★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK217 > 435.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
カジノ法案の参院決議、公明・山口は賛成?&反対を唱える自民・一太などは造反するのか?(日本がアブナイ!)
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/435.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 12 月 12 日 14:01:18: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://mewrun7.exblog.jp/25039643/
2016-12-12 05:04

 秋の臨時国会の会期末まで、あと3日。安倍自民党は何とか14日までに、カジノ法案を参院で可決(=法案成立)すべく、アレコレ策を練っているようだ。(-"-) 

<昨日の記事(『カジノ法案は維新へのXマス・ギフト。万博もセット、改憲とバーター+強行採決の次は採決省略?)で、「委員会採決の省略」について書いたのだけど。数の力で、言うことをきかない民進党の委員長を自民党の議員に取り替えちゃうという手もあるらしい。^^;>

 自民党は今夏の参院選で、(残念ながら)ついに過半数の議席を獲得してしまってるし。維新の会も賛成するので、よほどのことがない限り、法案が成立することになりそうなのだけど・・・。^^;
 mewは個人的に、果たして公明党から何人反対が出るのか、特にの山口代表が賛成するのか否か、また自民党から造反者が出るのか否か、注目をしている。(**)

<参院自民党では、安倍首相の側近である山本一太氏や、超保守仲間の西田昌司氏などがカジノ法案に大反対しているので。(~_~;)>

* * * * *

 公明党は3年前からずっとカジノ法案には慎重な姿勢をとっていて。自民党&維新(+民進)が中心になって進めた議員立法には参加していないし。今回も本当は審議入りや採決に反対していたのだけど。
 安倍官邸や(利権が絡んでる?)二階幹事長らの自民党幹部が、維新の要求に応じる形で強引に審議入りや採決を決定。困った公明党は、自主投票を行なう道を選択した。(~_~;)
(『審議わずか6時間、カジノ法案が強行採決〜安倍・維新の強引な動きに、公明が困惑』『カジノ強行衆院突破〜公明割れる、自民も棄権が+短い審議中、自民が般若心経を解説って』>

 で、mewは、賛成と反対を半々ぐらいにするのか、それとも4:6ぐらいで反対の方が多いのかな〜と予想していたのだが。何と衆院本会議の議決では、35人中22人が賛成したのにはちょっとビツクリさせられた。(・o・)(反対11、棄権1、欠席1)

 知人が言うには、自民党との連立の中でズブズブの与党人になった議員(悪代官の仲間?)、カジノ利権に絡んでいる議員が賛成に回っていたのではないかということなのだが。衆院TOPの井上幹事長は、しっかりと反対していたのが印象的だった。(・・)

 ただし、あくまで伝え聞いた話なのだが。学会では婦人部を中心にカジノ法案に反対の人が多いため、今回、22人も賛成したことに怒りや不満の声が出ているとのこと。^^;
 公明党の富田茂之幹事長代理も、その声に応えてか、衆院の議決後、カジノ法案のことを「亡国の法案」だと、強く批判していたほどだ。(・o・)

『(カジノ解禁法案は)亡国の法案ですよ。アジアのカジノを見てきたが、集客は減っている。要するに、もう需要がなくなってきている。今更、こんなものを作っても、全然、経済成長にプラスになりませんよ。
 民営ギャンブルに道を開く法案で、刑法で規定されている賭博罪の違法性を阻却する理由を明確にしないといけないのに、(推進側は)誰も説明できない。
 審議の進め方もめちゃくちゃだ。これだけ新聞各紙が明確な「反対」で、世論調査でも「反対」の方が多いのだから、せめてその人たちが「しょうがないな」と思うぐらい時間を取って審議をやるべきだった。あまりにもおかしい。(6日の衆院本会議後、朝日新聞の取材に)<朝日新聞16年12月7日)』

 で、尚更に、果たして参院の議決はどうなるのか、それこそ山口代表はどうするのか気になっているのである。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 ちなみに山口代表は、フジテレビのネットニュース専門局「ホウドウキョク」で、このように語っていたという。(・・) 

