★阿修羅♪ > 国際16 > 906.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ロシアの国境は「線」ではなく「面」〜緩衝地帯の重要性〜本当は東独、ポーランド、チェコ…モンゴルもソ連に併合ないしは加盟で
http://www.asyura2.com/16/kokusai16/msg/906.html
投稿者 仁王像 日時 2016 年 12 月 31 日 21:42:34: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

ロシアの国境は「線」ではなく「面」〜緩衝地帯の重要性〜本当は東独、ポーランド、チェコ…モンゴルもソ連に併合ないしは加盟できた/佐藤優

第一講 地政学とは何か
〈最も危険な理論〜ユーラシアとは何か〉
 地政学というのは基本的にユーラシアの話なんです。東欧を押えることができればユーラシアを押えることができて、ユーラシアを押えることができれば世界を押えることができるという、作業仮説…。

〈地政学とファシズム〉
 地政学との関係において、すごく重要なのがファシズムです。地政学とファシズムは重なる部分もあれば、重ならない部分もある。
 われわれはかつて、ファシズムという考え方をあまりにも簡単に処理してしまった。ナチズムは…「血と土地の神話」のようなものを信じて、そこからユダヤ人絶滅政策が出てきて、それで全世界を敵に回して戦うなどという異常な思想が出てくる。これはドイツの極めて特殊な事情に基くもので、ナチズムに普遍性はありません。ドイツの病理現象にすぎない。

第二講 ハートランドの意味
〈時代が変わっても、変わらない地理〉
〈三次元で地図が読めるドイツ人〉
 これは本当です。ドイツ人だけじゃなくて、チェコ人もポーランド人もロシア人も地図をよく読むことができる。ほとんどの日本人は地図を二次元でしか読めない。小学生のころから地図読みの教育を受けている。高校の地理の教科書では、どうやって立体的に地図を読むかについて30ページぐらい割いている。

〈ロシアの国境は「線」ではなく「面」〜緩衝地帯の重要性〉
 ソ連は、本当は東ドイツ、ポーランド、チェコ、ハンガリーだって、バルト三国のように併合することはてきた。しかしスターリンはそうしなかった。直接国境を接するようになると、そこから西側諸国と大変な衝突が起きる可能性があるから。
 極東を見てください。モンゴルをソ連に加盟させなかったのは、中国とのバッファーにしたかったから。こういうバッファーの思想というのがロシア人にはある。

【出典】「現代の地政学」佐藤優/晶文社’16年

(黒海で鉢合わせ)
http://www.asyura2.com/14/kokusai8/msg/212.html#c3
03. 仁王像 2014年3月22日 23:09:21
>今回の危機直前の昨年11月、ロシアはEUに対し、ウクライナも入れた3者間でウクライナの安定について協議しようと提案しが、EUは無視し、逆にウクライナに「EUとロシアとどちらにつくか」と二者択一を強要した。
 「二者択一を強要した」というのが短兵急だ。現在進行中のEUのオタオタぶりを見ると、なんらのしっかりした戦略的見通しもなく、甘い考えで臨んできたとしか思えない。地政学はそもそもヨーロッパが発祥地である。米国に引っ張られた面があるにせよ、何という体たらくであろうか。
 ウクライナをNATOに引っ張り込めば、プーチンの指摘する通り、黒海でNATO軍とロシア軍が鉢合わせをすることになる。緩衝地帯もなにもなくなる。伝統的なヨーロッパの地政学も地に落ちたということなのか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 仁王像[1270] kG2JpJGc 2016年12月31日 22:10:56 : rYVVVH61lM : 5fIbFcuCMaA[1]
 本文訂正。
http://www.asyura2.com/14/kokusai8/msg/212.html#c3http://www.asyura2.com/14/kokusai8/msg/296.html#c3

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際16掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際16掲示板  
次へ