★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK217 > 251.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
民進党の蓮舫代表の質問は間違いだらけ…「息をするようにウソをつく」安倍晋三首相批判は空回り :「ウソをつく」は蓮舫のほう
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/251.html
投稿者 真相の道 日時 2016 年 12 月 08 日 10:52:08: afZLzAOPWDkro kF6RioLMk7k
 

                          
      余裕で答弁する安倍総理と 青筋を立ててまくし立てる蓮舫代表
              
       
■ 二重国籍問題の蓮舫代表は 日本のことをよくわかっていない 間違いだらけの蓮舫の主張

>厚顔無恥とは、こういうことを言うのだろう。民進党の蓮舫代表は7日、初の党首討論に臨み、安倍晋三首相への批判を繰り返したが、議論の前提となる質問は間違いだらけだった。

> 蓮舫氏は「有効求人倍率は改善されたかもしれないが、東京に一極集中しているからだ。地方に仕事がない」と決めつけた。だが、安倍政権で有効求人倍率は初めて全都道府県で1以上を達成した。「地方に仕事がない」とは言えない。

> 首相は経済政策への批判に対し、経済が停滞した民主党政権時代を念頭に「反省から始まらない限り、皆さんに対する支持は戻りませんよ」と諭すなど、余裕の答弁ぶりだった。
       
      
以上のように、蓮舫の主張はデタラメだらけ。

野党第一党の代表ともあろうものが日本のことをよく把握していないことが明らかになり、蓮舫は青筋を立てて恥をかいただけに終わりました。
      
      
■ 蓮舫の発言「息をするようにウソをつく」のは 蓮舫のほうだった 二重国籍問題でウソを重ねる蓮舫

>  にもかかわらず、蓮舫氏は首相に向かって「息をするようにウソをつく。

> 蓮舫氏は自身の日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題で説明を二転三転させた。日本国籍選択の宣言をしたというが、証明する戸籍謄本の開示はかたくなに拒否している。約3年3カ月の民主党政権時代は、衆参両院の委員会で計24回も「強行採決」を行った。ウソを重ねてきた蓮舫氏こそ、都合の悪いことを忘れる力があるようだ。
    
    
その通りで、蓮舫の発言「息をするようにウソをつく」は、実は蓮舫自身のことです。
大ブーメランと言えるでしょう。

『蓮舫「私は生まれたときから日本人です」「(台湾)籍抜いてます」

辛坊「いつですか」

蓮舫「高校3年の18歳で日本人を選びましたので」』

http://agora-web.jp/archives/2021251.html
   
    
「私は生まれたときから日本人です」と言っておきながら、その舌の根も乾かぬうちに、高校3年の18歳で台湾籍を抜いて日本人を選んだ言う蓮舫。

18歳の話が事実なら、生まれたときから日本人というのはウソ。

結局その18歳で台湾籍を抜いたというのもデタラメでした。
   
   
以上のように、蓮舫の発言「息をするようにウソをつく」は、実は蓮舫自身のことだったわけです。
    
   
[記事本文]

厚顔無恥とは、こういうことを言うのだろう。民進党の蓮舫代表は7日、初の党首討論に臨み、安倍晋三首相への批判を繰り返したが、議論の前提となる質問は間違いだらけだった。

 蓮舫氏は「有効求人倍率は改善されたかもしれないが、東京に一極集中しているからだ。地方に仕事がない」と決めつけた。だが、安倍政権で有効求人倍率は初めて全都道府県で1以上を達成した。「地方に仕事がない」とは言えない。

 蓮舫氏は、首相が「強行採決をしたことがない」と発言したとも決めつけた。首相は今年10月の国会答弁で「強行採決をしようと考えたことはない」と述べただけで、勝手な妄想を前提に批判を展開した。

 にもかかわらず、蓮舫氏は首相に向かって「息をするようにウソをつく。昨年、安全保障法制を強行採決したじゃないですか!」と叫び、「気持ちのいいまでの忘れる力を何とかしてくださいよ」とも訴えた。

 蓮舫氏は自身の日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題で説明を二転三転させた。日本国籍選択の宣言をしたというが、証明する戸籍謄本の開示はかたくなに拒否している。約3年3カ月の民主党政権時代は、衆参両院の委員会で計24回も「強行採決」を行った。ウソを重ねてきた蓮舫氏こそ、都合の悪いことを忘れる力があるようだ。


