★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208 > 887.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
増田寛也「公共事業で借金倍増1兆円の過去」 右派からも批判 都連は左旋回?
http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/887.html
投稿者 軽毛 日時 2016 年 7 月 06 日 11:05:38: pa/Xvdnb8K3Zc jHmW0Q
 

増田寛也「公共事業で借金倍増1兆円の過去」
2016年07月04日 06:00


渡瀬 裕哉 
*平成25年9月岩手県「公債費負担適正化計画」より引用

「岩手県知事時代、借金を倍増させた無能な元建設官僚だった」
http://livedoor.blogimg.jp/yuyawatase/imgs/5/7/5756a745.png
<質問者>
「改革派の知事として知られた増田さんは十二年間の在任中に一兆四千億円と、岩手県の借金の残高を二倍にしてしまったというお話をいたしました。なぜそのようになってしまったのか。増田さんのリーダーシップの問題なのか、国の制度の問題なのか、あるいは悔しくなかったのか、お答えください。」

<総務大臣>

「この地方財政、岩手の場合に、今お話ございましたとおり、就任時に比べて大体借入金残高が二倍になったわけですが、その大きな理由、私は、一つは地方での、地方税の収入がなかなか伸びない、あるいは途中では随分落ち込んだ時期もございまして、やはり地方経済がうまく立ち行かないということが一つ。それから、あと社会保障関係費はずっとこの間増えてきていまして、そういう義務的な経費が増えてきているということも一つあります。」
「ただ、一番大きな原因でございますけれども、これは、やはり平成四年以降だったかと思いますが、国、地方併せまして公共事業を大分景気対策ということで行ったわけでございます。この公共事業を随分量的に拡大をして実施をしました。これは借金で実施をするものでございまして、その後、今申し上げましたような地域経済がなかなかうまくいかなかったということによって、その償還費の負担が非常に厳しかったということもあると思います。」

上記のやり取りは、2008年1月31日の参議院予算委員会にて、質問者・田中康夫氏からの総務大臣・増田寛也氏への手厳しい質問とそれに対する増田氏の回答です。

自らの知事としての手腕の無さを国のせい・社会のせいとし、本人は色々理由をつけていますが、国の成すがまま・言われるがままに公共事業を実施し、岩手県の借金を「倍増」させてきたことを自分自身の答弁で認めました。

彼が在任した1995年度から2006年度の12年間で県債は7029億円から1兆3922円に爆発的に増えています。知事就任直後が県債発行額が最高額に達しており、赤字を垂れ流して自らの政治基盤を確立した姿も数字から伺えます。たしかに、任期後期は急激な予算縮小を断行しましたが、自分でわざわざ公共事業で借金を増やし、その後に自分で歳出改革して辞める前にプライマリーバランスの帳尻を合わせただけです。

国の施策がアクセル全開のうちに思いっきりアクセルを踏んで借金をさせて、その後に国の方針転換に合わせて急ブレーキ。初期に借金が積み重なるのも承知の上であり、このような経済運営で多くの県民・県内企業が振り回されたのではないかと推察します。

その上、増田氏は公共事業を通じて岩手県内産業に寄与したと主張するも、県内総生産・県民所得の推移などを見ても顕著な伸びを示したとはいえず、必ずしも経済運営手腕が優れていたわけでもありません。

ちなみに、田中康夫氏は増田氏と同じ時期に知事を務めて、「僅か6年」で起債残高・借金を減らし、プライマリーバランスを黒字化し、基金を積み増しまで行ったと同じ質疑の中で述べています。

田中氏と同じ時期の知事として計画的な財政運営ができず、自らの政治基盤を固めるために元建設官僚として膨大な無駄な公共事業を繰り返してきた、と言っても過言ではありません。

増田寛也氏の「総務大臣時代」の驚くべき「東京蔑視」発言

「景気が回復して地方税収全体が上がるときにそういった、特に東京ですが、東京に金が集まりやすいような税体系はやはり切り替えていかなければならないと、こういう大前提がございます。」(平成20年4月24日総務委員会)

「経済活動、我が国全体の総体の経済活動が大都市というよりも東京に一極集中していると、これが今日、我々として早急に対応していかなければならない格差の問題の主要なターゲットになっている、相手方になっていると、こういうふうに考えております。」(平成20年4月20日総務委員会)

