★阿修羅♪ > 医療崩壊5 > 674.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「生かし続けるのはかわいそう」終末期医療で進む「自然な看取り」の実情〈AERA〉
http://www.asyura2.com/16/iryo5/msg/674.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 11 月 14 日 08:39:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「生かし続けるのはかわいそう」終末期医療で進む「自然な看取り」の実情
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171113-00000067-sasahi-soci
AERA 2017年11月20日号より抜粋



芦花ホームの食堂に入居者が集まってきた。石飛幸三さんが終末期医療への問題を問うた『「平穏死」のすすめ』はベストセラーになった(撮影/編集部・澤田晃宏)


 高齢化に伴う「多死社会」を迎え、終末期医療に関する議論が活発化している。自らの意思を明らかにしたい。自然に逝きたい。体制整備が始まっている。

 東京都世田谷区にある特別養護老人ホーム「芦花ホーム」に足を運んだ。入所者の平均年齢は約90歳。9割は認知症。入所者約100人のうち、1年間で3〜4割はホームで亡くなるか、病院に運ばれる。

 常勤配置医の石飛(いしとび)幸三さん(82)は2005年に初めてホームを訪れ、胃ろうや経鼻胃管から経管栄養を受ける16人の姿にショックを受けた。一日でも長く生きてほしい。家族の思いは理解できる。ただ、寝たきりで寝返りも打てず、ほとんど話すこともできない。管につながれ自分の現状すら認識できない状態は、彼らの本意なのか。

 着任して間もない頃、考えを変えるきっかけになった夫婦に出会った。認知症の80代の妻が誤嚥性(ごえんせい)肺炎になり、提携先の病院に入院した。「胃ろうをつけるしかない」と話す病院の医師に向かって8歳年下の夫は、

「自分のこともわからなくなった女房を胃ろうで生かし続けるなんて、かわいそうでできない」

 医師は「餓死させることになる。保護責任が問われる」と迫ったが、夫は頑として聞かなかった。石飛さんが「責任はとる」とホームへ連れ帰った。

 ホームに戻ってからは、夫が自ら食事の介助をした。朝は無理に起こさない。食べ物を欲しがらなければ、無理に食べさせない。1年半後、ついに何も食べなくなった。眠る時間が長くなり、ホームで最期を迎えた。

 石飛さんは言う。

「食べないから死ぬのではなく、死ぬのだから食べない。それが本当に本人を尊重すること。食わなきゃ自然の麻酔がかかって気持ちよく眠る。死ぬことは怖くない。俺たちはいつまでも生きやしない。自然の掟(おきて)に従わないといけない」

 それ以降、自然な看取(みと)りを目指すようになった。すべての入所者に意思確認書の記入も求めた。救急等で病院に運ばれる際、適切な対応をとるためだ。例えば「老衰で最期を迎える事態になったと思われる時」という問いには、次の三つの選択肢を用意している。1.苦痛なく自然に最期を迎えることを第一と考える。2.できるだけ医療措置を受けて、一日でも長く生きていることを望む。3.どちらとも言えない、だ。

 もっとも、こうした取り組みは多くの医療や介護施設だけではなく、国も推進している。

 06年に富山県の射水(いみず)市民病院で発覚した人工呼吸器取り外し事件で終末期医療の議論が活発化し、厚生労働省は07年に終末期医療のガイドラインを策定した。患者と患者家族、そして医療者を含めた十分な話し合いの上で、患者本人の意思決定を基本に、その内容を文書にまとめるなどして、終末期医療を進めることが重要だとした。16年度からはこの内容を周知する目的で、医療関係者への研修事業も行っている。

 国民、医療関係者ら約2万人を対象とした厚労省の調査では、終末期の医療に対する意思表示を書面であらかじめ作成することに約7割は賛成しているが、実際に行っている人は3%に過ぎない。(編集部・澤田晃宏)



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年11月14日 18:24:18 : zYQhP04yNA : iufaC7RN9d0[87]

 終末医療は 基本的には モルヒネで 痛みを散らすことだろうけど

 その痛みに 耐えかねるようだったら 自分で 死ぬ権利を与えるべきだ

 ===

 人間は 基本的には 病気であろうと 健康であろうと 老衰の形にするのが

 望ましい

 ===

 老衰の定義は   水が飲めなくなる 食事がとれなくなる ということで

 体が 干からびることをいう この場合 「脳内モルヒネ」によって

 痛みを感じなくする仕組みが 動物には 備わっていると 言われている

 ===

 現代医療は その老衰を妨げる医療が 行われている 

 つまり 血管注射によって 水分と栄養素を 流し込むので 老衰にならず

 苦しみながら 死ぬことになるのだ
 
 ===

 痛みを感じる病気は 癌によるものが 多いだろう この場合は 

 やはり 塩化カリウムを 自分で 注射する 自由があっても よさそうだ〜〜
 
  

 


2. 2017年11月14日 18:35:41 : zYQhP04yNA : iufaC7RN9d0[88]

 愛の母親は 肝臓がんで死んだのだが 母は 病院で死にたくない 家で死にたいといって

 大病院には行かなかった 

 ===

 そして 自分が 死ぬことはわかっていたのだろうが 周りの者に

 痛いというのは 一切言わなかった 多少は 痛かったのだろうが 

 家で死ぬために 我慢したのではないだろうか?

 ===

 そして 食べ物を口にできなくなり 水も飲めなくなり 昏睡状態になって

 いよいよ 死ぬ時がきたのだ 

 愛が 駆けつけたとき 母は ただ単に 寝ていた 特に 苦しそうな顔もしていなかったが

 かかりつけの先生が来て もう少しですねって 言って 

 何もしなかった 半日して 母は 旅立っていった

 ===

 家で 死ねた 母は 満足だったかもしれない 家族に 見送られて 幸せだと思う

 愛の 父は 大きな病院で 意識不明で死んだのだが その時は 家族は 

 だれも いなかった 集中治療室で たった一人で 旅立たなければならなかったのだ 
 


3. 2017年11月14日 18:47:47 : zYQhP04yNA : iufaC7RN9d0[89]

 愛の 父が亡くなったのは 多臓器不全だと思うのだが 死んだあと

 病院で 肺が真っ黒だといわれた 父は ヘビースモーカーだったので

 肺が 弱って それが 体全体を 弱めたのであろう

 ===

 父の様態が 急に悪くなれば 慌てて 救急車を呼んでしまうのが 世の常だろうが

 もう 年老いた 父や母の場合 天命だと思って 救急車を呼ばないのも

 一つの 選択枝だと 今では 思う 

 ===

 そんな場合 かかりつけの医者があれば 往診をお願いして 家庭で

 応急手当をしてもらうのも ありだ
 
 ===

 美しく死ぬのは 難しいが 病院で死ぬよりも 家で死ぬ方が 納得できる

 小林麻央が 最後に 死に場所として選んだのも 家だった
 


4. 2017年11月14日 20:44:10 : DcYRyD2WFQ : yg9aozpnhaE[112]
どういうやり方が人道的であるか、軽々しくいえない。
誤えん性肺炎は、肺炎が治まるまで 点滴と投薬を続け絶食させる。なので、患者はしきりに食べたがるが、餓死を強要する、のに近い様相の死に方になることもある。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊5掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊5掲示板  
次へ