★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK217 > 442.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
稲田朋美防衛大臣 塚本幼稚園、園長・籠池泰典氏を表彰 
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/442.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 12 日 17:10:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

稲田朋美防衛大臣 塚本幼稚園、園長・籠池泰典氏を表彰
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/21268e1831fa4ceca791dfe8b45b5bdb
2016年12月12日 のんきに介護


     
       転載元:たくみ@高江@takumi0507j さんのツイート〔12:46 - 2016年11月19日

籠池泰典氏というこの叔父さんは、

幼稚園で

園児たちに教育勅語を

暗唱させています。

日本会議に所属する

ばりばりの憲法破棄論者です。

経営する

塚本幼稚園は

商売繁盛らしく、

近々、小学校を併設予定らしいです。

昭恵夫人が

名誉校長につくようです。

「塚本幼稚園→塚本小学校」

という洗脳のための実験教室を作って、

教育ビジネスで

お金をがっぽがっぽというビジョンを

思い描いていらっしゃるようです。

思うに、

あゝ、これだったら

戸塚ヨットスクールの方が救われてるな

という結果が

出てくるだけじゃないですかね。

戦前・戦中を復活させる

そんな人物を

なぜ、表彰?

誰しも疑問に思うことではあります。

下に

同氏の活躍を収めた

動画をアップしておきます。

自衛官募集cm 「戦闘 − そして俺の運命編」【衝撃映像あり 閲覧注意】    子どもを洗脳し日本を軍国主義化 日本会議の野望


ロイターでも報道されています

(ishikawa yuichiro@ishikawayuichir さんのツイート〔19:20 - 2016年12月9日 〕参照)。




子どもの頃から

自爆テロの考え方を植え付けようってんでしょうか。

今年の流行語大賞に

「神ってる」

が選ばれたと聞きました。

この塚本幼稚園に入園させる保護者は、

「神って」はいないでしょう。

しかし、

「アベってる」とは

思われます。

安倍晋三首相は、

米国で

「私を右翼と呼んで構わない」

と言いました。

同じように、

アベってしまったこの人たちは、

「私を右翼と呼んで構わない」

と言いたいのかも、です。

しかし、教育勅語を暗唱してなれるのは、

ポチです。

あのワン公のポチです。

親御さんの夢を壊して悪いですけど、

我が子を

爆弾を抱いた犬にしたくなければ

入園させるべきではないんじゃないでしょうか。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年12月12日 17:53:45 : 7U1W5ro7JM : Fte615eQknU[270]
>親御さんの夢を壊して悪いですけど
常識的に考えて、親が幼稚園を選ぶ場合、
その幼稚園がどういう教育方針なのかを目で確かめる。
その上で子供を預けるものだ。

こんなカルト幼稚園に子供を預ける親は、
すすんで”軍”に入隊し、お国のため(実際には日本会議・統一教会のため)に
華々しく命を落とすような子に育ってほしいと、そう願っているのだ。
新たな形の幼児虐待だといって過言ではない。

こんなカルト幼稚園に子供を預ける親からは、直ちに親権をはく奪し、
その子供は児童相談所預かり措置にすべき。


2. 2016年12月12日 19:46:13 : Vb7XxsTcK2 : IL2t0H1mCKc[32]
塚本幼稚園の教育は、国を愛し人を愛する心を育て、小さな頃より心身ともに鍛え、躾を実践します。皇室を尊び、日本の歴史と伝統文化を重視しています。教育の根底は下記の12の徳目を根幹とし、子供を21世紀の社会に通用する、すばらしい大人へと導くよう教育をしております。

一、親や先祖を大切にしましょう。
一、兄弟姉妹は仲良くしましょう。
一、夫婦はいつも仲睦まじくしましょう。
一、友達はお互いに信じ合いましょう。
一、自分の言動をつつしみましょう。
一、広くすべての人に愛の手を差しのべましょう。
一、勉学に励み職業を身につけましょう。
一、知識を高め才能を伸ばしましょう。
一、人格の向上につとめましょう。
一、広く世の人々や社会のためにつくしましょう。
一、規則に従い社会の秩序を守りましょう。
一、正しい勇気を持って世のため国のためにつくしましょう。


3. 2016年12月12日 20:01:15 : vTYEtTd4cc : iFsRUROyKqQ[273]
塚本小学校は大阪市立の公立小学校でこんなところとは全く関係ありませんので指摘しておきます。

