★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK217 > 402.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
近代日本の悲劇「大政翼賛会」はこうして生まれた 近衛文麿に欠けていた強固な意思(週刊現代)
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/402.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 11 日 18:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


近代日本の悲劇「大政翼賛会」はこうして生まれた 近衛文麿に欠けていた強固な意思
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50410
2016.12.11 魚住 昭 ノンフィクションライター 週刊現代  :現代ビジネス


■近衛新党はなぜ大政翼賛会に変貌したか

公爵・近衛文麿は生まれて8日目に母を産褥熱でなくした。やがて父は亡き妻の妹・貞子と結婚し、文麿は後に4人の異母弟妹をもつことになる。

だが、文麿は相当長ずるまで貞子を実の母と思っていた。それだけに真実を知った時の衝撃は大きかった。彼は後年回想して、それ以来「世の中は嘘だ」と思うようになったという。

岡義武著『近衛文麿』(岩波新書)の冒頭を飾るエピソードである。彼に終始つきまとう虚無感や孤独感。敗戦後に服毒自殺を遂げるまで54年の人生は彼にとって何だったのか。一度でも死に物狂いで事に当ったことがあったのだろうか……。

そんな勝手な物思いにふける前に機密費の話にけりをつけなければならない。陸海軍から第二次・第三次近衛内閣に上納された機密費が、近衛新党のための議会工作に使われた可能性があることを前回ご説明した(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50349)。

今回、私が述べるのは、近衛新党が大政翼賛会に変貌していく経緯だ。翼賛会は最終的に公事結社(政治に関係のない公共の利益を目的とする結社)とされ、「たとえば衛生組合のようなもの」と位置づけられた。

近衛の国民的人気を頼りに新党へ合流しようとした各政党にとっては大誤算である。政党だけでなく陸軍も近衛側近もみんな新党に期待したのに、なぜこんなことになったのか。その理由を簡単に述べておきたい。

1940年、ドイツの電撃作戦を受けて騒然とする最中の同年6月、近衛は枢密院議長を辞任した。そして「内外未曽有の変局」に対処するため「強力なる挙国政治体制」を確立する必要があるという声明をだした。

と言っても、実際には、このとき近衛は自力で「挙国政治体制」を作る覚悟も具体的構想も持っていなかったらしい。その証拠に、彼は「新政治体制の樹立はむしろ政府が当ってはどうか」と、当時の米内光政内閣にその設計と実現を一任しようとして拒絶されている。

これには伝記作者の岡も〈余りにも無造作といえるこの態度は、事にみずからあたる自信の乏しさを物語るものであるだけでなく、熱意の不足をも示すものであろう〉と呆れている。

この年7月、近衛は軽井沢の別荘に東京帝大法学部教授の矢部貞治を招き、新体制の具体的立案を依頼した。その際、近衛は大略こう語ったという。

「今の日中事変を収拾するには、陸軍を抑える『国民的な輿論を背景にした圧倒的な政治勢力』を持たなければならぬ。が、既成政党の離合集散ではそんな勢力は生まれないので自分としては新党創立の考えはまったくない。同時に、新体制が一国一党の樹立となり『幕府的存在』になるのをどこまでも避けたい」

要するに、自分が率いる党が国家の指導機関になると、天皇をないがしろにすると観念右翼(=皇国思想の極右)から批判されるので党は作らないという。新党樹立論者だった近衛の心変わりである。

理由は諸説あるが、この時期、観念右翼は近衛に激しい非難を浴びせていた。なかには近衛を殺せと息巻く者もいた。

もともと近衛は観念右翼と親しい関係にあったから余計にこの攻撃が応えたらしく「新党について世間ではいろいろといっているが、それらの中で幕府的存在云々という非難が一番不愉快だ」と周囲に漏らしている。


■失敗の原因は何か?

