★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK217 > 314.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「森ゆうこ」議員が「自由党」に入党していた。  山崎行太郎
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/314.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 09 日 12:45:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

http://yamazakikoutarou.hateblo.jp/entry/2016/12/08/
2016-12-08 哲学者=山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』


「森ゆうこ」議員が「自由党」に入党していた。 昨夜、伊東章弁護士が代表を務める「小沢一郎議員を支援する会」の忘年会があった。先の参院選で当選した森ゆうこさんや青木愛さん、木戸口英司さん、小川敏夫さん等も出席していて、賑やかだった。森ゆうこ議員が、先月、自由党に入党して、自由党参議院議員として活動している・・・・・・ということを、迂闊にも、初めて知った。……

ーーここから本文です(⬇⬇⬇)ーー

「森ゆうこ」議員が「自由党」に入党していた。

昨夜、伊東章弁護士が代表を務める「小沢一郎議員を支援する会」の忘年会があった。先の参院選で当選した森ゆうこさんや青木愛さん、木戸口英司さん、小川敏夫さん等も出席していて、賑やかだった。森ゆうこ議員が、先月、自由党に入党して、自由党参議院議員として活動している・・・・・・ということを、迂闊にも、初めて知った。

野党共闘や市民連合との関係から、今でも、無所属議員として活動していると思っていたので、ちょっと驚いた。これで、小沢一郎の「自由党」の力が倍増する、と思った。慌てて、ネットを調べてみると、森ゆうこ議員のメッセージがあった。すでにご存知の方も多いと思うが、念のために引用しておくことにする。

森ゆうこ議員には、自由党と共産党、それに市民連合を中心軸にした野党共闘を実現してもらいたい。そうなれば、態度の不鮮明な民進党も、後からついてこざるをえだろう。「連合」は、自民党に接近しているらしいが、どうでもいい。「連合」に代わる「労働組合運動」が芽生えてくるだろう。「連合」に依存する民進党議員は、行き場をなくし、自民党と野党共闘の挟み撃ちになって、落選間違いなし。途方にくれることになるだろうから、除名処分の必要もない。

またまた、「小沢一郎の時代」が来る。後継者は「森ゆうこ」だろう。

ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーーーーー

野党「結集。」に向けて、自由党所属国会議員として活動します。(森ゆうこ)
2016年11月08日 23:18

本日11月8日16:00から開催された「自由党幹事会」において、自由党所属国会議員として活動することが了承され、あわせて、参議院においては「希望の会」会派に所属することとなりました。

今夏の参議院選挙では、無所属の野党統一候補として、民進党・日本共産党・自由党(生活の党)・社民党・新社会党・緑の党の各県組織と連合新潟、市民連合@新潟で構成された政治団体「オール新潟平和と共生」を選挙母体として闘いました。「国家権力対森ゆうこ」とマスコミから評されるほどの激しい選挙戦でしたが、「市民とオール野党はひとつ!」を合言葉に、わずか2279票差で劇的な勝利を飾ることができました。

当選後は、市民連合@新潟と交わした「当面の間は無所属で活動する」という協定を守り、自由党(生活の党)新潟県連代表として活動する一方で、国会では政党や参議院の会派に属さない「無所属」の議員として活動してまいりました。参議院選挙の直後は、無所属の国会議員としてウイング広げ、野党と市民の共闘を進化させてほしいという有権者の思いが強かったと思います。

そして、去る10月16日に投開票が行われた新潟県知事選挙では、党県連代表として、日本共産党、社民党、新社会党、緑の党、そして市民連合@新潟の皆さんと協力して候補を擁立しました。確認団体「新潟に新しいリーダーを誕生させる会」を設立し、選対本部長を務め、準備期間もほとんどない中ではありましたが、大差で与党推薦候補を破り、「原発再稼働を許さない。TPPから新潟県の農業を守る。」米山隆一新潟県知事を誕生させることができました。

参議院選挙に引き続き、「市民と野党が一つになって力を合わせれば、必ず勝てる!」ということを証明したのです。新潟県知事選挙の結果は、「新潟ショック」として中央政界を揺るがしています。(何も無かったかのように官邸は振舞い、マスコミは不自然なほど何も取材をしてきませんが・・・)

知事選後、自由党への党名変更を歓迎する声とともに、立憲主義を回復して平和と命と暮らしを守る政治を実現するために、「早く自由党に戻り、参院選と知事選の経験をいかして、野党結集の中心的な役割を担い、政権交代を果たしてほしい。」という非常に多くの県民の声を頂戴してまいりました。

