★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK199 > 163.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
改憲に動き始めた安倍首相の「押しつけ憲法論」は嘘だらけ! GHQ支配の元凶は自民党とお前のじいさんだ!(リテラ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/163.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 03 日 21:30:06: igsppGRN/E9PQ
 

               自由民主党HPより


改憲に動き始めた安倍首相の「押しつけ憲法論」は嘘だらけ! GHQ支配の元凶は自民党とお前のじいさんだ!
http://lite-ra.com/2016/01/post-1858.html
2016.01.03. 安倍の「押しつけ憲法論」は嘘だらけ  リテラ


 新しい年が明けた。従軍慰安婦問題は昨年末、日韓の合意がなされたが、安倍政権による歴史修正主義の動きがなくなったわけではない。それどころか、今年はさらにエスカレートするだろう。

 その中心となるのが昨年、自民党に設立された「歴史を学び未来を考える本部」(本部長=谷垣禎一幹事長)だ。12月22日の初会合では、南京事件など並んで、占領下の憲法制定過程を議論すると気勢を上げた。もちろん、安倍晋三首相の肝いりによるものだ。同本部は総裁(首相)直属組織で、「日本の近現代の歴史を幅広く検証する」としている。

 おそらく、安倍首相はこの組織での議論をベースにして、一気に憲法改正の理論的根拠とやらをつくりだそうとしているのだろう。


 実際、安倍首相は、それに先立つ11月28日、自らが会長を務める保守系超党派議連「創生日本」の会合で、「憲法改正をはじめ占領時代につくられた仕組みを変えることが(自民党)立党の原点だ」との演説をぶった。ようするに、日本国憲法をはじめとする戦後民主主義の価値観はすべてアメリカに押し付けられたものであり、それを変えることこそが自分の使命だと言いたいらしい。

 まったくよく言ったものである。日本の近現代の歴史を本当にきちんと勉強し、普通の神経を持ち合わせていたら、恥ずかしくてこんなことは絶対言えないはずである。

 そのことを具体的に指摘する前に、安倍首相らが「歴史検証」のよりどころにしている考え方について解説しておこう。彼らが唱えているのはWGIP史観と呼ばれるものだ。WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)とはGHQによる主要な占領政策のひとつで、「戦争による罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画」とされている。WGIP史観は、この時のGHQの“洗脳工作”が戦後70年経ったいまでも生き続けていて、“反日左翼勢力”(笑)の形成につながっている、という考えだ。

 WGIPの存在自体は1989年に保守系文芸評論家の江藤淳が『閉された言論空間』(文藝春秋)で初めて指摘した。その後、藤岡信勝、小林よしのり、櫻井よしこ、西尾幹二らに受け継がれ、第2次安倍政権発足と軌を一にするかのように再び脚光を浴びるようになった。ここ1〜2年の間だけでも『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと』(高橋史朗/致知出版社)、『GHQの日本洗脳』(山村明義/光文社)、『日本人を狂わせた洗脳工作』(関野通夫/自由社)、『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』(ケント・ギルバート/PHP研究所)、『ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実』(水間政憲/PHP研究所)……と、多数のWGIP史観本が出版されている。

 WGIP史観論者は、こうしたアメリカによる“洗脳工作”が成功して、「戦前の日本はすべて悪だった」とする、いわゆる「自虐史観」がかたちづくられていったというのだ。彼らは、アメリカ(GHQ)による「精神の奴隷化」もしくは「精神的非武装化」政策ともいう。

 確かにアメリカが主導したGHQの施策は、これらの書物が指摘するように当時の日本人をマインドコントロールしようとする側面があったのは事実だ。それまで日本を支配していた天皇崇拝、愛国心、滅私奉公といった封建的価値観を破壊し、アメリカ流の価値観を植えつけようとしたことは間違いない。

 だが、少なくとも、自民党、とくに安倍には、これを言う資格はない。なぜなら、アメリカによる「精神の奴隷化」政策がいまも続いているのは、他ならぬ歴代自民党(親米保守)政権が積極的にそうしてきたからだ。安倍首相は「占領下につくられた仕組みを変えることが自民党立党の原点だ」と言っているが、真っ赤な嘘である。

 そもそも自民党は、戦後日本でほぼ一貫して支配的立場にあった。それが立党の原点にあるなら、なぜ自民党は60年経ったいまも「戦後を終わらせる」ことができないままなのか。

 それは、「戦後の占領状態」が続くことが自民党の保身につながるからだ。そのことを鋭く指摘したのが気鋭の政治学者、白井聡の『永続敗戦論−−−−戦後日本の核心』(太田出版)だ。

 日本の戦後の正体は「敗戦」を「終戦」置き換えたことにあると白井は言う。「戦後」のスタートである8月15日を、日本では「終戦記念日」と呼んでいる。しかし、当たり前だが戦争は自然に「終わった」わけではない。戦争は日本の敗北によって終わったのだ。にもかかわらず、この日は「戦争に負けた」日ではなく、「戦争が終わった」日として認識されている。この「敗戦」を「終戦」と言い換える欺瞞によって、戦後レジームの根本が成り立っているというのである。白井はこれを「敗戦の否認」と呼んでいる。

「敗戦の否認」が必要とされたのは、大東亜戦争を指揮した人たちが戦後も支配層にとどまり続けるためだった。その代表が安倍首相の祖父、岸信介であり、読売新聞中興の祖といわれた正力松太郎であり、賀屋興宣といった元A級戦犯の面々だ。彼らが復権できたのは、やはりアメリカ(GHQ)の意向によるものだった。米ソ冷戦が緊迫化し始めた占領後期、アメリカは日本の民主化よりも反共国家化を優先するようになる。この方針転換に従って、戦争犯罪人を含む戦前の支配層を再び元の地位に戻すことにした。前出の岸が「このまま米ソが対立すれば(復権の)望みがある」と日記に記していたのは有名な話だ。しかし、岸ら元戦争指導者にとって“負けた責任”を追及されるのははなはだ困る。

