★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216 > 697.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
逆転有罪の美濃加茂市長「高裁の判断と闘う」「政治家は誰にも会えなくなる」(弁護士ドットコムニュース)
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/697.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 29 日 14:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

              記者会見で語る藤井浩人市長


逆転有罪の美濃加茂市長「高裁の判断と闘う」「政治家は誰にも会えなくなる」
https://www.bengo4.com/c_1009/n_5404/
2016年11月28日 21時27分 弁護士ドットコムニュース


受託収賄罪などに問われた岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長に対する控訴審で、名古屋高裁は11月28日、一審の無罪判決を取り消して懲役1年6月、執行猶予3年、追徴金30万円の逆転有罪判決を言い渡した。「プール浄水設備導入をはたらきかけるため現金30万円を渡した」などとする業者供述の信頼性を認め、検察側の主張に沿った判決に対し、藤井市長は公判後の記者会見で「まったく受け入れられない」と反発、弁護団は速やかに最高裁へ上告する方針を示した。記者会見での主なコメントは次の通り。(ジャーナリスト・関口威人)

● 「現金授受はなかった」

藤井浩人市長(以下、藤井) 控訴審判決が出たが、大変驚いている。繰り返し申し上げるが、現金の授受はなかった。この点について、裁判所の判断は受け入れられない。判決理由は当初、逮捕されたときの検察側の主張そのままではないかと感じた。一審で私の話せることはすべて話してきた。このような判断をするのであれば、私の話を(もう一度)聞くべきであったと思う。

郷原信郎弁護士(以下、郷原) きょう聞いた限りでは、非常に問題だらけの判決だと感じている。まず第一に控訴審で(一審無罪判決)破棄、自判で有罪という判断がなされることは、手続き的にいってもあり得ないだろうと思っていた。最終的に被告人(藤井市長)供述の信用性や(贈賄側で詐欺罪などで実刑判決が確定した)中林(正善受刑者)供述と相反する(会席時に同席していた)T供述の信用性などについてごく簡単に触れて、中林供述の信用性に影響を与えるものではないなどとしているが、最も問題なのは被告人がこの法廷に出廷していたにもかかわらず、まったく話を聞こうとせず、重要証人であるTの証言もまったく立ち返ろうともせず、その信用性を否定するやり方は、到底受け入れられない。

裁判所が中林証言の信用性を認定する最大の根拠にしたのは(中林の知人ら)2人の供述のようだが、その証言がどういう態度で、いかに不自然で、信用できないものだったか、傍聴した人なら分かるだろう。ほとんど問題にされる余地のない証言だったというのが正直なところではないか。それを控訴審判決では、すべて書面で、証人尋問の記録だけで判断して、それが中林証言の裏付けだという。こんな形で一審では直接、証人尋問や被告人質問などをして3人の裁判官が無罪という判決を出した裁判で、ほとんど直接、証人尋問をせず、被告人質問もせず、その結論をひっくり返してしまうとは、憲法で保障された裁判を受ける権利を侵害しているに等しい。

●「控訴審の争点除外された」

もう一つ、まったく予想外だったのは、控訴審でわざわざ中林の再尋問をしたのは「一審では相当な時間をかけて証人テストが行われていたため、供述が合理的で証拠と整合性のある内容になるのは当然。控訴審では証人テストなどを一切行わず、生の記憶を確かめるために呼ぶ」と裁判長自身が言っていた。ところが、一審の判決書きが(中林受刑者の弁護士によって)刑務所に送り届けられたために、その目的がまったく果たせなかった。であるなら、その経過の中で中林の意図がどのように働いているのかが最も重要なところで、われわれは最終弁論で詳細に中林の証人尋問の内容を分析した。そこから、中林の虚偽証言の動機が十分にうかがわれるというのがわれわれの判断だった。

ところが、それについてもまったく触れようとしない。結局のところ、きょうの裁判は、控訴審でやったことを無視し、検察が控訴趣意書で最も力説していた「中林証言を離れて間接事実を追って現金の授受があったと推認する」ことも否定している。控訴審の争点をほとんど除外して、一審の段階の証拠に戻って、しかも直接、証人尋問や被告人質問をやったわけでもない裁判官が、一審とは違った判断を下したという、まったく許しがたい判決だ。なぜこういう判断に至ったのか、まったく理解しがたいことだが、詳細を判決書きで確認した上で、あらためてコメントをしたい。少なくとも到底承服できる内容ではなく、藤井市長自身が判断することだが、われわれとしてはただちに上告する方向で考えている。

