★阿修羅♪ > 国際13 > 214.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ワクチン問題をとりあげた映画「VAXXED」、圧力で中止・デ・ニーロは人口削減組織と関係していた
http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/214.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2016 年 4 月 02 日 11:41:06: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 


昨日から、「反ワクチン」グループの間で沸騰しているのがこのニュース。赤字、強調山本。

「反ワクチン」映画、米映画祭から取り下げに デ・ニーロ氏発表


AFP=時事 3月28日(月)10時43分配信



ワクチンと自閉症との関連性を主張した英国の医学研究者によるドキュメンタリー作品が、米ニューヨーク(New York)で来月開催される「トライベッカ映画祭(Tribeca Film Festival)」から出品を取り下げられたと、同イベントの創設者で俳優のロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro)氏が明らかにした。映画「Vaxxed: From Cover-UP to Catastrophe」をめぐっては、出品作品に含めたことで、信頼性の低い調査結果から生じたワクチン反対運動を映画祭が支持しているとみられるとして、批評家から抗議の声が上がっていた。


 自閉症の子どもがいるデ・ニーロ氏は声明を発表し、作品の上映は、同氏やその家族にとっては身近なこの問題を議論するきっかけを提供する意図が込めら れていたが、映画祭のスタッフや科学の専門家らと数日間検討した結果、同氏が期待していたような議論やそれ以上の成果に結びつくことはないとの結論に達し たと述べた。


 同映画の監督を務めたアンドルー・ウェークフィールド(Andrew Wakefield)氏は1998年、はしかとおたふく風邪、風疹の新3種混合(MMR)ワクチンと自閉症との間に関連性があるとする論文を発表。医療関 係者によれば、論文がきっかけでワクチン反対運動が起き、はしかのような予防可能な小児疾患が大流行して多くの死者が出たという。論文を調査した英医事委員会(GMC)は、ウェークフィールド氏が研究成果の発表において「不正」を行ったと結論付けた。また、英医学誌ランセット(The Lancet)も、一部が改ざんされていたとして同論文の掲載を撤回。ウェークフィールド氏はその後、英国での医療行為を禁じられた。【翻訳編集】 AFPBB News



 もろワクチン推進派からの攻撃、威嚇があり、それを受けて、デ・ニーロが屈服してしまったと思われます。でも、この映画がひどい攻撃を受けることも、中止に追い込まれることも予想できることでした。なぜか? 題名通り、「事実」を暴露していたからです・・・といっても、私もまだ見ていませんが、これまでの経緯を知っていれば判断できることです。


★まず、映画の題名は「ワクチンを受けたー隠蔽から大惨事へ」という意味ですが、それさえ和訳されていないことに注意−−これは、映画の中身を知らせまいとする意思のあらわれです。


 ★次に、世界中の母親たちに、ワクチンへの疑問を吹き込んだ人物として、医薬業界の憎しみと敵視を受け、医師免許さえ剥奪されたアンドリュー・ウェークフィールド氏が監督していること。医薬文献では彼の指摘の正しさを裏づける論文がすでに何十本も出ていますが、「無知」と「政治的理由」から、彼への批判はあいかわらずすさまじい。


 ★★決定的なのは、この映画は、米(=世界)のワクチン業界の「闇」を暴いたある人物の「証言」を軸にしていることです。それが証言後に身を隠したウィリアム・トンプソン氏。彼についてはここ→ワクチンで自閉症が増えることを、政府は知っていたをご覧下さい。記事には彼の名前さえ出ていません=名前さえ知られたくない、というわけですが、この映画のPR版は、その「証言」から始まっているのです。





いずれ、誰かが日本語訳をつけてくれると思いますが、いずれも非常に重要なところばかり。1分ごろからウェークフィールド氏が出てきます。そして、トンプソン氏の証言:


 「オー、マイガッド、私は自分たちがやったことを信じられない。でも、やってしまったのだ」

 「自分の経歴で最低だったのは、その文献にかかわったことだ(MMRワクチンと自閉症の関連を裏付けた研究のデータ隠滅。彼は密かに全文献とデータをコピーし、保存していた)」


