★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK199 > 593.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ジブチ基地 米軍支援の一大拠点に 笠井(共産)議員 戦争法廃止迫る 衆院予算委
http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/593.html
投稿者 gataro 日時 2016 年 1 月 13 日 13:30:16: KbIx4LOvH6Ccw Z2F0YXJv
 






「しんぶん赤旗」 2016年1月13日(水)
ジブチ基地 米軍支援の一大拠点に/笠井議員 戦争法廃止迫る 衆院予算委
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-01-13/2016011301_01_1.html

 日本共産党の笠井亮議員は12日、衆院予算委員会で質問に立ち、戦争法で米国の軍事作戦への自衛隊の支援が法律上可能になるもとで、防衛省がアフリカ・ジブチの自衛隊基地を米軍支援の一大兵たん基地へと強化する研究を進めていることを明らかにし、戦争法の断固廃止を迫りました。(論戦ハイライト)

写真

(写真)質問する笠井亮議員=12日、衆院予算委

 笠井氏は、イラク戦争が過激組織ISを生み出した経過にふれながら、米軍主導の「有志連合」の空爆など軍事作戦の強化は、戦争と憎しみの連鎖を生み、事態を悪化させるだけだと指摘しました。

 笠井氏が、米国から軍事作戦への協力要請はあったのかとただすと、中谷元・防衛相は「相手国のこともあるのでお答えを差し控えさせていただく」とくり返すばかり。笠井氏は「国民、国会(への説明)こそ大事ではないのか」と一喝し、オバマ米大統領が昨年12月に各国にいっそうの軍事的貢献を求めていることを示し、「要請を断ると明言もできないのは重大だ」と強調しました。

 その上で自衛隊が「アデン湾での海賊対処」を口実に造ったジブチ基地を他の目的にも「活用」するための調査研究を防衛省が現在、進めていることを指摘。基地を「対テロ戦争にも活用するのか」とただすと、中谷氏は「法律の範囲内で対応する必要がある」などと述べました。

 笠井氏は昨年、日本共産党が暴露した河野克俊・統合幕僚長の訪米記録の記述にもふれながら、今回の調査は米軍の戦域統合軍との連携強化を目指したものであり、戦争法で自衛隊が地球の裏側でも米軍を軍事支援できるようになったという立場から基地を強化する研究だと告発しました。

写真

笠井亮議員が衆院予算委での質問で示したパネル(防衛省資料をもとに作成)

 調査研究の「仕様書」には米国などの自衛隊「ジブチ拠点」に対する「期待」を調査するとも書かれていることも指摘しました。

 さらに、2014年3月にまとめられた別の調査研究(統合幕僚監部発注)ではジブチ基地を米アフリカ軍支援のための「国際後方支援拠点」にする構想が提案されていると強調。長期的には「本格的な機能拡充」や「日米が対等に共同作戦を遂行しうる段階」を目指すと踏み込んでいると指摘し、安倍晋三首相の考えをただしました。

 首相は「自衛隊ジブチ拠点をいっそう活用するための方策を検討している」などと答えました。

 笠井氏は「憲法9条をもつ日本がジブチを拠点に他国領土に空爆支援するようなことは絶対にあってはいけない」と強調しました。


関連キーワード


--------------------------------------------------------

「しんぶん赤旗」 2016年1月13日(水)

論戦ハイライト/
地球の裏側まで軍事支援/ジブチ自衛隊基地強化の実態/衆院予算委 笠井議員が追及

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-01-13/2016011303_01_1.html

日本共産党の笠井亮議員は12日の衆院予算委員会で、戦争法を強行した安倍政権が米国の要望にこたえて軍事支援をするため、地球の裏側に自衛隊の一大軍事基地づくりを進めている実態を暴露しました。