 「提案型」を自任する蓮舫氏は民進党が長時間労働を規制する法案を提出していることもアピールした。自民党が審議入りを拒否していると主張したが、国会でその責任を首相に求めても仕方ない。首相が「私は独裁者ではない。議員立法は委員会で(審議入りを)判断してほしい」と説明したように、法案の扱いを決める権限は立法府の与野党にある。行政府の長である首相が口を挟めば、逆に「三権分立を侵している」と文句を言うだろう。

 首相は経済政策への批判に対し、経済が停滞した民主党政権時代を念頭に「反省から始まらない限り、皆さんに対する支持は戻りませんよ」と諭すなど、余裕の答弁ぶりだった。

 それでも蓮舫氏は「首相の答えない力、逃げる力、ごまかす力。まさに『神ってる』」と今年の流行語を使って“ドヤ顔”を見せ、記者団には「自分なりに聞きたいことは聞けた」と自賛した。民進党幹部も「100点だ」と持ち上げたが、民進党支持率が1桁台に沈む理由がよく分かる党首討論だった。

http://www.sankei.com/politics/news/161207/plt1612070041-n1.html
   
      

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年12月08日 11:03:26 : jHKUg9TJzs : Uh0p2D9RhcY[3]
はい何度も言いますが
「電車の中で大声で意味もわかっていない卑猥な言葉を連呼している頭の悪い小学生」ですね
注意摩ると面白がってさらに大きな声で繰り返す
みたいというよりも、むしろ
「実際にそうだった」でしょうね

本気で叱ってくれる人がいないまま大きくなって
ネットで似たような行為を繰り返す
そのあげくが幸福の科学信者ですから
子どもの躾は大切ですね


2. 2016年12月08日 11:09:26 : jHKUg9TJzs : Uh0p2D9RhcY[4]
調べてみると この産経の酒井充という人も
真相の道同様アレな人みたいですね

まさか同じ信者じゃないでしょうね?


3. 2016年12月08日 11:15:25 : EAjfPZb61K : ZoVWNIzwHZQ[1]
貧相の道=田崎史郎 さん ァヘ総理同様NHK
でも相手にされないのがわかって阿修羅に投稿か?
ご愁傷様ですこと。

4. 2016年12月08日 11:17:48 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-6997]
2016年12月8日(木)
南スーダン 政府軍がPKO攻撃 自衛隊の「駆け付け警護」憲法違反の武力行使の危険
党首討論 志位委員長が追及
首相 答えられず

 日本共産党の志位和夫委員長は7日の党首討論で、南スーダンPKO(国連平和維持活動)=UNMISS(国連南スーダン派遣団)に派遣されている自衛隊が安保法制=戦争法にもとづいて「駆け付け警護」を行えば、南スーダン政府軍との交戦になる危険があり、「憲法違反の武力行使につながる」と追及しました。安倍晋三首相は「政府軍と自衛隊が干戈(かんか)を交えることにはならない」というだけで、まともに答えられませんでした。(詳報)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-12-08/2016120801_01_1.jpg
(写真)党首討論で安倍晋三首相(左)に質問する志位和夫委員長(右)=7日、参院第1委員室

 安倍政権は、戦争法にもとづき、UNMISSに派遣されている自衛隊に「駆け付け警護」などの新任務を付与し、任務遂行のための武器使用を認めました。

 志位氏は、政府の憲法解釈では、自衛隊が海外で「国または国に準じる組織」に対して武器使用した場合、「憲法9条が禁止する武力の行使にあたる恐れがある」としていることを指摘しました。

 この点について、志位氏は、7月に南スーダンの首都ジュバで発生した大規模戦闘では、政府軍の兵士80人〜100人が国連職員やNGO職員の宿泊するホテルを襲撃し、殺人、暴行、略奪、レイプを行うなど、国連に対する政府軍の攻撃が繰り返されている事実を指摘。「こうした事態のもとで『駆け付け警護』を行えば、自衛隊が南スーダン政府軍に対して武器を使用することになる。憲法が禁じた海外での武力行使になる。そうした現実的な危険がある」とただしました。

