★阿修羅♪ > 国際13 > 576.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
オーストリア極右政党の行方:大統領選で本流が敗れ“極右”と環境保護派の決選投票に
http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/576.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 5 月 02 日 03:51:29: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 


オーストリア極右政党の行方[FT]
ヨーロッパ・エディター トニー・バーバー

 ナチスを毛嫌いしたオーストリアの著名作家ヨーゼフ・ロートなら、4月24日の大統領選挙で極右の自由党のホーファー氏が36%を超す得票率で首位になったのをどう見るだろう。大衆迎合的な極右政党が第2次大戦以降、国政選挙でこれだけの得票率を取ったことはなかった。

 躍進の理由は主に3つある。1つは同党がイスラム教徒の大量流入で、文化や雇用、福祉制度が脅かされていると訴えたことだ。昨年半ば以来、多くの移民や難民がオーストリアに押し寄せており、危機感を抱いた有権者の共感を誘った。

 2つ目は実体経済への懸念だ。低成長が続き、失業率も上昇しているが、教育制度などの改革は先送りされたままだ。

 3つ目は「プロポルツ」と呼ぶ政治・社会制度の弊害だ。雇用とポストを社会民主党と国民党の二大政党間で分配する仕組みで、何十年も続く間に腐敗と縁故主義が生まれた。

 両党の人気はかなり前から陰りがみえていた。2002年の議会選挙の得票率は両党合わせて79%だったが、13年ごろには50%強にまで落ち込んでいた。

 5月22日の決選投票では、ホーファー氏は大統領に選ばれないかもしれない。反自由党の有権者が結集し、ホーファー氏の対抗馬でリベラル政党「緑の党」の支援を受けるファン・デア・ベレン氏に一票を投じる可能性があるからだ。

 だが、これで終わりではない。自由党は世論調査で一貫して30%以上の支持を得てトップに立つ。国民党など既成政党の衰退は、18年9月までに実施される次の国政選挙の後、これらの政党が大連立を組んでも、自由党が権力の座につくのを防げないということを示す。むしろ自由党が連立政権に加わり、法と秩序や移民などに関する政策に関与することが十分考えられる。

 1980年代前半、穏健な主張を掲げていた自由党は2000年から06年にかけ、極右政党として政権の一端を担ったことがある。これは不幸な経験だった。党は二分し支持率は低下した。今回、自由党とその指導部は同じ過ちを繰り返すつもりはないだろう。

(4月27日付)

[日経新聞5月1日朝刊P.13]

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月02日 15:48:22 : Zvbz2Wq086 : b1Vsncqf8Ro[1]
緑の党はあくまで環境政党でオーストリアのリベラル政党は中道自由主義のネオスやかなり右寄りだとしても自由党になる。
ストロナッハは次の総選挙で議会から姿を消すことが確実視されている。

2. 2016年5月03日 01:46:19 : e215b3DsOs : oHsKCPiwWF0[28]
ドイツやオーストリアの「緑の党」は『共産党』という党名が全く無効か禁止されている国における
共産党、いわゆる”極左”の仮の名でしょう

3. 2016年5月03日 13:00:39 : hHtgu6lwOo : u6deoYbgY6A[1]
>>2
ドイツ共産党は戦後解党させられたが、
ユーロコミュニズムを受け入れることなどを条件に再結党が認められましたが、
左翼党がいるので支持者も奪われてさらに泡沫のまま。
オーストリア共産党は第二次世界大戦後一時期だけ議席を獲得した以外国政では泡沫。
いずれも国政は泡沫ですが存在はしています。
左翼党があるドイツはともかく、
特にオーストリア緑の党は左翼勢力の加盟戦術の対象であるかも知れません。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際13掲示板  
次へ