また、全国各地の市民団体から、「なぜ、新潟では市民と野党の共闘が成功したのか」というテーマで講演してほしいという依頼があり、捲土重来を期す他党の前議員からも講演依頼が来ております。

もちろん、「もう政党に戻ってしまうのか」という声があることは充分承知していますし、市民に時間をかけて説明をしてからでもよいのではないかというご意見もいただきました。

「今再び政治がダイナミックに動こうとしている」と政治家としての直感が、森ゆうこをつき動かしています。

12月に予定されている「市民連合@新潟と森ゆうこの政策勉強会」などで何度でも丁寧に説明することを条件に、市民連合@新潟からは政党所属議員として活動することを了承して頂きました。

市民とオール野党はひとつ!
野党「結集。」に向けて力を尽くしてまいります。

ご理解と、さらなるご支援を賜わりますよう心からお願い申し上げます。

平成28年11月8日ー参議院議員 森ゆうこ

ーーーーーーーーーー引用終りーーーーーーーーーー

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 新共産主義クラブ[2688] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年12月09日 13:18:12 : ZKwDoQdsCg : bBcZhpOgQ7I[48]
 
 党員という意味では、7月の参院選挙の前も後も、森裕子氏は、生活の党と山本太郎となかまたちの、党員だった。
 
 しかし、7月の参院選挙後に、政党交付金制度上の政党としての手続きのための総務省への提出書類には、森裕子氏は、生活の党と山本太郎となかまたちに所属する議員としての名前がなかった。
 
 
 今月末までに、再度、来年の政党交付金制度上の政党としての手続きのための総務省への提出書類には、森裕子氏の名前が記載されるのだろう。 
 
 国会での参議院会派では、既に森裕子氏は、「希望の会(自由・社民)」に所属している。

 森裕子氏が政党交付金制度上の政党としても自由党に加わることで、自由党は、山本太郎氏が抜けても、政党交付金の受け取りに必要な5名の議員を確保できるようになった。
 
 山本太郎氏の去就が注目される。
 


2. 2016年12月09日 15:49:16 : cXS9jjEC0k : qphTslJTgpo[213]

僕らは、とっくの昔に知っていました。


3. 新共産主義クラブ[2689] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年12月09日 16:13:18 : VYyK1mAchc : I8@PpubYefg[8]
>>1(補足)
 
 政党の党員名簿上の所属議員と、政党助成法に基づいて総務省に届け出される議員は、必ずしも一致しません。
 
 政党助成法上の政党は、国政選挙後と、年末までに(法律上は翌年1月1日時点での)政党に所属する議員を、総務省に届け出る必要があります。
 
 また、国会内の院内会派と、政党とは、必ずしも同一ではありません。
 
 混同しやすいので、哲学者の山崎行太郎さんには、ちょっと理解が難しいかもしれません。
 
 
■ 参議院会派 「希望の会(生活・社民)」(5名)
第191回国会(臨時会)(平成28年8月1日〜平成28年8月3日)
 
○青木愛 比例
○木戸口英司 岩手
 福島瑞穂 比例
 又市征治 比例
○山本太郎 東京
 
○印は、政党助成法に基づいて、政党「生活の党と山本太郎となかまたち」に所属する議員として総務省に届け出されている議員
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/giin/191/giinmei.htm
 
 
■ 参議院 各派に属しない議員(5名)
第191回国会(臨時会)(平成28年8月1日〜平成28年8月3日)
 
 森裕子 新潟
 
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/giin/191/giinmei.htm
 
 
■ 政党助成法に基づく政党の届出(平成28年7月26日現在)の概要(総務省)
 
 生活の党と山本太郎となかまたち
 
 [代表者の氏名] 小沢一郎
 
 [議員数] 衆 2  参 3  合計 5
 
http://www.soumu.go.jp/main_content/000434782.pdf
 
 
■ 参議院会派 「希望の会(自由・社民)」(6名)
第192回国会(臨時会)(平成28年9月26日〜 )
 
 青木愛 比例
 木戸口英司 岩手
 福島瑞穂 比例
 又市征治 比例
 森裕子 新潟
 山本太郎 東京
 
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/giin/191/giinmei.htm
 
 
 
■ 政治資金規正法に基づく政治団体の届出事項の異動の届出(平成28年10月12日)
 