 だから、それをごまかすための「敗戦の否認」が必要だったわけだ。

 国民の目線から「敗戦」の事実を隠すために占領終了後もさまざまな工作が施された。尖兵となった正力松太郎は日本テレビを使ってアメリカ製ホームドラマや英会話番組を流すことで心理作戦に貢献し、アメリカナイズされた生活様式を浸透させた。本土にあった駐留米軍基地を当時アメリカの施政下にあった沖縄に押し付けていったのも「敗戦の否認」の一環だ。“独立”後も占領が続いていることを隠すためだ。“洗脳”はいまも続いている。アメリカの手先となってそれを推し進めてきたのが歴代自民党政権なのである。

 同じ敗戦国でありながら敗戦ときちんと向き合ったドイツはいまやEUの中核国という地位を占め、アメリカとも対等に渡り合っている。片や「敗戦」を「終戦」と言い換えるばかりか、敗戦責任者でもあるA級戦犯を「神」として祀る靖国神社を東京のど真ん中に置く日本は、いまだに近隣諸国との軋轢すら解消できず、いつまで経ってもアメリカのお追従を続けている。これは歴史的な事実である。

 日本の右派・保守勢力は東京裁判を戦勝国による一方的な後付け裁判だったと批判する。WGIP史観本にもそうした言説が溢れている。百歩譲ってそれが当たっているとしても、普通の考え方でいけば、戦争指導者らの“負け戦”に対する責任は逃れることができないだろう。だが、歴代自民党政権はその責任追及を怠ってきた。なぜなら、それを追及することは自らの存立基盤を脅かすことになるからだ。

 実は“占領時代につくられた仕組み”の最大のものがこれなのだ。戦勝国のアメリカは、日本の敗戦を覆い隠すことでアメリカにとって都合のいい日本人(親米保守)を支配層にとどめることに成功した。それが自民党のルーツであり、際限のない対米追従構造の始まりでもある。岸がアメリカ(CIA)の資金と援助によってつくられた首相であったことは、ニューヨークタイムズのティム・ワイナー記者がその著書『CIA秘録』(日本版は文藝春秋)で暴露している。
http://lite-ra.com/2015/08/post-1400.html

 その岸を通じて自民党がアメリカ(CIA)から継続的に秘密献金を受け取っていたという指摘もある。そもそも自民党の結党資金はアメリカ(CIA)が用立てたという説さえある。自民党が本気で日本の近現代史を検証するというなら、ぜひこの点も明らかにして欲しいものである。際限なく続く対米追従構造を変えない限り、「戦後レジームからの脱却」などとは恥ずかしくて言えないだろう。

 だが、安倍や自民党にそんな知性や誠実さはない。自分に都合のいい部分だけをつまみ食いして、ひたすらすべては占領期の洗脳だったという陰謀論を垂れ流すばかりだ。

 戦後、日本は、それまでなかった女性の参政権、財閥解体、農地解放、平和主義と国民主権、人権尊重と人道主義、労働組合の育成を推し進め、戦後民主主義の礎をつくっていった。ところが、安倍首相らWGIP史観の連中は、これも“押し付け”られたものとして忌み嫌う。

 その最たるものが、9条で戦争放棄を謳った日本国憲法の制定だ。たとえば、安倍首相は現行憲法はアメリカが“押し付け”であり“みっともない”と断じる根拠として、以下のようなものをあげている。

〈まず、憲法の成立過程に大きな問題があります。日本が占領下にあった時、GHQ司令部から「憲法草案を作るように」と指示が出て、松本烝治国務大臣のもと、起草委員会が草案作りに取り組んでいました。その憲法原案が昭和21年2月1日に新聞にスクープされ、その記事、内容にマッカーサー司令官が激怒して「日本人には任すことはできない」とホイットニー民生局長にGHQが憲法草案を作るように命令したのです。
 これは歴史的な事実です。その際、ホイットニーは部下に「2月12日までに憲法草案を作るよう」に命令し、「なぜ12日までか」と尋ねた部下にホイットニーは「2月12日はリンカーンの誕生日だから」と答えています。これも、その後の関係者の証言などで明らかになっています。
 草案作りには憲法学者も入っておらず、国際法に通じた専門家も加わっていない中で、タイムリミットが設定されました。日本の憲法策定とリンカーンの誕生日は何ら関係ないにもかかわらず、2月13日にGHQから日本側に急ごしらえの草案が提示され、そして、それが日本国憲法草案となったのです〉

 なんという粗雑で浅薄な歴史認識だろう。実際、安倍首相のような占領憲法、押し付け憲法論に対して、日本を代表する近現代史研究者の保坂正康は、占領下という圧倒的に不利な状況でも日本の平和と国益を守るために一身を賭した先達への侮辱であると批判している(毎日新聞2013年6月8日)。

〈吉田茂や幣原喜重郎、それに全面的賛意を示していた昭和天皇の努力、熱意に考えが及んでいない〉
〈現憲法を作成するために当時の政治指導者がどのように努力を払ったか、単に占領憲法というだけでは彼らを侮辱していないかと指摘しておきたい〉というのである。

 勉強不足の安倍は知らないと思うが、GHQの憲法草案は日本人の憲法学者、鈴木安蔵らの憲法研究会がつくった憲法草案要綱がベースになっている。つまり、日本国憲法の起草者は日本人だったとも言えるのだ。しかも、GHQ草案は日本の国会で審議され、さまざまな修正が加えられた。単純な“押し付け”ではないのである。さらにいえば、保坂も指摘していることだが、安倍らが改定を熱望している第9条もマッカーサー(アメリカ側)の発案ではなく、当時首相だった幣原喜重郎の示唆によって挿入されたものだったのだ。

