★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK204 > 726.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自白強要なくならぬ 参考人参院委質疑 部分録画の危険明らかに(しんぶん赤旗)〔動画付き〕
http://www.asyura2.com/16/senkyo204/msg/726.html
投稿者 gataro 日時 2016 年 4 月 20 日 19:34:55: KbIx4LOvH6Ccw Z2F0YXJv
 



小池 振一郎(こいけ しんいちろう) 1948年3月2日生
出身地:愛媛県松山市 所属弁護士会:第二東京弁護士会(二弁) 登録年:1974年
個人ブログ:小池振一郎の弁護士日誌
 



桜井昌司(さくらい しょうじ) 1947年1月、 栃木県塩谷郡塩谷村(現塩谷町)生まれ 布川事件元被告人、社会運動家。 




仁比 聡平(にひ そうへい) 1963年10月16日生 弁護士。日本共産党所属の参議院議員(2期)。福岡県弁護士会所属、北九州第一法律事務所所属、自由法曹団員。「市民オンブズマン北九州」事務局長。

 
自白強要なくならぬ 参考人参院委質疑 部分録画の危険明らかに
しんぶん赤旗 2016年4月20日 日刊紙2面

 参院法務委員会は19日、刑事訴訟法等改定案について参考人質疑を行いました。196生した強盗殺人事件〔布川冤罪(えんざい)〕被害者である桜井昌司氏と、弁護士の小池振一郎氏の発言から、 捜査側に都合の良いところだけを録音・録画できるようにする法案の危険が明白になりました。
 意見陳述で、桜井氏は「法案は、ますます冤罪をつくるものと確信している。全面可視化を義務づけず、捜査官の裁量で録画しなくても良いとする法案はありえない」と強調。「どれだけの仲間が苦しめば被害を防ぐ法律をつくるのか」と涙ながらに訴えると、傍聴席から拍手が起きました。
 小池氏は「(取り調べで被疑者を)屈服させた後に犯行内容を語る場面だけを録画し、自白調書をとる恐れがないと言えるのか。法案は抜け穴だらけだ」と指摘しました。
 日本共産党の仁比聡平議員は、捜査側の筋書きに沿った取り調べに屈服させられウソの自白に追い込まれることで数々の冤罪が生まれてきたことを深く考える必要があると指摘しました
 桜井氏は「留置所ではすべての時間が管理され、トイレもお願いしないと行けない。逮捕されれば全裸にされる。せまい部屋で朝から夜まで、おまえが殺人犯だ、認めないと死刑だと責められる。(心が)ボキッと折れた」と証言しました。
 仁比氏は、政府は「対象事件の全過程が録音・録画される」と説明してきたが「本当にそうなのか」と問いかけました。
 小池氏は「法案が成立しても、全過程で可視化されることはない。録画のないところで自白を強要する。こんな法案はないほうが良い」と語りました。

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK204掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK204掲示板  
次へ