神谷明文弁護士 きょうの裁判は、第一に間接事実からは有罪は推認できない。第二に被告人が原審と同じことを言ったとしても、中林の供述は信用できると言ったわけだが、その大きな理由としては、知人2人の証言をよりどころとしている。しかし、この2人はどういう人だったか、そして中林が搾取したおカネはどこに行ったのか。あまり具体的には言えないが、中林と関係のある人たちを通じて上部の団体におカネが流れていたというふうにしか思えない。だからこの2人は到底信用できないとして、一審の裁判官もそれを理解した上で2人の証言を問題にせず、一審の無罪判決が出たわけだから、きょうは本当に意外な判決だった。控訴審で中林が何を言ったかは問題になっていないが、「本当は検察に控訴してほしくなかった」とはっきり言った。なぜこんなことを言うのか、それは後ろめたいものがあるからだ。そんなことを言う被告人には初めて会った。

●「市長の職は続ける」

藤井 私としては本来きょう、市民の皆さんにやっと終わると報告ができると期待していたが、こういった形になった。しっかりと今回の判断とは闘っていかないといけない。そしてもう一つ、私自身は市長の役を続けていきたいと思っているが、市民の皆さんともう一度相談をしていきたいと思っている。これからも被告人という立場で、市政に影響は出ていた。これからも影響があるかどうかと言われれば、影響はあるだろう。

郷原 被告人供述の信用性については記憶があいまいで、あいまいな供述しかしていないというが、一方で入念な証人テストを何回もやってきた中林の証言が具体的であるのは当たり前。その中林が意図的に虚偽供述をしたのであれば、受け取っていない側は印象に残るものが何もなく、覚えている方がおかしい。肝心の被告人供述の信用性を否定する理由があまりにも薄弱だ。それならせめて、目の前にいる被告人に聞いてみればよかった。

きょう裁判所が最初に挙げていたTの供述調書は、だまして取ったようなもの。Tが「(中林が藤井にカネを)渡したところは見ていない」と強く否定した上で、警察は「席を外したとしか考えられないではないか」という調書を取っている。ところがその後、警察も検察もその調書を使おうとしていない。使えないからだ。意味がないから。そんなものを引っ張り出してきて、供述の信用性を否定する根拠にするなど、まったく不当極まりないやり方だ。

最初に結論ありきの判決だ。(今回の控訴審の村山浩昭)裁判長は袴田事件の再審(で釈放を決めた)のときは「耐えがたいほど正義に反する」などと、警察を批判する印象的なフレーズをつくった人が、今度は逆の方に、予想外の有罪の方向にするというパフォーマンスを発揮したのかなと思わざるを得ない。

●「政治家が活動できなくなる」

藤井 私が逮捕された時点から主張しているが、このような形で、現金授受がまったくないのに、現金を渡したと認められるようだと、政治家は誰にも会えないし、何も活動しない方がいいということになってしまう。何かするとこういう形でとりあげられてしまうのではないかと。事実でないことをでっち上げて、それが認められるということはあってはならない。それについては私に課せられた責務として、闘わなくてはならないと思っている。

郷原 こういうことが当たり前にあると、政治活動ができなくなってしまう。贈賄供述者が、意図的な虚偽供述をしかねない人物であったのが今回の特徴。しかし、それが2年後ぐらいまでには導入されるであろう司法取引制度においては、自分が有利になりたいがための虚偽供述が制度的にできてしまう。それを考えたときに、今回のような判断が政治活動に関連する事件で行われるというのは大問題だ。これからもこういう判断はいろんな面で出てくるだろうが、今回の裁判では上告して、この控訴審の判断をしっかり調整して、いい先例に結び付けられるようにしたい。


           ◇

「逆転有罪」市民に衝撃 美濃加茂市長、控訴審判決
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20161129/CK2016112902000029.html
2016年11月29日 中日新聞


控訴審判決後、記者会見する藤井市長(左から2人目)と弁護団=名古屋市中区で

 事前収賄罪などに問われ、一審で無罪となった美濃加茂市長藤井浩人被告(32)の控訴審判決で、名古屋高裁が逆転有罪判決を言い渡した。美濃加茂市民や、親交のある県内の首長からは驚きや落胆の声が上がった。

 美濃加茂市役所近くを散歩していた主婦の岩井キサさん(91)は「一貫して受け取っていないと話す市長を信じていた。有罪になるとは思っていなかった」と驚いた。市役所そばで婦人服店を営む女性(68)も「美濃加茂を良いまちにしたいという気持ちがひしひしと伝わる市長さんだ。100%無罪だと思っている。納得できない」と声を荒らげた。経営コンサルタント会社役員の男性(52)も、藤井市長を擁護。「有罪判決に怒りを感じる。裁判に時間を取られるのは市にとってデメリットだが、最高裁で戦ってほしい」と話した。

 行政への悪影響や、市のイメージ低下を懸念する声も聞かれた。介護施設経営の佐光宏さん(78)は「有罪判決が、市民生活に影響しないか心配」とため息をついた。パート従業員丸野真紀さん(39)は「親しみのある市長さんで、まさかという感じ。市外の人の美濃加茂へのイメージが悪くならないか気がかり」と不安そうに話した。