 このことは、1951年5月の米上院軍事外交合同委員会の公聴会でマッカーサー元元帥自身が証言している。当時は日本(幣原)側の証言がなかったのでひとつの説に過ぎなかったが、その後研究が進んで、国会図書館内にある憲法調査会の資料に、幣原の側近である平野三郎(元衆議院議員)が幣原から憲法9条が生まれたいきさつを聞き取った文書があることが分かっている。これを読むと、当時の政治指導者が単に戦争放棄という理想主義に燃えただけではなく、さまざまな思惑や深慮遠謀に基づいて、9条の挿入を提案したのかがよくわかる。安倍にもぜひ読んでもらいたい。

幣原にとって最大の眼目は天皇制の維持安泰だった。これは「占領に天皇を利用する」というマッカーサー(アメリカ側)の思惑とも一致していた。だが、アメリカ以外の連合国は天皇の戦争責任追及を強く求めていた。天皇がいる限り、日本が再び軍国主義化する可能性があるのではないかと恐れていたのだ。そこで幣原はマッカーサーに戦争放棄という突拍子もない提案をする。戦力不保持を宣言すれば、 天皇制が残っても日本は二度と軍国主義化することはない。いぶかるマッカーサーを幣原はじゅんじゅんと説く。

 原爆という新兵器が登場した以上、いままでのような軍備は役に立たない。最終的に各国は世界同盟のようなもの溶け込んでいくしか平和を維持する方法はないのではないか−−−−−いまでいう国連中心主義の理想である。これを聞いたマッカーサーは感激し、幣原の提案を受け入れることにした。だが、敗戦国の日本からこれを言い出すのははばかられる。日本国内を説得することも不可能だ。そこであえて、GHQから“押し付け”られた形にしてもらうことにしたというのだ。なんたる“謀略”(笑)。

 安倍との役者の違いが分かるだろう。

 しかも、幣原にはもう一枚、秘めたる意図があったという。それは緊迫化する米ソ冷戦において日本の青年がアメリカの尖兵になるのを防ぐことだった。朝鮮戦争の勃発後、マッカーサーは幣原に嵌められたことを悟るが時すでに遅しだった。9条という“押し付け”られた防波堤の存在によって、日本の戦後復興と驚異的な経済成長が成し遂げられたことはすでに書いた。これが国際政治の駆け引きというものなのだ。

 翻って安倍政権は、これとまったく逆のことをやっている。自衛隊員を守るどころか、アメリカの戦争に差し出そうとさえしている。それで得られるものは実はなにもないというのが新安保法制の実体だ。

 なぜなら、戦後、日本を支配してきた親米保守層は、そうはいってもそれなりにしたたかにアメリカと付き合ってきた。対米追従を利用しながら、 日本の国益を守ってきたと言ってもいい。その代表格が吉田茂だ。吉田はアメリカから“押し付け”られた憲法を盾に朝鮮戦争、ベトナム戦争への出兵を拒み続けた。それが日本の経済復興に莫大な貢献をもたらしたことは言を待たない。以後、55年体制下での自民党は社会党に常に3分の1以上の議席を与え続け、あえて改憲できないようにしてきたという。そうして、“強力”な社会主義勢力が存在していることを理由に対米交渉においてさまざまな譲歩を引き出してきた。

 だが、安倍にはそうした駆け引きがいっさいない。昨年4月の米上下両院議会での演説では歯の浮くようなセリフでアメリカを礼賛し、リチャード・アーミテージやジョセフ・ナイといったジャパンハンドラーに言われるがままに特定秘密保護法や解釈改憲による新安保体制を成立させた。占領から70年も経っているのに、新たな駐留米軍基地を造ろうとし、その固定化をも進めている。

 もし、“アメリカの押し付け”を言うなら、歴代首相の中でもっとも盲目的な対米追従主義者である安倍首相こそが真っ先に断罪されるべきなのだ。こんなインチキな男が喧伝する歴史修正主義に絶対に騙されてはならない。

(エンジョウトオル)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月03日 21:47:01 : KmrgYhVhAM : mg9EUGjt3oI[1]

【軍事財界の銭で動かされる腐敗TV局】
ホントに汚ねえ野郎どもだぜ、呆れ返るよな。
宣伝リンク認定27729663.html

財界の犬コロ司会者田原総一郎や自民党や大森昭彦大田区議(63)を嫌いになっても、
安倍極右カルトや大森昭彦や田原総一郎を好きにならないでくださいヨ。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-09-15/2012091514_01_1.html
http://www.jca.apc.org/~yyoffice/Son%20My/Part2.htm


2. じょんまん[83] graC5YLxgtyC8Q 2016年1月03日 22:33:12 : 7wFrIneBdk : Y1loB7qhFM0[31]

加えて、極悪非道の卑劣漢の真相の道=時事通信の売国御用評論家・田崎四朗を重用するテレビ局・新聞社などダマスゴミをボイコットしようぜ👍❗


3. 罵愚[3037] lGyL8A 2016年1月04日 05:35:01 : 3WGYDmwtbI : H9I40LzRlxQ[21]
 まったく論理が逆転した記事内容だな。国際法違反の憲法押しつけに抵抗した良心的日本人の存在が、押しつけ憲法を正当化はしない。押しつけは押しつけ、アメリカの国際法違反だよ。
 こんな粗雑な議論に、コロリとだまされる★阿修羅♪のノーミソにも問題はある。

4. 2016年1月04日 05:59:21 : af0BKkelds : BNY_uR6WZUs[68]
バグをはじめとした
バカウヨのみなさん
バカ総理は自主憲法を吠えてるが
そのまえに
従軍慰安婦について村山河野を批判して
きゃんきゃんほえて
結局韓国に謝罪を慰安婦問題を
明確に日本が悪かったと確定させた
このバカのすることは
結局、戦争に巻き込まれない憲法をすて
アメリカの命令でしか戦争できない
憲法に作り替えることになるんだ
結局 今の憲法を守ることが
現実の世界では自主性を守ることが分からない
だから、バカウヨなんだよな
安倍が愛国者だと
二度も三度もだまされる
このバカの言うことを実現させると
隷米憲法になることは間違いない
それでいいのか?