4. 2016年12月12日 20:24:11 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[388]
この塚本幼稚園こそ、「お国のため、天皇陛下のため」と言っておきながら、黙ってしがみついて従属してくれるだけの使い物にならない間抜け男と、このような使い物にならない間抜け男の性奴隷として好き勝手に弄ばれながら、産めよ増やせよ、と八紘一宇でごまかそうとする魂胆も見え見えであることは、この稲田朋美防衛大臣自らが、安倍マヌケにしがみついているだけの喜び組の一員に他ならないという動かぬ証拠であることは、これこそが自民党そのものに対する本質的な見立てであることは、「保育園落ちた、日本死ね」ということが、「塚本幼稚園こそが、ブラック企業の道連れになって、どうぞ誇りを持って、どんどん涙を流し続けながら、ひっそりと泣き寝入りをしながら、そのままとっとと消えて下さい。これこそがお国のため、天皇陛下のためだと思えば、幾らでも出来て当然のことなのでは?」ということで、そっと静かに無視されることになろうとも、反論の余地はどこにもないことは、国際社会全体の常識としてバレバレのことであり、多極化の捨て石にされる道を自ら選択したまでのことであろうことも当たり前のことだと気づけば、怒りを通り越して聞いて呆れるどころの騒ぎではないことも当たり前のことなのですが?

5. 戦争とはこういう物[1680] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年12月12日 21:16:05 : 9PG0M0b68Q : jKnbezZWN40[323]
「子どもたちを戦場に送るな」という教師を「偏向教育」と締め付ける与党の閣僚が、この学校法人を表彰する。政府与党の「中立」の意味が知れようという物。

■自民党が「政治的中立」で教員を締め付け! 憲法改正と連動し平和・人権教育潰しがいよいよ本格化か(リテラ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/366.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 10 日 21:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU


6. 2016年12月12日 21:33:04 : 7U1W5ro7JM : Fte615eQknU[272]
>>3
このカルト幼稚園が設立しようとしている小学校の名は、
「瑞穂の國記念小學院」というそうだ。
態々旧字体を使っているあたり、カルト臭プンプンだ。

とはいえ、このカルト幼稚園の卒園生は、
全員「瑞穂の國記念小學院」に行くという訳ではなく、
公立の塚本小学校にも入学してくる訳だから、
アメーバのごとく悪影響が出てしまうことはどうしても否めない。


7. 2016年12月12日 21:52:41 : 7U1W5ro7JM : Fte615eQknU[273]
あと天皇皇后両陛下の写真を勝手に広告塔として使うとは・・・。
平和国家であることを、
とても大切にしておられる両陛下に対して、
無礼・失礼極まりないことである。
はっきりいって不敬罪の極みだ。

8. 2016年12月12日 22:44:21 : lh1GGwoOtM : YsxGZGc1SWo[2]
なーんだ、身内同士で感謝状なんか出してんのね。まるで韓国だね。
稲田氏も塚本氏も同じ教団の信徒だもの。
(一応、言っとけば「本家」と対立、離脱して経典の著作権まで奪った「原理主義派」の方だけどね)

9. 山田ミー太郎[125] jlKTY4N@gVuRvphZ 2016年12月12日 23:12:46 : IE7yy8dFd6 : 5xNUB@zd5sE[2]
>>7さま強く同意。昨晩の別投稿でのレスも拝読。

ただですね、>>1

> こんなカルト幼稚園に子供を預ける親は、
> すすんで”軍”に入隊し、(・・・)
> 華々しく命を落とすような子に育ってほしいと、そう願っているのだ。

についてですが、塚本幼稚園の親たちは、そこまでは
さすがに考えてはいないのではないかと。

彼らは「九段の母」なんて歌もまず知らないでしょう。

私が子供時代を過ごした昭和50年代には、古いお宅の場合、
家の入口に「遺族の家」という小さい金属板を付けた家を
まだよく見かけました。また、街頭で傷痍軍人が
アコーディオンなどを演奏しているのを見かけることが
まだありました。

自分の家に「遺族の家」ステッカーを貼り付けることになるとか、
自分の子どもが傷痍軍人になって物乞いするとか、
そういう出来事に対するリアルな想像力も覚悟も
全く欠如しているからこそ、塚本幼稚園なんかに
子供を預けることが出来るのでは、と考えます。


10. 真相の道[1668] kF6RioLMk7k 2016年12月12日 23:26:01 : T8iD3fD606 : kQK1OSr0eCg[583]
>>02さん

たしかに>>02で記載された教育勅語の内容を読むと、親や先祖を大切にする、兄弟姉妹は仲良くなどなど、道徳的に優れたものばかりですね。

他の幼稚園でも採用してほしいものです。


安倍首相夫人も訪れ、感動したようですね。(下記)

http://www.sankei.com/west/news/150108/wst1501080001-n1.html
   
   


  


11. 2016年12月13日 00:41:12 : lh1GGwoOtM : YsxGZGc1SWo[5]
>>9 山田ミー太郎様

>自分の家に「遺族の家」ステッカーを貼り付けることになるとか、
自分の子どもが傷痍軍人になって物乞いするとか、
そういう出来事に対するリアルな想像力も覚悟も
全く欠如しているからこそ、塚本幼稚園なんかに
子供を預けることが出来るのでは、と考えます。