 (高橋貴仁)

◆「盟友」各務原、関市長も驚き

 藤井市長と同様に市議出身で、「全国若手市議会議員の会」などを通じて親交を深めてきた各務原市の浅野健司市長(44)、関市の尾関健治市長(44)は、いずれも逆転有罪判決に驚きを隠せない様子。ただ、若手職員の相互派遣など三市が二〇一四年四月に始めた交流には、今後も影響がないとの見解を示した。

 浅野市長は「判決は予想と違っていたので、驚きました。残念です」と話した。今後の三市の連携には「職員の刺激になって、ようやく成果が出始めている。やめるわけにはいかない」と強い口調で語った。

 尾関市長も「びっくりした。先日、本人に会った際には『大丈夫だと思う』と言っていた」と語った。その上で、「仲間として藤井市長を信じる気持ちは、逮捕当時から変わっていない。三市の交流は止めることなく続けたい」と続けた。

 三市は、藤井市長が逮捕される前の一四年四月から、三十歳前後の若手職員の相互派遣をしている。年三回、若手職員の合同研修も実施。一五年九月には、まちづくりや雇用、教育といった課題に協力して取り組むための協定を三市で締結した。

 (宮崎正嗣、大野雄一郎)

◆藤井市長 会見詳報

 藤井浩人市長は控訴審判決後、名古屋高裁近くで記者会見を開いた。記者団との主なやりとりは次の通り。

 −判決を聞いて、今の気持ちは。

 大変、驚いている。現金授受の事実は一切なかった。裁判所の判断は受け入れられない。きょう、市民に「やっと終われた」と報告できると期待していた。今回の判断と、しっかり闘いたい。市長を続けるかは、市民と相談したい。

 −約二時間半に渡った判決の間、どんなことを考えていたのか。

 逮捕されたときの検察側の主張と、そのまま(同じ)じゃないかと感じていた。

 −市民に判決をどのように伝えるか。

 裁判の事実を説明することに尽きる。しっかり理解してもらえるように説明して、私の思いも添えたい。

 −「私の思い」とは。

 「市長を続けたい」と述べさせていただきたい。

 −来年に市長選が予定されているが。

 今回の判決が想定外だったので、支援者、市民としっかり相談したい。私としては頑張りたいと思っている。

 −控訴審では、藤井被告が法廷で話をする機会がなかった。

 一審で話せることはすべて話したが、あんな判断(控訴審判決)を下されるのであれば、(自分の声を)聞いてほしかった。

 −判決が自身の政治活動に及ぼす影響は。

 (今回の判決のように)現金授受の事実が全くないのに、後で現金を渡したと認められるのであれば、政治家は誰にも会えないし、何も活動しない方がいいとなる。判決は、事実でないことをでっちあげており、あってはならないこと。この点については、私に課された責務だと思い、闘わないといけない。

 −市長職に就き続けるのであれば、市民から反発や辞職を求める声が上がるかもしれない。

 私としては市長職を続け、しっかり仕事をしたい。でも、支援者や市民と相談して決めたい。

 −上告はするのか。

 先ほど(弁護人が)言った通りで、上告する。

 −市長を続けるならば、市政への影響をどのように考えるのか。

 これまでも被告人という立場で、市長を続けてきて、すでに影響が出ている。今後も影響があることは否定できない。

 −今後、市政に臨む姿勢は。

 市民に心配や不安を抱かせてしまい、(解消するためには)自分の口や背中で(態度を)示す必要がある。対外的なイメージは逮捕のときから影響が出ているので、引き続き、闘う姿勢を外に出していきたい。

 (田井勇輝)



















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月29日 16:51:24 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[555]

 韓国よりも 遅れてしまった!!

 「裁判」じゃなくて (最蛮)になってしまったよね〜〜

 ===

 もうこうなると 日本の裁判の 自浄能力は消え失せたのだから

 アメリカで開発された 「AI裁判官」を そのまま 何も手を加えないで 日本で 使わせてもらおう

 ===

 愛は 若いころ 人間は「性善説で生き抜くべきだと」思っていたが

 この年になると 日本人は「性悪」だな〜〜 って考えるようになった

 ===

 それも 日本人のDNAが 韓国(中国)から 来ているせいだと 調べればしらべるほど 確信に変わった

 ===

 日本に入った 百済の支配者層が 結構<極悪>で 彼らは 1000年も前に 日本に入ったにも関わらず

 ほとんど 本来の日本人と 混血しない 血が交わっていないため 1000年前の 極悪のDNAを

 そのまま 現代に受け継いでいるようだ

 ===

 本来の 日本人とは<奴隷の先祖>を持つ民族なので いたって 従順で いかなることにも 反抗しない

 支配されることを喜ぶ 犬の様な性格なのだ
  

 