 そして、「このままで行くと、2030年には二人に一人が自閉症になるだろう、これはまったく大惨事だ」という証言


 ・・・追加ニュースが入ってきていますが、とりあえずここまで。

 下に本ブログの「ワクチンと自閉症」関連の記事を抜き出しておきます。




 







ワクチンで自閉症が増えることを、政府は知っていた (2014/08/30)
ワクチン32回接種後、自閉症に (2014/10/04)
自閉症児を持つママへ (2014/10/07)
ワクチンと自閉症の関係、裁判所が認める(イタリア) (2015/02/14)
自閉症とワクチン、ミラノ地裁判決 (2015/02/15)
コメント(企業を守るアメリカのワクチン制度) (2015/02/17)
2016.3.29


ワクチン問題をとりあげた映画「VAXXED」、圧力で中止 WONDERFUL WORLD


**************************


前記事の続き。「VAXXED」上映中止は、日本ではこの↓ニュースで「けり」をつけたいようですが、問題はそんな単純じゃないもんね。

ロバート・デ・ニーロ、息子の自閉症を公表
2016-03-29 http://www.mtvjapan.com/news/cinema/26790
 俳優のロバート・デ・ニーロが、息子のエリオットさん(18)が自閉症であることを公表した。People.comによると、デ・ニーロが主催するトライベッカ映画祭にて、ワクチンと自閉症の関連性を描いたドキュメンタリー映画「Vaxxed」が上映されることが決定し、論争が巻き起こっていた。
 「グレースと僕には自閉症の子どもがおり、自閉症の原因にまつわる全ての問題はオープンに議論され、検証されるべきだと信じています」とデ・ニーロは文書を通じて明かした。
 「トライベッカ映画祭が創設されてからの15年間、僕は1度として作品の上映を依頼したり、編成に関与したりしたことはありません。しかしながら、この問題は僕と家族にとって非常に私的なもので、僕も議論に関わりたいと思い、「Vaxxed」を上映することにしました」
 だが、デ・ニーロはその後、映画祭関係者や専門家の意見を聞いて、「Vaxxed」が「自分が願っていたような議論に貢献することはない」と判断し、上映を取り止めたことを発表している。
デ・ニーロと妻で女優のグレース・ハイタワーの間には、エリオットさんの他にヘレン・グレースちゃんという4歳の娘がいる。デ・ニーロには前妻や元恋人との間に、他にも4人の子どもがいる。

 この記事は、おそらくLATimes他の記事を参考にしたものでしょうが、ちょっと変えてある。赤字「専門家」は、原文では scientific community、医学団体という意味です。当然、自閉症との関連が取りざたされているMMRワクチンメーカー、メルク社(HPVワクチン/ガーダシルの製造企業でもある)の圧力が疑われているのですが、デ・ニーロはそのクレーマーの名前を発表していません。VAXXEDのサイトにはこう書かれています。

 「…映画祭に関係する組織の人間たちが、映画のどこが悪いとの指摘もなくクレームをつけてきたが、私たちは反駁や見直しの余地も与えられず、適正な手続きも拒否された
 「私たちが目撃しているのは、言論の自由と「真実」が、企業(利益)の権力によって検閲されているという、もうひとつ事例だ。
 「トライベッカは、VAXXEDの「真実」を知りたいという世界のアクセスを拒否しようとしているが、それは失敗するだろう」


 全米のメディアは、この問題が明らかになると、一斉にVAXXEDを責め(まだ公開もされていないのに)、監督のウェークフィールド氏を責め、これを上映しようとしていたデ・ニーロを責めてトライベッカ映画祭の理事を辞任するよう圧力をかけているようです。
 メディアが企業擁護に回り、「事実」をカバーアップするのは、グローバルNWOの時代は避けがたいことですが、これがかえって、「検閲劇」の裏の驚くべき事実を明るみに出すことになっています。

トライベッカとスローン財団

 実はトライベッカ映画祭の設立にはスローン財団が深く関与していたのです。
 スローン財団、日本語Wikiには善意にあふれた慈善団体という表の顔が書かれています。

 アルフレッド・P・スローン財団はアメリカニューヨークに事務所を持つ慈善事業を行う非営利組織。1934年、ゼネラル・モーターズの社長兼CEOだったアルフレッド・P・スローンによって設立された。財団の主な活動内容は公益性の高い様々な種類の活動・プロジェクトに対して、資金援助を行っていくこと。 ウィキペディア