5. 2016年1月04日 09:37:49 : NLb6JYnilo : jyM23wfI_J8[21]

   GHQ(連合国軍総司令部)の役目はポツダム宣言の執行であり、日本政府が提示した憲法草案が、ポツダム宣言の要求に合致しなかった以上、「宣言の要求に合致したGHQ草案」を日本政府に提示したことは、GHQの役目として当然のことである。

   46年2月8日、日本側の提示した憲法草案要綱(内閣の下に設置された松本委員会草案要綱)は、およそポツダム宣言の要求に合致したものとはいえなかった。
   http://www.ndl.go.jp/constitution/shiryo/03/074a/074atx.html
 
   そのため2月13日に、8委員会で作成されたGHQ草案が提示された。
  http://www.ndl.go.jp/constitution/shiryo/03/076/076tx.html

  46年2月26日の閣議で、この草案に基づく日本政府案の起草を決定し、3月6日本政府は「憲法改正草案要綱」を発表。6月20日大日本帝国憲法73条の憲法改正手続に従って憲法改正案を衆議院に提出し、8月24日に新憲法が可決成立した。

             


6. 2016年1月04日 09:53:19 : fkDOsAYlrY : @4O@NJx@Hx4[5]
>>4
全くあなたの言うとおり。

7. 2016年1月04日 10:04:06 : OtUeAykcYA : SHJ116kcX84[47]
> 日本の近現代の歴史を本当にきちんと勉強し、普通の神経を持ち合わせていたら、恥ずかしくてこんなことは絶対言えないはずである。

肝心のことが抜けている。
リテラへ質問したい。

1. 自衛隊は合憲か?
2. 米軍の駐留は合憲か?
3. もし自衛隊は違憲ならば自衛隊を解散せよと主張するのか?
4. もし米軍の駐留は違憲ならば、撤退を要求するのか?


8. 2016年1月04日 15:25:18 : CDLmGZy2wI : @4zVZzKNSSE[21]
押し付けられたって思うならアメリカと仲良くしなきゃいいのにね

9. 罵愚[3038] lGyL8A 2016年1月04日 17:23:33 : 3WGYDmwtbI : H9I40LzRlxQ[22]
>押し付けられたって思うならアメリカと仲良くしなきゃいいのにね

 仲良くしてるんじゃぁなくって屈従を強いられてるんだよ。だからといって、共産支那のほうがよかったなんて言うのともちがう。アメリカの理念としてる自由な民主主義には賛同してるんだ。
 いいことはいい、悪いことは悪い、それをはっきりとしたいのだよ。嫌米反日の★阿修羅♪とは、そこがちがうんだな、


10. 2016年1月04日 20:06:51 : fc5WizWJkU : 5a2JAxqEYYY[17]
9)とアメリカのポチが言っております。あ〜恥ずかし。

11. ボケ老人[273] g3uDUJhWkGw 2016年1月04日 20:31:11 : EmC9SOekmo : vtOJ5h9kgHo[16]
罵愚 さん
>まったく論理が逆転した記事内容だな。国際法違反の憲法押しつけ
>仲良くしてるんじゃぁなくって屈従を強いられてるんだよ。

どう逆転しているのだろうか?
国際法違反を具体的に説明してくれませんか。
屈従を強いられて、唯々諾々と従うことを盲従と言います。
こんな粗雑な議論を展開するなんてノーミソにも問題があるのでは?

>アメリカの理念としてる自由な民主主義には賛同してるんだ

確かにこういった一面もありますが、北朝鮮とはケタの違う拉致大国、西部開拓時代のインディアン大虐殺、いまだに続く人種差別、紛争が無いとやっていけなくなった軍産複合体が対テロ戦争を仕組み、かつ煽る。
こういうことも総合的に考えて、『アメリカの理念』とはアングロサクソンにだけ通用するものだということが理解できないとは。

尤も、日本の近現代の歴史を本当にきちんと勉強しても、丁半あるいは善悪二元論でしか考えられない人もいるから致し方ないことか。

   


12. 2016年1月04日 20:59:13 : 0my6Zcxf72 : 8Jc4gU8i7qU[102]
>>憲法改正をはじめ占領時代につくられた仕組みを変えることが(自民党)立党の原点だ」との演説をぶった…

だったら何で去年、米国両院議員会の演説で堂々とこの持論を表明しなかったの〜かナ〜?なんせアンタはキチガイながら「私は総理大臣なんですから(ドャ!)」でしょ〜♪

外には弱いが内には強い?それって「いじめっ子」って世間では呼ぶんだヨ〜♪


13. 2016年1月04日 21:26:39 : 0my6Zcxf72 : 8Jc4gU8i7qU[103]
キチガイ安倍!アンタの「じっちゃん」は自分だけ助かりたいので、国・国民・部下(岸を信じて口を噤んだ)を裏切ってGHQ・CIAに寝返った♪

お土産に満州帝国経営資金の「アヘン・覚醒剤密造販売ルート」を差出した♪
それを基に米国CIAの命令で「日本に自民党・韓国に統一教会」を造り出した♪

キチガイ安倍が一番恐れている事は、この事実が米国公文書開示法で世界に明らかにされる事♪

国内は小泉が自分・息子の犯罪を隠蔽する為、制定した個人情報保護法とキチガイ安倍の特定秘密保護法で何とか凌いでいる♪

さて「米国の良識が目覚める日」か「安倍が狂い死にする日」が先なのかネ〜♪


14. 罵愚[3052] lGyL8A 2016年1月05日 11:16:53 : 3WGYDmwtbI : H9I40LzRlxQ[36]
Res11. ボケ老人さん
 そのまえに
http://www.asyura2.com/15/senkyo198/msg/427.html?c1#c1
に答えてください。

15. ボケ老人[275] g3uDUJhWkGw 2016年1月05日 17:37:09 : iCzHGQfdqc : MfT5cGiDFRY[2]
罵愚 さん

あなたから質問を受けた覚えはないが、きちっと書き込んでおいたからヨロシク
できるだけ罵倒するような用語は使いたくないが、あなたが既に使用しているものについては勘弁願おうかな