 これに対して首相はまともに答弁できず、「国(に)準(じる組織)が登場する状況ではない。(政府も反対派も)自衛隊のPKO部隊を受け入れ、期待していることを明確にしている」などと述べ、南スーダン政府の「受け入れ同意」が存在しているかのような答弁を行いました。

 志位氏は「首相は全く答えていない」と批判しつつ、「南スーダンの現実をみるべきだ」と強調。直近の国連報告書でも、南スーダン政府と軍によってUNMISSへの敵対的行為が繰り返されている実態が克明に示されていると指摘しました。

 11月15日の報告書では、南スーダン政府と軍による「持続的、組織的な地位協定への違反」(UNMISSへの敵対的行為)が続いており、「政府軍は、恒常的にUNMISSの任務遂行を妨害している」としています。

 11月10日の国連事務総長報告は、8月から10月までの約2カ月間で南スーダン政府と軍による地位協定違反(UNMISSへの敵対行為)が46件あったことを明らかにしています。

 志位氏はこれらの事実を示し、「南スーダンの現状は『受け入れ同意が安定的に維持されている』などとは到底いえないではないか」と追及。首相は「(南スーダン)政府も反対派も含めて、自衛隊を歓迎している」「ジュバは比較的平穏だ」などと繰り返すだけでした。

 志位氏は「(南スーダンの)キール大統領が『(自衛隊を)歓迎している』といっても、実際に46件の地位協定違反がやられている」、「2月の予算委員会の答弁でも首相は『ジュバが安定している』といったが、7月に大規模戦闘が起こった」と厳しく批判。「憲法違反の武力行使につながる新任務付与はただちに撤回し、自衛隊をすみやかに撤退させ、日本の支援は非軍事の人道支援、民生支援に切り替えるべきだ」と主張しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-12-08/2016120801_01_1.html

016年12月8日(木)
南スーダンPKO 「安定的な受け入れ同意」は存在せず
党首討論 志位委員長の発言

 日本共産党の志位和夫委員長が7日に行った安倍晋三首相との党首討論は次の通りです。
志位 政府軍が国連を攻撃している下、自衛隊が武器使用したら違憲の武力行使になる
首相 国に準ずる組織は登場しない
志位 武器使用の危険には全く答えていない

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-12-08/2016120803_01_0.jpg
(写真)安倍晋三首相に質問する志位和夫委員長=7日

 志位 安倍政権は、安保法制にもとづいて、南スーダンPKO(国連平和維持活動)=UNMISSに派遣されている自衛隊に「駆け付け警護」などの新任務を付与し、この任務を遂行するための武器使用の権限を与えました。

 「駆け付け警護」にともなう武器使用は、これを「国又は国に準じる組織」に対して行った場合には、憲法9条の禁止する武力の行使にあたる恐れがあるというのが、政府の憲法解釈であります。

 そこでうかがいます。

 南スーダンでは、2013年12月以来、大統領派と副大統領派の間で激しい戦闘が繰り返されています。この7月には首都ジュバで両者の大規模な戦闘が起こり、民間人数百人が死亡し、情勢の悪化が一段と深刻になっています。

 ここで重大なことは、南スーダン政府軍によって、UNMISS、国連施設・国連職員、NGO職員などに対する攻撃が繰り返されているということです。

 7月の首都ジュバでの大規模戦闘のさいには、南スーダン政府軍が、国連職員やNGO職員が宿泊するテレイン・ホテルを襲撃するという事件が起こりました。国連報告書によりますと、80人から100人の政府軍兵士がホテルに乱入し、殺人、暴行、略奪、レイプなどを行いました。南スーダンでは、政府軍による国連への攻撃という事態が続発しているのであります。

 総理にうかがいます。こうした事態のもとで、「駆け付け警護」を行ったらどうなるか。自衛隊が南スーダン政府軍に対して武器を使用することになる。憲法が禁止した海外での武力行使になる。こうした現実の危険性があるのではないか。総理には、そうした危険性の認識がありますか。端的にお答えください。

 首相 南スーダンは、世界でも誕生したばかりのもっとも若い国といってもいいと思います。たしかに、混乱のなかから成功した国家として、その道を歩むために、いま、世界各国がUNMISSにおいて協力を行っているわけです。日本も含め60カ国がこのUNMISS、PKOに参加をしています。

