★阿修羅♪ > 医療崩壊5 > 416.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
破滅的トラブルは5年後に襲ってくる!「インプラント手術」にご用心 ヘタなのにやりたがる…(週刊現代)
http://www.asyura2.com/16/iryo5/msg/416.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 04 日 17:33:41: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


破滅的トラブルは5年後に襲ってくる!「インプラント手術」にご用心 ヘタなのにやりたがる…
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50356
2016.12.03 週刊現代



■ヘタなのにやりたがる理由

インプラントのスペシャリストとして知られる、おざわ歯科医院の小澤俊文院長が語る。

「僕は30年以上歯科医をやっていますが、それでもインプラントの手術は難しいと感じ続けています。安易にやる手術ではありません。インプラント手術は、術後5年くらいは何ともないことも多いので、若い歯科医は『自分は手術が上手い』と勘違いしがちです。

ところがインプラントの問題は術後5年目以降に出てくることが多い。手術や治療計画などに問題がある場合、5〜10年が経つと、インプラント周囲炎(歯茎が腫れ出血する症状)や、アバットメント(人工歯を支えるネジの一部)が折れるなど様々な口腔内トラブルが出てきます」

虫歯や歯肉炎などにより失った歯を補うための治療法として近年、急速な広がりをみせる「インプラント」。

インプラントとは、外科手術により、顎の骨にチタンでできたボルト状の「人工歯根」(歯の根っこ)を埋め込む治療法だ。インプラントを入れる部位に麻酔をかけ、歯茎の粘膜から骨を剥がし、ドリルで骨に穴を開けインプラントをねじ込んでいく。インプラントが正しく骨に固定されたら剥がした粘膜を戻し、歯茎を縫い合わせる。6〜8週間で人工歯根と骨が結合するので、それを土台として、その上にセラミックの人工歯を装着する。

インプラントのメリットは「差し歯と比べ、顎の骨にしっかり固定するので違和感がなく噛むことができる」、「見た目が美しい」、「入れ歯と違い、毎日取り外して掃除する必要がない」などが挙げられる。

しかもインプラントは一度つければ「一生モノ」とも言われており、画期的な治療法として、多くの歯科医がインプラント手術をすすめている。

ところが現実は、そのインプラント治療によりトラブルが続出しているというのだ。

歯学博士であり、稲毛エルム歯科クリニックの院長・長尾周格氏が語る。

「正しく処置されたインプラントの寿命は40年以上とも言われており、ほぼ一生もちます。しかし、実際には適切に処置されているインプラントは『ほとんど無い』というのが実情です。その証拠に、歯科治療に関するトラブルの大半が、このインプラント治療に関するものなのです。

具体的なトラブルとしては、義歯部分が取れた、欠けたといった軽微なものから、痛くて食べ物が噛めない、顎の骨の神経を損傷して知覚が麻痺したなど多岐にわたります」

インプラント手術により死亡事故も発生している。'07年には東京都中央区の歯科医院で、インプラント手術で70代の女性患者が窒息死。歯科医が下顎にドリルを挿入した際に動脈を損傷し、大量出血を起こしたことが原因だった。

さらに「オール・オン・4」と呼ばれる、片顎12本分の歯をすべて抜いて、4本のフィクスチャー(人工歯根)で人工歯を支えるインプラント治療を受けた50代の女性は、術後、肩や首に痺れが出たという。大学病院でレントゲンを撮ったところ、フィクスチャーが上顎を突き抜け、副鼻腔にまで侵食していたことが明らかになった。この女性は200万円以上の治療費(インプラントは自由診療のため1本20万円以上かかる)を払ったにもかかわらず、結局数十万円の実費を払ってインプラントを除去した。

前出の小澤氏や長尾氏は「インプラントは適切に行えば非常に優れた治療法」と語るが、なぜこれほど多くのトラブルが起こっているのか。長尾氏が語る。

            


「簡単にいうと個々の歯科医の『技術の差』です。

口腔外科の治療は難易度が高く、適切なトレーニングや、噛み合わせを整える矯正治療の技術も必要になります。

ところが実際は、自由診療を増やしたいために、技術的に未熟であるにもかかわらず、安易にインプラント治療が行われている」

東京医科歯科大学歯学部附属病院・インプラント外来科長の春日井昇平氏も続ける。

「今でこそ大学でインプラントについて教育するようになりましたが、それまでは皆独学で治療を行っていました。今でも業者の講習会に出ただけで分かった気になって、インプラント治療をやっている歯科医もいます。