政治資金規正法(昭和23年法律第194号)第7条第1項の規定による政治
団体の届出事項の異動の届出があったので、同法第7条の2第1項の規定に基づ
き、下記のとおり公表します。
 
 政党
○政治団体の名称 自由党
○異動事項 
 政治団体の名称 新 自由党  旧 生活の党と山本太郎となかまたち
○異動年月日 平成28年10月12日
 
http://www.soumu.go.jp/main_content/000443133.pdf
 
 
※ 政党助成法に基づく届出政党としての「生活の党と山本太郎となかまたち」および名称変更後の「自由党」の代表者は、小沢一郎氏になっています。
 

4. 新共産主義クラブ[2690] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年12月09日 16:17:02 : VYyK1mAchc : I8@PpubYefg[9]
>>3(補足)
>政党助成法上の政党は、国政選挙後と、年末までに(法律上は翌年1月1日時点での)政党に所属する議員を、総務省に届け出る必要があります。
 
 
■ 政党助成法
 
 第二章 政党の届出
 
(政党交付金の交付を受ける政党の届出)
第五条  政党交付金の交付を受けようとする政党は、その年の一月一日(同日が前年において行われた総選挙又は通常選挙に係る次条第一項の選挙基準日前にある場合には、当該選挙基準日とする。以下「基準日」という。)現在における次に掲げる事項を、基準日の翌日から起算して十五日以内に、総務大臣に届け出なければならない。
 
(総選挙又は通常選挙が行われた場合の届出)
第六条  政党交付金の交付を受けようとする政党は、その年において総選挙又は通常選挙が行われた場合には、当該選挙により選出された衆議院議員若しくは参議院議員の任期を起算する日(以下この項において「任期の初日」という。)又は当該選挙の期日の翌日(以下この項において「選挙の翌日」という。)のうちいずれか遅い日(当該選挙に係る公示の日から任期の初日又は選挙の翌日のうちいずれか遅い日までの間に他の総選挙又は通常選挙に係る公示の日から任期の初日又は選挙の翌日のうちいずれか遅い日までの期間がかかる場合には、これらの選挙に係る任期の初日又は選挙の翌日のうち最も遅い日とする。以下「選挙基準日」という。)現在における前条第一項各号に掲げる事項を、選挙基準日の翌日から起算して十五日以内に、総務大臣に届け出なければならない。
 
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H06/H06HO005.html

5. 2016年12月09日 17:05:39 : 8iAPxizcLs : INpSAOMMJMw[11]

 共産クラゲ、中川隆、真相の道、天橋立なんちゃら


 阿修羅小沢ネタには、いつもこの4匹のハエが飛び交ってますなあ…


6. 新共産主義クラブ[2691] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年12月09日 17:18:30 : CJ4N5PDnCI : dmlZFU_pWZU[1]
>>5さん
  
 5は、山崎行太郎さんですか?
 
 1、3、4のコメントに、わかりにくいところがあったら、遠慮なく質問してください。
 
 私が、山崎行太郎さんにも理解できるように、わかりやすく解説してあげます。
 



7. 2016年12月09日 19:16:30 : F9tpOWr6Ww : ZXNvncwDDwQ[69]
森裕子議員の自由党入党を大歓迎します。今後の活躍を期待しています。

8. 2016年12月09日 22:07:09 : k3s9xVeL9w : pwx@esqnKC8[1]

助成金もらってどこが悪いか。このバカ、1,3,4。

カネかかるんだよ、いろいろ。このばか、1、3,5。



[32初期非表示理由]:担当:言葉使い

9. 嫌韓[439] jJmK2A 2016年12月10日 06:07:35 : r3GD5QlMps : qPrSw@pRlsc[2]
>森ゆうこ議員には、自由党と共産党、それに市民連合を中心軸にした
 野党共闘を実現してもらいたい。そうなれば、態度の不鮮明な民進党も、
 後からついてこざるをえだろう

自由とか社民とかは、政党支持率とか、先の参議院選挙の投票率からみて、
とても大きなことを言える立場にない。
役目は民進党と共産党の共闘の接着剤になれるくらいだ。

民進党がおのれを捨てて、共闘に走らないと何も進まない。
そして、蓮舫・野田にその気は殆ど無いのが問題なのだろうね。
弱小政党の一議員に期待をかけても・・・・


10. 2016年12月10日 09:06:31 : xHUQOzBXPY : _uxjRcPg3o8[25]
>>9
最大最悪の自公政治に反対することと、弱小政党を応援することは同じ。諦めていたら新潟知事選は勝てなかった。