押しつけ憲法論に対して
美智子皇后は明治憲法よりも早く昭和憲法の草案ともいえる在野の憲法案があったと述べています。
あなたが押しつけ憲法と思う理由を述べてください。


16. 2016年1月05日 21:45:04 : Uy32sb2Pks : hejefTwPUjs[1]
>15
罵愚が
http://www.asyura2.com/15/senkyo198/msg/427.html#c43
で「罵倒目的の書き込み」と言ってるのは漏れの書き込んだ
ttp://www.asyura2.com/15/senkyo198/msg/427.html#c42
の事を指していると思う。で、接続毎にIDが変わる回線を使ってる漏れのコメントに付いたIDを検索してみたら、罵愚の興味深いコメントを発見してしまった。

>2. 罵愚 2015年9月07日 18:23:49 : /bmsqcIot4voM : km8UcMNbrk
>立憲民主主義の論理も、よく見てみるとどこか胡散くさい詐欺師の論理だと思う。
http://www.asyura2.com/15/senkyo192/msg/299.html#c2

 さて、この書き込み内容は >>9にある
>アメリカの理念としてる自由な民主主義には賛同してるんだ。
とどのように共存しているのであろうか。どうやら『そもそも罵愚にとって憲法とはいかなる存在であると認識されているのか?』という点から問いただした方がよいのかもしれない。


17. 罵愚[3054] lGyL8A 2016年1月06日 04:37:38 : 3WGYDmwtbI : H9I40LzRlxQ[38]
Res15. ボケ老人さん
>あなたが押しつけ憲法と思う理由を述べてください。

 理由はいくつもあって書ききれないが、最初に思いうかぶのは占領期間中の国内法の制定・改正。明瞭に国際法違反だよね。


18. ボケ老人[276] g3uDUJhWkGw 2016年1月06日 08:30:07 : EmC9SOekmo : vtOJ5h9kgHo[17]
罵愚 さん

議論する気がないのならサッサと退場したらどう?
>11に対する回答は全くなし
>15に対しては論点をすり替えて、国内法の制定・改正などとトンチンカンな、しかも具体事例は一切出さず。
理由付けも全くなし。

これがスレッドを越えて
議論を吹っかけてきた御仁の姿か
まさに罵倒されるべき愚か者だ。




19. 罵愚[3058] lGyL8A 2016年1月07日 04:57:40 : 3WGYDmwtbI : H9I40LzRlxQ[42]
Res 18. ボケ老人さん
 あぁ、そうか、あなたは「11に対する回答は全くなし」というが、11の「国際法違反を具体的に説明してくれませんか」に対しては17で「理由はいくつもあって書ききれないが、最初に思いうかぶのは占領期間中の国内法の制定・改正。明瞭に国際法違反だよね」と返している。
 15の「あなたが押しつけ憲法と思う理由を述べてください」に対する回答もこれでいいと思う。

 むしろ、あらためて読み返して気づいたが、3の「まったく論理が逆転した記事内容だな。国際法違反の憲法押しつけに抵抗した良心的日本人の存在が、押しつけ憲法を正当化はしない。押しつけは押しつけ、アメリカの国際法違反だよ」に対してのあなたの疑問に答えていないのかもしれない。
 もしもそうなら、あらためて説明する用意はあるが、議論を拡散、複雑化したくないので、できる限り一問一答にしようとおもう。前段の部分に納得いただけたら、後段を説明したいと思うが、どうだろうか?


20. ボケ老人[279] g3uDUJhWkGw 2016年1月07日 11:20:41 : EmC9SOekmo : vtOJ5h9kgHo[20]
罵愚 さん

あなたは情緒的表現しかしていない。

>国際法違反の憲法押しつけに抵抗した良心的日本人の存在

国際法とは何か?
もし国連憲章のことを言うならどの条文によるものか?
良心的日本人の存在とは具体的に誰を指すのか?

GHQ草案が出てくる前に幣原喜重郎が出した草案がどんなものであったか。
GHQが二度と日本が立ち上がれないように足かせをはめようとしたことは事実だけれども、別の面では本国で達成できない理想を日本で実現しようとした若手将校の熱意もあった。
実際問題としては、在野の日本人研究者達の憲法草案を掻き集めて英訳し、それにGHQの意向を加えたものが日本国憲法の最終草案となった。
これを日本語訳して、大日本帝国憲法の改正手続きに則って、国会承認を受けた後に日本国憲法として成立した。
手続き的には何ら不都合な点はない。
安倍の解釈改憲なんかよりはよっぽど筋が通っている。



21. 罵愚[3063] lGyL8A 2016年1月08日 05:10:35 : 3WGYDmwtbI : H9I40LzRlxQ[47]
 「国際法違反の憲法押しつけに抵抗した良心的日本人の存在」を説明しようとするとふたつの説明が必要で、ひとつは「国際法違反の事実」、ふたつめは「良心的な日本人の説明」だな。
 ふたつめの“良心的日本人”とは、リテラ氏の元記事にある「GHQの憲法草案は日本人の憲法学者、鈴木安蔵らの憲法研究会がつくった憲法草案要綱がベースになっている。つまり、日本国憲法の起草者は日本人だったとも言えるのだ」の起草者を指している。あらかじめ誤解を予防しておくが、わたしが良心的と評価してるのではなく、リテラ氏の評価だ。
 そのうえで「国際法違反」とはハーグ陸戦条約違反の指摘で、こちらも広く議論されてるから説明は無用と思うが、どうだろうか?