歯科医の資格さえあれば専門医でなくてもできる。こうした危険な歯科医を止める術がないのが現状なんです。だから患者さん自身が、知識を身に付け、慎重に見極めるしかない」


■高血圧の人は特に危ない

ことに女性の場合は、見た目の美しさを求めるため、リスクがあろうともインプラントを選択する人も少なくない。

だが若い人以上に「今、高齢者のインプラントが大きな問題となっている」と危惧するのは、前出の春日井氏だ。

「インプラントを維持するには、適切なメンテナンスが必要です。手入れができていないとインプラント周囲炎になる可能性が高い。ところが高齢者の場合、寝たきりや要介護になるなど、自分で手入れができない状況になる可能性があります。そうなった場合、介護スタッフや介護施設職員の方がケアに当たらなければならなくなりますが、インプラントのケアの仕方がちゃんとわかっている人は決して多くない。

そのため、私はできるだけネジで止めるようなスクリュータイプのインプラントをすすめています。通常のインプラントのほうが見栄えは綺麗ですが、ネジ型なら脱着が可能なので手入れもしやすく、歯茎のコントロールができますから」

年齢を重ねるごとに歯は摩耗していく。本来の自分の歯であれば、上の歯が擦り減ったら、下の歯も同じように減るので、噛みあわせが狂うこともない。だが、自分の歯とインプラントが混在しているとそうはいかない。バランスが悪くなって、できた隙間から歯周病などの感染症にかかる危険性も高くなる。

感染症を防ぐためにも、定期的なメンテナンスはかかせない。ところが一部のクリニックでは、メンテナンスではたいした儲けにならないため、「(インプラントを)入れたら入れっぱなし」という歯科医も少なくない。

もう一つ、60歳を過ぎたら注意すべきなのが「既往症」の問題だ。

「60代以上になると、高血圧や糖尿など、何かしらの病気に罹っている人は多いですよね。高血圧の人にインプラント手術をすると、麻酔や手術の影響で血圧が急激に上下し、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。糖尿病の場合は、細菌の侵入に対して抵抗力が弱くなるので、特に感染症に注意しなくてはならない。高脂血症のため血液をサラサラにする抗血栓薬を飲んでいたら、手術のやり方を変えなくてはならないときもあります。

また骨粗鬆症の治療薬である『ビスフォスフォネート』は顎骨壊死の副作用があるので、インプラントとの相性がよくない。こうした既往症や服薬をよく確かめずに治療しようとする歯科医には要注意です」(前出の春日井氏)

抜いた歯は二度と元には戻らない—インプラントは「手術」であることを忘れずに、少しでも不安があればセカンドオピニオンをとるなどして、慎重に決断してほしい。


■歯医者は患者のせいにする

「私の家系は、元々歯があまり丈夫ではないので、長年、歯医者に通って虫歯治療をしてきました。

ところがある日、歯医者で調べたところ、数年前に銀歯(クラウン)を被せた歯の奥で虫歯が進行していたのです。

先生からは『これは神経を抜くしかないですね』と言われました。神経を抜いた歯の寿命は短くなり、やがて歯は抜け落ちることになります。

今までの治療は何だったのか、歯を失うために治療に通っていたのかと思うと、なんだか悲しいやら、情けないやらで……。『こんなことなら治療をしないほうがマシだったのでは』とすら思っています」(60代の女性)

真面目に歯医者に通い続けた結果、歯を失い、後悔している人は後を絶たない。稲毛エルム歯科クリニックの院長・長尾周格氏が解説する。

             

「歯医者は自分の処置の悪さを全部患者のせいにする魔法の言葉を持っています。それが『ちゃんと歯磨きしていないから』です。しかし、実は、歯磨きでは虫歯も歯周病も予防できないのです。

唾液に含まれる『炭酸水素イオン』が口の中でできる酸を中和し、カルシウム分が再石灰化することで、歯は修復されます。つまり唾液が歯に触れることが重要なのです。ところが銀歯を被せることで、歯に唾液が触れないとそれが働かなくなる。結果、ますます虫歯が広がることにもなります」

基本的に、歯は削れば削るほど弱くなる。にもかかわらず、とにかく日本の歯医者が歯を削りたがるのはなぜか。

「予防のために『健康な歯も大きく削り、銀歯を詰めてしまおう』というのが歯医者の言い分ですが、日本の保険制度は、削って銀歯を詰めないと保険点数が請求できない。少しの虫歯であっても、歯を削らないと、歯医者は儲からないのです。