11. 2016年12月10日 14:47:56 : wRw2Vu3U7o : SymRLHdgbKA[1]
森氏がミンシンから自由党へ写ったのは賢い正しい判断だ。ミンシンなど、第二ジミンでしかない。しかもノダブタなどの極悪犯罪人が幹事長などやっているというトンデモナイいかさま政党だ。

ミンシンが一刻も早く潰れ消え去るのを願うばかりだ。勿論、まず極悪じみんとその糞コーメにも消え去って欲しい。


12. 新共産主義クラブ[2695] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年12月10日 15:18:01 : Dne62TasRw : EfZ3OMF1q@c[1]
(記事タイトル)
>「森ゆうこ」議員が「自由党」に入党していた
 
>>7さん
>森裕子議員の自由党入党を大歓迎します。
 
>>11さん
>氏がミンシンから自由党へ写ったのは賢い正しい判断だ。
 
 
 1,3,4,6のコメントで説明したように、”「森ゆうこ」議員が「自由党」に入党”という表現は、正しくない。
 
 まして、11氏が勘違いしているように、「森ゆうこ」議員が、「民進党」から「自由党」に、移籍したわけでもない。
 
 
 森裕子氏は、「生活の党と山本太郎となかまたち」(後に「自由党」に名称変更)の党籍を維持したまま、自由党(生活の党)新潟県連代表として活動する一方で、国会では政党や参議院の会派に属さない「無所属」の議員として活動していたが、国会の参議院における自由党・社民党系の会派である「希望の会(自由・社民)」に入ったのであるから、
 
 ”「森ゆうこ」議員が、国会の参院会派「希望の会(自由・社民)」入り”
 
 という表現の方が正しい。
 
 
 哲学者の山崎行太郎さんのように、森裕子氏や小沢一郎氏の熱心な支持者のように見える人でも、支持する議員の、政党の党籍と、政党助成法上の届出政党、院内会派の、微妙な違いを理解することは難しいようだ
 
 小沢一郎氏は、参院比例代表選挙を野党の『統一名簿』で戦うことを提唱していたが、公職選挙法上の「無所属」で立候補した森裕子氏の場合でさえ、支持者の理解が混乱しているのだから、『統一名簿』で戦った場合は、一層の混乱を招くのではないだろうか。
 
 たとえば、「日韓連携」に賛同する人がいたとしても、「日韓併合」となると大きな問題が噴出するだろう。
 
 それと似ているだろう。
 
 
■ 森氏 無所属で活動 生活の党籍は維持
(新潟日報,2016/07/25)
 
http://www.47news.jp/localnews/niigata/2016/07/post_20160725122736.html
 
 
■ 森裕子氏「当面は無所属」
(時事通信,2016/07/24)
 
 先の参院選新潟選挙区で無所属の野党統一候補として当選した森裕子氏は24日、新潟市内で記者団に対し、「当面の間は無所属で活動するという約束があるので、その約束を守る」と述べ、しばらくは党籍を持つ生活の党入りはしない考えを示した。
 
 森氏は参院選出馬に際して市民団体などと当選後は当面、無所属で活動するとした協定を結んでいた。
 
 生活の党は、比例代表で1議席を確保したことに加え、無所属の統一候補として岩手選挙区で当選した木戸口英司氏が入党の意向を示していることから、「国会議員5人以上」の政党要件は維持できる見通し。(2016/07/24-15:46)
 
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072400096
 
 
■(投稿記事中の引用文)
 
 「当選後は、市民連合@新潟と交わした「当面の間は無所属で活動する」という協定を守り、自由党(生活の党)新潟県連代表として活動する一方で、国会では政党や参議院の会派に属さない「無所属」の議員として活動してまいりました。」(森裕子)
 
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/314.html
 
 
■ 野党統一候補の森裕子氏、自由党議員で活動へ
(読売新聞,2016/11/5)
 
 参院で無所属の森裕子氏は5日、近く自由党系の会派に入り、同党議員として活動する考えを明らかにした。
 
 新潟市内での同党の会合で語った。森氏は同党籍を持つが、7月の参院選新潟選挙区で無所属の野党統一候補として立候補する際、「(当選後は)当面の間、無所属で活動を続ける」とする内容の協定を市民団体と結んでいた。他の野党の了解を得た上で、早期に手続きを終えたいとしている。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161105-00050096-yom-pol(リンク切れ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/560.html
 
