★阿修羅♪ > 医療崩壊5 > 603.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
末期高齢者に延命効果なし 抗がん剤治療、ガイドライン作成へ(SankeiBiz)
http://www.asyura2.com/16/iryo5/msg/603.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 28 日 10:31:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

末期高齢者に延命効果なし 抗がん剤治療、ガイドライン作成へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000005-fsi-bus_all
SankeiBiz 4/27(木) 8:15配信


 政府と国立がん研究センターが、高齢のがん患者への抗がん剤治療は延命効果がない可能性が高いとする調査結果をまとめたことが27日、分かった。厚生労働省は結果を踏まえ、年齢や症状別のがんの標準治療の提供に向けたガイドラインを作成する方針。患者の年齢や容体に見合った費用対効果の高い治療法を推進し、患者のQOL(生活の質)向上や、拡大する社会保障費の抑制につなげる。

 調査は国立がん研究センターと厚労省、経済産業省が主体となり、2007年から08年までに同センター中央病院を受診した70歳以上のがん患者約1500人を対象に実施。患者をがんの種類別に分類し、抗がん剤による治療を中心に行った場合と、体や精神の痛みを和らげる「緩和ケア」に重点を置いた場合との生存期間を比較した。

 その結果、主に肺がん、大腸がん、乳がんを患った末期(ステージ4)の高齢患者については、抗がん剤治療の有無にかかわらず生存率は同程度だった。

 肺がんの患者を比較した場合では、受診後の生存期間が0〜20カ月は抗がん剤治療を受けた患者の方が多かったが、40カ月以上存命したのは抗がん剤治療を受けなかった患者だけだった。75歳以上では10カ月以上生存した割合は抗がん剤治療を受けなかった患者の方が多く、生存期間も長かった。また、胃がん、肝がんについては、高齢の患者数が少なかったため、評価結果の公表を見送った。

 日本では、がん治療実績の情報開示などが進まず、高額な抗がん剤治療が、費用に見合った延命効果があるかを検証するデータはなかった。政府は、この調査結果を基に、年齢や症状ごとに適切な治療を行うための診療プログラムの作成などを進める。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年4月30日 21:34:09 : kXagzuKQ5k : vp4Mcz4BeFA[2]
高齢者に限らないんじゃ無いのかな?
抗ガン剤というのは猛毒でしょ? 手に付いただけでも火傷のように皮膚がただれると言うし・・
 癌医療は詐欺ショップじゃないのかな〜?
https://web.archive.org/web/20110726112922/http://hon42.com:80/iryou/che2.php


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊5掲示板  
次へ