2. smac[4] c21hYw 2016年11月29日 16:52:47 : KYk5c0VLPQ : TwKzHVHwktA[1]
刑事裁判の原則は「合理的な疑いをはさむ余地がないまでに、有罪立証されなければ、無罪判決を言い渡さなければならない」だ。
一審無罪ということは、有罪立証に合理的な疑いが存在するという証拠だから、本来は欧米のように、検察による控訴を原則禁止にすべきである。
新事実が発見され、それが有罪の決め手となるような場合ならともかく、一審と同じ証拠、証言について二審で違った判断を下すことが許されるなら、控訴審の裁判官は憲法を超えた全知全能の神になってしまう。
三審制は被告の人権を守るための制度であり、裁判官を神にして冤罪を作り出すためにあるのではない。

3. 2016年11月29日 17:13:01 : YBf6x4WyXE : 60dlWKRHTtg[4]
酷い冤罪だ
この国が、法治国家ではないことは明らかだ
国民が今立ち上がらなくていつ立ち上がるのか
世界中で日本たった一カ国だけだらしない
全世界の善良な市民が立ち上がらなければ、悪政を倒せない
一つの国の悪政は、グローバリズムによってのみなされているのだから

4. 2016年11月29日 17:45:20 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[556]

 日本のことを 野蛮(ヤポン)っていうのは 支那というのは「ナ」というのが 野蛮 ってことみたいだけど


 韓国映画を見ると 多くの民衆が集まって チューナー(王様)お願いがあります

 って みんなで 上奏するのだよね〜〜〜 韓国も 野蛮なんだけど〜〜
 
 ===

 今や 韓国が 100万人のデモで 浄化されるのを みると〜〜

 いまや 日本は 韓国に置いてけぼりで 中国と 肩を並べることになったよね〜〜
 


5. 2016年11月29日 17:48:51 : yKAGEqabBc : OoARx4nrmqw[49]
 共産党の美濃加茂市議団も、市長は怪しい。怪しい。で通している。
 田中角栄、鈴木宗男、陸山会とつづく「怪しい」だけで、冤罪を作り上げる態度はどうにも我慢ができない。
 陸山会の時は我慢できずに赤旗購読をやめた。
 立川自衛隊宿舎ビラまき事件も、「自分とは関係ない」ってことでだんまりをきめこんでいた。
 この、司法官僚に媚びる性質はなんとかならんものか。裁判所は公正なのか?
 小林多喜二は草葉の陰で泣いてるぞ。

6. 2016年11月29日 21:38:29 : VcZcyVCPnQ : Kp4lOPcR490[223]
“法を破ることができるのは誰か”“裁判官である”
今回の裁判の教えるところはこれである。法治国家の崩壊。

7. 戦争とはこういう物[1630] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年11月29日 23:14:32 : 9PG0M0b68Q : jKnbezZWN40[273]
>「一審では相当な時間をかけて証人テストが行われていたため、供述が合理的で証拠と整合性のある内容になるのは当然。控訴審では証人テストなどを一切行わず、生の記憶を確かめるために呼ぶ」と裁判長自身が言っていた。ところが、一審の判決書きが(中林受刑者の弁護士によって)刑務所に送り届けられたために、その目的がまったく果たせなかった。

検察に注入された証人による告発は信用できない、というのが1審の無彩判決。
ところが、差し入れでカンニングした証人でも「生の記憶」、というのが2審の吃驚判決。
だがしかし、地デジ大マスゴミは護送車生中継に夢中でろくに解説しなかった。


8. 2016年11月30日 14:57:19 : VBuLodvBlE : PGb3E0l0Cyc[52]
>>2

第三十九条 何人も、実行の時に適法であつた行為又は
既に無罪とされた行為については、刑事上の責任を問はれない。

又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない。

Article 39. No person shall be held criminally liable for
an act which was lawful at the time it was committed,
or of which he has been acquitted, nor shall he be placed
in double jeopardy.

要するに、「nor shall he be placed in double jeopardy」の
和訳「又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない 」
が適切であるかどうかという「単純問題」です。

高校生レベルの英語力があれば、辞書を片手に判断できる問題
です。

Double Jeopardy:

「A second prosecution for the same offense after acquittal or
conviction or multiple punishments for same offense.

The evil sought to be avoided by prohibiting double jeopardy
is double trial and double conviction,
not necessarily double punishment.」

辞書を片手に、確認して下さい。


9. 安倍を辞めさせる会[519] iMCUe4LwjquC34KzgrmC6Ynv 2016年11月30日 16:53:07 : FAt0kYWxVo : ylcjRTfmBXc[479]
対策その1
会うときは市長室でしかも音声とビデオで記録すること。当然日時を入れる
対策その2
二人ぐらい同席させる

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK216掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK216掲示板  
次へ