★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK199 > 318.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
腐朽衰退する資本主義を乗り越えた世界への展望年頭にあたってのご挨拶 長周新聞(後半部分抜粋)
http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/318.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2016 年 1 月 07 日 10:04:38: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 




初めに投稿者ですが、前半部分を国際板に、後半部分を政治板に敢えて二つに分けて投稿させていただいたことに対し、引用元の 長周新聞さんには、おそらく思いは同じで、圧倒的大多数の利益を優先させるための分割で、他意のないことをこの場にて、お知らせするとともに、この行為を陳謝し、ここ、阿修羅掲示板の読者の方々にもご理解を賜るべく、ご案内させていただくしだいです。


腐朽衰退する資本主義を乗り越えた世界への展望年頭にあたってのご挨拶 長周新聞(前半部分抜粋)よりの続き(前半部分はクリックして国際板にてご覧下さい。)


ーーーーーーーー引用ここからーーーーーーーー



 日本国内では昨年、安保法制を巡る斗争が燎原の火の如く広がりました。アメリカは自衛隊に米軍任務の肩代わりをさせるためにガイドラインを見直し、地球の 裏側まで武力参戦させるために安保法制を強行させました。対中国包囲網のTPPで経済的な緊張関係が深まると同時に、尖閣諸島をはじめとした軍事的緊張に よって米中衝突の矢面に立たされ、さらに国益など何も関係がない中東やアフリカ地域にまで駆り出されるものです。日米「安保」条約はアメリカが日本を守る ものだと欺いてきましたが、守るどころか米軍の鉄砲玉として戦争に投げ込まれる、日本列島をミサイル攻撃の標的にさらすものであり、70年にわたる対日支 配の本質を暴露するものでした。


 これに対して長年の停滞を打ち破って知識人や学生、若い母親などが行動に立ち上がり、60年安保斗争以来の全国的な政治斗争が発展しました。人民運動は 下から大衆的な連帯と団結を強めながら、新しい様相を持って広がりはじめ、列島を揺るがす爆発的な力を発揮しはじめました。


 日本人民はかつての大戦によって320万人もの命が犠牲になりました。広島、長崎の原爆投下、沖縄戦の大殺戮、全国の大空襲、戦地における飢餓、病死、 輸送船の撃沈などで親兄弟を無残に殺された記憶は、かき消すことなどできません。この新鮮な怒りを若い世代に受け継ぐことはきわめて重要です。天皇をはじ め独占資本集団、官僚機構、新聞などの戦争指導勢力は、負けると分かっていた戦争を長引かせて、全国空襲や原爆投下などで国民を殺させるに任せ、戦後はア メリカの対日支配の協力者になって民族的な利益をことごとく売り飛ばすことで、自分たちの支配的地位を守ってきました。70年たった今日、日本社会はこの 対米従属のもとで無惨に崩壊し、富だけでなく命までも奪いとられるところへきました。異次元の金融緩和にせよ、TPP、原発再稼働、沖縄への辺野古基地建 設にせよ、まるで日本政府が自主的にやっているように見せかけて、アメリカがみな指図していることです。金融、軍事、エネルギー、教育、文化、農漁業、労 働、医療福祉など全ての分野で売国政治との矛盾が噴出し、対米従属構造を突き破らなければ日本社会の展望は切り開けないことが現実的課題となっています。



 大衆的な基盤を持った新しい型の運動が、確実に発展しています。この十数年来、下関、広島、長崎、沖縄をはじめ全国で、原爆詩人・峠三吉の詩をベースに した「原爆と戦争展」が開催され、被爆者の気迫あふれる体験の伝承によって原爆反対、戦争反対の強力な力を発揮しています。広島の八・六集会は広島市民の 圧倒的な支持を集めるものとなっています。沖縄では祖国復帰斗争の経験をよみがえらせ、基地撤去・日本の独立要求のたたかいが島ぐるみで発展し、辺野古基 地建設をゴリ押しする日本政府との全面対決の様相を呈しています。対米従属の構造を真っ向から暴露してたたかう、そのような行動が人人の心を捉えていま す。
 上関原発阻止斗争では、祝島島民が全国との団結のもとで下から決起して漁業補償金の受けとり策動をはねつけ、新規立地を押しとどめています。下関では安 岡沖で全国最大規模の洋上風力発電の建設計画が持ち込まれたのに対して、住民たちが反対運動に立ち上がり、1000人以上の市中デモをくり広げました。大 衆の行動機運は全国津津浦浦に充満していることを確信させています。教育運動は、「いじめ」「体罰」などで教師現場を萎縮させて指導性を剥奪し、鍛えては いけない、指導してはいけないという自由主義の強要と対置して、勤労父母の資質を身につけさせるという人民教育の路線が日本の教育の展望を示しています。 劇団はぐるま座の再建は、修正主義の欺瞞と虚飾の劇団から人民劇団にとり戻すために劇団員が奮起し、公演活動を通じてリアリズム演劇の大きな力を発揮して います。



                       


 日本社会の針路をかけて、かつてなく大衆的な行動機運が高まっています。ところが、これほど国民全体の難儀な問題が起こっているときに、人民大衆の側を 代表した政治勢力、あてになる政治勢力が国政政党を含めて見当たらないのが現状です。旧社会党であれ「日共」集団であれ、みな自分の利益、地位、もうけの ために小集団の自己主張をしている勢力がほとんどです。戦後アメリカを平和と民主主義の進歩勢力とみなしたこれらの潮流が大衆から見離され、苦難にあえぐ 人民には関心がないか、関心を寄せたふりだけするといった、支配の枠の中で安住してきた勢力は消滅の道を進んでいます。


 現在発展している新しい政治勢力は、人民大衆が歴史を創造する原動力であることを確信し不断に大衆のなかへ入り、その生活と斗争に学び、大衆の先頭に 立って人民を抑圧する敵と正面からたたかうことで運動を切り開いてきました。日本の命運を決める最大の力は、寄生的な支配階級ではなくて幾千万の勤労大衆 です。いかなる権力者も大衆の協力がなければ戦争などできるわけがありません。労働者、農漁民をはじめ各階級各階層の人民が全国的に結びつくならば戦争を 阻止できないわけがありません。そのために大衆を導く政治集団が形成されていくなら、日本社会の展望を大きく切り開いていくことになります。朝鮮戦争真っ 只中の戒厳令下にあった広島で原爆反対・朝鮮戦争反対を掲げて切り開いた1950年8・6斗争は、正面からアメリカを暴露して戦争を阻止すると同時に人民 世論を激励し、沖縄の基地撤去・祖国復帰のたたかいをはじめ全国の基地撤去のたたかいを激励し、世界の平和運動をリードするものとなりました。そして朝鮮 での原爆使用を押しとどめました。


 長周新聞の勤務員は、人民に奉仕する思想、自力更生、刻苦奮斗の精神を貫き、独立、平和、民主、繁栄の新しい日本を実現するために奮斗することをお誓いして、新年のご挨拶といたします。


                        2016年元旦


                                        長周新聞社



腐朽衰退する資本主義を乗り越えた世界への展望年頭にあたってのご挨拶 長周新聞(後半部分抜粋)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK199掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK199掲示板  
次へ