『(党議拘束を外して自主投票にした議員立法「カジノ解禁法案」について)賭博が刑法で禁止されているのはなぜか、どういう社会的な影響があるのか、国民はどう受け止めるかと、もっと幅広い議論があっていいと思う。やや不十分な気がする。(衆院の審議時間は)短い。そう思っている方は多いと思う。

 公明が心配したことは、公明党がこぞって仮に反対しても、自民党と維新(日本維新の会)で多数があるので成立してしまう可能性がある。ただ、政府に実施法を作って出しなさいと命じる法律なので、実施法を作る時には政府・与党として責任が出てくる。ここはやはり正直、悩んだ。我々は積極的に賛成ではない。意見が分かれる。けれども成立した後は与党として責任を負うわけなので、今の議員立法に足りないところを付帯決議の中に書き込んだ。これは非常に工夫をしたところだ。(ネット番組で)<朝日新聞16年12月7日)』

 公明党が反対しても、自民と維新で成立してしまうとか、弱気な感じの発言をしているのを見ると、何だかな〜と思ってしまうのだが。(-_-;)
 もし山口代表が、安倍首相や自民党に気を遣って(&維新の存在を意識して)賛成票を投じるとしたら、学会の婦人部の不信感や不満はさらに増すのではないかと思う。_(。。)_

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 

 実は、参院自民党にも、カジノ法案に慎重な人や、今回の強引な審議入りや採決に批判的な議員が少なからずいるという。(・o・)

『カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備を政府に促す議員立法「カジノ解禁法案」をめぐり、参院自民党が5日開いた勉強会で、法案への懸念の声が相次いだ。党幹部は6日の衆院通過を目指すが、公明党だけでなく、自民党内の反対も根強いことを露呈した格好だ。

 「一番大事なのは国民の理解だ。こんな乱暴なことをやっていたら次の衆院選にも良くない」。山本一太元科学技術担当相は、各種の世論調査で法案への反対が賛成を上回っていることを踏まえ、何度も法案の問題点を指摘した。山本氏はカジノ解禁を推進する安倍晋三首相に近い。

 法案提出者である同党の岩屋毅氏が経済効果や集客効果について説明したが、山本氏は「経済の起爆剤になるというのは理解できない」。1時間20分の勉強会では、山本氏以外からもギャンブル依存症やマネーロンダリング問題を懸念する声が相次ぎ、終了後、愛知治郎・参院政策審議会長は記者団に「慎重にとか、疑問に思う意見のほうが多かった」と語った。(朝日新聞16年12月5日)』

* * * * *

『カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法案が6日の衆院本会議で可決される見通しだ。年金制度改革法案も同日の参院厚労委員会で審議入りし、自民党は会期末の14日までに両案の成立を図る。だが、IR法案について参院自民党では5日、反対論が噴出。採決時に造反者が出る可能性もある。

 自民党の二階俊博幹事長は5日の記者会見で、昨年のIR法案提出時に総務会で了承した経緯を踏まえ「党議拘束はかかっている」と明言した。反対した場合は造反扱いとなるが、参院自民党が5日に開いたIR法案の勉強会では「性急に法案を通すことには反対だ。乱暴なことをやったら次の衆院選や参院選にも良くない」(山本一太氏)などと反対論が相次いだ。(中略)
 党内にはIR法案に関し「反対ボタンを押さざるを得ない」(西田昌司参院国対委員長代理)との声も根強い。(産経新聞16年12月5日)』

『7日から審議が始まる参議院では、自民党内部からも法案への慎重論も出ています。
 「最大の他のギャンブルとの違いは、いわゆる、あのマネーロンダリング。これが合法的にできてしまうのではないかという懸念があるんですね」(自民党 西田昌司参院議員)(TBS16年12月7日)』

<西田氏は当初から「日本にカジノは不要」だとして、ずっとこの法案に反対している。mewは、道徳を重んじる超保守派はカジノのような賭博場を安易に容認すべきではないと思うのだけど。
 XXウヨの中には、カジノが解禁になれば、韓朝系との関わりが強いパチンコ業界が衰退するのではないかというOOな期待を抱いている人たちがいるらしい。(>_<)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 特に山本一太氏は、カジノ法案にかなり強く反対しているようで。お馴染みの直滑降ブログには、
『国民の理解が十分に得られていない「カジノ法案」を強引に成立させることには賛成出来ない!』がその1からその5まで並んでいたりして。(*_*;