おっしゃる通りです。私もそれを危惧します。私の小学生時代にも白い病衣に軍帽を被って杖を突いたり、車椅子に乗ったり、アコーディオンを弾いたりしながら、二、三人で街角に立つ傷痍軍人をたまに見た覚えがあります。子供心にも胸を突かれる、もの悲しい風景でした。今思えばすべてが本物だったかどうかはわかりませんが、戦地へ行った人の年齢ではあったようです。アメリカではホームレスの中にベトナム、アフガン、イラク戦争に行った帰還兵たちが多くの割合でいると聞きました。日本が70年間戦争をしない平和国家であったのは良いことではありますが、それゆえに、若い世代からは現実の戦争に対する想像力が失われてしまったのは何とも皮肉なことです。

「マスコミに載らない海外記事」さんの以前の記事を思い出しました。


マスコミに載らない海外記事
人々が目にしてはいけないことになっている戦争写真 - Chris Hedgesのコラム
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/-chris-hedges-1.html


(以下、部分抜粋)


戦争は残虐で、人間味の無いものだ。個人の勇気ある行動といった夢想や、民主主義といった夢想的な目標のばからしさをあざわらうものなのだ。産業技術を駆使する戦闘は、攻撃してくる相手など見たこともない何十人、いや何百人もの人々を、一瞬で殺害できる。こうした高度な工業生産による兵器の威力は無差別で、信じがたいほどだ。瞬く間に、団地にいる全員を生き埋めにし、粉砕することが可能だ。そういう兵器は、村々を破壊し、戦車や、飛行機、船舶を灼熱の爆発で吹き飛ばすことが可能だ。生き残った人々にとって、傷は、酷い火傷や、失明や、四肢切断や、一生続く痛みやトラウマとなって残る。こうした戦闘から戻ると、人は変わってしまうものだ。しかもこうした兵器が使われてしまえば、人権にまつわるあらゆるあらゆる論議も茶番劇と化する。

ピーター・ファン・アットマールの『二度目の服務:死なずにすみますように』と、ローリ・グリンカーの『戦後: 紛争中の世界からの退役軍人』という、一度見れば忘れることのできない二冊の戦争写真集によって、戦争の写真というものは、ほとんど常に、大衆の目に入らぬよう隠されていることがわかる。こうした写真は暗部であり、実際に戦地に赴き、戦争の苦難を味わった人々しか、その本能的恐怖とは直面することはできないが、それでもこうした作品は、少なくとも、戦争の残虐さを暴こうとする努力である。

「道端にしかけられた爆弾が、乗っていた車両に命中し、ガソリン・タンクを発火させ、他の二人の兵士も焼死させた際、この兵士は体の90パーセント以上に火傷を負った」アットマールの写真集にある、手術室にいる血塗れの兵士の写真には、横にそう説明がある。「彼の迷彩服は、ヘリコプター上で彼を処置した衛生兵によって引き裂かれ、ベッド中に垂れ下がっていた。皮膚の塊ははげおち、わずかに残った皮膚は半透明になっていた。彼は意識を失ったり、回復したりしており、数秒間、彼はかっと目を見開いた。担架から、ERのベッドに移される際に彼は叫んだ。「父さん、父さん、父さん、父さん」そして「眠らせてくれ、頼むから眠らせてくれ。」ERには、もう一人のカメラマンがおり、上からの場面を撮影しようとして、医療スタッフの頭上からカメラを突き出した。兵士は叫んだ。「クソ・カメラを目の前からどけやがれ」彼の最期の言葉はそういうものだった。六ヶ月後、ある冬の午後、私は彼の墓にお参りした。」アットマールは書いている。「彼の最期の光景は脳裏から離れない。」

「車内には三人いて、ジープに火がつきました」イスラエル兵士ヨッシ・アルディティは、グリンカーの本にある引用で、火炎瓶が車中で破裂した瞬間について語っている。「燃料タンクは満タンで、今にも爆発しそうで、私の腕や顔からは皮膚が垂れ下がっていましたが、動転はしませんでした。誰も入ってきて、助けてくれることなどできず、火をくぐり抜けて、ドアに向かう他に脱出方法がないことは分かっていました。銃をもって出たかったのですが、両手が火傷していて、触れませんでした。」

アルディティは六ヶ月入院していた。退院後の三年間、二、三ヶ月毎に、合計20回の手術を受けた。

「私を見る人は、戦争が本当は何をするのかを見るのです」と彼は言う


----------------------------


この偉大な茶番において、負傷者、身体障害者、死者は、舞台の外に速やかに運び去られてしまう。彼等は戦争の廃物なのだ。私たちは彼らを目にすることはない。私たちは彼らの声を聞くことはない。彼等は、我々の意識の周辺に漂う、彷徨える魂のように、無視され、罵倒さえされるべく、運命づけられている。彼等が語る言葉は、我々が耳にするには余りに悲痛だ。人は、戦闘においては空虚で無意味となる言葉である、栄光、名誉、愛国心という神話を受け入れて、自らと、国家とを讃えることの方を好むものなのだ。そして、戦争の本当の結果と直面するべく運命づけられた人々は、向きを変えて、逃げてしまうことが多い。