 たしかに治安は良くはありません。危険な状況もあるでしょう。しかし、いまだに、1カ国もこの治安を理由として撤退した国はないというのは事実です。そこで、わが国はそのなかで、日本としても、責任ある役割を果たしていくために、自衛隊の施設部隊を現地に派遣をしているところです。

 そしてこのたび、われわれは、新しい任務を付与したわけです。いわゆる「駆け付け警護」、そして、駐屯地の共同防護を可能とする任務です。

 いままでも、たとえば、かつて、コンゴにおいても事例としてあったことですが、近傍で日本のNGOの方が危険を感じて自衛隊に救助を求め、自衛隊が駆け付け、そしていわば安全を確保して、移送して、安全な場所まで移動したことがあります。東ティモールでもあるわけでありまして。しかし、それは訓練もしていないなかで(「質問に答えていない」の声)、これは大事なところだからお話をさせていただきたいと思います。これは、訓練もしていないなかですね、十分な権限や任務を与えられていないなか、しかし、現場の自衛官が自分たちの裁量で、できる限りのことをして救出をした、安全を確保したわけです。

 今回はもちろん、そうではなくて、新しい任務がしっかりと、法的な根拠の上に与えられ、十分な訓練を行っているわけです。

 それで、現在の状況でございますが、現在の状況につきましては、(司会「総理、時間の関係がありますので、簡潔にお願いします」)。はい、いわゆる「国準」(国に準ずる組織)がですね、登場する状況ではないと、われわれは考えております。

 政府、そして反政府組織があるわけですが、反政府勢力においてはタバン・デン副大統領が政府の一員となっているわけでありまして、キール大統領も、タバン・デン副大統領も自衛隊の、いわばPKO部隊を受け入れるということを、そしてそれに期待をしているということを明確にしているところです。

 志位 私が聞いたのは、自衛隊が、南スーダン政府軍に対して武器を使用することになるんではないかと、その危険について聞いたんですが、お答えになりません。
志位 国連報告書は「敵対的行為が持続的、組織的、恒常的に繰り返されている」と指摘している
首相 キール大統領は歓迎している
志位 実際は46件もの敵対行為を行っている

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-12-08/2016120803_01_0b.jpg
(写真)答える安倍晋三首相=7日

 志位 南スーダンの現実はどうなっているか。直近の三つの国連報告書を示したいと思います。

 9月19日の国連報告書は、「7月のジュバでの戦闘を境に、南スーダン政府軍による人道支援の職員を標的にした攻撃の激しさと範囲がエスカレートしている」、こう述べています。

 また、11月15日の国連報告書は、南スーダン政府と軍による「持続的、組織的な地位協定への違反」――南スーダンPKO=UNMISSへの敵対的行為が続いており、「政府軍は、恒常的にUNMISSの任務遂行を妨害している」と述べています。

 さらに、11月10日の国連事務総長の報告は、8月12日から10月25日までの約2カ月間で、南スーダン政府と軍による地位協定違反――UNMISSへの敵対的行為が46件あったことを明らかにしたうえで、「任務遂行中のUNMISSに対する移動妨害」「UNMISSの要員に対する逮捕、拘束、迫害、襲撃、脅迫」などが行われたと述べています。

 南スーダンの政府と軍によって、UNMISSへの敵対的行為が持続的、組織的、恒常的に繰り返されていることが、克明に述べられている。(「そうだ」の声)

 総理は、南スーダンの現状は、「受け入れ同意が安定的に維持されている」、だから武力行使にはならないんだとおっしゃいますけどね、そんなことは到底いえない状況ではないですか。(「そうだ」の声)

 首相 さっき答えたじゃないですか(「答えてないよ」の声)。聞いて、みなさん聞いてなかったんですか。キール大統領もタバン・デン副大統領も、政府も反対派も含めて、これは自衛隊を歓迎していると言ったではないですか。つまり、政府を代表する、まだわからないんですか。政府を代表する大統領とその副大統領が受け入れる…。

 司会 総理、申し合わせの時間を過ぎております。

 首相 わかりました、はい。受け入れると言うことは、まさに政府軍と自衛隊が干(かん)戈(か)を交えるということにはならないということを申し上げたわけでありまして、これはすでに明確に申し上げているわけでありまして。