 たとえば、その3(5日)、その5(7日)には、こんなことが書かれている。

『昼12時から参院自民党の政策審議会がある。 カジノ法案について話し合う。 前々国会(?)でカジノ法案を同じ政審で議論した時は、「ほぼ反対一色」だった記憶がある。 その結果を受けて、当時の政審会長が「カジノに関しては、参院の意向を反映しつつ、慎重に進めて欲しい」と申し入れた経緯がある。 事実関係、間違ってないですよね?(中略)

 報道によると、安倍総理と菅官房長官は「カジノ法案に前向き」だという。 これが事実とすれば、「カジノ法案に否定的なことを言う」のは、とても心苦しい。(ため息) 言うまでもなく、この2人は(自分にとって)「特別な存在」だからだ。(その3)』

『今のカジノ法案をめぐる「衆院でのあまりに乱暴な審議」を目の当たりにして、黙っているわけにはいかない。 21年間、自民党議員として一途に頑張って来たひとりの政治家として、懸念を覚えずにはいられない。 こんなやり方は、自民党にとっても、安倍総理にとってもマイナスになる。(中略)
「カジノ構想」そのものを全面否定するつもりはない。 やるなら、「もっと時間をかけて審議すべきだ」と言っているのだ。 「国民の理解を得る努力を怠るべきではない」と言いたいのだ。(その3)』

『安倍総理には(国内政治で)「今国会でカジノ法案を強引に成立させる」ようなリスクを取って欲しくない。 カジノ法案に対する山本一太の慎重姿勢は終始一貫している。 そのことは、総理にも、官房長官にも直接、申し上げた。 2人ともよくご存知だと思う。(中略)
 次の総裁選も、次の次の総裁選も「安倍晋三」と書く。 安倍内閣はあと5年、続く。 カジノ法案を審議するための十分な時間があるではないか。

 カジノ解禁に関する懸念はいろいろある。 が、最大の心配は、基本的に「マネーロンダリング」という犯罪を完全に防止出来ないということだ。 別の言い方をすると、「マネロンを遮断する仕組みを整備したら、収益の上がるビジネスモデルとして成り立たない」という構図が存在することだ。(その5)』

<カジノ法案に対する考え方は賛同するが。安倍政権があと5年も続くという意見には同意できない・・・っていうか、そんなことには耐えられない!_(_^_)_>

* * * * *

 西田氏にせよ、山本氏にせよ、ここまで反対を表明しながらも、最後は党の方針に従って、賛成票を投じるのか。せめて棄権ぐらいするのか・・・。

 もし参院自民党で法案に慎重な人が反対に回ったら、法案が成立しない可能性もあるのだが。二階幹事長が、党議拘束を強調していたので、衆院同様、造反者はほとんど出ないかも知れないのだけど。
 自公の議員にも、何でも安倍官邸の言うがままになっているのではなくて、ちょっとは国会議員としての良識を示して欲しいと思う今日この頃のmewなのだった。(@@)

  THANKS


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年12月12日 15:26:04 : SZbqSN5qFM : AAgJFjNaQAg[33]
 >西田氏にせよ、山本氏にせよ・・・・

 2人が・・・?
 イヤァ 本気で反対しちゃあいないよ。
 カジノの本質をわかっての行動とは思えないね。
 自民党の愚かで勝手な昨今の姿に多少の危機感を感じてのパフォーマンスだろ。
 民意を意識してイイトコ見せようとしてるだけサ。
 イザ、という時は右へ倣えだ。 


2. 2016年12月12日 15:51:39 : b7DAbZ1WHw : v8Dipt97lbY[1]
 法案の決め方自体が独裁的で気に入らないが(安倍の存在からして気に入らない)、面白いじゃないか、やってみろよの気分になっている。

 法案が通って、カジノができたと仮定してみる。どんなカジノになるわけ? いわゆるベガスのようなカジノ?
 いったいどれほどの日本人がルーレットに興じる? バカラとブラックジャックの遊び方の違いがごちゃごちゃの日本人が一体興味を持つ? おいちょかぶならちょっとは分かるが、日本流カジノではおいちょかぶになるわけ?