グリンカーの本の中で、エルサルバドルでの戦争で両足を失ったサウル・アルファロは、陸軍病院の病床に横たわっていた時の、恋人による最初で最後のお見舞いについて語っている。

「軍隊では、彼女が恋人でして、結婚する計画でした」と彼は言う。「ところが、彼女は病院で私を見ると、何が起きたのか私には良くわかりませんが、皆が言うには、私を見て泣きだしたそうです。その後、彼女は私から去り、決して戻っては来ませんでした。」

公的な感謝の宣言は、国家から手渡された原稿を忠実に読む退役軍人向けとして、予約済だ。そうした公式の席に出席させられる退役軍人は、従順で、我々が、ぞっとせずに、その姿を見守ることができるような、心地良い人々であり、戦争は、愛国心であり、最高の善であるという嘘を、進んで支持する人々なのだ。「軍務に服して下さって有り難うございます」と言うことを、我々は期待されているのだ。彼等は神話を持続させることに慣れている。我々は、それを讃えることに慣れている。


----------------------------


ニューヨーク・タイムズで、戦争報道をした後、1990年代に、サラエボを再訪し、何百人もの身障者が、エレベーターも車椅子も無い団地の室内に閉じ込められているのを私は発見した。大半は若者で、多くはいずれかの四肢を失っており、年老いた両親による世話を受け、輝ける戦争の英雄は朽ちるままに放置されていた。

生き残った人々を、絶望と自殺が、とらえて離さない。戦争中に亡くなった人数より多くのベトナム戦争退役軍人が、終戦後に自殺した。戦時に、兵士や海兵隊員に叩き込まれた非人間的な資質が、平和時に、彼等を打ち破るのだ。これこそが、戦争にまつわる偉大な書物『イーリアス』と、職業的殺人者の回復に至る長い旅を描いた偉大な書物『オデュッセイア』の中で、ホメロスが我々に教えてくれていることだ。多くの人々は、決して再適応することができない。彼等は、妻や、子や、両親や友人達と、再び意思を通じ合うことができずに、自己破壊的な苦悶と憤激という、孤独の地獄に引きこもる。


----------------------------


「軍隊に入隊させるため、連中はあらゆる宣伝をします。連中は、山をスキーで滑走して降りる人々やら、素晴らしいことをしている人々の姿を見せます。連中は、射撃されることや、両足を吹き飛ばされたり、焼死したりする人々は見せません」と彼は言う。「連中は、本当に起こることは見せません。ただのインチキです。しかも連中は、そうしたことに、心の準備をさせるようなことは決してしません。連中は、世界中のありとあらゆる訓練をしてはくれますが、訓練は本当の戦争とは決して同じではないのです。」

----------------------------

「マルビナス諸島で軍務についた連中の多くが」彼は諸島のアルゼンチン名を使って言った。「自殺しました。友人の多くが。」


(以上)


この国でも今、再び子供たちをそんな運命に導くための歯車が回り始めたのでしょうか。


12. 2016年12月13日 01:15:31 : 7U1W5ro7JM : Fte615eQknU[275]
>>9
確かにおっしゃる通り、
日本会議の思想に染まることは、即ち、
悲惨な結末が待ち受けるということまでは、
無自覚なのかもしれない。

日本会議・統一教会の連中は、
自分たちが率先して戦争の前衛部隊になろうなんて気はサラサラない。
自分たちは安全な場所で傍観している上級国民であり、
犠牲になるのは徴兵される一般国民(臣民)だという認識だ。
勿論このカルト幼稚園に通わせる親も、同じ認識なのだろう。

犠牲になるのは、あくまでもほかの子供たちで、
自分たちは安倍将軍様に可愛がれ守ってくれるから、
大丈夫だなんて考えているなら、
そんなバカ親どもには、甘ったれるな!と
声を大にして言ってやりたい。