「これは結局、そのことを通じて地域に雇用の場があったり、若い人たちがそこにきちんと根拠を置いて、みんな都会あるいは東京などに出ていってしまうということを防ぐためにも、一番、やはりそこに基盤を置かなければいけないんではないかというふうに思っております。」(平成20年3月26日内閣委員会)

「そうしたことを防ぐ意味で、あえて私は税源移譲のことは申し上げませんけれども、その税源移譲をするにしても、例えば法人事業税の分割基準を見直しするといったようなことを行って三位一体改革を進めてきた、こういうことでございます。例えば、東京都からそういったことによって一千億ほどのお金が地方に移るといったようなことをやってまいりました。それで税源の偏りを緩和してきたわけでございますが、しかし、それが不十分だった。そのことは、事実として数字が出ている。」(平成20年2月8日衆議院予算委員会)

など、増田氏の総務大臣としての見解ですが、彼は総務大臣時代に東京都を目の敵として「東京に金を回さない」ということをやってきています。まさに、東京を蔑視して地方に金を回すことを正義としてきたような発言ばかり、「地方で地域の雇用を」というのは聞こえが良いですが、それを「東京のお金で」というのが彼の考え方です。

東京都も高齢化社会を迎える中で介護施設・介護人材などが不足している状況ですが、それは彼ら地方の利権を優先してきた人々が東京都のインフラを蔑ろにしてきたからに他ならず、東京都に不足する子育て施設も含めて東京への資源配分を蔑ろにしてきた増田氏の愚策がその遠因にあるのです。

増田寛也では東京を愛していない人物が公共事業によるバラマキで借金を作るだけ

以上のように、今回は増田氏の総務大臣時代の答弁を見てきましたが、自らの失敗に対する責任は中央省庁や社会環境に押しつけ、そして東京を蔑視する(東京から地方にお金を回したことを誇る)という有様でした。

増田氏の政治姿勢は一つの考え方として必ずしも否定しませんが、今更「東京都知事」として名乗りを上げるにはあまりに「厚顔無恥」なのではないかと思います。

彼が日本創生会議座長として行った「消滅自治体」の提言が基になって行われた「地方創生事業」というガラクタの山が積み上がりつつある中で、自分だけが地方の惨状から足抜けして東京都知事になろうとすることは虫が良すぎるのではないでしょうか?自らが如何に東京都を犠牲にして地方の人気取りのような政策を実行してきたのか、まずはその誤りを都民に謝罪することから始めるべきでしょう。

東京都知事選挙に際して、現在の増田氏に対する評価は「東京を愛していない人物が公共事業によるバラマキで借金を作るだけ」というものです。彼を推薦しようとする都議会自民党の政治的な見識を疑うとともに、一人の東京都民として「東京都民を馬鹿にするのも大概にしろ」とはっきりと申し上げておきます。

「天下り」とは何か (講談社現代新書)
「天下り」とは何か (講談社現代新書) [新書]
中野 雅至
講談社
2009-12-17

地方創生の正体: なぜ地域政策は失敗するのか (ちくま新書)
地方創生の正体: なぜ地域政策は失敗するのか (ちくま新書) [新書]
山下 祐介
筑摩書房
2015-10-05

本記事の内容は所属機関とは関係なく渡瀬個人の見識に基づくものです。取材依頼や講演依頼などはyuya.watase02@gmail.comまでお願いします。

渡瀬裕哉(ワタセユウヤ)
早稲田大学公共政策研究所地域主権研究センター招聘研究員
東京茶会(Tokyo Tea Party)事務局長
その他の個人ブログ記事を読みたい人はこちらまで 
渡瀬 裕哉
渡瀬 裕哉
早稲田大学招聘研究員、Tokyo Tea Party 事務局長
http://agora-web.jp/archives/2020097-2.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[2525] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年7月06日 11:20:06 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[866]

いや、でもね、彼をちぃ〜とばかり擁護すると、知事職1期の事業(県立大学設立)などは
前知事肝入りの大事業であり、そういう大学が岩手に誕生したという事実や付帯効果を含めて、
『財政赤字の貧乏県がさらに借金増やして何やってる!』と一概に批判される事でもない。