米国からの軍事支援要請の有無――防衛相答えず
写真

(写真)質問する笠井亮議員(左)=12日、衆院予算委

 笠井氏は、安倍晋三首相が、過激組織ISに対する米国主導の「有志連合」の軍事作戦への支持を表明したことを受け、カーター米国防長官が昨年12月に「約40カ国に協力を要請した」と語った問題を追及。中谷元・防衛相が日本への協力要請の有無を答えようとしないことに対し、「なぜ差し控えなければならないのか」と迫りました。

 中谷防衛相 日米間の意見交換で日本の立場や姿勢は説明しているが、相手国の立場もあるので答えは差し控える。

 笠井 要請があったか、なかったかは重要な問題だ。支援を要請するのが物事の出発点であり、(参加するかどうかの)政策判断以前の問題だ。はっきり言うべきだ。


 防衛相 具体的なやりとりはお答えを差し控える。


 答弁拒否を繰り返すばかりの中谷防衛相に対し、笠井氏は、オバマ米大統領が各国にさらなる軍事的支援を求めていることから「要請があったとも言えず、断るとも明言できないことは重大だ」と声を強めました。

 さらに笠井氏は、政府が「政策判断」として軍事支援は考えていないと表明していることにも厳しく反論。防衛相自身が昨年、戦争法の審議で「要件を満たせば、法的理論としては適用されることはありうる」と明言したことを強調し、戦争法の強行成立で「法律上、『有志連合』への軍事支援を可能にした」ことの危険性を力説しました。


 防衛省「一層の活用」を調査検討 統合幕僚長も発言


 笠井氏は、自衛隊による軍事支援の具体的な危険として、自衛隊が海外に唯一もっているジブチ基地(図)強化の動きを取り上げました。

 同基地は2011年に、ソマリア沖・アデン湾での海賊対処行動を目的に開設されましたが、同地域での海賊事件は年々減少し、15年は一件も発生していません。

 笠井氏は「海賊事件がないのに、なぜ拠点を置き続けるのか」と指摘。戦争法が強行成立させられる以前の昨年9月3日から、防衛省がジブチ基地の「一層活用」(「防衛大綱」)を具体化するために新たな調査研究に着手していたことを明らかにして、次のようにただしました。

 笠井 戦争法により可能となった対テロ戦争等にも(ジブチ基地を)活用するということか。

 防衛相 テロを恐れて諸外国と協力しないと国際社会の足並みを乱す。わが国の法律の範囲内で対応する必要がある。

 防衛相は、ジブチ基地の活用は「国際平和協力等を効果的に実施する観点から検討している」といいながら、対テロ戦争への活用も否定しませんでした。笠井氏は、河野克俊統合幕僚長が14年末に訪米した際、ジブチ基地の利用拡大について触れ、「今後は米太平洋軍、米中央軍、米アフリカ軍との連携を強化してまいりたい」と述べたことをあげ、次のように迫りました。

 笠井 今回の調査は、米軍の戦域統合軍と自衛隊の連携・強化をめざしたものだ。

 防衛相 平和安全法制(戦争法)の整備と直接的な関係はない。

 笠井氏はジブチ基地の調査研究の仕様書には、ジブチに軍事拠点を持ち、過激組織ISへの軍事作戦を行う「有志連合」の主要国(米、仏、伊)を対象に「我が国のジブチ拠点に期待する機能・能力」を調査すると明記されていることを指摘。「対テロ戦争への軍事支援を否定しながら、実際には着々と検討、具体化をすすめている」と強調しました。
 

 統合幕僚学校の委託研究では具体的機能も研究


 さらに、笠井氏は「自衛隊のジブチ基地活用の検討は、戦争法成立以前のはるか前から行われてきた」と指摘。統合幕僚学校の委託研究として2014年3月にまとめられた「調査研究」文書の内容を告発しました。

 同文書では「アフリカの要所に自衛隊等が利用する『国際後方支援拠点』を設置し、各種活動の利便性を図る必要がある」として、その候補地として「ジブチの活用が最適」と明記。具体的機能として「部隊の展開、訓練、休養等のための施設の設置等が必要」など事細かに列挙し、長期的には「大規模な自衛隊部隊の展開」「アフリカ国際安全保障司令部を設置」し、「日米が対等に共同作戦を遂行しうる段階」を目指すと踏み込んでいます。