13. 2016年12月13日 02:43:46 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[1273]
  今や軍事は聖戦でも正義でも無く、自動車産業と同様のビジネスの一環でしか無い。
    教育勅語の中心を為す愛国心などは、多国籍軍産政複合体にとっては無縁であり、世界市場に兵器を売るための単なる広告用のコピーライトでしか無い事に、この園長らとここに子供を入園させる親は気付かなければならない。
    世界のそこここで、常に兵器や武器の展示会が開催され、デパートの口紅売り場のように弾丸が並んで売られているのである。
    トヨタが車販売で世界を席捲したいと懸命なように、軍需産業も、世界を武器、兵器の需要で満たそうと必死なのである。
    自民党は、今や血税の収奪を生業とするような官僚や幹部行政官と併走する性質から、官僚を目掛けて集まる内外の様々なロビイストの要望に応えるための行政立法案の可決要員となっており、かつまた、それを議会で野党を介して国民納税者に説得する説明要員であり、それが与党のルーティンワークとなっている。
    米軍産複合体ロビイストにしてみれば、このように武装行政機構と立法府が結託した国であれば軍事予算が容易に捻出されるため、利用価値があると踏んでおり、米議会で安倍に演説をさせたりパーティーに招待したり艦船や戦闘機に試乗させたりと、どっぷりと軍事サイドにのめり込むよう意図しているのであろう。
    財界においても、もはや新興国の追い上げで家電は輸出が奮わず、観光立国としても原発事故が尾を引いておりネックになっている、自動車産業も頭打ちとなれば、後は米軍から余計に買い込んだ兵器の転売や武器生産しか起死回生の道無し、というところだろう。
    与党と行政との癒着により、天下り利権や談合、公益法人などの立ち上げによる官僚の無駄使い、公共事業建設のチェックが無いことで、国民の税金は湯水の如くに政財官の料亭政治で放蕩され、国勢に陰りが出た際のバッファーとしての準備資金も無く、もはや、死の商人として世界に出る以外に道が無いのであろう。
    こうした周回遅れの発想をいとも簡単にやってのけるのは、立法行政司法の緊張関係が無く、一蓮托生の昔大政翼賛方式、今護送船団方式ゆえの視野狭窄に原因があるだろう。
    この危険な傾向の初期段階としての教育勅語の復活劇であり、それが大阪の幼稚園から始まっている、ということだろう。
    とにかく、日本をして、死の商人としての経済復興を企図する勢力が有るということであり、議院内閣制、租税主義であれば、当然ながら、国会を国権の最高機関として、米軍から買い込んだ兵器の転売や武器生産を目論んだ政財官護送船団による、死の商人としての立ち居振る舞いには、与野党の良識派議員の尽力を以て反論を開始すべきである。
    日本が危険水域に入っているのは、大政翼賛方式改めた護送船団方式は、権限行使者と結果責任者が一致しておらず、与党と官僚との二重権力、それに加えて日米合同委員会などという軍事行政機構の協定など、実に何重もの権力が交錯しており、肝心の議会がそれらにノーチェックであり、批判はおろか弾劾も出来ないまま、世界に死の商人として彼らを解き放つ、ということである。
    教育勅語を叩きこまれた塚本幼稚園児が、十数年後に傭兵として世界に積極的に武力行使に出て行くかどうかは不明だが、結果責任を負わない教育機関や行政機構が、予算支出にノーチェックの与党を巻き込み、米国に代わってアジア方面の軍事にのめり込めばどういう事になるか、またしても世界を震撼とさせるであろうことは間違い無く、原発過酷事故に加えて、それこそ世界の終わりを招く可能性もあると言っても過言では無いと思う。

14. 2016年12月13日 05:43:51 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[389]
この塚本幼稚園なるものこそ、文部科学省にしてみれば、「憲法9条を亡き者にしてでも戦前の日本を取り戻そうとする魂胆がバレバレであることをごまかそうとする魂胆が、招き入れてしまったのではないか」というのであれば、

厚生労働省にしてみれば、地域包括支援システムによる高齢者の皆様にとっての介護予防と生きがい就労を同時に達成する日常生活総合事業の一環として、子供食堂を始めてみることにすれば、これが同時に、仕事と介護や子育てとの両立によるワークライフバランスの実現により、企業全体としての売り上げが落ち込むのではないかと予想されるところが、長時間労働が減り、残業手当によるコストが減った分だけ、収益性の改善に繋がり、売り上げについても、増える結果となり、順調に業績改善に繋がり、これが同時に、地域包括支援システムの中での、社会資源としての、高齢者のみならず障害者や、生活保護受給者や生活困窮者自立支援法に基づく就労支援にも結び付いて、地域経済の活性化にも繋がることになれば、「保育園落ちた、日本死ね」そのものが、「安倍総理は嘘つきだ」という認識と合理的推論に基づく根拠として、見事に裏付けるものであることは、ロシアのプーチン大統領にしてみれば「誰が、このような嘘つきの連中なんか、相手にするものか」というくらいの心境であろうことも、簡単に想定されるものであろうことは、アメリカ連邦政府にせよ、韓国や北朝鮮に限らず、ドイツやフランス、イギリスをはじめとするEU諸国にしても、バレバレのことだし、ましてやASEAN諸国を東欧諸国や中東諸国に置き換えれば、韓国と北朝鮮が、フランスとシリアをロールモデルとしたところで、このアメリカを戦前の日本に置き換えれば、カナダやメキシコ、チリやオーストラリアが、そのフランスやスペイン、オランダやイタリアをロールモデルとすれば、このような日米安全保障条約そのものが、アメリカの言いなりと言っておきながら、自らのメリットしか考えずに、これをごまかそうとする魂胆も見え見えの公共の迷惑極まりないものではないかということが、本質的な見立てそのものであろうことも、既にバレバレのことであることは、このような自民党そのものが自ら招いたものであることは、誰が見ても明らかなことですが、これを勘違いして、憲法9条を亡き者にしようとする魂胆見え見えの日本会議というのも、「お国のため、天皇陛下のため」などと言っておきながら、天皇陛下にとってもこれほど迷惑極まりない存在でしかないことは、このような塚本幼稚園そのものが、自ら動かぬ証拠として曝け出してくれたものであることも、誰が見ても明らかなことではないかと見破れば、これはもう、このような全体主義そのものが、国際社会の多極化の捨て石にされるしかない道を自ら招き、そして歴史の闇の中に、どんどん涙を流し続けながら、そのままひっそりと泣き寝入りをしながら、消えていくしかない道を自ら招き入れ、これらにまんまと騙されてしまった日本人もまた、自らがこのような誤解を招き入れてしまったことにこそ、解決すべき課題であろうことも、厚生労働省による地域包括支援システムそのものが、一つの有効な手立てとなり、これを国際社会に良いロールモデルとして、どんどん見せつけていくことで、簡単に解決できる可能性もあるとするならば、これら全てが、偶然が齎した一つの転機となるであるのかも知れませんね。