 しかし、初代スローンは、ナチの協力者にして人種差別主義者、優秀な人種だけを残すべきと主張する優生主義者だったのです。しかも、ワクチンメーカー、メルク社と金銭的なつながりもあった(やっぱり!)。あるサイトには、すさまじいことが書いてありました。

 「・・・スローンはナチの協力者であり、ヒトラーの熱心な賛美者だった。彼の黒人に対する憎しみは、ユダヤ人に対するのと同じように強かった。また、優生学の運動と密接にかかわっており、それが最終的にはヒトゲノムプロジェクトに結実している。スローン財団はロックフェラー財団とともに、WHOとともになぞの新ワクチンを導入するなど、長期にわたって人口削減に関して利益を得てきた。WHOもアジェンダ21に書かれた人口削減方針を明確に打ち出している。
 この怪しげな企業体は、フィリピン、ニカラグア、メキシコで、比較的まれな病気である破傷風のワクチンを大量に接種しまくった。WHOが推進したこの破傷風ワクチンには、hCGが含まれていることが発見された。hCGは、破傷風毒素と結合し、ヒト絨毛性ゴナドトロピンに対する抗体の生成を刺激するため、女性は妊娠を持続できなくなり、i意図しない流産を引き起こすことがある。ヘルスケアの名の下で、人口コントロールが行われているのだ」
 「スローン財団はメルク社の株のうち、24,000〜53,000株を所有している。同社の社長ジョージ・メルクはアメリカ生物兵器産業の指導者であり、同社のC型肝炎ワクチンとポリオワクチンからエイズが伝染したのではないかと疑われている・・・

 http://anngwyn.wisrville.org/2014/09/30/contagion/

 上の記事で、アジア、南米への「不妊ワクチン」は大きな問題になり(日本には伝わっていません)、たしか訴訟にもなっているはず。人口削減はNWO派の狙いのひとつですが、こういう事実を隠すために「陰謀論」という言が使われているのです。

 さらにゾクっとするのは、現在のスローン財団の理事長であるポール・ジョスコーは、悪名高いグローバリストの集まりであるCFR(外王問題評議会、名誉会長:デビッド・ロックフェラー)の中心人物の一人であるということ。もちろん、メルクもGSK社もCFRのメンバー(三井、三菱重工、伊藤忠、などいくつかの日本企業もメンバー、しかも政府系金融機関であるJBICも・・・何、これ?)。

 従って、彼らが演出した「トライベッカ映画祭」そのものが、なんらかの戦略目的をもって設立されたとしか思えません。デ・ニーロがどうしてそこに名を連ねたのか知りませんが、あるいは、ハリウッド・セレブの間に広がる「陰謀論」に対して、「見せしめ」にされたような気もします。すべてを奪われたウェークフィールド氏、すべてを捨てたトンプソン氏と違って、失いたくないものが多い彼は狙いやすかったはず。2016.3.31


デ・ニーロは人口削減組織と関係していた WONDERFUL WORLD


**********引用ここまで**********


期待される主目的をはるかに凌駕するような副反応が問題になっている子宮頚癌ワクチン禍をみても、ワクチンの有用性が疑われるのは紛れもない事実ではないでしょうか。 下記のワクチン関連記事や本記事からも、ワクチンが自閉症の発症を増加させる危険性のみならず、将来様々な発病リスクの膨張を背負うのも明瞭なのではないのでしょうか。


ワクチンの中に、白血病やガンのウィルスを入れないで下さい!(抜粋)←グローバル製薬企業による殺人をも含めた世界的犯罪行為


ワクチンの衝撃的真実-水銀・MSG・ホルムアルデヒド・アルミニウム youtube


Johnson & Johnson社の製品に発癌物質が! と ワクチンのイングリーディエンツ と TPP


ジカウィルスではなくビル・ゲイツのワクチンが小頭症の原因?



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際13掲示板  
次へ