 笠井氏は「この調査研究は、自衛隊ジブチ拠点を、米アフリカ軍支援のための『国際後方支援拠点』にする構想・計画を提案している」として、次のようにただしました。

 笠井 ジブチ基地を恒常的な一大海外軍事拠点にするつもりか。

 防衛相 質問にあった資料は、いかなる資料か(わからないので)即答できない。

 「事前に(資料を)読んでいない」といって答弁拒否を繰り返す防衛相。笠井氏は「この報告書があることも知らない。それで大臣をやって、戦争法の議論をしてきたのか」と厳しく批判し、「安倍首相も、こうした軍事拠点が必要だと認識しているのか」とただしました。安倍首相は「本邦から遠く離れた地域で効果的に実施する観点から自衛隊がジブチに有する拠点を一層活用するための方策を検討している」というだけでまともに答えませんでした。

 笠井氏は「憲法9条を持つ日本が、ジブチを拠点に他国領土への空爆支援することがあってはならない」と指摘。「自衛隊の海外での軍事態勢づくりをとめるうえでも、戦争法は断固廃止し、(集団的自衛権を容認する)一昨年7月の『閣議決定』は撤回すべきだ」と力説しました。

                                  図

笠井亮議員が衆院予算委での質問で示したパネル(防衛省資料をもとに作成)         

 

  

 


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月13日 13:55:28 : JMN5LOggBU : HXB5x8DAXO8[4]
愚劣な国民

2. 2016年1月13日 14:25:43 : RpgUB1WlfQ : 7sHqRbhflC4[21]
共産党の赤嶺さん或は笠さん頑張れ!他の野党諸君も共産党を見習え。

共産党議員は勉強している。国民の目線に立っての鋭い質問には、胸がスカッとする。

野党第1党の民主党は、質問者全ての方とは言わないが、追及に鋭さが無い。安倍晋三がタジタジなるまでに至っていないことに歯痒さを感ずる。

安倍晋三の、知識、認識の無い部分を徹底的に追及し、嘘の塊を露わにえぐり出す手法を考えてもらいたい。


3. 2016年1月13日 16:20:52 : sSJVAIVd0s : L5F4tUKHcm0[125]
▼米仏に続いてジブチに軍事基地を建設、泥沼化したソマリアへ足を踏み入れた自衛隊は状況を理解しているのだろうか?
ソマリアを含むアフリカ東部がイスラムの勢力圏に入ることをアメリカ政府は嫌がり、反イスラム武装勢力を支援してきた。CIAは秘密裏に毎月10万から15万ドルをそうした勢力へ提供していたが、その仲介役を務めていたのがジブチ駐留のJCTF(統合連合機動部隊)だった。ジブチを拠点にしてアメリカは秘密工作を展開しているようだ。
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201107160000/
▼アフリカの旧フランス領であるジブチは、アラビア半島の紅海の対岸、インド洋からスエズ運河に向かう海路に面した小さな国だ。ここには、アフリカ大陸で唯一の米軍基地であるレモニエ基地(Camp Lemonnier)がある。米国は911直後の01年から同基地を租借し、テロ戦争の拠点として使ってきた。今は、米軍の世界最大級の無人戦闘機・偵察機の拠点であり、米軍はここからISISやイエメンなどを攻撃する無人機を飛ばしている。またジブチには、ソマリア沖に出てくる海賊を探知・退治するため、米仏独や日本、インド、そして中国などが軍隊を置いている。海賊退治には20カ国が参加している。
http://www.tanakanews.com/150820china.htm
▼イエメンが戦略上、重要な位置にあることは地図を見ればすぐにわかる。アラビア海から地中海へ抜けようとする場合、アラビア海からアデン湾へ入り、紅海を経由し、スエズ運河を通過するのが通常のコース。アデン湾と紅海の境目にあるのがバブ・エル・マンデブ海峡で、非常に狭い。つまり、容易に封鎖でき、そうなると石油の輸送が止まる。スエズ運河と同じように、この海峡は産油国にとってもヨーロッパにとっても重要な場所だ。
バブ・エル・マンデブ海峡はジブチとイエメンにはさまれている。ジブチは小さい国だが、アメリカ軍の拠点で、JCTF(統合連合機動部隊)約1800名が駐留、無人機の基地もあり、偵察だけでなく攻撃も実行されている。この国には自衛隊の拠点基地が約47億円をかけて建設されている。
ジブチの隣国が「アフリカの角」と呼ばれるソマリアで、ここも戦略的に重要。CIAはJCTFを介してソマリアの武装勢力へ資金と供給、その勢力が劣勢になると、エチオピア軍を投入して支配しようとした。
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201504040001/