15. 2016年12月13日 11:49:12 : Vb7XxsTcK2 : IL2t0H1mCKc[33]
塚本幼稚園を防衛大臣が表彰したことで問題になってるのではないか?

塚本幼稚園は気持ちはありがたいが、問題になるのは本意でないと、表彰状は

丁重に防衛大臣にお返しすればいい。

基地外、サヨクの餌食になることはさけましょう。


16. 2016年12月13日 11:50:06 : FDkTQoCnMk : eZcuBmqinJI[36]
2を見ると喜ぶ10が出現する(笑)

きっとこいつらの家庭はその通りに回っているのだろうねぇ
幼稚園なんぞに頼まなくても家庭で教育したらいいんじゃないのかねぇ!
一、親や先祖を大切にしましょう。
一、兄弟姉妹は仲良くしましょう。
一、夫婦はいつも仲睦まじくしましょう。
以下略


17. 2016年12月13日 12:34:13 : qB3lZnQKvA : s8Em1VMPLzM[20]
>>16
まあ、そうですね。ウヨが嫌いな“左派”や“リベラル”の家庭でも、ちゃんとした家なら>>2が掲げたようなことの大半は自然と親が教えてますよ。(違うのは、アホな政権がやろうとすることでも文句を言わずに黙って従いましょうという項目がないくらいだと思います)
そんな基本も幼稚園に丸投げしたい家庭もあるのかもしれませんが。

18. 2016年12月13日 14:54:44 : gFW7dka71U : YrM0Tpn31nI[364]

「晋三の道」よ〜

額面通り受け止めれば、一理あるが

キチガイ安倍に足らないものばかり!

一、自分の言動をつつしみましょう。
一、広くすべての人に愛の手を差しのべましょう。
一、勉学に励み職業を身につけましょう。
一、知識を高め才能を伸ばしましょう。
一、人格の向上につとめましょう。
一、広く世の人々や社会のためにつくしましょう。
一、規則に従い社会の秩序を守りましょう。

これの全てをキチガイ総理は学んで無いと見える!。

かあちゃん昭恵夫人ヨ、明日から麦飯入り梅干だけの「くまさん弁当箱」を持たして「塚本幼稚園」に再入園させて下さい。

まてよ?!知能が三歳児以下でオムツも取れてないから、付属保育園にして下さい。

因みに、この園のHPトップに《『元不良保護者』と思われる方のブログが立ち上げられ…法的な処置を検討…》のコメントが園長名で記載されている。

この園長は「自分の言動をつつしみましょう。」「広くすべての人に愛の手を差しのべましょう。」などの「包容力」を持ち合わせてないのでしょうか?

更に「先代園長=創始者」(創価学会設立者の一人)は「国難が有れば身を投げ出す覚悟」と言いながら、軍幹部候補生であった当人は先輩・同僚が戦死する状況でも「身を投げ出す」事も無く平成7年まで生き永らえ「天寿」を全うした様です。 《合掌 ←卑怯者にするかアホ!!