しかし、それが逆に虫歯を生む原因となっています。基本的に患者は治療中の歯の様子を見ることができない、そのため歯医者がどれだけ歯を削っているのかも分かりません。それをいいことに、健康な歯も一緒に削る歯医者があまりに多い」(前出の長尾氏)


■歯を失った患者は「金ヅル」

虫歯や歯周病で歯を失った時の治療法として挙げられるのが「ブリッジ」だ。ブリッジとは、欠損した歯を埋めるため、連結した義歯を上から嵌める治療法である。保険適用内なら奥歯であれば1万円以下と負担は少ない。が、ここにも「落とし穴」が潜んでいる。

ウエストデンタルクリニックの大神京子院長はこう指摘する。

「ブリッジを被せるためには、失った歯の隣の歯を大きく削る必要があります。本来なら削らなくてもいい歯を削ることになるので、当然歯の寿命は縮まります。将来的には抜かなければならない可能性も出てくる」

かえって歯の寿命が縮まってはたまらない。山形屋歯科坂上医院の坂上俊保院長が続ける。

「保険適用内で最大限、治療を行うようにしていますが、それだけでは限界もあります。保険適用の金銀パラジウム合金(銀歯)で製作したブリッジは、歯とブリッジの境目の適合性があまりよくない。そのため隙間から菌が入り虫歯や歯周病になることも多々ある。

個人的には、自由診療になるので費用はかかりますが、セラミック製のブリッジを作ったほうが長い目で見ればいいと思います。自分に合ったブリッジを作れば、20年、30年と使い続けることができるので、後々悪化するより、経済的にも精神的にも負担が少なくて済むと思います」

セラミック製のブリッジの場合、一歯あたりおよそ8万円〜15万円の費用がかかる。

健康な歯を削るブリッジではなく、「部分入れ歯」にするという選択肢もある。部分入れ歯の場合、型取りをすれば数日で受け取ることができるので、通院日数も少なくて済む。

しかし、前出の坂上氏によれば「入れ歯が合っていないため痛い、(入れ歯が)動くので上手く噛めないといった悩みを抱える患者も多い」という。

「保険適用の入れ歯は、材料も術式も決められています。そのため患者さんが納得できる入れ歯を作ることはなかなか難しい。かといって自費となると患者さんの負担になりますから、そこはよく患者さんと相談して、ご自身で決断してもらうようにしています。

あとはやはり掃除の問題ですね。保険内の部分入れ歯は残っている健康な歯にバネを引っ掛けて固定しますが、そのバネの内側と歯の両方を、毎日綺麗に掃除しなければなりません。そうしないと入れ歯を装着した際に歯カスが付いてしまい、そこに虫歯が発生する。

しかも、バネがかかっている歯は引っ張られるため、グラつき、結局は元々健康だった歯を抜かなくてはならなくなってしまう悪循環に陥る場合もあります」

さらに虫歯だけでなく、噛み合わせの問題もでてくる。60歳を過ぎてからも、噛み合わせが悪いまま放っておくと「認知症」が進行する危険性もある。自分に合った入れ歯を作ることが、いかに重要か分かるだろう。

では「差し歯」の場合はどうか。

おざわ歯科医院の小澤俊文院長が語る。

「差し歯は長年経過すると『負担がかかった歯根が割れる』というデメリットがある。歯根が割れると、再び差し歯を付けることもできず、歯を失ってしまうことになる」

だが皮肉なことに、患者が歯を失えば、歯科医はさらに儲かる仕組みが出来上がっている。

「ブリッジや入れ歯の土台になる歯がダメになれば、歯医者は『ああ、これはインプラントにしたほうがいいね』とすすめてきます。先にも述べましたがインプラントは一番利益率がいいですから。悪徳歯医者にとって患者が歯を失うことはある意味で、願ったり叶ったりなんです」(前出の長尾氏)

医者選びを間違うと、歯を失った挙げ句に「金ヅル」にされてしまう。では信頼できる歯医者を見つけるためには、どうすればいいのか。次章ではその具体的な方法を紹介する。


『週刊現代』2016年11月5日号より



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年12月05日 01:22:51 : ufpASGH0Ss : 9z1RLA7eXYU[4]
歯科医に対する名誉毀損記事。
ここの2人の歯科医師は、自画自賛の大馬鹿者。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊5掲示板  
次へ