 そして、われわれはジュバに駐留しているわけでありまして、南スーダン全体とは違うわけでありまして。まさにジュバであります。このジュバにおいては、比較的平穏だということは申し上げている通りです。志位委員長は全体のことをおっしゃっているわけでありますが、ジュバについては比較的平穏であると。そしてそのなかにおいて、われわれは稲田(朋美防衛)大臣、あるいは柴山(昌彦)補佐官を派遣してそれを確認している。私が言ったことはUNMISSのロイ代表も、同じ意見を述べています。

 志位 「キール大統領が歓迎している」といっても、実際に(南スーダン政府・軍による)46件もの地位協定違反がやられてるじゃないですか。(「そうだ」の声)

 そしてジュバが(比較的)安定していると言うけれど、2月の予算委員会のときもあなた方はそういった。しかし7月に大規模戦闘が起こったじゃないですか。
志位 新任務付与をただちに撤回し、自衛隊を速やかに撤退させ、人道支援、民生支援に切り替えるべきだ

 志位 私は、憲法違反の武力行使につながる新任務の付与はただちに撤回する、自衛隊は速やかに撤退する(「そうだ」の声)、そして日本の貢献は、非軍事の人道支援、民生支援に切り替えるべきだということを強く求めて終わります。

 (拍手)
南スーダン政府軍による妨害・暴力を示した国連文書(抜粋)
南スーダンに関する専門家委員会の国連安保理の議長への書簡(9月19日)

 7月11日、ジュバで、多数の政府軍が、広範な略奪行為を働き、反政府軍との戦闘の終結の「お祝い」を行った。略奪中、80〜100人の制服兵士の軍が、国際機関のスタッフの居住区画であるテレイン・ホテルを荒らしまわった。4時間の間に、兵士たちは、多数の居住者を殴打、虐待し、少なくとも5人の国際援助職員と、人数は不明だがそこで働くスタッフを、レイプかつ集団レイプし、NGO「インターニュース」のヌエル族のスタッフのジョン・ガトラスクを、彼の同僚たちの前で、特定部族・民族を標的とした殺害行為として、処刑した。兵士たちは、一つひとつの部屋を破壊し、この敷地を広範に略奪してまわり、25台以上の車両を盗んだ。行われた暴力の程度、武力行為への参加者の多さ、盗まれた物品の多量さ、敷地内に広範に行われた系統的被害を考慮すると、専門家委員会は、加害者らによって襲撃はよく組織されたもので、偶発的な暴力・略奪とは考えられない、と結論づけた。さらに、同攻撃は、国際人道支援の要員に対する南スーダン兵士によって行われた残虐性のレベルという点で、明白な転換点だ。

 7月のジュバでの戦闘を境に、(南スーダン政府軍による人道支援の職員を標的にした)こうした行為(襲撃)は、その激しさおよび規模において、エスカレートしている。
南スーダンに関する専門家委員会の国連安保理の議長への書簡(11月15日)

 持続的、組織的な地位協定への違反が続いており、9月だけで19の違反があった。大半は国連に対する移動制限であり、政府軍とかかわる民間人および武装集団によるものだった。政府軍は、紛争と人権侵害が報じられた地域へのパトロールを繰り返し禁止し、恒常的にUNMISSの任務遂行を妨害している。例えば、政府軍は4月と9月、数々の人権侵害を含め治安状況の劇的な悪化を検証するためイェイ地域に入ることを繰り返し試み、公に要請したにもかかわらず許可しなかった。
8月12日〜10月25日の期間に関する国連事務総長の南スーダン報告(11月10日付)

 この期間、UNMISSは46件の地位協定違反を記録した。うち29件は、任務遂行中のUNMISS要員と契約スタッフに対する移動妨害だった。違反事案は、UNMISSの要員と施設への攻撃、〔国連の〕ラジオ・ミラヤの放送への検閲の試み、UNMISSのスタッフが南スーダンに入国するための新たな条件の押し付け、国連の財産の接収、飛行および地上での活動への干渉などである。その他、UNMISSの要員に対する逮捕、拘束、迫害、襲撃、脅迫などがある。