22. ボケ老人[282] g3uDUJhWkGw 2016年1月08日 08:40:06 : EmC9SOekmo : vtOJ5h9kgHo[23]
罵愚 さん
「国際法違反の憲法押しつけに抵抗した良心的日本人の存在」
「国際法違反の事実」−「陸戦条約違反の指摘」 『お題目を追加しただけで事実が無い』
「良心的な日本人の説明」だな。− 鈴木安蔵

バッカじゃなかろか!
ハーグ陸戦条約のどこに違反して日本国憲法が押し付けとなったのか?
鈴木安蔵の草案で注目すべきは植木草案を引き継ぐ象徴天皇の概念である。
同じくマッカーサン草案の下敷きとなった松本私案では天皇が統治することを頑なに変えなかった。
教科書裁判で有名になった家永三郎も鈴木安蔵を評価しているが、マッカーサン草案はもっともっと広く在野の研究者の意見を集めたもので、鈴木安蔵の「憲法草案要綱」だけが取り上げられたものではない。

あなたの書き込みの中で、『憲法押しつけに抵抗した良心的日本人』が出てこないではないか?
どこに説明があるの?
リテラの評価などどうでもいいよ。あなたの評価する抵抗者は?
もう少し議論を深める努力をしたらどうかな!!


  


23. 罵愚[3066] lGyL8A 2016年1月08日 15:06:19 : 3WGYDmwtbI : H9I40LzRlxQ[50]
@ハーグ陸戦条約の条約附属書「陸戦ノ法規慣例ニ関スル規則」といわれている。

Aだからリテラ氏の元記事にあると再三言っている。


24. 2016年1月08日 21:51:10 : IWuOqszGtA : OFNtfNSYTs4[1]
>23
>@ハーグ陸戦条約の条約附属書「陸戦ノ法規慣例ニ関スル規則」といわれている。
 使えない罵愚が「いわれている。」なんてなんとも頼りないことを書いてるので、ついつい検索してみたら、こんなのがあった

>上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場
>2015年05月07日07:05
>カテゴリ憲法改憲論
>日本国憲法=押しつけ憲法」論は理論に値するのか?(8):ハーグ陸戦条約の適用はありません
http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51802524.html

 エントリ中に問題の「陸戰ノ法規慣例ニ關スル條約」の条文が引用されてるが、この条文においても
>絶對的ノ支障ナキ限占領地ノ現行法律ヲ尊重シテ
という努力目標的なあつかいだから、憲法を変更しても必ずしも違反とはいえなさそうだ。それに条約の目的から言えば、ここで指してる『現行法律』というのは占領地の住民同士の間に適用される刑法や民法などであって、国と国民の間に適用される法律である憲法を含むのかどうかは疑問の余地がある。

 まあ、使えない罵愚に何を示したところでいじけてイヤイヤをされるだけなのだが、少なくとも「日本国憲法の制定はハーグ条約違反だぁ」と他国で触れ回っても相手にされないのは間違いなさそうである。

 で、 >>16 で指摘したことに関連して、「日本の立憲民主主義」と「アメリカの自由な民主主義」の意味するところについての罵愚の説明が聞きたいものである


25. ボケ老人[283] g3uDUJhWkGw 2016年1月09日 07:48:12 : EmC9SOekmo : vtOJ5h9kgHo[24]
罵愚 さん

>@ハーグ陸戦条約の条約附属書「陸戦ノ法規慣例ニ関スル規則」

については他の方が述べているからスルーするが、ボケ老人は親切で優しいから、聞きかじりの覚えたての言葉を中身がわからない幼児が口にするようなことを忍耐強く聞いてあげようと思う。
ハーグの該当条文と米国が押し付けた具体的行動がどのように違反しているのか述べてごらん。

>Aだからリテラ氏の元記事にあると再三言っている。

リテラというサイトがあるのは知っているが、リテラ氏という個人は知らないし、検索する気もない。
あなたが、米国の押しつけに抵抗した良心的日本人に鈴木安蔵を挙げた。
しかし、あなたの書き込みでは、押しつけに抵抗どころか、
『日本国憲法の起草者は日本人だった』
これでは、何の問題もない、押し付けではなかったことの例示かい?
お笑い種だネ



26. 罵愚[3070] lGyL8A 2016年1月10日 05:22:25 : 3WGYDmwtbI : H9I40LzRlxQ[54]
>リテラ氏という個人は知らないし、検索する気もない。

 あぁ、そうか、わたしはサイトがあることも知らないし、てっきりHNだと思い込んでいた。このスレッドの元記事だよ。
 “▲上へ”をクリックしてごらんよ(笑)


27. 罵愚[3071] lGyL8A 2016年1月10日 05:23:10 : 3WGYDmwtbI : H9I40LzRlxQ[55]
Res25. ボケ老人さん
 あいにくわたしはあなたほど親切でもなく、優しくもありませんから、膨大な議論が終わっているのをトレスしようとは思わない。合法論の論拠は24の方が書いてくれた通りだと思うし、それが間違ってるよと主張しています。
 つまりねぇ、あなたたち合法論者の論拠は、上脇博之に代表される憲法学者の多くが昨年の安保論議で立憲平和主義を唱えたことにより、矛盾が噴出してるのです。解ってもらえるかなぁ? わたしはあの法文がどうの、この条項がどうのなんて、学者の議論の後追いをして紹介するのではなく、ハーグ法違反に反論した論理そのものがかれが昨年主張した立憲平和主義と矛盾していませんか? の疑問提出です。
 戦後左翼、戦後平和主義、戦後民主主義のご都合主義への疑問ですよ。

28. ボケ老人[286] g3uDUJhWkGw 2016年1月10日 08:26:53 : EmC9SOekmo : vtOJ5h9kgHo[27]
罵愚 さん

リテラの元記事を読んでいてもサイトではなく、HNと思い込んでいたようなおバカさんとやりあっていたのか、これは不覚の至り。
だから日本国憲法が押し付けである理由を、たったの一行でさえ書き込めなかったのか。 納得。
しかも何を血迷ったか、鈴木安蔵を持ち出して、
『日本国憲法の起草者は日本人だった』
などと、合法論の裏付けとなるような書き込みをしておいて