 目押しが効く日本流ならともかく、米国流スロットに熱中できる? リーチ目なんかないし、チャンスゾーンもない。チェリーやスイカの解除役もない。ただ、コインを入れてガチャンとするスロットが面白い?
 まあ、日本流カジノではパチンコを導入するのかな? ガロや花の慶次がなければ、日本人はカジノになんか行かないんじゃない?

 最初のうちはともかく、結局は日本人は行かなくなり、外国人客相手になるわけ? とすれば、カジノはつぶれるよ。カジノができたって、日本人が好む遊戯機がいまの段階ではイメージできない。安倍ちんの大好きな中国人ばかりが来るんじゃない?

 気取った服着てカクテル飲んで、さあバカラやりましょうなんてのは麻生くらいしか似合わない(?)んじゃない。菅なんか、いなかっぺのおやじだから、場違いもいいとこ。お呼びじゃないよ。  


3. 2016年12月12日 18:14:06 : rGT9z24w76 : E1gnitVyu0E[507]
しばらくの間はガス抜きの役を演じて、「なるほどそうだったのカジノ法案」

とかほざいて賛成側の後押し役に回る、自民党の猿芝居、常套手段。

今回の主役は山本で行っただけのこと。


4. 2016年12月13日 10:14:13 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-6907]
2016年12月13日(火)
賛否超え“議論不足”指摘
カジノ法案参考人質疑

 刑法が禁じる賭博場・カジノを合法化するカジノ解禁推進法案について初めて専門家の意見をきく参考人質疑が12日、参院内閣委員会で開かれました。参考人からは法案への賛否を超えて国会の議論不足が指摘され、このまま採決に持ち込むなど到底許されないことが浮き彫りになりました。

 参考人は美原融大阪商業大学アミューズメント産業研究所長、マネーロンダリング対策などにくわしい渡邉雅之弁護士、日弁連多重債務問題検討ワーキンググループ座長の新里宏二弁護士、静岡大学の鳥畑与一教授の4氏。

 反対の立場から意見を述べた新里氏は、新聞の社説が共通して拙速な審議に疑問を呈していることをあげて、「審議は尽くされていない」と語りました。鳥畑氏も「基本法(今回の推進法)と実施法を分離することで重大な欠陥を先送りすることは国会の責任放棄だ」と批判しました。

 賛成派として発言した美原氏は「カジノがもたらす社会的インパクトを除却するための手だては国民にとって分かりやすく議論すべきだ。慎重な議論は実施法でもやってほしい」と、渡邉氏も「国会で重要な論点が顕在化した。実施法段階で論議していかなければならない」と発言しました。

 日本共産党の田村智子議員はカジノ解禁で国内初の民営賭博が解禁されることの社会的影響を質問し、新里氏は「いままでの公営賭博は公設公営で公益のためというものだったが、これからは自分の利得のために賭博を開帳できるということになり、刑法のあり方が大きく変わってしまう」と答えました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-12-13/2016121301_03_1.html


5. 2016年12月13日 12:47:12 : FDkTQoCnMk : eZcuBmqinJI[39]
反対パフォーマンスだろ(笑)
有権者向けにわざとやっているだけのこと

公明党なんて昔「平和の党」今や「戦争の党」でしかない!

数にあかせて強行採決したらいいんですよ。
国民の半分以上が反対の法案を今までさんざんやってきた。
博打で経済向上なんて人の不幸で飯食ってどうすんだ?
ってことは、
維新のヤクザ集団には通用しない
その維新との取引で安倍政権は強行しようとしてるんだから
一緒に落ちるとこまで落ちろ!ってことです

早く強行採決やってほしいねぇ!
昨日のNHK支持率で安倍内閣は50まで落ちた(-5)
さぁ!
どこまで落ちるかねぇ?
オバマじゃ支えきれない位に、悪行三昧ではないかね

そろそろ冬眠から目を覚ませ国民よ!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK217掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK217掲示板  
次へ