 ※UNMISS=国連南スーダン派遣団

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-12-08/2016120803_01_0.html

[32初期非表示理由]:担当:関連が薄い長文

5. 真相の道[1600] kF6RioLMk7k 2016年12月08日 11:18:10 : T8iD3fD606 : kQK1OSr0eCg[515]
>>01
> 「電車の中で大声で意味もわかっていない卑猥な言葉を連呼している頭の悪い小学生」ですね
注意摩ると面白がってさらに大きな声で繰り返す
    
  
蓮舫代表のことですね。

なるほど。
たしかにそういう感じです。

青筋を立てて「連呼している」、また「注意すると面白がってさらい大きな声で繰り返す」蓮舫の姿は、我々まともな国民には、痛い姿としか映りません。
  
  


6. 2016年12月08日 11:20:50 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-6996]
2016年12月8日(木)
最悪の答弁態度―南スーダン情勢へのまともな認識なし
党首討論後に 志位委員長が会見


 日本共産党の志位和夫委員長は7日、安倍晋三首相との党首討論後に国会内で記者会見し、「首相からは私の質問にまったく答えがなく、最悪の答弁態度だった。南スーダン問題の中心点を提起し、政府がこれに対するまともな答えを持っていないということが浮き彫りになった」と振り返りました。

 志位氏は党首討論で、(1)南スーダン政府軍が国連に対する攻撃を繰り返しているもとで、自衛隊が「駆け付け警護」を実施したら、南スーダン政府軍に対して武器の使用をすることになり、憲法が禁止した武力の行使になるのではないか(2)国連PKO(平和維持活動)に対する南スーダン政府の「安定的な受け入れ同意」がなくなっているのではないか―の2点をただしました。

 志位氏は、憲法が禁止した武力行使に当たるのではないかという問いに対し「首相はまったく答えられなかった」と批判しました。

 また、南スーダン政府による受け入れ同意の問題について、直近の三つの国連報告書のどれもが、南スーダン政府と軍によってUNMISS(国連南スーダン派遣団)に対する組織的、継続的、恒常的な敵対的行為が行われていると指摘していることを強調。「『受け入れ同意の安定的な維持』が虚構だということです。しかし首相からは、これについても答えがなかった」と指摘しました。

 その上で、「南スーダン政府と自衛隊が交戦することになりかねない事態が目前に迫っているのに、それに対する認識が首相に全くないということになれば、恐るべきことだ」と強調しました。

 首相の答弁姿勢について、「立場が違っても相手にかみあわせて議論する姿勢がない」と指摘。「首相自身が答弁できないということが、だらだらとした答弁になったのだろう」と長々とした答弁を批判しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-12-08/2016120802_01_1.html

[32初期非表示理由]:担当:関連が薄い長文

7. 2016年12月08日 11:27:59 : Hlj0fDRMeA : Xnqw4zK1Xqw[3]
ばかばかしい産経記事と投稿のアホコメント。

蓮舫の言ったことで、間違いと指摘できたのは、「地方に仕事がない」という部分だけじゃないの。

なにをこの1つで、ふくらし粉でふくらませてるのか?

その他はすべて事実だ。


8. 2016年12月08日 11:35:32 : gseLP5DUAM : iLgzrqzI0go[11]
まだ二重国籍問題とかケツの穴の小さいこと言ってるのか

9. 2016年12月08日 11:47:43 : jHKUg9TJzs : Uh0p2D9RhcY[5]
真相の道も、産経のネトウヨ記者も、経産省天下り教授も総理も
ネットをもとにしているから、みな似たような文章ロジックになりますね
真相の道が真相の道レベルなのは当たり前で仕方がないことですけど
一国の総理が真相の道レベルなのは悲しいことです

10. 2016年12月08日 11:52:28 : NNHQF4oi2I : p@MqjzZMakU[590]
真相の道って  詐欺師の道か 早く精神科受診でもしなさい

11. 新共産主義クラブ[2673] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年12月08日 12:06:48 : RF6BEobjyA : WXEMzPnBB9Q[1]
 