でも、知事職2期目、すっかり小沢一郎から離反し、県の穏健派や慎重派の意見に耳を貸さず、
イケイケドンドンの“コンクリートへの財政出動”をやっちまった事は擁護できない。

いや仮に、そういう公共投資を、県土の発展につなげるようなソフト面の工夫なり構想があれば良かったのだが、
『土木利権としての公共投資』だけが“目的化”してしまい、自民党と“不可分一体”となった県政を苦々しく思い出す。

さらに知事職3期になると、突然財政緊縮に突っ走り、確かにプライマリーバランスの健全化は果たされたが、
当然なすべき社会基盤インフラや成長産業への投資(物だけでなく人の面も)を怠った事が岩手県勢を弱体化させた。

当然、こういう男を担いだ小沢一郎にも一定の責任はあるが、少なくとも県知事レベルの行政処理能力はあるこの男、
小沢一郎に“反旗を翻した事”で、悪い意味での政治力を増していった人間である事を忘れてはならない。

おっと、ちょとした擁護をしようとしたら、結局は悪口。(笑)


2. 日高見連邦共和国[2543] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年7月06日 18:50:17 : Ihir5pcR5A : _8AvK2G84Zw[306]

増田スレッド、人気薄っ!(笑)

3. 2016年7月13日 02:43:32 : i39N7CLw6I : vxt0sh58Du4[6]
賭人がゆく

港澳(香港、マカオ)往来23年、人生如賭博。


“増田都知事”で移民が増えるか?

2016/7/12(火) 午前 3:38
http://blogs.yahoo.co.jp/hkg_fan/15053973.html(一部引用)

(前略)

特別対談

増田寛也 日本創成会議・人口減少問題検討分科会座長/東京大学大学院客員教授に聞く

「人口減少・地方消滅危機とこれからの日本」

http://www.nicmr.com/nicmr/report/repo/2014/2014aut02.html )


(略)

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

●上記の増田氏の見解はまさに「多文化共生」の思想そのものであろう。総務省見解では曲がりなりにも、「対等な関係」を築こう・・・とあるが、増田氏はもっと過激で、「価値観など日本の単一主義を打ち破り」と考えている。



●つまり対等どころか、「文化の多様性」を広めるという謳い文句でその実、日本人に対して自らの文化伝統を捨てよ・・・と言っているに等しい。本来ならば移民に対しては、日本に根付く以上は日本の文化伝統や日本人の価値観を尊重せよと宣誓させるのが筋なのに、日本人が彼らに合わせろというのだ。



●人間の主義思想はそうコロコロと変わるものでは無い。増田が「共生」というキーワードを拡大して、都の条例で移民促進や在日韓国・朝鮮人の優遇措置を講ずる可能性は高いと考えざるを得ない。



●韓国人学校を「白紙に戻す」と述べたとしても、要警戒である。


4. 2016年7月13日 03:04:50 : i39N7CLw6I : vxt0sh58Du4[7]
増田寛也氏の考え方↓
3ページ目が怖いよ。
難民ならずっと前に隣国から乗り込んできて子孫を増やし何十万人も居座ってるじゃないか。「
未だに密入国者が後を絶たない状況なのに、ご丁寧にウェルカムで移民させて「異文化強制」とかふざけんなや!と思う。


\\\\\\\\\\\\\\\\\\


PRESIDENT Online

2015年9月29日(火)

地方創生の切り札は「よそ者」「馬鹿者」そして「若者」――増田寛也氏インタビュー

PRESIDENT Online スペシャル  プレジデントオンライン編集部 吉岡綾乃=文
http://president.jp/articles/-/16320


<2ページ目>
「普通の自治体」は町おこしのために何をしたらいいのか
http://president.jp/articles/-/16320?page=2

<3ページ目>
●移民・難民受け入れの可能性
http://president.jp/articles/-/16320?page=3


5. 2016年7月14日 22:27:05 : gCwVSvGp7c : SJtsgi24rH0[3]
Yahooニュース

増田寛也「ほとばしる無能」を都知事候補に担ぐ石原伸晃&自民都連(訂正とお詫びあり)

山本一郎 | 個人投資家・ブロガー 2016年7月4日 23時49分配信
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20160704-00059615/


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK208掲示板  
次へ