★阿修羅♪ > 医療崩壊5 > 478.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米130万人調査で判明 女医にかかる方が死亡率低い不思議(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/iryo5/msg/478.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 17 日 01:39:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

           


米130万人調査で判明 女医にかかる方が死亡率低い不思議
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/197573
2017年1月15日 日刊ゲンダイ

  
   この人は女医を演じる女優…(C)日刊ゲンダイ

 女医の方がウデがいい――。昨年12月、「女医が担当した入院患者は、男性医師が担当するよりも死亡率が低い」という驚きの調査結果が米国で発表された。「ハーバード公衆衛生大学院」の研究員・津川友介氏が論文として発表した。

 調査は、肺炎や心疾患などで内科に入院した米国の65歳以上の高齢者130万人が対象。入院してから30日以内の死亡率は、女医の担当患者では11.1%、男性医師は11.5%で女医が0.4ポイント低い。また、退院してから30日以内に再び入院する再入院率も、女医が15.0%、男性医師が15.6%だった。この差は偶然や誤差では説明がつかない“有意差”だとしている。

 医学博士の米山公啓氏はこう言う。

「調査はサンプル数も多く、信憑性は高いと思います。死亡率が0.4ポイント低いというのは決して小さくない差です。個人的には、女医の方が、科学的、論理的な思考で、男性の医者は直感的という印象があります。その違いが死亡率の差に表れているのでしょうか。ただ、なぜ女医の方が死亡率が低いのか、今回の調査だけでは、要因の特定は難しいでしょう」

 患者が接しやすいからか、女医は病状の把握がうまいのかもしれない。入院する時は、ぜひ女医にかかりたくなる結果だが、日本では女医はまだ圧倒的に少ない。医学部の男女比は1:1に近づきつつあるが、女医の割合はわずか2割。せっかく医学部を出ても、医者として働く女性は少ない。だからか、医療現場に“残っている”女医は、腕がいい可能性が高いらしい。

「医学部卒業後、女医になっても、結婚、出産、子育てで離職することもあるうえ、医者の世界はまだまだ男社会のため、女性ということでいじめられたり、男性中心の流儀についていけないケースも多い。それに、患者の方にも“女医は頼りない”という偏見があって、男性の医者にかかりたがる人も少なくありません。2割の女医はそうした境遇に打ち勝ってきた方です。ですから、女医と接していて、“精神的な強さ”を感じることはこれまでもありました。今回の調査結果で、医療技術も男性より上ということになりますね」(米山公啓氏)

 もっと女医が増えてほしい。











 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊5掲示板  
次へ