★阿修羅♪ > 国際13 > 578.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国外相が「4つの要求」 日本政府は不快感:日本政府は中国脅威論を唱えていないと反論:「事実と違う」なら日本側も議論公表
http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/578.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 5 月 02 日 04:44:28: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 


※ 関連記事

「[日中外相会談]誠実に歴史反省、「中国脅威論」まき散らさない…中国が対日4項目を要求 関係改善目指すことは確認:中国発表」
http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/560.html

「[日中外相会談]意外?当然? 王毅氏発言にネットで「非礼だ」批判 「気骨見せた」擁護も」
http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/562.html

=================================================================================================
中国外相が「4つの要求」 日本政府は不快感

 中国の王毅外相が4月30日の岸田文雄外相との会談で示した日本への「4つの希望と要求」に、日本政府が「事実と違う」(外務省幹部)と不快感を示している。

 中国外務省が発表した会談概要の題は「王毅外相が中日関係改善へ4つの要求を提示」。王氏は第1に「歴史を直視・反省し(中国と台湾が不可分とする)『一つの中国』政策を守る」を挙げ、台湾で独立志向の民進党政権の発足を前に、民進党を重視する安倍晋三首相を警戒した。

 2点目の「中国脅威論や中国経済衰退論をまき散らさない」は中国の海洋進出を批判する首相へのけん制とみられる。岸田氏は会談で「事実関係としてない。報道に出ているだけだ」として日本政府は中国脅威論を唱えていないと反論した。

 3つめは「経済面で中国を対等に扱い協力を推進する」。「どちらかが一方に依存しているという時代遅れの思考を捨てるべきだ」とするが、何を指すか不明確だ。4項目の「地域や国際社会の問題で中国への対抗心を捨てる」は、アジアインフラ投資銀行(AIIB)への日本の参加見送りが念頭にありそうだ。


 王氏は昼食を含め4時間20分の会談中、流ちょうなはずの日本語をほとんど使わなかった。岸田氏に「誠心誠意で来たなら歓迎する」と声をかける場面もあり、中国国内にも「やりすぎで非礼だ」との指摘がある。

(北京=永井央紀)

 王毅外相が示した「4つの希望と要求」

○歴史を直視・反省し、「一つの中国」政策を守る
○中国脅威論や中国経済衰退論をまき散らさない
○経済面で中国を対等に扱い協力を推進する
○地域や国際社会の問題で中国への対抗心を捨てる

[日経新聞5月2日朝刊P.2]

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月02日 08:02:45 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[101]
日本も要求せよ

   ・先の大戦の大きな原因をなす中国の無法について反省し、
    再び災禍を招かない注意せよ

   ・反日教育を止め、未来の日中友好に資する教育をなせ

   ・周辺の海域への侵略行動を即座に止めよ。

   ・経済問題においては、科学技術におぃて日本側に一日の長あることを
    認識し、謙虚な姿勢を持て。



[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

2. 2016年5月03日 09:43:59 : kVSuA4zaOc : RgFIVs9bfro[2]
中国国内向けの対応なのだろう
国内の言論誘導がこうなってるだけ

日本でそのまま報道されれば当然
反中感情が盛り上がる

それも了解済みとすれば
反日路線に舵を切らざるを得ない
やばい国内状況であるという証拠



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際13掲示板  
次へ