★阿修羅♪ > 国際13 > 519.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アジアの安全保障問題解決の「最大の鍵」をつかむ:アジア信頼醸成措置会議(CICA)外相会議
http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/519.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 4 月 28 日 04:06:18: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 


アジアの安全保障問題解決の「最大の鍵」をつかむ
人民網日本語版 2016年04月27日15:11

アジア信頼醸成措置会議(CICA)の第5回外相会議が27、28日に北京で開催され、中国の習近平国家主席が開幕式で演説する。今回の会議は「対話により安全保障を促進」をテーマに、今後2年間のCICA協力の計画を立て、CICA発展のトップレベルデザインを一層強化する重要な会議だ。(人民日報「鐘声」国際論評)

2014年5月に中国はCICA議長国に初めて就任し、上海首脳会議の開催に成功すると共に、共通、総合、協調、持続可能というアジア安全保障観の確立を最初に打ち出した。中国側はCICA議長国就任後の2年間、上海首脳会議での合意を各国が共に実行するよう推し進め、CICAの能力開発はこの過程で強化され続け、CICAの国際的影響力も日増しに拡大した。各加盟国が中国の議長国任期を2018年まで延長することに一致して同意したことは、議長国としての中国側の取り組みが認められていることを十分に反映している。

アジアが世界経済成長の重要な原動力となって以来、国際社会はアジアの安全保障の展望に強く注目し続けている。今日のアジアは平和、発展、協力、ウィンウィンが常に地域情勢の主流であり、協議と交渉を通じて溝や紛争を解決することが域内国の主要な政策方針でもある。アジアの安全保障協力が困難を乗り越えて進み、様々な協力メカニズムも活発さを増していることを人々は見ている。だが同時に、歴史の残した問題、現実的利益の摩擦、領土権益紛争、地政学的角逐が依然アジア全体の安全保障構造に影響を与えている。ここしばらくの間、他国の脅威を故意に誇張することで軍事同盟を強化している域外国がある。侵略の歴史を反省しないだけでなく、平和の「束縛」を段階的に突破している国がある。もめ事を引き起こし続け、後ろ盾があるので怖いものがないとばかりに、地域の安定を脅かしている国がある。経済・金融安全保障、エネルギー安全保障、食糧安全保障、サイバーセキュリティーなど非伝統的な安全保障上の試練も今日のアジアで度々顕在化している。経済面の融合が進んでいるのと比べ、アジア全体の安全保障体制構築は依然明らかに後れている。

こうした時代背景の下、中国がCICA上海首脳会議で打ち出したアジア安全保障観は、地域安全保障協力の骨格構築の方向性を指し示すうえで、その意義を一層強めている。アジア安全保障観はアジアの知恵に根差し、アジアの必要性に合致しており、共に構築し、共有するウィンウィンのアジア安全保障の道をアジア各国が共に歩み出す助けとなる。共通の安全保障を追求して初めて、アジア各国の利益が融合し、安危を共にするという新たな現実に追いつくことができる。総合安全保障を追求して初めて、安全保障問題の内包と外延を拡大し続ける中で有効な安全保障ガバナンスを提供することができる。協調的安全保障を追求して初めて、紛争を平和的方法で解決し、各国の相互信頼を強化し続けることができる。持続可能な安全保障を追求して初めて、安全保障問題解決の「最大の鍵」をつかんで、安全保障上の試練を有効に取り除き、長期的な安定・平和を実現することができる。

CICAはアジアで最も広範で、参加国が最多で、代表性が最も強い地域安全保障フォーラムだ。アジア地域の安全保障協力の必要性が高い今日、CICAには広大な行動の余地がある。中国は各国と共に、引き続きアジア安全保障観を実行し、CICAの発展を力強く支持し、アジア地域の安全保障協力のたゆまぬ前進を促す。(編集NA)

「人民網日本語版」2016年4月27日

http://j.people.com.cn/n3/2016/0427/c94474-9050451.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際13掲示板  
次へ