 与党の自民党、野党の民進党を問わず、台湾ロビーが、日本の政治に大きすぎる影響力を持って来ている。
 
 蓮舫氏の国籍法違反の疑いの問題は、台湾人社会全体の問題だと思う。
 
 台湾政府が、在外の台湾系の人たちに、二重国籍者になることを奨励している【注】。
 
 
 また、日本会議 会長の田久保忠衛氏(杏林大学名誉教授)は、日本李登輝友の会の副会長である。
 
 日本会議 副会長の小田村四郎氏(元拓殖大学総長)は、日本李登輝友の会の名誉会長である。
 
 日本会議 顧問の、石井公一郎氏(ブリヂストンサイクル(株)元社長)は、日本李登輝友の会の顧問である。
 
 他にも日本会議の役職者の多くが、日本李登輝友の会の役職者を兼ねている。
 
 「日本会議」は、もはや「台湾会議」と称した方が、良い様な状況になっている。
 
 そして、日本の「民進党」が、台湾の「民主進歩党」(略称:「民進党」)を連想させる命名になった過程(電話世論調査)も不可解だ。
 今月末の、ジャニーズ事務所のSMAPの解散も、2011年9月のSMAPの中国公演に業を煮やした、台湾ロビーによる圧力の影響だと、私は思っている。

 与党の自民党、野党の民進党を問わず、日本の政治に対して、
 
 台湾ロビーが、大きすぎる影響力を持って来たことが、
 
 日本の安全保障に対しても、日本の文化に対しても、悪影響を及ぼし始めている、重大な問題だと私は思っている。
 
 
【注】台湾政府による二重国籍の奨励
『金美齢が蓮舫の二重国籍についてそのものズバリ発言!!』
(Published on Sep 18, 2016)
 
 「蓮舫さんの問題を、日本人は100%理解できない。
 何故ならば、実は二重国籍の問題ってのは、台湾ってのは山ってあるんです。
 台湾っていうのは、そういうの認めるところなの。
 つまり、一人でも多くの、在外の台湾系の人が、自分たちの国籍を取るということが、いいことだというふうに思っている。」
(金美齢)
https://www.youtube.com/watch?v=Q8B3mtDWPz0


12. 2016年12月08日 12:08:41 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[1083]
どちらもウソつき。それが正解です。
トランプ氏がいいか、ヒラリー氏がいいか…
そんな感じ、どちらもクソ。

同じです。どちがらマシなクソかの争いです。


13. 真相の道[1601] kF6RioLMk7k 2016年12月08日 12:22:17 : T8iD3fD606 : kQK1OSr0eCg[516]
>>07さん
>蓮舫の言ったことで、間違いと指摘できたのは、「地方に仕事がない」という部分だけじゃないの。
>その他はすべて事実だ。


あなたも蓮舫代表のようにウソをつくのでしょうか?

蓮舫は、「地方に仕事がない」以外についてもウソをついています。

例えば下記。

『公明・山口那津男代表が民進・蓮舫代表の発言に待った! 「キューバでカジノ見ていない」 : 蓮舫のウソが またも明らかに』
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/253.html
  
  
他にも本記事にある通り、

『蓮舫氏は、首相が「強行採決をしたことがない」と発言したとも決めつけた。首相は今年10月の国会答弁で「強行採決をしようと考えたことはない」と述べただけで、勝手な妄想を前提に批判を展開した。』


そして二重国籍問題についても蓮舫がウソをついていることは、本文で指摘した通り。
         
蓮舫代表は党首討論で、安倍総理に対して「息をするようにウソをつく」と事実と異なる非難をしていましたが、「息をするようにウソをつく」のは蓮舫代表自身のことだったわけで、大ブーメランなわけです。
   
    


14. 2016年12月08日 12:23:49 : EOdEAbQUdk : MnBFVFcmiFk[49]
なんか本当にこいつらネトサポ、ネトウヨって子供の喧嘩のようなことを取り上げて「あーでもない、こーでもない」と喚き散らして、嬉しいのかね?

