼い頃から「逃げるのは良くないこと」と叱られた経験は幾度と
無く経験しているはず。

男なら、この学校を出たならこうあるべきこうならなければならない
お父さんお母さんがこの職業なら最低でもこの職業じゃなきゃね〜
と私も言われ続けてきた。それはものすごく当時「酷」だった。
皆さんも同じような経験はされているだろう。
私はトットと海外へ出て自由奔放 人は人 自分は自分 親は親
子供は子供ときっちりと分けて生活をしてきた
親の介護だって親は親なので、自分のお金でしてを貫いている。
イギリスは親も絶体に子供とは住まないし、世話も拒否する。
親の威厳でもある。

そこに介入しすぎると、もし子供がせっかく入った会社を辞めたいと
言ったとしよう、親はもったいないじゃないか親に泥をとか言いかね
ない、子供にしてみれば「逃げ場がなくなってしまい」孤立してしまう。

親や周りの支援者が1年だったらご飯食べさせてあげるから辞めて
きなよと言えば、会話もできまた旅立つ準備もできようと言うものでは
ないか?
親も子離れができないがゆえ、くだらない周りへの体裁と目ばかりを
気にして大事なものを失っている。

親は親 子は子でいい 逃げたければ逃げかえってきても保護してあげる
そういった言葉を交わせるような環境を作ってあげなければ、
引きこもりや若者の自殺と言った悲しい問題は解決しないし、悪化して
いけばさらに凄惨な事件にまで発展してしまう。
うちは鉄砲玉のように飛び出たら何処へ飛んで行ったかわからないがたまに
海外からメールをよこすそして安心する。いつでも帰る巣は用意はしてある
のだが…帰ってくる気配はない。
子供なんて知らないうちにバサバサといつの間にか巣立ってしまう。
兄弟でも遅いか早いかその差にしか過ぎない。

海外では常に、精神的弱者に対して常に声を掛ける取り組みをしている
スクールも多い。
機関や企業の中でそういった問題に直面してきた元幹部がフィールドバック
してサポートもしている。

まずは子供の精神的な逃げ場を作ってあげること逃げてもいいんだと
教えてあげることが引きこもりを失くすのではないか?
スタートは何処からでも言葉は悪いが「割れ鍋に綴じ蓋」かならずその人に
あった働き口はあるそういった自立する機会を見守ることも親の役割では
ないだろうか。
親と子は全く別の人格を持ち、人生を歩んでいくのだから。
日本人の親は子供に干渉しすぎる、
インドゾウは構いすぎると調教師を踏み殺してしまうのだそうだ、それに
非常に似ている。

▲上へ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評15掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
マスコミ・電通批評15掲示板  
次へ