>合法論の論拠は24の方が書いてくれた通りだと思うし、それが間違ってるよと主張しています。

と、これまた何の脈絡もなく、論拠もなく
物事を知らないだけでなく、日本語の論理の組み立て方もメチャクチャだ。

>膨大な議論が終わっているのをトレスしようとは思わない。

コピペやトレースした文章に大した意味はないのは同意するが、支離滅裂な書き込みの後で、断末魔の雄叫びをあげて逃げようとするのかい?
それならそれで結構。




29. 罵愚[3075] lGyL8A 2016年1月11日 03:57:28 : 3WGYDmwtbI : H9I40LzRlxQ[59]
 わたしは17で、押しつけ憲法の理由はいくつもあって書ききれないが、最初に思いうかぶのは占領期間中の国内法の制定・改正で、明瞭に国際法違反だと書いています。この議論は広く世間にあって、しつくされているからコピペ合戦の★阿修羅♪流の応酬はゴメンです。
 ただし、確認しておきますが理由はいくつもあって、押しつけ論はその中のひとつにすぎない。ネットでも書店でも、簡単に探せると思う。そのうえで。あなたたち自主制定派は、自主制定を理由とした護憲論を展開してるわけだ。
 昨年の安保法制国会でも、反対派は憲法違反を理由に安保法制に反対していた。あなたもその一人ではなかったのですか?

30. ボケ老人[287] g3uDUJhWkGw 2016年1月11日 08:11:40 : EmC9SOekmo : vtOJ5h9kgHo[28]
罵愚

もういいよ
弁解にもならないクソ投稿は
なんだかんだと偉そうに知っている言葉を書き込んでも、言葉を話し始めた幼児と同じだから、中身を突っ込まれると、一言も反論できない。
だから

>この議論は広く世間にあって、しつくされているからコピペ合戦の★阿修羅♪流の応酬はゴメンです。

それなら、最初から阿修羅に登場するなヨ

>3.国際法違反の憲法押しつけに抵抗した良心的日本人の存在が、押しつけ憲法を正当化はしない。押しつけは押しつけ、アメリカの国際法違反

と議論を吹っかけてきたのはあなただよ
ここで、《良心的日本人の存在》などと聞きなれない言葉が出てきて、散々議論を逃げたあげく、ようやく出てきた名前は、唯一、鈴木安蔵、ただ一人。
ところが、この人物は罵愚が自身で認める通り、日本国憲法制定に協力した人物であった。
中途半端にしか理解してなさそうだから、日本国憲法草案には松本乙案もあって(これだけではないが)鈴木安蔵の方は『象徴天皇』の発起人ともいえる人であったことを教えてあげた。
遂に罵愚は、自分の言いだした《良心的日本人の存在》を明らかにすることができなかったわけだ。
もうひとつの押し付け論について、占領期の国内法制定などと憲法とは筋違いのところに逃げて、逃げ切れなくなって、急遽ハーグ陸戦条約を持ち出した。これも全く説明できずに

>この議論は広く世間にあって、しつくされているからコピペ合戦の★阿修羅♪流の応酬はゴメンです。

と負け惜しみのギブアップ宣言


      



31. 罵愚[3079] lGyL8A 2016年1月12日 05:30:39 : oGu3NEAk8E : rPaaLaN8B78[2]
 リテラは『安倍の「押しつけ憲法論」は嘘だらけ 』といってるわけだ。あなたも同類だろう。わたしは、反対に平和憲法はマッカーサーに押しつけられたものだと…ただし、その理由はネットでも図書館でも、たくさんあるから説明の必要はあるまい。結論はすでに出てると思うし、★阿修羅♪流のコピペの応酬はゴメンだといっている。
 そのうえで、平和憲法の制定過程への疑念があらためて話題になるのは安保国会であらわになった“立憲民主主義”からの護憲論だと思う。日本の憲法学者の大多数がこの立憲民主主義論者であり、護憲平和の論理的中枢を形成している。
 かれらの言うところは安倍政権の安保法制は憲法違反だから実現したいのなら憲法改正をさきにすべきだとの主張だな。一強多弱の議会の現状に悪乗りして、民主主義の原則に違反してるということだろう。
 でもねぇ…だとしたらだよ、敗戦後の混乱期、外国軍隊に占領されたなかでの憲法制定は、どんなにあなたたちが弁舌さわやかに言いくるめたところで、安倍さんの安保法制とおなじ強権による押しつけではないのだろうか? 権力者が目の前の現実への対応を優先して、民主的な手続きを怠って方向転換をしたケースだと思う。マッカーサーは平和憲法を押しつけて、安倍さんはその憲法を無視した。

 コピペの応酬しかできない★阿修羅♪ボードでは見慣れない議論だから、ネットや本屋の店頭を探してもコメントはできない。わたしは、あなたのコメントに期待してないし、★阿修羅♪の読者の読解力にも期待はしてない。一人の日本人として、書き残しておかなければならない、義務感に駆られて書いておく。


32. ボケ老人[291] g3uDUJhWkGw 2016年1月12日 07:39:38 : EmC9SOekmo : vtOJ5h9kgHo[32]
大きく出たな
お題目を主張するだけで、中身は空っぽ
安倍晋三と同じで何一つ反論一つできない輩が

>★阿修羅♪の読者の読解力にも期待はしてない。一人の日本人として、書き残しておかなければならない、義務感に駆られて書いておく。

何一つ説明もできないくせに

>その理由はネットでも図書館でも、たくさんあるから説明の必要はあるまい。

中身が全く分からず議論できないから、議論する知識が全くないからこんなばかなことを

そんな輩が 何を書き残すのか
罵愚の書き残したいことはネトウヨやネトサポが騒ぎ立てるお題目であって
巷に溢れるタワゴトを
お題目だけで中身がなければ何もわからないだろう。
阿修羅の読者に期待もしないのならシャシャリ出てくるなヨ

浅はかな知識で、憲法制定に協力した鈴木安蔵を持ち出し、押し付け憲法に反対した良心的日本人と墓穴を掘る
とんだお笑い種だ



33. 罵愚[3082] lGyL8A 2016年1月13日 05:14:24 : rfWBgtNjv6 : UnkBDsJdIw0[1]
 他人の書いた文章をコピペして、あたかも自分の意見を書き込んだかのような陶酔感に浸ってる ★阿修羅♪の常連は巻末の解答を書き写してドリルの宿題を終わらせる小学生のようなもので、応用問題を解けないで、戸惑っている。