蓮舫がいくら嘘つきであろうが、安倍晋三が放った過去の嘘が消えてなくなる訳ではないのにな。

珍相の道も安倍晋三と同様、息を吐くように嘘をつく野郎だからな。

近いうちにお払い箱にされるのにいつまで安倍晋三なんかヨイショするんだかね。


15. 2016年12月08日 12:35:36 : RpgUB1WlfQ : 7sHqRbhflC4[292]
真相の道?どうでもいい人間。

勝手にほざいていれば・・・。


16. 2016年12月08日 14:15:38 : m4658yx2Ag : wo@m6Re59c8[100]

すげえな

民進中国韓北鮮在コの都合悪い内容を投稿すると一定数伸びるという現象


17. 2016年12月08日 14:20:24 : m4658yx2Ag : wo@m6Re59c8[101]
>>14
>蓮舫がいくら嘘つきであろうが、安倍晋三が放った過去の嘘が消えてなくなる訳ではないのにな。

嘘つき以前に日本国民でない疑惑は払拭されたわけでない
つまり日本の議員の資格なんてないしな


民進・蓮舫代表 戸籍謄本は公開しない考えを再度表明
http://www.sankei.com/politics/news/161124/plt1611240041-n1.html

どんだけ戸籍謄本に都合悪い内容が記されているんだろうな?


18. jk[751] goqCiw 2016年12月08日 19:11:59 : tceVB0iwr6 : FXeuvvWT7ac[190]
総理のその答えない力、そして逃げる力、ごまかす力、正に神ってる。

総理はいい時は自分の力を、悪い時は他人のせいにする。

総理は、言ってる事とやる事が余りにも違う。強行採決したことないと、息を吐くように嘘をつく。

以上はレンポウ氏が党首討論で安倍総理の日頃の国会での答弁に基づき批判した主な主張。

そのものずばりですね。マスコミが批判しないから安倍総理は外国でも通じると思ってやってるから外国では馬鹿にされ評価が低いのでしょう。

兎角批判されてる次期米国大統領のトランプ氏は、選挙期間中マスコミの報道の在り方を、選挙の公平性の扱いに堂々と意義を述べていました。

日本の野党もマスコミの現状のあり方に、正当な選挙の検証くらいは国会で声を上げてもいいのではと自分は思うのだが・・・・・・・


19. 2016年12月08日 19:48:01 : jH8zACbjRg : G2yiGiy_8ag[379]
>5

かねてから言われていることだが、民進党(旧民主党を含む)のブーメラン現象は目を覆うばかり。
支持者もそのレベルらしい。


20. 真相の道[1612] kF6RioLMk7k 2016年12月08日 20:00:40 : T8iD3fD606 : kQK1OSr0eCg[527]
>>19さん

たしかに。

安倍政権の今、民主党政権時代よりも失業率も、有効求人倍率も、正社員数も、消費増税を除いた税収も、株価もすべて増えています。

外交面も米国からルーピーと笑われた鳩山総理とは大違いで、米国との同盟関係を強化、欧州、豪州、東南アジア諸国とも連携強化。

慰安婦問題を不可逆的に完全解決。
   

こういう状況なので、民進党が何を言っても、名称変更前の民主党政権より良くなったと言われておしまいです。

安倍ー蓮舫の党首討論でもそうなっていましたねw
     


21. スポンのポン[4686] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年12月08日 20:22:43 : nilge4p5ys : q5xHgL0ywDI[50]
 
 
 
■誰が見ても蓮舫氏の圧勝は明らかだ。

 真相君が説得力ゼロの負け惜しみを
 いくら書き並べても
 その事実は微動だにしない。
 
 
 


22. やもめーる[-422] guKC4ILfgVuC6Q 2016年12月08日 21:09:07 : fz4HJo0PZM : 4BWf@4mOjE8[-17]
>>18
安倍晋三も名前からして自称「ヌッポン人」のアチラ系の(李晋三)なんですけど?(米倉涼子風に、笑)↓

安倍日本首相の父親「私は朝鮮人だ」 | Joongang Ilbo | 中央日報
japanese.joins.com/article/386/80386.html - キャッシュ



[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

23. やもめーる[-421] guKC4ILfgVuC6Q 2016年12月08日 21:12:09 : fz4HJo0PZM : 4BWf@4mOjE8[-16]
訂正
>>18氏、失礼!!
自分の回答先は>>17のエセキムチヒトモドキ朝鮮蛆虫への回答だ。
お詫び申し上げたい。

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
24. 2016年12月09日 10:52:15 : 4n3WvZqSGs : tbh@PXnBF@I[3]
蓮舫なら許されず、安倍なら許される。

差別だろ?偏見だろ?



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK217掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK217掲示板  
次へ