★阿修羅♪ > 国際13 > 623.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トルコ 首相辞意で難民問題巡る外交姿勢強硬化も:エルドアン大統領と対立
http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/623.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 5 月 06 日 13:14:53: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 


※関連記事

「トルコ首相:トルコはロシアを必要としている:Su24偽撃墜劇は早期決着が得策だと思うが、何か隠れた目的が存在?」
http://www.asyura2.com/16/warb17/msg/664.html

========================================================================================================================================================
トルコ 首相辞意で難民問題巡る外交姿勢強硬化も[NHK]
5月6日 5時35分

トルコではダウトオール首相がエルドアン大統領との対立から事実上、辞任に追い込まれ、エルドアン大統領の影響力が強まって難民問題などを巡るトルコの外交姿勢がより強硬になることも予想されます。

トルコの与党AKP=公正発展党の党首を務めるダウトオール首相は5日、首都アンカラで記者会見を開き、今月22日に臨時の党大会を開催して党首選を実施するとしたうえで、「私は立候補しない」と述べ、任期半ばで辞任することを表明しました。
ダウトオール氏はおととしエルドアン氏が大統領に就任した際に首相に任命され、政治学者や外相としての経験から特に外交の分野で指導力を発揮してきました。

しかし大統領の権限強化に対し慎重な立場を取ったことからエルドアン大統領との対立が取り沙汰され、先月末には地方の党幹部の人事権を剥奪されるなど与党内で孤立が深まっており、事実上、辞任に追い込まれた形です。

トルコは、隣国シリアの内戦や、ヨーロッパを目指す難民の問題などで重要な役割を担っています。

EU=ヨーロッパ連合との対話を重視してきたダウトオール首相が辞任することで、エルドアン大統領の影響力が強まって難民問題などを巡るトルコの外交姿勢がより強硬になることも予想されます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160506/k10010510391000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_008


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月06日 13:58:47 : fsffmZTZcI : NSQpkj6jA4U[36]
●シリア侵略に執着するトルコ政府から首相が離脱を表明、不安定化は進み、崩壊も時間の問題か
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201605050000/

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際13掲示板  
次へ