 共産支那の膨張に冷戦期の安全保障が対応できなくなって、安保法制や改正論議が浮上するのに対抗する護憲派の論理が憲法学者たちの立憲民主主義の護憲論だという現実がある。メディアも政治家も、その立憲民主主義をうのみにした議論をはじめるのだが、わたしは、その立憲民主主義への疑問から話し始めてるんだよ。
 このスレッドの本題から外れない議論をしてるってことがわからないかなぁ? もちろん、外れてはいけないとは思わないが…


34. ボケ老人[296] g3uDUJhWkGw 2016年1月13日 08:38:30 : EmC9SOekmo : vtOJ5h9kgHo[37]
他のスレッドでも同じだが
罵愚は嘘つきだな

>3.罵愚
 まったく論理が逆転した記事内容だな。国際法違反の憲法押しつけに抵抗した良心的日本人の存在が、押しつけ憲法を正当化はしない。押しつけは押しつけ、アメリカの国際法違反だよ。

これがスタートだよ
押し付けに抵抗した良心的日本人の存在として罵愚は鈴木安蔵を取り上げ
ハーグ陸戦条約違反と宣もうた。
まずこれがトンデモであることを指摘されると。
その後は一切鈴木安蔵には触れず
国際法違反についても、
《その理由はネットでも図書館でも、たくさんあるから説明の必要はあるまい》
と説明を拒否
結局、罵愚はネトウヨのスローガンを叫んだだけで中身は空っぽ

今度は議論をすり替えて
《立憲民主主義への疑問から話し始めてるんだよ》
バカバカしいったらありゃしない。

難しい議論ができる罵愚ではないから
罵愚が取り上げた《鈴木安蔵》だけでいいよ。彼が押し付けに抵抗した証拠を一言で、無理なら二言でも三言でもよいから述べてごらん。
罵愚が取り上げた人物なんだから。





35. 罵愚[3085] lGyL8A 2016年1月13日 11:44:22 : mEc4BVSFuU : a1x7Dvy_OEc[1]
 鈴木安蔵はわたしが取り上げたんじゃぁないよ。リテラの元記事に登場してるんだよ。コピペの大家が、気がつかないのかなぁ〜(笑)

36. ボケ老人[297] g3uDUJhWkGw 2016年1月13日 12:51:21 : EmC9SOekmo : vtOJ5h9kgHo[38]
罵愚はバカだなー

では何のために取り上げたのかな

リテラからわざわざ抜き書きして、リテラはこう言っているが、そうじゃない、実はこうなんだという記述が全くない。
つまり罵愚は何にも理解していないから、説明できないということだな


37. 罵愚[3087] lGyL8A 2016年1月14日 06:12:54 : NGM2vjcfwQ : dFU5_Bv@Sz0[1]
 それについては21で答えてるよ。21のもとは19だな。あなたの議論は19と21に立ち返っている。これは、あなたとわたしが対立する原点だから、くりかえし説明してもいいと思う。

 日本人のなかに良心的な改憲論者が存在して、かれらの意見を取り入れて平和憲法が成立した、という説明は間違ってるとわたしは思うが、たとえ、それが事実だったとしても、占領期間中の改憲はハーグ法違反です、というのがわたしの意見です。


38. 2016年1月14日 07:44:11 : IWuOqszGtA : OFNtfNSYTs4[2]
>37
>占領期間中の改憲はハーグ法違反
>>24 で書いたように、憲法がハーグ法の対象になってるかどうかは疑問。戦時中の占領地は元の国家主権からは切り離されてるわけで。(ついでに、詳しいことは確かめてないが、日本の刑法や民法は基本的に戦前の物を引き継いでるよね。)
 で、ハーグ法というのは国際法なのだから、この主張が意味を成すためには他の国がこの説に賛同してくれなければならない。その見込みはあるのかね?それとも単に国内向けに『日本は被害者である』と宣伝するための種にすぎないのか?

 しかし、ここのやりとりを見ていたら、使えない罵愚のようなヒトモドキが生ゴミの王安倍晋三様を崇拝するのは自然なことであると思った。あのような低能が日本国を支配するさまを見て、同じ低能の自分もひとかどの代物であると錯覚できるから


39. ボケ老人[300] g3uDUJhWkGw 2016年1月14日 07:50:10 : EmC9SOekmo : vtOJ5h9kgHo[41]
罵愚 苦しくなると議論のすり替えかい。

では

>国際法違反の憲法押しつけに抵抗した良心的日本人の存在

を一人でもよいからあげてみろや。

ハーグ陸戦条約違反と言うなら、具体的に説明してみろや。
どの行為がどの条文に違反するのか
説明は図書館にあるなどとふざけるなよ!!

米軍のパシリを正当化するための改憲圧力は押し付けではないのかい?
罵愚の得意なハーグ条約には違反しないのかい?



40. 罵愚[3090] lGyL8A 2016年1月14日 11:47:40 : NGM2vjcfwQ : dFU5_Bv@Sz0[4]
>国際法違反の憲法押しつけに抵抗した良心的日本人の存在

 ンなこと、だれがどこかでいったかなぁ〜?


41. 罵愚[3094] lGyL8A 2016年1月15日 15:14:46 : YjlKHfp1LM : V6K9dXvu_lk[1]
 リテラの本論は押しつけられたのではなく「鈴木安蔵らの憲法研究会がつくった憲法草案要綱がベースになっている。つまり、日本国憲法の起草者は日本人だった」と主張している。そのうえで、近現代史研究者の保坂正康はかれらを「占領下という圧倒的に不利な状況でも日本の平和と国益を守るために一身を賭した先達」と呼んでいるとリテラの元記事が書いている。その起草者や同調者をわたしは皮肉を込めて“良心的日本人”と呼んだつもりだったが、真反対に誤解されたようだった。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK199掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK199掲示板  
次へ