19. 2016年12月13日 18:06:02 : F9tpOWr6Ww : ZXNvncwDDwQ[75]
書店で[日本は太平洋戦争に勝つた」というような書名の本を何年か前に目にしました。太平洋戦争は「日本の自存自衛とアジア解放のための「聖戦」であり悪いのは戦争の因を作つた連合国側であるとし、反省するとすれば「戦争に負けた事だけだ」というタカ派の主張をしています。塚本幼稚園のような例は他にもあるでしょう。日本では政治状況が衆参両院で3分の2以上タカ派議員が占め、反戦平和派やリベラル派が、木枯らしに吹かれて枯れ木状態です。残念ながら「平和主義や民主主義憲法」は事実上安楽死に直面している現在、武闘派的な体制への流れを止めるのは日本ではもう難しいように感じます。

20. 山田ミー太郎[126] jlKTY4N@gVuRvphZ 2016年12月13日 21:57:58 : IE7yy8dFd6 : 5xNUB@zd5sE[3]
>>11さま、>>12さま

まだ私が幼いころ、うちの隣のお宅のご主人は
知覧の特攻隊の生き残りでした。

このかたの場合も「自分は生き残った」という罪悪感から、
戦後のある時期、社会不適応に陥るほど苦悩されたようです。

元特攻隊員のかたが「隣のおじちゃん」であった私には、
塚本幼稚園とそれに関わる連中が如何にインチキか
見え過ぎるほどに見えるんですね。

そのご主人も、今年92歳で亡くなられた由、
つい先日、奥様から喪中はがきが届きました。

戦後生まれであっても、祖父母や親たちから
戦争体験を豊富に聞くことが出来た世代が、
厳しく目を光らせて行かなければならない、
そういう時代になったことを痛感した次第です。


21. 2016年12月14日 00:46:38 : V0ds6Nky3U : NHdHYeLnyko[1]

確かに、B層のお子さんたちがお国のために戦争に行くわけもないし、今日の晩ご飯のおかずを考えて、週末はディズニーランドに遊びに行っている人たちが戦場に行くわけもないと思います。
今が楽しければいい人たちだから、洗脳教育しても無理!
私も最初心配したんですけど、どこかの小学校で行っている修身教育、あれ、身に付いていないみたいで、ゲリたちも頭を悩ませているみたいです。何が原因なのかよく分かりませんが、戦後71年、自由気ままに生きて来た人たちが、今さらお国のために命を落とすなんて、あり得ないと思いました。


22. 2016年12月14日 01:00:24 : V0ds6Nky3U : NHdHYeLnyko[2]


そういう小学校の校長も頭空っぽで、自分で修身教育やっているのも理解できていないみたいで、校長先生って、小学校レベルの学力で誰でも出来るんだ、と思いました。
まぁ、日本の総理大臣が小学校1年生で習う漢字も読めないで、官僚にひらがなふってもらっているくらいですから仕方ないのかなと思いました。



23. 2016年12月14日 03:23:24 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[389]
在日イスラエル大使館に対して、このカルト幼稚園の園児も、安倍マヌケならびに、この安倍マヌケにしがみつくだけの性奴隷に他ならない稲田朋美防衛大臣と共に、ホロコーストセミナーにご招待してもらう様に、働きかけて参りましょうか?

