★阿修羅♪ > 国際15 > 257.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ETV特集「武器ではなく 命の水を〜医師・中村哲とアフガニスタン〜」
http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/257.html
投稿者 gataro 日時 2016 年 9 月 11 日 09:52:05: KbIx4LOvH6Ccw Z2F0YXJv
 









ETV特集「武器ではなく 命の水を〜医師・中村哲とアフガニスタン〜」 

2016年9月10日(土) 午後11時00分(60分) 
2016年9月17日(土) 午前0時00分(60分) 
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/20/2259544/

ETV特集「武器ではなく 命の水を〜医師・中村哲とアフガニスタン〜」 
アメリカ同時多発テロから15年。今も戦乱の続くアフガニスタンで干ばつと闘う日本人がいる。医師・中村哲(69)。「武器や戦車では解決しない。農業復活こそがアフガン復興の礎だ」。中村は白衣を脱ぎ、用水路の建設に乗り出した。15年たったいま、干ばつの大地には緑がよみがえり、人々の平穏な営みが再び始まろうとしている。戦乱の地アフガニスタンに必要な支援とは何か。15年にわたる中村の不屈の歩みを通して考える。 

出演者ほか 

【出演】医師…中村哲,【語り】中里雅子,【朗読】長谷川勝彦 


番組スタッフから 
【番組の見どころは?】 
長い戦乱状態にあるアフガニスタンで、戦火以上に人々を苦しめているのが「干ばつ」です。いまでも国民の3分の1の760万人が食料不足に苦しんでいると言われています。医師・中村哲さんは用水路を建設し、乾いた大地を農地に復活させようと奮闘しています。数々の苦難を乗り越え用水路に水が流れ始めると、奇跡のような光景が現れます。乾いた大地が広大な農地へと蘇り、人々の穏やかな暮らしが戻り始めます。武器や鉄砲でな無く水が取り戻した平和を見ていただければと思います。 

【この番組を企画したきっかけは?】 
私が初めて中村哲医師の取材をしたのが1998年、以来18年間、断続的に現地取材を続けてきました。干ばつの酷さ、用水路建設の困難、甦る緑の大地などを記録し続けてきました。911から15年目の今年、悲劇の記録ではなく希望の映像記録を残したいと思い企画をしました。 

【心に残ったもの、あるいは心に残るものは?】 
用水路建設は中村医師一人の力で行ったものではなく、アフガン農民の力がなければ出来ませんでした。彼らは用水路の建設を自分たちの村を再生させる活動だと信じ、雨の日も酷暑の日も中村医師と共に水路を掘り続けました。その姿には同じ人間として共感、尊敬できるものでした。巷間言われる怖いアフガン人のイメージは微塵もありません。 

【見てくださる方に一言】 
泥沼化するアフガン問題に対処するために国際社会は軍隊の派遣や様々な支援を行ってきました。しかし、アフガン和平はいまだ実現していません。そんな中、中村医師の用水路の水が小さな地域ですが、穏やか暮らしを取り戻しました。戦乱と干ばつの地に真の平和をもたらす物は何なのか、静かに問いかける15年の記録をご覧ください。 

(日本電波ニュース社 プロデューサー&カメラマン 谷津賢二)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月12日 22:23:49 : ztQPQj7kJE : obbzCrFObMo[169]
日本人が世界に誇れる日本人の一人が中村哲氏だ。
外国へ行く度に、金と恥をばら撒いて帰ってくるだけの、どこぞの誰かサンとは人間としてのクオリティーがハナから異質の様だ。

中村氏が15年かかって築いたアフガニスタンの人達との信頼と友好の絆を、日本を「戦争のできる国」に改造したい輩達がぶち壊そうとしている。
中村氏は、片腕とも言えた仲間の日本人青年をアフガニスタンで亡くしている。
<タリバンからの急襲>
この若者は村人達の評判も良く、花婿候補として人望もあったそうだ。
そのショックで中村氏は一時落ち込まれていた時もあったと聞く。
いずれにせよ、命の危険と隣り合わせの中、土木知識も独学、生活環境も劣悪状況でありながら砂漠の中であれだけの大工事をやってのけた中村氏の意志の強さ、人間力には脱帽だ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際15掲示板  
次へ