★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209 > 746.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: 参院選勝利 安倍1強の行方(上)改憲論議、時機探る 絡む任期延長論 経済政策、「個人」を重視
http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/746.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 7 月 20 日 05:28:41: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 

(回答先: 参院選勝利 安倍1強の行方(上)改憲論議、時機探る 絡む任期延長論 経済政策、「個人」を重視 投稿者 あっしら 日時 2016 年 7 月 20 日 05:20:38)


参院選勝利 安倍1強の行方

(中)「共闘」の是非 民進に摩擦
執行部、継続を模索 保守系「共産とやれぬ」

 12日午後、東京・永田町の民進党本部。「安倍さんが重点区として回った10の1人区は自民党の1勝9敗だった。安倍さんが入ったことが我々にとっては良かったんじゃないか」。岡田克也代表は常任幹事会でこう強がりを漏らし、出席者の笑いを誘った。

 今回の参院選で民進党は改選45を割り込み、32議席にとどまった。大勢判明後の11日未明、硬い表情を崩さなかった岡田氏が、周辺から「野党系無所属の3議席を加えれば3年前(17)から倍増に達しますよ」と言われると、相好を崩した。周辺は岡田氏の胸中をこう察する。「本人は負けたとは思っていない」

 阻止するとした改憲勢力3分の2は許した。ただ、共産、社民、生活と候補を一本化した全32の1人区では野党陣営の11勝21敗と前回2013年の2勝29敗からやや持ち直した。常任幹事会では「政権奪取の反転攻勢に向けて弾みになった。東京都知事選で勝てば、さらに弾みがつく」と肯定的な意見があがった。

 12日夜、国会近くのホテルにある中華料理屋。細野豪志元幹事長とその側近議員らが集まり、参院選の慰労会を開いた。「競ったところで勝てたのは大きい」「でも共産党とやっていくのは難しいね」。約3時間半続いた宴席で、野党共闘への評価は割れた。「衆院選は民進党が主導して政策を打ち出し、共産党がそれについて来られないなら一緒にやることはない」との声も上がる。

 保守系議員は「共産党と組んだことで、保守・中道票が逃げる」と懸念していた。だが共闘した1人区では、8割超で野党統一候補が前回の野党合計より得票を増やした。別の保守系グループに属する衆院議員は執行部の一人にこう探りを入れた。「次の選挙で共産党に候補を取り下げてもらえるだろうか」

 共闘への評価は次の衆院選をどう戦うかという議論に直結し、9月に予定する代表選の争点の一つとなる。

 共闘継続を模索する岡田氏は代表選への出馬について「白紙」と述べるにとどめている。「あんた、進退についてあれこれ言う必要はねえからな」。参院選後、党重鎮の輿石東参院副議長からの電話に岡田氏は「私もそのつもりです」と応じた。当面は党内情勢を見極める構えだ。

 代表選には、共産党との連携に否定的なグループからは細野氏や前原誠司元外相、長島昭久元首相補佐官らの名が挙がる。細野氏は側近から「出てくださいよ」と水を向けられているが、態度を明らかにしていない。松野頼久氏ら旧維新の党のグループも前原氏らとの連携を視野に入れ、キャスチングボートを握ろうとしている。

 保守系には、憲法改正や安倍政権の安全保障政策に理解を示す議員も少なくない。共闘路線の是非に政策論争が加われば、党内対立が抜き差しならない段階に入る懸念がある。

1人区32のうち27選挙区、共闘で得票上積み

 参院選1人区での野党共闘の効果を前回2013年の参院選と比べると、8割強の選挙区で一定の効果が出ている。今回共闘した4党などの前回得票の合計と今回の野党統一候補の得票を比べると、32ある1人区のうち、27選挙区で得票数が増えた。得票率も26選挙区で上昇している。

 特に東北で票の上積み効果が大きく、宮城選挙区では野党の統一候補が前回よりも20万票以上も多くの票を集めた。得票率で見ても20ポイント以上も上回った。

 各選挙区で野党4党が獲得した比例代表の得票数と比べても、28選挙区で統一候補が獲得した票数が上回っている。とくに山形選挙区では比例得票の7割増まで統一候補が集めた。逆に振るわなかったのは富山選挙区で、比例得票の7割程度にとどまった。

[日経新聞7月14日朝刊P.4]

=================================================================================================================================
菅氏「自公関係は不変」 自民、参院単独過半数に 国政選挙の協力重視

 自民党は参院で122議席に達し、1989年以来27年ぶりに単独過半数を回復する。無所属の平野達男参院議員(岩手選挙区)が自民党に入党する見通しとなったためだ。自民党は参院で過半数を確保するため、99年から公明党と連立を組んでいるが、菅義偉官房長官は13日の記者会見で「自公関係は全く変わらない」と強調した。

 自民党の谷垣禎一幹事長は12日、党本部で平野氏と会い、入党を要請した。平野氏は受け入れ、その場で入党届を書いて提出した。自民党は月内にも受理する見通しだ。自民党は参院選で56議席を得たが単独過半数には1議席足りなかった。

 自民党は消費税導入やリクルート事件、宇野宗佑首相の女性問題などが重なった89年の参院選で過半数割れに転落。98年参院選も惨敗し、参院の過半数を確保するため、99年に公明党と連立を組んだ。

 最近は連立の目的が、国政選挙での協力に重点が移りつつある。衆院小選挙区では公明党の支持母体・創価学会の関連票が1選挙区当たり2万〜3万票あると言われ、次点と3万票以内の差で小選挙区を勝ち上がった100人近くの自民党衆院議員にとって公明党の支援は欠かせない。

 先の参院選では公明党候補を自民党が推薦、安倍晋三首相が各地の公明党候補の応援に入るなど、国政選挙での自公の相互依存関係が一段と深まった。「自民党は強い組織力を持つ公明党なしに国政選挙に臨めない」というのが自公両党の共通認識で、公明党幹部は13日「何も変わらない。変わったら国民の理解が得られない」と述べた。

 一方、改憲勢力は、改憲派の無所属議員を入れなくても、与党と憲法改正に前向きなおおさか維新の会、日本のこころを大切にする党の4党だけで162議席となり、参院で改憲発議に必要な3分の2に達する。

 菅氏は記者会見で、憲法改正に関して「従来と同じように『自然体で』ということに尽きる」と語った。自民党幹部は「単独過半数をとったからこそ、改憲に向けて丁寧な議論が必要になる」と述べた。

 野党は共産党の小池晃書記局長が「平野氏はもともと自民党と国会活動をしてきた」と指摘。民進党議員の一人は平野氏がかつて民主党に所属していたことを念頭に「一緒に仕事をした人が単独過半数への最後の1議席を埋めるとは皮肉な話だ」と語った。

[日経新聞7月14日朝刊P.4]

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK209掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK209掲示板  
次へ