これに参加した稲田朋美防衛大臣ならびにカルト幼稚園の園児の皆様にたいしては、ご参加いただきまして誠に有難うございました、ということで、君が代と共に、イスラエル国歌「希望」というのを、同時に四面楚歌代わりに聞かせてやることで、稲田朋美防衛大臣に置かれましては、是非とも安倍マヌケならびに、このカルト幼稚園の園児の皆様と共に、誇りを持って、どんどん涙を流し続けながら「天皇陛下有難うございます」と深く感謝をしながら涙を流し続けて頂きたく存じますし、これくらいのことならば、幾らでも出来て当然のことかとも存じますので、日本国民全体としては、「天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことを、誇りとして、国際社会にも、どんどん見せつけて参りますので、どうぞ心置きなく、どんどん涙を流し続けながら、天皇陛下有難うございます、とだけ深く感謝をして、多極化の捨て石となって、そのまま歴史の闇の中に、そっと静かに消えて下さい」と言い返しながら、国際社会の多極化の流れの中に、天皇陛下と共に、名誉ある孤立化をして、日本全体が、地政学的に見て、ユーラシア大陸の東側の片隅に、ひっそりと取り残された弱小島国となると同時に、アジア太平洋地域全体の中の緩衝地域となることで、全人類が共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来る様に、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことを、この日本国としての具体的目標とすることで、「お国のため、天皇陛下のため」などと言っておきながら、憲法9条を亡き者にしてでも戦前の日本を取り戻そうとする日本会議にせよ、中曽根大震災を引き起こした核発電推進原理主義組織自体が、全人類の大敵どころか、公共の迷惑極まりない犯罪者であることは、国際社会全体からすれば、もうバレバレのことであることは当たり前のことですが、これらの責任をごまかそうとして、アメリカの言いなりと言っておきながら、自らの利益のことしか考えない財界にしても、こんも両者の共犯者どころか、犯罪者であることは、もうお見通しのことであることは、これらにまんまと騙されてしがみついているだけの連合も、使い物にならない間抜け社員のための労働組合に他ならないところは、このような自民党自らが、使い物にならない間抜け議員や跳ね返りの屑議員と、これらにまんまと騙されてしがみついているだけの性奴隷に他ならない女性議員の寄せ集め集団に他ならないところは、核発電推進原理主義組織にまんまと騙された外務省からして、使い物にならない間抜け官僚機構に他ならない共犯者に他ならないという動かぬ証拠を、この安倍マヌケと稲田朋美防衛大臣自らが、真実として恥を曝け出してくれたものであることも真実として見破れば、このような全体主義の中にしがみついているだけの犯罪者である核発電推進原理主義組織と日本会議については、国際社会からは容赦なくどんどん馬鹿にされコケにdされることになろうとも、反論も余地はどこにもないことは当たり前のことだし、自らが、誇りを持って「大日本帝国の大馬鹿野郎!」と勝手に叫び続けながら、どんどん涙を流し続けながら、どんどん一人負けをして、全てを喪失し、どんどん歴史の闇の中にひっそりと泣き寝入りをしながら、多極化の捨て石となり、そっと静かに葬り捨てられることになろうとも、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守りながら、最後を見届けていくことにすれば構わないとして、これらの代償として、アメリカの言いなりと言っておきながら、自らの利益のことしか考えない財界から、タックスヘイブンに流れた多額のお金や資産については、アメリカ連邦政府に置かれましては、全額没収して頂き、先ずは、これと日本の財務省から、この肩代わりとして、買収して貰ったアメリカ国債と無条件で相殺して貰うことで、残った資金については、日本の財務省に返還して貰うことで、これと日本国債を相殺して貰うことで、財界もまた、自らが、誇りを持って、涙を流しながら、深く感謝をして応えて頂くくらいのことならば、幾らでも出来て当然のことだし、アメリカの言いなりになって譲歩するならば、幾らでもどんどん譲歩して、税金や社会保険料については、自らが誇りを持って、どんどんたくさん払い続けることを誇りとして国際社会にどんどん見せつけていくくらいのことならば、幾らでも出来て当然のことだし、為替については、円を上限の防波堤とすることで、どんどん円高にして、日本の株式市場そのものが、多極化の流れの中で、行き場を失ったお金の最終処分場としての役割を果たすことを誇りとして、世界最低水準にまで、どんどん暴落させたところで、強欲な投資家だけが、どんどん涙を流し続けながら、「天皇陛下有難うございます」と深く感謝をしながら、どんどん大損することになろうとも、どんどん泣き寝入りをしながら、そのままひっそりと見放されるのを逆手にと取って、どんどん突き放してしまうことで、グローバル競争からは、敗北し続け、日本経済を沈没させることになろうとも惜しくはないし、このような全体主義的な運命共同体そのものだけを、自己破壊させることで、個人主義をベースとした良い影響を齎す別のものにより、日本社会をどんどん改善していくことで、最低賃金をどんどん底上げして、年収1000万円を上限として、この底上げされた最低賃金水準との範囲の中で、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来る様になることで、これを下回る低所得者にたいしては、下回る分については、遠慮することなく公的給付を受け、病気などにより医療や介護などの公的サービスについては、こうした収入には一切関係なく、どんどん遠慮することなく無料で受けることが出来る様になれば、健康であれば、人間ドックや健康診断、あるいは介護予防などの必要最低限のサービスだけは遠慮することなく、どんどん利用しながらも、必要な人たちにどんどん回して下さい、ということも誇りとして、国際社会にどんどん見せつけていくことにすれば、これにより、剤、無償も自らが、誇りを持って、どんどん涙を流しながら「天皇陛下有難うございます」と応えて貰えれば、感謝‼感激!雨あられ!ということで、涙を流し続けながら、国際社会にどんどん見せつけて貰えれば、これらのご褒美として、憲法9条にノーベル平和賞のお墨付きを賜ることが出来れば、このまま、そっと静かに自立自律していく道を選択し、第2の平安時代となり、これが全人類の恒久的平和を齎し、世界的な経済格差も、一定範囲の中に縮小均衡し、これが固定化され、この範囲の中でのみ、全人類が共に幸せに暮らすことが出来る様になれば、もう何も言うことも無いし、大いに結構なことであることは、誰が見ても明らかなことですよね。


24. 2016年12月14日 12:16:31 : JFoXqmGuEo : J0DEZgv5rIw[26]
イカレタ人形は、壊れたおもちゃで遊んでろ

25. 2016年12月14日 16:55:19 : Maxgc60m4o : w4xTLCOgKOQ[11]
>>21
だいたい戦地に行けとか言ってる偉い人たち自身が「戦争など知らない子供たち」で、若い頃には親のコネ、金で遊び暮らして、アイドルのおっかけしてたなんて言ったら、今時のブラックバイトの傍、苦学している若者たちが素直にしたがうわけがありません。

26. 2016年12月17日 01:51:40 : XXhldHt4HI : 9kL6h8YskJQ[7]
>>18

>「晋三の道」よ〜


巧いこと言いますね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK217掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK217掲示板  
次へ