★阿修羅♪ > 国際13 > 671.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
北朝鮮:高層マンションと地下鉄で米国の帝国主義と制裁を打開する:制裁の後ろでひそかに支援する国々
http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/671.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 5 月 09 日 03:27:00: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 

(回答先: 金正恩第一書記 政治的立場を強化 投稿者 あっしら 日時 2016 年 5 月 09 日 03:24:34)


北朝鮮:高層マンションと地下鉄で米国の帝国主義と制裁を打開する[スプートニク日本語]]
オピニオン
2016年05月08日 23:31(アップデート 2016年05月08日 23:56)
アンドレイ イワノフ

北朝鮮指導部は、朝鮮労働党の党大会を、外国人ジャーナリストに北朝鮮が達成した成果を宣伝するために利用した。ロシアの情報通信社「スプートニク」のアンドレイ・イワノフ特派員は、世界40カ国の約130人の外国人ジャーナリストと共に、北朝鮮の成果に感嘆した。

北朝鮮の閉鎖性は、この国を悪い意味でからかう理由となった。西側では、北朝鮮といえば荒廃と飢餓が蔓延し、何かといえば核兵器を使って威嚇する国としてのイメージしかない。この間違ったイメージを修正するために、北朝鮮指導部は、いつものように賢明な行動に出た。指導部は、朝鮮労働党の党大会に外国人ジャーナリストを招待したのだ。しかし外国人ジャーナリストたちを数時間におよぶ党の会合に縛り付けておくのではなく、見学ツアーを企画した。

金日成主席の生誕地とピョニャンにある先端工場を訪れたあと、外国人ジャーナリストたちにはピョンヤンの地下鉄が紹介された。なお平壌の大学で学ぶ大学生でない限り、外国人がこの地を訪れるのは簡単なことではない。しかしピョニャンは訪れるに値する。地下鉄路線図を見れば分かるが、駅の数はそれほど多くない。

しかしそれらの駅は宮殿を髣髴させ、その内装の美しさはモスクワの地下鉄にも劣らない。ここでは平壌の景色、トラクターで平和に土を耕す農村の風景、野原を嬉しそうに歩く人々、そしてすがすがしい風になびく旗が描かれたモザイクの壁を眺めることができる。そしてもちろん、働く人々や自然に囲まれた金日成主席と金正日総書記の肖像画もある。

なお平壌の地下鉄の車両は非常に古く、約60年前にドイツでつくられたもののように思われる。だが今、新車両も導入されており、十分に現代的だ。とはいえもちろん、デザインや内装は中国のみならずモスクワの地下鉄にも劣る。だが少なくとも北朝鮮で地下鉄の近代化が全速力で進められているのは明らかだ。

西側のジャーナリストたちが、地下鉄で見たものをどのように受け取るかはまだ分からない。あるジャーナリストは前回ピョンヤンを訪れたとき、地下鉄のレポートで「北朝鮮は地下鉄とミサイル以外に誇れるものは何もない」とコメントした。

これは真実ではない。ピョニャンでは今、美しいマンションが建てられており、昨年5月、大同江(テドンガン)の川沿いのミレ(未来)通りには、40−50階建ての高層マンションが建設された。そのうちの複数のマンションは学者のためのものだ。ソ連時代と同じように、マンションの住民たちは、高い生活文化を目指し、誰が自分の家を頻繁に掃除しているかを競い合っている。競争結果は、1階の入口付近に貼られている表で示されており、「優勝者」の家のドアの上には、ここに住む家族が先軍政策実現を成し遂げたことを証明するプレートが飾られている。

ところで、面積210平方メートルの家の清潔さを維持するのは簡単なことではない。しかし家主であるピョンヤンの大学の工学部の学部長は、それをやり遂げ、さらに突然の客たちのためにビールまで用意した。

マンションには、まだ入居していない家もある。人々は高層階に住むのを断っているという。その理由は、北朝鮮ではエレベーターが止まる原因となる停電が良く起こるからだ。その責任はもちろん、陰謀と制裁によって北朝鮮の原発建設を失敗させた米国人にある。これによって米国人が勝ち取ったものは何か?北朝鮮の人たちはエレベーターには乗らないが、核爆弾をつくった。果たして米国人は、それで楽になったのだろうか?


http://jp.sputniknews.com/opinion/20160508/2103418.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際13掲示板  
次へ