4. 2016年1月13日 20:36:21 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[192]
祝・笠井再起動!

5. おじゃま一郎[5094] gqiCtoLhgtyI6phZ 2016年1月14日 09:58:30 : YDSnIgbZs2 : G3JX1_HEP2Q[1]
自衛隊の他国での駐留は地位協定を締結するが、
ジブチとの地位協定は、戦後の米国との治外法権を押し付けたもの
と言えるのに充分である。
例えば現地の自衛隊員が女買って、もめごとを起こし殺人を
犯しても裁判権はジブチ側になく、日本の法に従うことになる。

いかに日米地位協定が平等であるかわかる。


6. 2016年1月15日 13:59:43 : 1Tz0DHxfg2 : e3zee0VE74o[102]
>>1 JMN5LOggBU : HXB5x8DAXO8[4]

>愚劣な国民

誰が?
アメリカに加担して、日本を戦争に巻き込みたくてたまらない自民党支持者が?

そんな人は本当に愚劣だよね。
戦争とは人を殺し殺される事なり。
さまざまな建物、病院も学校も住民の家も町も文化も自然もインフラも、全てを破壊する事が戦争。
そして子供も女も年寄りも若者も見境なく殺す。
それが戦争。
戦争の出来る国にして平和を勝ち取るなどと嘯く人は愚劣の極みなり。
あっぺちゃんのような人を言うんでしょ。
戦争をして平和になった国が世界の何処にある?
アメリカか?
だね。
アメリカは、経済が疲弊したらその度に戦争をして経済を潤押してきた。
だからアメリカはいつも世界に目を光らせて、いち早く紛争を見つけてはその一方に味方をして武器を売りつけ、経済を潤わせてきた。
あっぺはそれをまねたくてたまらないらしい。
国力も違うし、アメリカとは民族性も違うのに。
アメリカが狩猟民族で肉食なら、日本は農耕民族で米や野菜を食べて暮らしてきた温和な民族。

アメリカとは違うんです。


7. 2016年1月16日 16:14:59 : mV7TPFxAMI : 1psDVcB4D9o[27]
共産党は良く調べ上げている、それに比べ民主党は何をしているのか、まるで第2の自民党の様だ、安倍政権を倒そうという姿勢がまるで感じられない、生ぬるい質問、答弁されれば根をあげるまで粘らずそれで終わり、これだから国民の支持率も上がらない。中谷防衛大臣もアメリカの言うまま、言われるままの犬、どうにも頼りない防衛大臣、防衛予算は増えるばかり、アメリカにとってこれほど言うなりの国も世界広しと言えど日本だけ。

8. おじゃま一郎[5100] gqiCtoLhgtyI6phZ 2016年1月19日 10:53:47 : DRnlEe0Rhs : w8gqMIqA6@Y[1]
ジブチの自衛隊基地は、ソマリアの海賊対処として
民主党が作ったのだ。自衛隊の海外基地建設は、あきらかに
最小限度の枠を超えたものであり、憲法違反の可能性がある。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK199掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK199掲示板  
次へ