党を作らずに「圧倒的な政治勢力」を持ちたいという近衛の意向は矢部を困惑させた。が、矢部は結局、次のような玉虫色の進言をした。

「経済団体や文化団体など職能的な国民組織を基礎とし、国民の各職域における活動を政治に結びつけ、国策の樹立に内面から参加するようにするとともに、樹立された国策を国民生活の中に浸透させる……」

国民運動を展開したらどうかという提案だった。この提案が大政翼賛会へとつながっていく。それからまもなく第二次近衛内閣が誕生し、8月に入って近衛を委員長とする新体制準備会がつくられ、各界の有力者らが集まって議論した。

岡によれば会議はひどく紛糾したが、〈この場合も近衛はみずから進んで議事を指導しようとはしなかった。それのみか延々果てることを知らぬ談議に議事が進まないのに倦きて、中座して帰ったりもした〉という。

それでも10月、大政翼賛会は発会する。

伊藤隆著『昭和期の政治』(山川出版社刊)によれば、ここまでの過程は強力な新党的性格を主張する「革新」派と、反対派・観念右翼系の激しい応酬の連続だった。準備会では「革新」派が勝利し、翼賛会は“高度の政治性”を持った。

翼賛会を実質的に政治指導勢力にしていけば新党を作ったのと同じことになるからだ。しかし、やがて近衛の腰は砕け、観念右翼の勢いに押し切られる。

この年12月、第二次近衛内閣の法相だった風見章は閣外に出され、翌年3月、風見とともに新党計画を進めていた有馬頼寧も翼賛会事務総長のポストを追われた。こうして新党計画は失敗に終わった。近衛本人の強固な意思の欠如が原因だった。

そもそも陸海軍から巨額の機密費の上納を受けながら、軍部の独走を抑えようなんて話は虫がよすぎる。元海軍少将高木惣吉が東条内閣打倒の経緯を綴った『高木惣吉日記』(毎日新聞社刊)にこんな場面がある。

1943年10月末、高木は湯河原の旅館で静養中の男爵・原田熊雄を見舞った。そこへ前首相の近衛が遊びに来て、夕方まで3人で話し込んだ。食事後の雑談に近衛が、

「原田、さっきのお給仕してくれた女中ネ、あれ澤蘭子(=女優)によく似てるじゃないか」

とぬけぬけと言うので、呆れた原田が「驚いた奴、いつの間に目をつけたのか」と笑った。

高木はこう記す。〈この五摂家筆頭の公達がアムールに対するくらい国事に積極的だったら三国同盟も拗れず、戦さにもならずにすんだと思うが、併しこんな時局になっても悠々と審美眼が働くのは流石に余裕綽々というところである〉。

これは日本の悲劇だったのかも知れない。


『週刊現代』2016年12月17日号より



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年12月11日 21:41:59 : 1hFwhl5XF6 : A44FqszPm3Y[93]
大政翼賛会を作り、戦争世論を吹かせたのは、近衛文麿です。
ナチスを真似したわけですね。
ヒットラーが使われたように、近衛文麿も使われたと考えられます。


2. 罵愚[4390] lGyL8A 2016年12月12日 04:52:33 : B1xlQSquqM : Nqjl1ktQRfM[32]
 軍の機密費を政党活動に流用したのが近衛文麿だとしたら、反対に、政党助成金を北朝鮮の活動グループに手渡したのが民主党の菅直人だな。菅直人の、この国家犯罪は単独犯行ではなく、10人内外の民主党幹部をとおして民主党から犯人グループに資金が手渡されていた。個人の犯罪ではなく、菅直人を首班にした民主党の組織犯罪だった。
 民主党は民進党と党名変更されたが、実行役だった幹部たちは、いまでも党内にいるし、菅直人も議席も党籍も残っている。近衛文麿は歴史上の人物だが、菅直人は現役の代議士だ。蓮舫党首の国籍問題とおなじで、仮想敵国にあやつられる野党だといえる。

3. 2016年12月12日 11:45:08 : VRP2irdeZw : xUVqY0ZGly4[37]
02さん、何故ここで菅氏の話が出てくるのですか?全く関係ないでしょう。

4. 2016年12月12日 19:10:14 : 2LiKY8ftgY : PTfAaIrqs6s[498]
生真面目な 顔に誰もが 惑わされ

5. 罵愚[4399] lGyL8A 2016年12月14日 15:13:15 : B1xlQSquqM : Nqjl1ktQRfM[41]
>>3
>02さん、何故ここで菅氏の話が出てくるのですか?全く関係ないでしょう。

 日本を裏切った首相として共通だと思うけどなぁ?


6. 罵愚[4409] lGyL8A 2016年12月17日 04:39:23 : G76GYDRKoH : 5XSTLyKzePw[4]
 つまり、菅直人の政党助成金横流し事件を放置して、自民党や歴史上の政権批判をするのはナンセンスなんだよ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK217掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK217掲示板  
次へ