 
■ 小沢一郎氏、野党関係者に統一名簿で戦うことを目指す資料提示(FNN)
(FNN,201606/05)
 
 小沢一郎氏が、民主党、維新の党との連携を念頭に、野党の複数の関係者に、2016年の参議院選挙を統一名簿で戦うことを目指す資料を提示していたことがわかった。
 
 「参議院議員通常選挙における、比例代表選挙を『統一名簿』で戦うことについて」とする資料は、生活の党の小沢代表が、民主、維新両党との連携を目指し関係者に示したもの。
 
 資料では、野党がバラバラで戦うと票が分散し、自民党が有利になるとしたうえで、野党が結束することができれば、来る総選挙で、政権交代する可能性は高いとしている。
 
http://www.asyura2.com/15/senkyo186/msg/225.html

13. 新共産主義クラブ[2696] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年12月10日 15:38:19 : HDsOS1WldI : 6@Yox123pV8[13]
>>12(追記)
>哲学者の山崎行太郎さんのように、森裕子氏や小沢一郎氏の熱心な支持者のように見える人でも、
>支持する議員の、政党の党籍と、政党助成法上の届出政党、院内会派の、微妙な違いを理解することは難しいようだ
 
 
 たとえば、「政党助成法に基づく政党の届出(平成28年7月26日現在)の概要」の中の、
 
 「届出政党の所属国会議員数及び得票総数(平成28年7月26日現在)」の表で、
 
 「生活の党と山本太郎となかまたち」の、平成28年の「選挙区」の得票総数が「-」になっていて、
 
 かつ、参議院の議員数が「3」になっていることを、
 
 正確に説明できる支持者が、一体、どのくらいいるだろうか、疑問に思う。
 
 投稿記事の執筆者の、哲学者の山崎行太郎さんだって、この質問に答えられるかどうか、ちょっと怪しい気がする。
 
 
 
■ 政党助成法に基づく政党の届出(平成28年7月26日現在)の概要(総務省)(>>3 再掲)
 
 生活の党と山本太郎となかまたち
 
 [代表者の氏名] 小沢一郎
 
 [議員数] 衆 2  参 3  合計 5
 
http://www.soumu.go.jp/main_content/000434782.pdf
 

14. 2016年12月10日 19:28:03 : aXYm3OCiVk : 4LIRWnFuOrM[83]
批判するなら

平野達男、浅尾慶一郎、松本剛明、他が

自民党に入ったほうが、薄汚いが!!!


15. 2016年12月10日 20:16:06 : a9YYvrXDns : dyjTY2wE7k8[34]

 利権グループ(含む:電力献金カス)のマスゴミは寄生虫で国民のノミ、シラミ、ダニ、それとも馬脚を現した猿芝居の連中。
 

16. おじゃま一郎[5830] gqiCtoLhgtyI6phZ 2016年12月10日 20:28:30 : 4h7sAY9lEQ : laI7EsqxOJo[2]
森ゆう子は鬼婆。

市民連合との約束で無所属を貫くと誓約書を書いたが
小沢の入れ知恵で誓約書は法的に拘束されないと
いうことで、小沢の自由党にうつった。これで自由党は政党の
要件を満たし政党助成金が降りる。

市民連合の代表である、郡山から新潟に疎開したほそおもての
聡明な美人、磯貝潤子さんを裏切ったのは許すわけにはいかない。


17. 嫌韓[443] jJmK2A 2016年12月10日 20:59:51 : qjdc2Sxzrc : CW9AJ4ieRDQ[4]
>>16. おじゃま一郎

>(森裕子の加入で)自由党は政党の要件を満たし政党助成金が降りる。

冗談だろう?
自由党は、衆議院で小沢、デニー、参議院で太郎、愛、木戸口と5名いる。
森裕子が入らなくても政党要件は満たしている。

無所属ではやはり活動範囲が狭くなる。
優子は少し不義理になるかもしれんが、力はこちらの方が出せるのだよ!!


18. 日高見連邦共和国[3246] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年12月12日 12:34:45 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[144]

共産主義クラゲやほかのバカ共がなんと言おうと、森ゆうこ氏は、
『ずぅ〜っと自由党(旧生活の党)』の党員だが、何か?(笑)

政党への所属と、国会内での活動の仕方は “別”だけどサ!



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK217掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK217掲示板  
次へ